健康生活TOP 頭痛 腰痛のブロック注射で頭痛が起きる!薬液の副作用と穿刺事故について

腰痛のブロック注射で頭痛が起きる!薬液の副作用と穿刺事故について

腰痛のブロック注射

腰痛にみまわれた時、まず最初は保存的療法と呼ばれる治療が行われます。湿布や痛み止めの飲み薬が処方され、場合によってはコルセットで固定するなどの方法で痛みが引くのを待つやり方です。

ある程度慢性化してしまった場合にはストレッチや温熱療法、低周波治療なども行われます。しかし、こうした保存的療法で改善できない場合に、ブロック注射と呼ばれる治療が選択肢に入ってきます。

もちろん急性期の痛みが激しい時にもブロック注射が用いられることもあります。このブロック注射は単なる痛み止めでなく、痛みの原因を治療する効果も期待できるのですが、一方で思わぬ副作用に出会う可能性も持っているのです。

ブロック注射は神経伝達をブロックして痛みを止める、というもの

ブロック注射とは、痛みを感じている神経に麻酔薬を浸透させて、痛みが患部から脳に使わることをブロックしてしまう治療のことです。これだけを聞けば、単なる痛み止めのように聞こえるのですが、ブロック注射は交感神経の伝達もブロックします。

交感神経は痛みによって刺激され、血管の収縮をもたらし、患部への血流を減らしてしまいます。そうするとさらに患部の症状が悪化し、痛みが激しくなってしまうと言う悪循環が起こります。

ブロック注射によって痛みの知覚だけでなく、交感神経の興奮も抑えられるため、患部への血行が良くなり根本的な治療として役に立つ部分もあるのです。

ブロック注射の種類は多いが腰痛には主に2つの方法で行われる

腰痛の治療に関するブロック注射は

  • 選択的神経根ブロック
  • 硬膜外ブロック

と言う方法の2種類がよく用いられます。

広い意味では局所に麻酔薬を打つものを入れることがありますが、お医者さんが神経ブロックの注射と言われたら、この2種類のどちらかだと思って差し支えありません。

選択的神経根ブロックは、患部の神経に直接麻酔剤を打つもので、レントゲンで透視しながら正確な位置に注射を行います。どちらかと言うとどの神経に原因があるのかを探るための役目と治療の役目を併せ持つものです。

また、硬膜外ブロックは腰痛治療の代表選手とも言うべきものですが、基本的には手技だけで注射が行われます。しかし、条件によってはレントゲンによる透視下で行われることもあります。

さらにこの硬膜外ブロックは腰から注射する腰部硬膜外ブロックと、お尻から注射する仙骨部硬膜外ブロックがあります。大雑把な言い方ですが、整形外科では仙骨から、ペインクリニックでは腰部から行われることが多いようですね。

ブロック注射はただの痛み止めではない

ブロック注射に関しては、先にお話ししたように交感神経の興奮を鎮めて血管の収縮を解除し、患部への血行を回復することによって、痛みの原因になっている患部を修復することが目的のひとつになっています。

麻酔薬を使うからと言って、ただの痛み止めで、薬が切れたらもとに戻るから意味がないという性質のものではありません。実際に麻酔薬としての効果はそれほど長時間続くものではありません。

それが何日間にもわたって痛みを軽減できるのは、ブロック注射による治療効果だと考えてもいいでしょう。それを定期的に行うことで、徐々に注射間隔を伸ばし、最終的には注射が必要なくなるところまで持って行くのが狙いです。

実際に、単なる痛み止めで行われるブロック注射の場合、治療ではないとして保険が拒否されることすらあるそうです。もちろんがんの疼痛など、痛み止めとして充分な意味があるものはその限りではありません。

さらに、麻酔薬以外に、炎症を止めることが目的でステロイド薬などがブロック注射に用いられることもありますし、逆に薬効ではなく圧力を利用するために生理食塩水を注射することもあります。

また、がんの疼痛のように麻酔薬では不充分な場合、無水アルコールを注射して神経を破壊する場合もありますから、ブロック注射と一口に言っても、そんなに単純なものではないのです。

目的や場所、注射の方法、薬剤の種類などを細かく分けると、ブロック注射には30種類を超えるバリエーションが存在しているのです。

神経ブロックとは、知覚神経や交感神経の流れをブロックするという意味です。そして、痛み止めだけではなくブロックそのものが治療になっている場合も少なくないということです。

ブロック注射には副作用や予定外のトラブルはつきもの

ブロック注射も注射である以上、必ず針を身体に刺します。身体に針を刺すからには痛みも出ますし、場合によっては出血もあります。その痛み刺激に対して身体が過剰に反応して気分が悪くなることもあります。

