健康生活TOP 花粉症 花粉症はお酒で悪化する?その原因と薬に頼らず症状を改善する方法

花粉症はお酒で悪化する?その原因と薬に頼らず症状を改善する方法

花粉症の季節になると「くしゃみが止まらない」「目が充血する」などの症状で、仕事や勉強に集中できなかったり、外出が憂鬱になったりしますよね。またこの時期、職場の付き合いでお酒を飲む機会が増えるころです。

お酒を飲みすぎた次の日、なんだかいつも以上にくしゃみ・鼻水が止まらないな、薬の効きが悪いなと思った経験はありませんか?

それ実は、お酒が花粉症の症状を悪化させているからなんです。

ここでは花粉症がお酒で悪化する原因と、日頃のちょっとした心がけで簡単にできる対策について紹介していきます。

飲酒で花粉症が悪化する原因!花粉症の大敵ヒスタミンとは

花粉症の症状として、鼻づまりや目の充血を訴える人は多いと思います。花粉症とは別にお酒を飲んだ場合も血管が広がるため、同じような症状が出る人もいますよね。

このとき体内では、花粉症の大敵「ヒスタミン」が大量に分泌されています。

実はこのヒスタミン、花粉症の症状をさらに悪化させるやっかいな性質ももっています。

ここではそのヒスタミンが及ぼす影響と、飲酒で増えるメカニズムについて詳しく説明していきます。

飲酒で増える?花粉症の大敵ヒスタミンとは

そもそも花粉症とは、花粉が鼻や喉などの粘膜から侵入する際に、体内の免疫機構が作動することで起こります。このときに作られる抗体をIgE抗体といいます。

その後、花粉が侵入するとこの頼もしいIgE抗体は、鼻や喉の粘膜を守っている「肥満細胞」と結合します。

IgE抗体と肥満細胞の結合

このとき肥満細胞の中にあるヒスタミンが放出されます。そしてこのヒスタミンは、侵入者である花粉を体外へと洗い流すべく、くしゃみや鼻水を誘発するのです。これが花粉症の症状になるわけですね。

肥満細胞内のヒスタミンが放出され花粉症症状がおきるイラスト

肥満細胞の中に存在しているヒスタミンは、お酒を飲むことでより放出されます。どうしてお酒を飲むとヒスタミンが大量に分泌されるのでしょう。

アルコールは肝臓の働きでアセトアルデヒドに分解されますが、このアセトアルデヒドには「末梢神経を刺激する」働きがあります。末梢神経は鼻や喉の粘膜など体の至る所にあります。

この刺激によってもヒスタミンは大量に放出され、花粉症の症状がある人が飲酒をするとますます鼻水やくしゃみが止まらなくなり、症状が悪化するのです。

花粉症のメカニズムと飲酒による悪化のメカニズム

花粉症や飲酒についてこれまでのことをまとめると、花粉症のときに飲酒することで次のような症状があらわれます。

【花粉症のメカニズム】

  1. 体内に花粉が侵入する
  2. 次の侵入に備え、花粉に対抗するためのIgE抗体が作られる
  3. IgE抗体は鼻や喉などの粘膜を最前線で守っている肥満細胞と結合する
  4. 肥満細胞の中にあるヒスタミンが放出され、くしゃみや鼻水を誘発する(花粉症の症状として現れる)
【飲酒によって花粉症が悪化するメカニズム】

  1. 体内でアルコールがアセトアルデヒドに分解される
  2. アセトアルデヒドには末梢神経を刺激する働きがある
  3. 肥満細胞も刺激を受ける
  4. ヒスタミンが放出され、くしゃみや鼻水を誘発する

もともとある花粉症の症状をアルコールが増加させている、つまり悪化させているのが分かりますね。

ちなみに、肥満細胞という名前はぷにぷにお肉の肥満とは関係ありません。この細胞の膨れている様子が肥満をイメージさせることからこの名前になったそうですよ。

花粉症の薬とアルコールの併用は危険!命に関わることも

花粉症の症状を抑えようと、薬を服用している人は多いと思います。飲酒後、何時間空けたら薬を飲んでも大丈夫ですか?と尋ねる人もいます。

結論から伝えると、薬を服用する前も服用した後も、お酒は飲むべきではありません。

なぜなら花粉症の薬は長時間効くものが多いからです。そしてアルコールは分解するのにとても時間が掛かります。

仮に体重50kgの人が缶ビール3本(1本350ml)を飲酒すると、その後アルコールが体内からなくなるのに5時間も要します。

会社帰りに飲みに行くと時間も遅く、量もついつい多くなってしまうので、次の日までアルコールが体内に残っている可能性が高いです。

副作用が強く出る危険性も!薬とお酒の併用で意識障害に

アルコールも薬も肝臓で分解されるので、併用する場合は肝臓にとても負担が掛かります。飲酒により、薬の効果が得られない場合もあります。

効果が得られないばかりか、副作用が強く出てしまう場合もあります。例えば次のような症状です。

  • 強い眠気
  • 意識障害
  • 作業能率の低下

アルコール摂取に伴い相加的に中性神経抑制作用が 増強し、眠気・精神運動機能低下などの副作用が強く現れる可能性があります。特に、薬剤服 用開始数日間にアルコールを摂取すると、予想以上に作業能力や判断力が低下する可能性があ りますので、注意が必要です。アルコールの摂取は控えましょう。

