健康生活TOP 緑内障 実は正常眼圧で発症する割合が高い緑内障!手遅れになる前に!

実は正常眼圧で発症する割合が高い緑内障!手遅れになる前に!

shutterstock_80373427

日本の失明原因のトップは緑内障です。なぜ失明まで進行してしまうのでしょうか?

それは正常眼圧であっても緑内障は発症することがあり、また自覚症状も少ないことから放置してしまうからなのです。

そんな緑内障は意外と身近な病気であり、決して他人事ではありません!

「いや~大丈夫でしょ」そんなことはありません。今からしっかり知識を付けておきましょう。

失明原因のトップ、緑内障

現在、40才以上の20人に1人の割合で発症している緑内障。医学の進歩により緑内障が失明に繋がるという概念は少なくなりましたが、実際に失明原因のトップであることに変わりありません。

超高齢化社会に入り、これからますます患者数が増えることが懸念されています。しかも最近の調べで、緑内障の多くは、眼圧が正常値であるにもかかわらず発症している、ということがわかってきました。

早期発見が運命の別れ道

緑内障が怖い理由は、発症すると症状は進んでいく一方だということです。治療はあくまでも症状の進行を遅らせるだけであり、一度失った視力を回復させることはできません。それゆえに早期発見がとても大切であり運命の別れ道でもあります。

しかし現状は自覚症状に気づいた時にはすでに視野や視力がかなり悪化してしまっているケースが多くあります。また正常眼圧でも緑内障を発症してしまう人が多いことも治療が遅れてしまう大きな原因となっています。

緑内障は薬で眼圧を下げれば症状の進行を遅らせることができます。つまり早く気づいて対処すれば失明という最悪の結果を避けられるということです。ですから40代を過ぎたら日頃から自分の眼の状態に注意を払う必要があるのです。

そもそも眼圧とは

緑内障は眼圧が上がりすぎることによって視神経が傷ついてしまうことでおこる病気です。一度、傷ついてしまった視神経は元に戻すことができません。そして傷はじょじょに広がっていき、最悪は失明にまで至ることがあるとても怖い病気なのです。

ところで眼圧とはそもそも何でしょうか?簡単にいうと「目の硬さ」のことです。目の中では水(房水)が作られては流れていき、眼圧を一定に保っています。しかしこの房水が増加したり、流れが悪くなると眼圧が上がってしまうことになります。

数値でいうと日本人の平均眼圧値は14.5mmHgであり、正常値は10~20mmHgとなっています。ところが眼圧は1日の中でも時間帯によって変動しますし、季節によっても変動します。そしてそれらの変動率は個人差が大きいのも特徴です。

また、性別、年齢、目の状態(近視や遠視)、血圧値でも違ってきますし、個人それぞれの生活習慣や食生活など…さまざまな要因が重なって眼圧が決まります。

さらに眼圧の正常値というのは健康な人から調査したデーターであり、眼圧が正常範囲だからといって緑内障にならないということではありません。実際、眼圧が正常範囲である「正常眼圧緑内障」の患者が半分以上を占めているのが今の現状なのです。

眼圧だけが原因ではない

眼圧値というのは個人それぞれバラつきがあるうえに、正常眼圧であっても発症するリスクがある緑内障ですが、必ずしも眼圧の上昇だけが原因のすべてではないことがわかってきています。

ですが緑内障の治療において、眼圧を下げることで進行スピードを遅らせることができることは確かです。このため緑内障を予防、または進行を遅らせるためには自分の眼圧値を把握しておき、常に安全な範囲内にコントロールすることが重要なのです。

放置してしまう原因

緑内障を放置してしまいやすい原因として症状の進行が緩やかだということがあげられます。目は毎日使っていますが、異変があってもその症状が小さく、そして症状の進行が緩やかであれば、その状態に合わせて慣れてきてしまうものです。

また両目が一度に発症するわけではないので、片方だけの場合だと気づきにくいという点があります。なぜかというと片方の視力が狭くなったり欠けていても、もう片方の視力がその部分をカバーするために両目だと正常に見えてしまうからです。

実際、緑内障を発症している人のうち、治療を受けているのはたったの2割であり、8割の人は気づかないまま放置しています。では緑内障を早期発見するにはどうすれば良いのでしょうか?

健康診断で安心しないこと!

先に述べたように緑内障は40代からグンと発症率あがる病気です。したがって40代を過ぎたら緑内障になるリスクが増えることを覚えておかなければいけません。

また一般的な健康診断では緑内障の検査は組み込まれていません。ですから健康診断で視力検査をしていても油断はできないのです。正常眼圧でも発症することがある緑内障は、眼圧検査の他に眼底検査、視野検査を統合して診断をする必要があります。

ではそれらは具体的にどんな方法で検査をするのでしょうか?詳しくみていきましょう。

【眼圧検査】

眼圧検査とは目の中に房水の生産される量と流出される量のバランスの崩れにより眼圧に異常がないかを調べる検査です。検査台に顎をのせ、眼球に空気をあてて角膜の凹み具合から眼圧を測定します。数分で終わりますし痛みなどは全くありません。

【眼底検査】

緑内障の検査で重要なのが眼底検査です。眼底検査により眼球の奥にある視神経の束を観察することで緑内障を早期発見することができます。

眼底検査は瞳を開く点眼をしてからおこないます。おもな眼底検査は直像検査といって瞳孔をライトで照らして検眼鏡で網膜を観察する方法と、瞳孔をライトで照らし反射してきた網膜像を凹凸鏡に映し出して観察する倒像検査が合わせておこなわれます。

この眼底検査も5分程度を終わり、痛みなどは全くありません。

【視野検査】

眼底検査で視神経に異常があった場合に、視野が欠けていないかどうか調べるのが視野検査です。緑内障を判断する上でとても重要な検査となります。

まずは自分でチェック!

病院に行く前に、まずは自分の目の状態を片目ずつ観察してみましょう。

  • 目がかすむ
  • 目が充血している
  • 目が痛む
  • 片方の目と比べて視野が狭い
  • 視界に欠けている部分がある
  • 光を見ると周囲に虹がかかって見える

目がかすむ、充血などは日頃からよくある症状ですが、緑内障の症状でもあるので油断はできません。とくに視野の狭さや欠け、光の周りの虹など、これらの症状がある場合はすぐに眼科を受診してください。

大切なのは定期健診

目の衰えというのは年を重ねれば誰でもおこるものです。とくに緑内障は40代から発症しやすいというハッキリとした特徴があります。ですから40代を過ぎたらとくに目の見え方について注意をしていくことが大切です。

ご紹介してきたように緑内障は失明にもつながる非常に怖い病気です。しかも自覚症状は少なく、進行もゆるやかです。また40代からは緑内障と同じように白内障の発症もおこり始めます。

目は誰でも一生使いたい大切な器官です。たとえ緑内障と診断されても薬で眼圧をコントロールしていくことで失明は避けられます。

高齢になってもしっかりと物を見て生き生きと過ごすためにも40代からはできるだけ定期的に検診を受けましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る