これはすべての注射に共通する好ましくない現象ですが、ちゃんとしたペインクリニックで受ければ、より細くて痛くない針を使ったり、深く刺す注射では事前に浅い位置に局所麻酔を行ったりして、普通の注射より痛くないような配慮が行われます。

劇的に効く注射は反動が起こりやすい

選択的神経根ブロックと言うのは、多くの場合神経そのものに麻酔薬を打つ方法でブロックが行われます。ですので、非常に精密な狙いが必要になるため、透視下で注射が行われるのが普通です。

一方、コンパートメントブロックと言う手法もあります。これはその神経のすぐ近くに麻酔薬を送り込むことで、神経に浸みこんで行かせるという方法です。

一般的な医療機関では、このコンパートメントブロックに対して、癒着などが見られる椎間板ヘルニアには無効であるとして、直接神経に注射する方法が選択されることが多く見られます。

一方で、神経に直接注射をする方法では、神経を傷めてしまう事故も無視できない程度には存在しています。場合によっては、後遺症として残ってしまうケースもあるようですね。

コンパートメントブロックでは、この事故はほとんど起こりません。もちろん人間がやることですので、完全にゼロではありませんが、ずっと安全性は高くなります。

コンパートメントブロックを強く推奨される一部のお医者さんたちは、直接注射では麻酔薬が切れた時に、最初より痛みが強くなってしまう危険性を指摘されています。これは、ブロック注射によって神経が傷つくからなのです。

神経に直接注射を打てば、一時的であっても痛みは劇的に解消します。しかし、直接打っても、コンパートメントブロックであっても、1回で完全に治ることはめったにありません。

そうなってくると、何度も注射を打つことになるのですが、その時に毎回神経に傷をつけるのはどうなのかなと考えてしまいます。

コンパートメントブロックを推奨されているお医者さんたちは、重度のヘルニアなどでは100%痛みを取る必要はないと言うスタンスのようです。生活に支障がない程度にまで改善できれば、恒久的な後遺症のリスクを犯してまで完全に痛みを取る必要はないと言うことですね。

硬膜外ブロックはコンパートメントブロックだが事故はある

硬膜と言う言葉は脳を包むもっとも外側の膜と言う意味でよく知られています。しかし、この硬膜やクモ膜、軟膜を合わせたものを髄膜と呼ぶことがら判る通り、脊髄も髄膜で包まれていて、硬膜はその一番外側をになっているのです。

ただ、頭蓋骨の内側にくっついている脳硬膜とは異なり、脊髄硬膜は靭帯などに取り囲まれています。この靭帯と脊髄硬膜の間には隙間があるので、その部分に麻酔薬を送り込んで神経ブロックを行うことができます。

これが硬膜外ブロックと言う手法です。硬膜の外側に麻酔薬を置くことから判る通り、これもコンパートメントブロックの一つと言うことになります。

硬膜外ブロックは選択的神経根ブロックに比べて、針先が神経を直撃しにくいため安全性が高く、腰痛治療に関してはもっとも多く行われている神経ブロックの技法です。

しかし、安全性が高いと言っても、やはり無視できない数の事故は起こっています。そのためペインクリニックの先生方は、少しでも安全性を高めるために透視下で行われるようにされています。

これまでは硬膜外ブロックはお医者さんの勘と手先の感覚だけで、目的位置に針を進めてブロックを行われることがほとんどでした。

もちろん、多数の経験を積んだお医者さんなら、かなり安全性が確保されますが、そうでないこともありますからリスクは付きまといます。

硬膜外ブロックで問題になるのは、本来硬膜の外側に入れなければいけない麻酔薬を、誤って硬膜の中に注射してしまうことです。麻酔薬が硬膜とくも膜を突き破った針によって脊髄の近くに注入されてしまうと、予定していたより強く麻酔が効いてしまいます。

もちろんペインクリニックであれば、それに対応できるだけの設備と技術がありますから生命に危険が及ぶことはないでしょうが、本来の目的とは異なる内容になってしまっていることに違いはありません。

脳脊髄液の漏出による激しい頭痛

そしてどちらかと言うとこれが問題なのですが、硬膜に穴をあけてしまったことによって、わずかですが脳脊髄液が漏れだしてしまうことです。こうした失敗を硬膜穿破と言います。

脊髄麻酔の場合には意図的に硬膜に針を通しますが、これは「硬膜穿刺」(こうまくせんし)と呼んで、意図しないものとは異なるものとして扱います。

もちろんそれでも脳脊髄液の漏出の可能性はゼロではありませんが、最初から硬膜に穴をあけることを予定しているので、そうした症状が出ることも想定内ですから、何かあってもすぐに対応してもらえます。

脳は脳脊髄液の中に入っているため、普段は脳脊髄液による浮力で持ちあげられています。その液量が減ることで脳を支えている部分が引っ張られてしまい、激しい頭痛が起こります。