今日からできる!免疫力を上げて花粉症に負けない体を作ろう

薬とアルコールの併用はとても危険ですので、そもそも薬に頼らずに花粉症に負けない体を作りましょう。そのためには、免疫力を上げることが大切です。

免疫力を上げるには、規則正しい生活を送り、栄養のある食事と運動、睡眠をしっかりとる必要があります。

飲酒以外の花粉症を悪化させるNG習慣も、確認してしっかり対策していきましょう。

花粉症の症状を抑える!免疫力を上げるための3つの基本

花粉症の症状を抑えるために、毎日の生活の中で心がけるべきことを3つご紹介します。

  • 規則正しい生活
  • 適度な運動
  • 栄養のある食事

運動は花粉の飛散が少ない、午前中のランニングやウォーキングがオススメですよ。運動が苦手な人は、部屋でのストレッチから始めてみてはいかがでしょうか。

栄養価の高い食べ物をとることも大切です。特に花粉症対策に効果があるとされている食べ物を、いくつかご紹介していきましょう。

▼花粉症対策にオススメな食材

食材 効果
シソ 体を温めて咳や鼻水を止める
発酵食品 腸内環境を整え、善玉菌を増やし免疫力を高める

シソは1日10枚ほどを目安に料理に使用してください。発酵食品の中でオススメなのはヨーグルトや納豆、味噌、醤油、ぬか漬けなどです。

これ以外にもハーブティーが、体の内側から元気にしてくれる抗酸化作用の働きが活発でオススメです。とくに花粉症の症状に効くもの、4つ上げましたので参考にしてください。

▼花粉症対策にオススメなハーブティー

食材 効果
ネトル 血液の浄化を促す
エルダーフラワー 喉の腫れを鎮める
ローズヒップ 鼻や喉のアレルギー反応を防ぐ
ルイボス 免疫力を高め、アレルギー症状を抑える

ハーブティーは利尿作用が強いので、一度で大量に取らずに一日三回に分けて摂取しましょう。

簡単だけど大切な花粉を除去する7つの方法

日頃の生活の中で、花粉を除去するような次の方法が簡単で効果の高いことばかりですので、ぜひ実践してください。

  • 帽子・マスク・メガネ・マフラーを身につける
  • 帰宅後、玄関先で衣服についた花粉を落とす
  • 手洗いうがいをする
  • お風呂・シャワーで洗い流す
  • 布団の外干しを控える
  • 空気清浄機を活用する
  • こまめに掃除をする

 
花粉を付けない、持ち込まないことが大切です。身につける素材は、レザーやポリエステルなどツルツルとしたものがオススメです。帰宅後は花粉を落とし、体についた花粉をシャワーで流しましょう。

花粉の飛散情報を知り多い日の過ごし方を工夫しよう

花粉の飛散情報はテレビやインターネットなどで得ることができます。

花粉情報の要注意日

1、天気が晴れまたは曇り
2、最高気温が高い
3、湿度が低い
4、やや強い南風が吹き、その後北風に変化したとき
5、前日が雨

以上から、前日または当日の未明まで雨で、その後天気が急に回復して晴れ、南風が吹いて気温が高くなる日が要注意日となる。(日本気象協会作成)

可能ならば花粉の飛散が多い日は外出を控えましょう。どうしても外出が必要な時には、花粉を除去する7つの方法で上げたような対策をとってください。

いくつ当てはまる?花粉症を悪化させる3つのNG習慣

飲酒以外にも、次のようなことが習慣化すると花粉症の症状を悪化させます。

  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • ストレスの溜め込み

喫煙は喉や鼻の粘膜を刺激しますし、睡眠不足とストレスの溜め込みは免疫力を下げてしまいます。

花粉症のみならず健康的な体を作るために、控えたほうが良いことばかりですね。

飲酒は控えて免疫力をアップ!花粉症対策はできることから始めよう

辛い花粉症の症状を少しでも抑えるために、悪化させる飲酒をできるだけ控えましょう。適度な運動や効果のある食材も、毎日の生活に少しずつ取り入れてみてくださいね。

また症状が改善されない場合は、無理をせず医療機関で受診しましょう。その場合は、耳鼻咽喉科、耳鼻科、眼科のうち自分が一番辛い症状がどこかで選ぶと良いです。花粉症のピーク時にはこれらの科が混雑するので、その場合は内科を受診してください。

私も花粉症の症状がありお酒も大好きですが、この時期はお酒を控えたいと思います。そして晩酌の代わりにハーブティーを飲んで、免疫力アップにつなげていきます。

この記事が花粉症に悩む人の症状を和らげ、快適に毎日を過ごすお役に立てれば嬉しいです。ほんっと、花粉症ってつらいですからね。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る