健康生活TOP 疲労回復 女性に嬉しい栄養と効果が盛り沢山!人気の「ポテそば」の魅力

女性に嬉しい栄養と効果が盛り沢山!人気の「ポテそば」の魅力

shutterstock_1200695622

「ポテそば」って知っていますか?最近女性の間で話題になっている食べ物で、そばの上にフライドポテトを乗せて食べるという、少し変わった食べ方をするそばのことです。

食べ方は風変わりなのですが、実はポテそばには女性に嬉しい栄養がたくさん詰まっているのです。今、話題のポテそばの栄養についてご紹介します。

女性に嬉しい効果がとにかくいっぱい!ポテそばの魅力は美味しさだけじゃない

「ポテそば」の発祥は大阪です。そばの上にフライドポテトを乗せて食べるという大阪の人らしい斬新な発想で、サクサクとしたポテトの食間や絶妙な塩味が受け、今では全国に広がりつつあります。

味のほうはというと、じゃがいもを使ったコロッケを乗せたコロッケそばに近い味がします。ですが、天ぷらやコロッケとは違う歯ごたえや、フライドポテトとそばとのコンビネーションは新感覚というほかには例えようがありません。

本題のポテそばに含まれる栄養についてですが、ポテそばは、そばの上にフライドポテトを乗せるというシンプルな食べ物なので、主な材料はポテトとそばの2つです。しかし、そのシンプルな素材の中にも意外が栄養が隠されているのです。

老化防止・ダイエットに最適・さらにコラーゲンも!ポテトの栄養価

shutterstock_1709448982

じゃがいもは、炭水化物が多いというイメージがあるかもしれませんが、イモ類の中でも糖分やカロリーが少なく栄養価が高いので、フランスでは「大地のリンゴ」と呼ばれています。

じゃがいもの栄養価で特筆すべきは、クロロゲン酸が豊富に含まれていることです。クロロゲン酸はポリフェノールの1種で抗酸化作用が強く、細胞の老化を防ぐ若返りの効果があります。

これを細胞の賦活(ふかつ)作用といい、クロロゲン酸にはあらゆる細胞が老いることを防いだり、傷ついた細胞を復元したりする働きがあるのです。

またクロロゲン酸には、体内の余分な脂肪を燃焼させる脂肪の代謝を促進する働きがあるので、肥満の予防やダイエット時などカロリーが気になるときでも安心して食べられます。デンプン質が多く満腹感を得やすいのも良いところです。

さらに、じゃがいもにはリンゴの約10倍のビタミンCが含まれています。ビタミンCは肌のコラーゲンを合成するときになくてはならないものなので、いわゆる肌のターンオーバーを促進するのです。

ジャガイモに含まれる栄養はこれだけではありません。ジャガイモにはカリウムも多く含まれていて、体に溜まった余分な水分を排出しむくみの解消や体内の老廃物を外に出すデトックス効果もあるのです。

これらをまとめるとじゃがいもの栄養は次のようになります。

  • クロロゲン酸による細胞の老化防止、賦活作用
  • クロロゲン酸による脂肪の代謝、分解の促進
  • ビタミンCによる肌のコラーゲンの合成促進
  • カリウムによるむくみの解消やデトックス効果
  • デンプン質が多いことによる満腹感の増加

このように、じゃがいも1つとってみても女性にとっては嬉しい効果がたくさん詰まっていることが分かります。もちろん男性にとっても同様の効果が期待できます。

イライラ抑制・便秘解消・冷え性改善!そばの栄養価

shutterstock_2881939882

次にそばの栄養について。そばには、とりわけビタミンB2やB6、ナイアシンなどのB群が豊富です。

ビタミンB群は、糖やたんぱく質をエネルギーに変えるときに必要な栄養素なので糖や脂肪の代謝が促進され、効率良くエネルギーを作り、太りにくくなるという効果があります。

またビタミンB群は肌荒れを予防したり、自律神経の働きを整える働きがあるので、気持ちが穏やかになりイライラの解消にも効果があります。

さらに、そばは消化が良く、食物繊維も豊富なので便秘の解消にもつながります。

その上、ルチンという成分が血管の柔軟性を高めるので、血液がサラサラになり低血圧の改善や冷え症の予防効果もあります。 class=”b”>末梢の血流も良くなるので爪がきれいになるという意外な効果も期待できます。

そばの栄養をまとめると次のようになります。

  • ビタミンB群によるエネルギー代謝の促進
  • ビタミンB群による精神の安定作用、イライラ防止
  • 食物繊維による便秘の解消
  • ルチンによる低血圧や冷え性の改善
  • ルチンによる血行促進や動脈硬化の予防

このほかにも、そばは穀物の中でもGI値が低く血糖値が上がりにくいことや、糖質の代謝が早いことなど、生活習慣病の予防にも効果があります。

ポテそば発祥の地、大阪ではポテそばと同様「ポテうどん」も販売されているようですが、どうせ食べるならポテうどんよりポテそばを選んで食べたほうが、栄養バランスとしては良いようです。

身近な食材や食べ物には、あまり知られていない栄養がたくさん詰まっていることも多いのです。話題のポテそば、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る