これには治療法もありますから、恒久的な障害が残ることはそれほどありません。それにペインクリニックで行う腰痛治療では、普通より細い針を用いて注射しますから、万が一付き破ってしまっても漏れ出す量が少なくて済みます。

さらに、自分の血液を使って穴をふさぐという手法もありますので、麻酔の専門家であるペインクリニックであれば、こうしたトラブルの影響も最小限で済むでしょう。

むしろ、例えば帝王切開などで硬膜外麻酔を行う際に、太いカテーテルを使って失敗すると、この現象がひどい症状を伴って起こることもあります。

麻酔医の先生がいる病院ならいいのですが、産婦人科クリニックでは産婦人科の先生が麻酔を行われることも多いようです。どんな治療を受けるにせよ、脊椎近辺に麻酔を打つ可能性がある場合は、麻酔医の先生がいる病院をお勧めしたいです。

さらに、先にお話しした通り、ペインクリニックの多くでは硬膜外ブロックであっても透視下で行い、硬膜穿破が起こらないよう細心の注意をもって治療してもらえます。

神経ブロックの注射を受ける前には、そうしたことをしっかり聞いておいて、納得できてから受けるようにしましょう。

なお、透視下と言うことはレントゲンを使いますから被曝は発生します。ですので、妊娠の可能性がある人や他の病気やけがでレントゲン検査を多く受けている人は避けた方が良いです。そうした状況をお医者さんにあらかじめお話しして判断を仰いで下さい。

そうでない場合は、被ばく量自体が非常に小さな装置を用いますので心配はありません。飛行機に乗って海外旅行をした時より被ばく量は少ない程度です。

さらに、一部のペインクリニックでは超音波装置を使って患部へのガイドを行いながらブロック注射を行うと言うことも行っています。妊娠などで被ばくのリスクを防ぐ必要がある場合は、そうしたペインクリニックを紹介してもらいましょう。

お尻からの硬膜外ブロックでも硬膜穿破はありうる

よくお尻から打つ仙骨部硬膜外ブロックでは、硬膜管が仙骨の下の方には届いていないため、硬膜穿破は起こらないと言われています。

しかし、実際には硬膜管の下端は個人差が大きく、腰椎下端と仙骨上端の境目あたりで終わっている人もいれば、仙骨の真ん中あたりまで伸びている人もいるのです。

さらに潜在的な脊椎の形成異常がある人の場合、さらに硬膜管の下端と脊椎の関係がわかりにくくなっているため、仙骨部硬膜外ブロックでも、針が硬膜に届いて穿破してしまう可能性はゼロではありません。

ですので、お尻から打つ硬膜外ブロック注射だからと安心せずに、きちんと説明を行ってもらえる医療機関での神経ブロック注射を受けるようにして下さい。

硬膜穿破は医療過誤には当たりません。「ありうるリスクの1つ」として、術前にインフォームド・コンセントの一環としてしっかり説明があると思います。

ブロック注射による副作用は硬膜穿破だけではない

最初にお話しした通り、針を刺して出血するのも、針を刺して痛いのも注射の副作用です。もちろんこれはブロック注射に限った話ではありません。

さらに注射針による感染症もあります。これは消毒が悪いのではなく、皮膚常在菌が運悪く注射針によって押し込まれてしまったことによるものです。

自律神経失調症のある人は事前申告を

これは採血検査の時などにも「採血で気分が悪くなったことはありませんか」と聞かれると思うのですが、注射針を刺したことによって、自律神経の働きで血圧が急降下して失神してしまう人がいるのです。

現象としては起立性低血圧と同じ反射性失神なので、横になって採血すれば、気分が悪くなることは防げます。同じようにブロック注射の際にも、そうした症状があることが判っていれば、体位などで配慮してもらえるでしょう。

また、針を刺した際に、普通では考えられないほど強い痛みを感じることがまれにあります。これは注射針が偶然末梢神経を直撃してしまったことによります。皮膚にも筋肉にも神経は通っていますから、偶然当たってしまうことはどんな場合にもあり得ます。

その場合、非常に強い痛みがあるということをその場でお医者さんに伝え、針を刺す位置を変えてもらいましょう。これについては我慢しても良いことはありませんし、どんなに腕の良いお医者さんでも避けようのない偶然なのです。

体調が悪い時は日を変えてもらう

私たちの皮膚には常在菌がいます。常在菌の中には体内に入ってしまうと病気を引き起こすものもいます。注射の前にはポピドンヨードなどの強力な殺菌剤で注射部位の周囲を消毒しますが、常在菌の一部は毛穴の奥に逃げ込んで殺菌を免れてしまいます。

