健康生活TOP 五十肩 もしかして五十肩?と思ったら関節の音に耳を澄ませてみよう

もしかして五十肩?と思ったら関節の音に耳を澄ませてみよう

shutterstock_65325163

毎日の何気ない行動、例えば高いところの物を取るとか、ストレッチを兼ねて仕事や家事の合間に腕をぐるぐる回す事。

これは関節や筋が丈夫だからこそ当たり前のようにできる事ですが、これを何年何十年と続けていけば、関節や筋には長年のダメージが蓄積されていきます。

肩こりや肩の痛み、または肩の違和感を五十肩といいますが、これには音についてはっきりとした特徴があるのです。

「最近、肩が…」と気になるあなたも、家族が「五十肩だから…」と困っているあなたも、是非チェックしてみてくださいね。

五十肩ってどんな病気?

50歳前後の人に多く見られる肩こりの症状を五十肩と言いますが、個人差もあるので30代や40代の人でも、五十肩もしくは四十肩と診断される事があります。

症状も人による違いがありますが、肩を回したり動かそうとすると痛みを感じます。後に詳しくお話ししますが、バキバキと関節が鳴る人もいます。

肩を少し動かしただけでも激痛がするので、腕を肩の高さより上に上げられない人もいます。

多くの人が50歳前後にこのような症状になる事から五十肩と呼ばれていますが、様々な症状の総称としても使われています。

はっきりとした病名を付け診断する場合は、肩関節周囲炎とされる事も多いようです。

五十肩の特徴

元々肩こりをしやすい人が50歳前後になった時、突然肩に痛みを感じ腕が上がらなくなると、もしかして五十肩かも?と思います。

このように年齢的にも自分の症状がある程度当てはまると、多分そうだろうと思い込んでしまいがちです。

自覚があってもその一方で、50前後の人が多くかかるというだけで五十肩という曖昧な病名を付けられてしまうのに抵抗を感じる人もいますね。

原因ははっきりとわからないものの、痛みがあるのでしばらく腕を使わないようにします。

そうすると不思議と痛みも和らぎ、数日で痛みが消え腕も元通り上がるようになるので「筋でもおかしくしたのか」と、自分を納得させます。

しかし痛みが出たという場合何らかの原因があるので、その原因が解消されない限りしばらくするとまた痛みが出ます。

五十肩の特徴としては、肩より上に腕を上げられないほどの痛みの他に、独特の音があります。

「ゴリゴリ」、「バキバキ」と音の表現も様々ですが、”関節同士がぶつかり合うような感覚がある音”と表現させてください。

この音を聞くとストレッチできているような気がして、スッキリするのでついつい音を鳴らしてしまいますが、実はこれあまりよくない行動です。

関節を鳴らすのはNG!

関節を鳴らしてはいけないのにはきちんとした理由があります。

まず健康で正常な状態の関節や骨は、正しい位置にあり歪み等もないので、腕や足を動かしても音はしません。

しかし日頃の姿勢や体重のかけ方、食べ物を噛むときの癖、重い荷物を持つ時どちらか片方だけで持つというような”偏り”があると、長い時間の積み重ねで関節は歪んできます。

常に同じ位置に負担をかけ、そこに負担が集中するので関節も磨り減ってきます。こうなってしまうと関節や骨も歪み、動かすたびに擦れるので音が鳴るのです。

音が鳴るとスッキリするように錯覚してしまい、音を鳴らすのが癖になってしまう人もいますが、これは関節や骨にも大きな負担がかかるのでやめましょう。

五十肩への対処法

shutterstock_93525610

まず五十肩というのも、肩関節周囲炎を含めた肩や関節の異常の総称なので、最初に疑わしき部分があった場合は必ず病院に行き原因を確かめましょう。

れっきとした「病気」であることを認識してくださいね。

五十肩というのは曖昧な部分も多いので、単なる肩こりではなく他に原因が潜んでいる場合もあるからです。

しかしながら五十肩は、はっきりとした原因、これといった治療法が確立していません。

レントゲンやMRIで検査をしても、はっきりと原因がわからない事が多いので、症状を見ながら対処療法をしていきます。

痛みがひどい場合は神経ブロック注射をしたり、痛み止めを使う事もありますが、ほとんどはリハビリになります。

リハビリといってもストレッチや体操を中心にして、自宅で行えるような簡単な方法を教えてもらえます。

関節の歪みやズレも原因になる事が多いので、体の歪みを矯正する体操やストレッチも効果的です。

生活習慣に潜む原因

五十肩は年齢的な事も原因となりますが、日頃の生活習慣にも原因があります。

例えば姿勢が悪い人は背中から肩にかかる負担も大きくなるので、歪みやすい状態を作ってしまいます。

姿勢を正し、身体が歪んでいないかを意識しましょう。

関節も年齢とともに磨り減り回復力も追いつかなくなっていきますから、食事やサプリメントで関節のサポートも心がけてくださいね。

五十肩は誰もがかかる可能性のある症状ですし、酷くしてしまえば手術を必要とする場合もあります。

ある程度は予防も可能ですので、生活習慣を見直すことは重要だといえます。

中高年の人で肩の痛み、肩の関節が鳴る、腕が上がらなくなるという症状が出た場合は、「五十肩の疑いあり」と思って注意してください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る