健康生活TOP 頭痛 ボツリヌス治療は美容効果だけじゃない!頭痛にも効く可能性あり

ボツリヌス治療は美容効果だけじゃない!頭痛にも効く可能性あり

shutterstock_2328100752

ボツリヌス製剤を使った「ボトックス注射」は、シワを取る効果があるとして有名です。他にも小顔にする効果やふくらはぎを細くさせる効果もあるとして、美容外科でよく行われている施術ですね。

実はこのボトックス注射が、頭痛にも効くことがわかってきているのです。美容外科でシワ取りなどのために使われていた注射が頭痛に効くなんて、にわかには信じられないかもしれませんが、はてさて本当なのでしょうか。

毒素でどうしてシワが取れるの?美容だけでなく医療にも使われるボツリヌス治療

ボツリヌス菌は食中毒を起こす菌としてもよく知られています。菌自体は自然界に広く生息しているのですが、この菌が作り出したボツリヌス毒素はかなりの猛毒です。過去には食中毒により亡くなるといった事故も起きています。

ボトックス注射のメカニズム

ボトックス注射はこのボツリヌス毒素をほんの微量利用して、医薬品にしたものです。「ボトックス」と言った場合、正確には米国のアラガン社の作ったA型ボツリヌス毒素の商品を指します。

他の製薬会社が作ったものは「ボトックス」という名称ではないのですが、今ではシワ取りの施術自体が「ボトックス」と呼ばれるようになっています。世界的にみて、アラガン社のボトックスが圧倒的なシェアを占めています。

ボツリヌス毒素には神経の刺激を伝える「アセチルコリン」という物質の働きを抑える作用があります。神経の刺激が伝わらないために、筋肉を動かせという命令がきても動かせなくなります。

筋肉を動かそうとしても動かせず筋肉は緩んだ状態になってしまうために、シワも寄らなくなるのです。

ボツリヌス菌による食中毒の場合には、毒素の量が多いために筋肉の麻痺から体を動かせず、呼吸もできなくなってしまいます。ボトックス注射の場合には毒素の量は微量のため、シワを取るといったよい効果だけが出てくれるのです。

医療として保険適用になっているボツリヌス治療もある

ボツリヌス治療は美容外科だけでなく、医療としても行なわれています。ボツリヌス毒素の筋肉を緩める働きを利用したもので、保険適用にもなっています。

以下のような病気の治療にボツリヌス治療が行なわれています。

  • 脳卒中の後遺症の痙縮(手足のつっぱり)
  • 眼瞼けいれん(眼の周りのけいれん)や片側顔面けいれん(顔の片側に起きるけいれん)
  • 痙性斜頸(頭や首の筋肉が異常に緊張することで、自分の意思とは無関係に首が曲がったりする病気)
  • 小児脳性麻痺の下肢痙縮に伴う尖足(足の筋肉に力が入り過ぎて動かしにくくなることで、つま先立ちのようになってしまった状態)
  • 重度の多汗症(軽度の場合は保険適用にはなりませんが、美容外科で治療できます)

ボツリヌス治療が頭痛にも効く!どんな頭痛のタイプにも合った驚きの効果

shutterstock_1738158472

ボツリヌス治療が頭痛にも効果があるとわかったのは、ちょっとした偶然からでした。アメリカでシワ取りのためにボトックス注射をしていたある女優さんが、注射をするとずっとあった片頭痛が出にくくなっていることに気付いたのです。

そのことを医師に伝えたことから、ボツリヌス毒素に頭痛を抑える働きがあることがわかりました。そして世界中で様々な研究がされて、実際に治療に使われるようにまでなったのです。