そこに注射針を通すと、常在菌が注射針にくっついて体内に送り込まれてしまうことがあるのです。もちろん、それは確率の問題で必ず起こるというものではありません。しかし、万が一硬膜穿破を起こしてしまった場合には感染確率は上がってしまいます。

さらに、注射針が太ければ太いほど常在菌に触れてしまう確率は大きくなります。ですので、強度的に問題のない範囲で最も細い針を使ってもらうのが、感染症予防についても有効なのです。

また、免疫力が充分であれば少しくらい細菌を取り込んでも問題はありません。ですから、風邪をひいたりとか、忙しくて睡眠不足が続いているとかの理由から免疫力が落ちている時にはブロック注射は避けて、日程を変更してもらいましょう。

つまり、他の医療と同じように、自分の体調については包み隠さずお医者さんに伝えることが大事だということなのです。

副作用かなと思ったらすぐに受診することが大切

ブロック注射では麻酔薬を使います。麻酔薬は患部に届けば、時間の長い短いはあれど、必ず痛みは少なくなります。ですので、まったく痛みが引かないとか、痛みがさらに悪化したという場合は、薬が患部に届いていない可能性もあります。

また、患部の痛みは消えたけれど、頭痛が起こったり変な肩こりが起こったりと言う副作用もあります。いずれにせよ必ずブロック注射を行ってもらった病院で再診を受けて下さい。

その際に説明に納得がいかなかった場合には、別のペインクリニックでセカンドオピニオンを受けて対応してもらうことも視野に入れて行動しましょう。

硬膜穿破で頭痛が出るタイミングはまちまち

硬膜穿破が起こってしまって、脳脊髄液が漏れた場合にはほぼ確実に頭痛が起こりますが、それがどのタイミングで起こるかは漏れ方によってまちまちです。

ブロック注射を打ってもらって、注射後の安静のあと、帰宅しようという段階で頭痛が感じられたら、軽いものであっても、必ずその場でお医者さんにそのことを伝えて対応してもらって下さい。

ブロック注射が正しく行われていればめったに頭痛は起こりません。頭痛が起こったと言うことは、麻酔薬による副作用か硬膜穿破による影響のどちらかと考えるのが妥当です。

どちらにせよ、お医者さんにその場で対応してもらうのが適切です。軽い頭痛であった場合には経過観察と言うことになるかもしれませんが、その場合にも生活指導はあるはずです。

お薬による副作用が考えられる場合には、それに対処してもらえるでしょう。

さらに、ブロック注射から数日後に頭痛が出たり、肩こりがひどくなったりした場合にも、すぐに受診して下さい。漏出がゆっくりであった場合には遅れて副作用が出る場合もあるのです。

痛む部位が拡がった場合にはセカンドオピニオンを視野に行動する

ブロック注射を行ったのに、かえって痛む場所が拡がるということがまれにあります。これは、硬膜と靭帯の間に注射された麻酔薬が靭帯の外に漏れ出てしまっている可能性があります。

その漏れ出た麻酔薬が物理的に神経根を圧迫して炎症を起こす場合があるのです。そうなると必要な量の麻酔薬が患部に届いていないため、充分なブロックが行えず痛みが残ります。

さらに、それに加えて神経根の炎症による痛みが加わりますので、患者に取っては「痛む部分が拡がった」というふうに感じられてしまうのです。

これは単に注射が上手くいっていなかったというだけでなく、患者さんの体質にも影響されますので、そうしたことに理解のあるお医者さんだといいですね。

このことをお医者さんに伝えて、麻酔薬の漏出を前提に対応してもらえるお医者さんならそれでいいですし、そうでない場合は別のペインクリニックを訪ねてみられるのも一つの方法です。

痛みに対するセカンドオピニオンを受け付けているクリニックもありますから、そうしたところを探してみて下さい。

とにかくブロック後に体調の異常があったら、すぐに再診を受けるようにして下さい。

ブロック注射にもリスクとベネフィットがある

すべての医療がそうなのですが、医療にはリスク(危険に見舞われる可能性)とベネフィット(期待できる利益)が存在します。このブロック注射も例外ではありません。

保存的療法では解決できない腰痛を、手術よりは低いリスクで完治できる可能性と言うベネフィットがあります。繰り返しになりますが、ブロック注射は単なる痛み止めではありません。完治を目指す治療法の1つなのです。

一方で、その注射によって傷つけてはいけない場所を傷つけ、別の症状に見舞われたり、症状が重くなってしまうリスクと言うものも存在しています。

そのリスクとベネフィットを天秤にかけて、ベネフィットの方がずっと大きいという場合には積極的に治療を受けてみるのも悪くありません。

そのリスクとベネフィットについて、あらかじめしっかり説明してもらえるお医者さんに診てもらうことをお勧めします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る