健康生活TOP 成長痛 オスグッド病の痛みや成長痛の膝・足首など部位ごとの対処法

オスグッド病の痛みや成長痛の膝・足首など部位ごとの対処法

足が痛い子供

成長期の子どもを襲う「成長痛」の発症ピークは3~10歳くらいの子どもですが、中には中学生や高校生でも痛みを訴えることがあります。

今回はつらい成長痛の対処法を部位ごとに紹介していきます。

これは本当に成長痛?成長痛の定義はあいまい

子どもが足の痛みを訴えたので病院に連れて行ったら、はっきりとした原因が分からず成長痛という診断をされた…。

このような経験がある親御さんは多いのではないでしょうか?実は成長痛の定義はあいまいでハッキリとしたメカニズムは分かっていないのです。

成長痛とは、成長期の子どもが下肢に痛みを感じる症状のことを指します。発症ピークは3~10歳くらいの子どもです。

痛みを感じる場所は個人差があったり年齢によっても異なりますが、特に多いのは

  • かかと
  • ふくらはぎ
  • 太もも

など。

下肢に痛みを感じるものの、その原因が見つからない場合に成長痛と診断されることになります。要するに「こうだから成長痛」という定義はなく、成長期の子どもを襲う原因不明の下肢の痛みをひと括りにして成長痛と呼んでいるのです。

夜間に痛みが強くなるのが特徴です。夜になると子どもが「足が痛い」と泣き出して困った経験がある方もいるのではないでしょうか?翌朝になるとケロッとしていることも多いです。

幼児の成長痛の原因は精神的な要素が大きい

成長痛という名称から「急激な成長に体が追いつけなくて痛む」と思っている方が多いと思いますが、これに関して科学的な根拠はありません。いくら急激に身長が伸びても強烈な痛みを感じるとは考えにくいのです。成長痛の原因として以下のものが考えられます。

  • 足の疲労
  • 精神的な不安感
  • スポーツによるもの

一見関係のなさそうな精神的な不安感と成長痛、実はこの2つは大きな関わりがあります。特に幼児が足の痛みを訴えてきた場合、「甘えたい」や「構ってほしい」という気持ちの表れであるケースが多いのです。

仮病の場合もあれば、不安感から本当に痛みを感じているケースまで様々です。引越しや入園など大きな環境の変化があった後、赤ちゃんが生まれて構ってもらくなったなどのタイミングで痛みを訴えてくることが多いので注意してあげましょう。

中高生の痛みはスポーツが原因の「オスグッド病」の場合が多い

成長痛は一般的に小学生くらいの子どもに対して使う名称であることを説明してきました。ですが中高生でも膝や腰に痛みを感じていて、実際に成長痛と診断された方はいると思います。これはどういうことなのでしょうか?

そもそも成長痛という定義自体があいまいなので、中高生の世代でも原因不明の痛みを成長痛と診断されることがあります。その原因のほとんどはスポーツによる足の疲労、もしくは「オスグッド病」という疾患になります。

オスグッド病とはスポーツをする子どもに多く見られるスポーツ障害です。膝の脛骨が前に突き出して強い痛みを感じます。痛みから運動ができなくなったり何かと厄介な疾患ですが、適切な治療を受け安静にしていれば回復に向かうケースがほとんどです。

体の成長そのものによって生じる痛みではなく、成長期に感じる下肢の痛みの総称と考えたほうが良いということです。

大昔に謎の足の痛みが続いたときは、「足伸びてるぅ~」と嬉しく思っていたのに…トホホ。

痛みを和らげたい!部位ごとに見る対処法

子どもが足の痛みを訴えてきたら、何よりもまず病院を受診させることが先決です。そちらで成長痛によるものと診断されてしまったら、残念ながら主な治療法はありません。

そこで痛みを少しでも和らげる為におすすめの対処法を紹介していきます。

小中学生に多い「膝」の痛みの対処法

膝の痛みを訴える場合はスポーツ等による疲労感、もしくは先ほども紹介したオスグッド病の可能性が考えられます。

オスグッド病は部活動を始めたばかりの10~15歳に多く見られるスポーツ障害なので、この世代の子どもが膝痛を訴えてきたら可能性が高いです。

膝に痛みを感じたら、すぐにスポーツを中止して十分な休息を取ることをおすすめします。部活動は先生や監督に事情を説明してお休みさせてもらいましょう。無理をしてスポーツを続けていると膝痛は一向に良くなりません。

とは言っても、いつまでもスポーツをしないというのは無理がありますよね。体育の授業もありますし症状が改善すれば軽めの運動は可能です。運動の前後には十分なストレッチを、運動後は患部を冷やすことを意識しましょう。

よく使う場所だから痛みを感じやすい「足首」の痛みの対処法

足首の痛みを訴える子ども大変多いと思います。足首は日常生活の何気げない動作の中でも酷使する箇所なので痛みを感じやすいのです。凝り固まってしまった足首を柔軟にすることが重要なので、以下のようなストレッチをおすすめします。

  1. 椅子か床に座り、足首を持って反対側の太ももに乗せる
  2. 乗せた足と同じ側の手で足首を握るように支え、さらに反対側の手で足の指をがっちり掴む
  3. 足首を固定したままゆっくりと回転させる
  4. 回転を何周か繰り返してから今度は反対側の足へ

woman to a stretch of ankle  illustration

このストッチを行うだけで足首が柔らかくなり痛みの改善が期待できます。運動の前後にするのも効果的ですよ。

無理のない範囲でゆっくりと回すのがポイントで、無理に回すとかえって足首を痛めてしまう可能性があるので注意してくださいね。

歩くたびに痛む!「ふくらはぎ」の痛みの原因

ふくらはぎは激しいスポーツをした直後、もしくは翌日に痛みを感じることが多いです。運動の前後にしっかりとストレッチ体操を行うだけでもだいぶリスクを回避することができますので、アキレス腱をしっかりと伸ばしておきましょう。

それでも痛みが出てしまった場合は、ふくらはぎをマッサージしたり軽く伸ばしてあげるような動作が効果的です。

ゆったりと時間をかけて入浴するのもOK!シャワーだけで済ませるのではなくしつかりと浴槽に浸かってください。

若いのに腰痛?「腰」の痛みの原因

子どもでも腰の痛みを訴えることがあります。腰痛=中高年が悩まされるものというイメージが強いかもしれませんが、スポーツによる疲労や姿勢の悪さから慢性的な腰痛を訴える子どもは少なくありません。

痛みが激しい場合、部活動等を一旦中止し休息を取ることをおすすめします。数日運動を控えるだけでだいぶ痛みは改善するでしょう。症状が改善してきたら軽めのストレッチから再開してみましょう。

また寝ている姿勢が原因で腰痛になっているケースもあります。1日の3分の1が睡眠の時間なので、寝姿の姿勢が悪ければ痛みや疲れという症状が出てきてしまいます。枕やマットレスを自分に合っているものに変えるだけで改善することが多いのです。

いかがでしたか?今回は成長痛の部位ごとの対処法を紹介してきました。成長痛にお悩みのお子さまがいる方は是非お試しくださいね。

休息と柔軟性を持たせておくことが大切です。

幼児ですと「あらま~」とさすってあげるだけでも痛みを訴えなくなることもありますので、「何でもないんだから我慢しなさい!」ではなく優しく接してあげてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る