健康生活TOP 物忘れ あの人誰だっけ?人の顔が覚えられない相貌失認は病院で検査しよう

あの人誰だっけ?人の顔が覚えられない相貌失認は病院で検査しよう

shutterstock_2594778712

一度会った人の顔は絶対に忘れないという記憶力の良い人もいますが、会って会話を交わしても、あまり印象に残らない事はあります。またあまり興味がない人と会ってもすぐに忘れてしまうというのも珍しい事ではありません。

言葉を交わさずに知人と一緒に居合わせた人に挨拶をする程度では、その人の顔を覚えていなくても特に気にしません。

しかし相手は自分の事を覚えており、久しぶりです、と挨拶をされた時、「この人誰だっけ?」と相手が誰だかわからないというのもよくある話です。

あの人誰だっけ?相貌失認は進行すると自分の顔すら認識できない

相貌失認というのは、人の顔が覚えられない病気です。あまり知られていませんが、100人に1人ともいわれています。

夫婦や子供などひとつ屋根の下で生活を共にしている人は顔を覚えていますし、その人が誰なのか顔を見れば認識できます。

しかしこの病気にかかると、親族やとても親しくしていた人でも、長い間離れて暮らしていて何年かぶりに会った時、その人が誰だかわかりません。顔を覚えられないというよりは、認識できなくなってしまうのです。

一般的に人の顔を認識する時は、顔全体を見て特徴や声、仕草などから判断します。年齢を重ねると物忘れをしやすくなり、顔は覚えているけど名前が出てこないという事はあります。

これは老化現象の一種ですが、相貌失認は名前も顔も脳が認識できなくなりますので、後から思い出すという事も出来ません。

症状も人により違いはありますが、症状が進行すると自分の顔さえ覚えられずに鏡を見てもピンと来なくなってしまうといいます。

一方で、顔を覚えられなくてもパーツや声などで認識する能力が高い人もます。

なぜ人の顔が覚えられない?相貌失認のメカニズム

shutterstock_2298304392

私たち人間は、脳の側頭葉から後頭葉にある「顔領域」と呼ばれる箇所で人の顔を認識しています。ここでは相手の顔、表情や視線、表情や感情などを感じ取り、総合して顔の認識を行っています。

この脳内の一部に障害が起きたとき、人の顔がわからなくなってしまうのです。

脳の神経に異常をきたしているのですが、家族や親しい人の顔は認識出来るため、単なる物忘れと思い込みやすいところが問題です。

本人も人の顔が覚えられない事があっても、それを相貌失認とは考えもしないため、接客業など人と接する機会の多い仕事には支障が出る事もあります。

相貌失認には先天性と後天性があります。先天性は生まれつきですが、後天性は脳の病気が原因になります。

  • 脳梗塞
  • 動脈硬化
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • 加齢

など脳の神経細胞にダメージを負う病気を負い、その箇所が側頭葉から後頭葉の場合は、相貌失認になるリスクも高くなってしまいます。

不安なあなたは脳神経科で検査してもらおう!どんなチェック方法?

shutterstock_1480738822

病院に行けば精密検査で相貌失認かどうかの検査が可能です。

脳神経科を受診してください。問診から始まり、過去に脳の病気をしている人はMRIで脳の状態をチェックします。

どのくらい顔を認識出来るかを知るために、誰でも知っている有名人の写真などを並べて、何人を認識できるかチェックする方法もあります。

ただし歴史上の人物などの場合は、ヘアスタイルや服装に特徴があり顔ではなく他の特徴で人物を認識してしまう場合があります。これでは顔を覚えられないため、写真でチェックする時は、ヘアスタイルや服装を隠し、顔だけの状態で使用します。

相貌失認の治療はどこまで対応できるのか?

shutterstock_1339377622

相貌失認には先天性と後天性がありますが、先天性の場合は残念ながら治療法が確立されていません。

相貌失認の人は映画を観ていても、直前に登場した人物の顔を認識できない、というケースがあります。特に周囲の背景や場所が変わると、同じ人でも顔が見分けられないため、映画のストーリーがわからなくなってしまうのです。

同じ映画やドラマを繰り返し観る事で、シチュエーションを理解出来るようになり、自分なりに目や口といったパーツの特徴や、声などどこかに特徴を見いだし、個人として認識出来るようになる人もいます。

このように映画やドラマを見続ける、人と接して相手の特徴を覚えるという訓練をすればある程度認識出来るようになりますが、覚えて認識するまでには時間がかかります。

後天性の場合は脳の病気を治療すればある程度は回復しますが、脳の神経細胞のダメージが大きい場合は、病気の治療をしても後遺症が残るため訓練は必要です。

接客業や人の顔を覚えていないと仕事に支障が出るような場合は、深刻な悩みとなります。相貌失認患者は自分で自覚が持てない傾向が強く、仕事に支障が出てから病院を受診して気づくケースも多いといいます。

あまり認知度は高くありませんが、たとえ相貌失認だったとしても気づかなければ一生そのままという人もいます。悪気はなくても顔を覚えられないのは病気です。しかし周囲の人はやる気がないと受け取ってしまう事もあります。

あの人誰だっけ?が続くような場合は、相貌失認かどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る