既に海外では広く行なわれている治療法です。ただ日本ではまだ一部の医療機関で、自由診療として行なわれているだけになります。

片頭痛以外にも効果がある

ボツリヌス治療によって、なぜ頭痛が改善するのでしょうか。これはボツリヌス毒素による以下のような作用のおかげです。

  • 筋肉の緊張を緩める
  • 痛み物質の分泌を減らして、痛みそのものを抑える

ボツリヌス毒素が片頭痛に効果があることが発見されて以降、いろいろな研究、臨床試験が行なわれました。そして片頭痛以外の頭痛にも効果があることがわかってきました。

頭痛は症状によっていくつかの種類に分類されます。

  • 片頭痛
  • 緊張型頭痛
  • 群発頭痛

それぞれ痛みの出方などに違いがあるのですが、これらのどのタイプの頭痛にもボツリヌス治療は効果があることがわかりました。

そして薬物乱用頭痛の治療にも効果がありました。薬物乱用頭痛とは、もともと頭痛持ちの方(特に片頭痛)が痛みのために過剰に頭痛薬を飲んでしまい、それが原因になって逆に頭痛が悪化してしまう病気です。

今までは痛みがひどいために、つい頭痛薬を飲み過ぎてしまっていました。しかしボツリヌス治療を行うことによって痛みが程度が和らいだり発作の回数が減ったりしたおかげで、頭痛薬の量を減らすことができたのです。

どのくらい効果があるのか?

効果の出方は人によってまちまちです。ボツリヌス治療を行ったことで一気に頭痛が軽くなったという人もいますが、頭痛の回数が減った、回数は減らないが痛みの程度が楽になったなどという人が多いようです。

頭痛が一切出なくなるという効果まではないようですが、全体的に何となく改善しているということが多いようです。それなりに効果があったと感じる人は8割くらいにのぼります。

ボツリヌス製剤を投与する場所や量によっても効果には違いがあります。そのため前回の治療での効果をみながら、どこにどのくらい投与するかを確認していきます。そして徐々に痛みを改善していけるようになります。

頭痛にお悩みならば対策に考えてみよう!まずはボツリヌス治療の問題点を理解してから

0116071

ボツリヌス治療には、いろいろな効果があることはわかりました。では、問題点としてどのようなことが考えられるのでしょうか。

安全性は?

「ボツリヌス毒素を注射する」と聞くと本当に安全なのか不安になってしまうと思います。しかしこの治療法で使われる毒素の量は、致死量の1000分の1くらいとされています。ですから、安全性については心配しなくて大丈夫でしょう。

そして体内に入ってボツリヌス毒素は、1週間くらいで分解され排出されてしまいます。体内に残ってしまうことはないのです。

効果が弱まることあり

ボツリヌス治療とは毒素を体内に投与することですから、体は入ってきた毒素を敵と見なします。そしてその敵から体を守るために攻撃をします。これが「免疫反応」です。

私たちの体はこの免疫反応によって守られています。細菌やウイルスが侵入してきても、免疫反応が起きることでそれらの異物はやっつけられ、私たちは健康でいることができるのです。

ただボツリヌス治療を行なっていく上では、免疫反応が起きないほうが助かります。免疫反応が起きてしまうとせっかく投与した毒素の働き(筋肉の緊張を緩めるなど)が弱まって、治療の効果が出にくくなってしまうのです。

そのためボツリヌス毒素を何度か投与するという場合には、一定の間隔をあけることになっています。だいたい3ヶ月くらいあけることで、効果が弱まったりということを防げることがわかっています。

保険がきかない

ボツリヌス治療は、日本では今のところ保険適用にはなっていません。そして今後もその可能性は低いようです。

そのため日本でボツリヌス治療を受けようと思ったら、自由診療(自費診療)しかないのです。またどこの医療機関でも行なっているわけではないため、ボツリヌス治療を行なっている医療機関が探さなくてはいけません。

治療費は医療機関によって違うためはっきりとは言えませんが、1回の治療に5 “”6万円くらいのようです。(治療を受ける前に、必ずきちんと確認してください。)1回の治療で3ヶ月くらいは効果が続きます。

治療効果は頭痛の症状によっても違ってきます。必ず効果があるとまでは言い切れません。自分の頭痛の辛さや、その頭痛が日常生活にどのくらい支障をきたしているかということなども考えた上で、一度相談に行ってみてもよいでしょう。

なお予想外の効果として、シワ取り効果も期待できるかもしれません。もともとはシワを取るために行なわれていた治療法です。そのためボツリヌス製剤を投与する場所が重なっていることもあるのです。

必ず効果があるとまでは言えませんが、頭痛の相談に行った際に聞いてみてもよいかもしれません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る