健康生活TOP 疲労回復 お酢の効果効能!疲労回復におすすめの簡単お酢ドリンク&料理レシピ

お酢の効果効能!疲労回復におすすめの簡単お酢ドリンク&料理レシピ

フルーツビネガー

どうして疲労回復にお酢なのでしょうか?疲れた時と言えば、酸っぱい食べ物よりもケーキやチョコレート、飴などの甘い食べ物が欲しくなりますよね。

甘くない、すっぱいお酢で本当に疲れがとれるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、お酢は本当にすごいのです。

疲労回復効果だけではなく、美容効果や便秘解消など健康を維持する効果や口腔内の雑菌を抑制する効果もあるので口臭予防にもなります。健康に良い、様々な効果を持っているのです。

さらに、殺菌効果もあるのでお掃除にも使えてしまいます。

お酢の種類と効果をわかりやすく解説、さらにはお酢の効果を最大限に生かす美味しいレシピをご紹介します。

肉体的、精神的どちらの疲労にも酢は効果を発揮する!

疲れには、肉体的疲労と精神的疲労があります。

肉体的疲労は、そのまま身体の疲れ、身体を使うことを長時間続けるとで発生します。

体内で生成されている身体を動かすエネルギー源、グリコーゲン(糖質)が減少すると疲労感を感じます。お酢には、このグリコーゲンの生成を助ける働きがあるのです。

精神的疲労は、周囲の環境などから様々なストレスを受けることで自律神経の働きが悪くなり、ホルモンバランスが崩れることで発生します。その結果起きやすい血圧の上昇にもお酢は効果があります。

さらにストレスから身体を守ってくれる副腎皮質ホルモンの分泌にもお酢は役立ちます。

お酢の効果で期待できること

疲労回復だけじゃない!他のすばらしいお酢の効果も含めて一覧で紹介します。

お酢の効果:疲労回復

上記のとおり、グリコーゲンの減少によって人は疲労を感じます。昔から疲労物質と知られる乳酸は、疲労の原因ではありません。このことは、科学的にも証明されています。

乳酸自体も身体に必要なエネルギーの一部であり、疲れがたまって来たよ!休憩しようよ。と脳に知らせるシグナルなのです。

グリコーゲン(糖質)をエネルギーに変換させる時に乳酸も一緒に生成されるわけですから、「疲れがたまってきた=血中の乳酸濃度が増えた」は、間違いではありません。

お酢の主成分でもある酢酸を摂取すると、足りなくなったグリコーゲン(糖質)の生成を促進し、血中の乳酸濃度を低下させる効果があります。つまり、疲れる前の状態に戻そうとしてくれるわけです。

他にもアミノ酸は筋肉疲労の軽減、クエン酸はエネルギーの素となりお酢のパワーが疲労回復につながるのです。

お酢の効果:便秘解消

そもそもどうして便秘になってしまうのでしょう?

その原因として考えられるのは、運動不足と食生活の乱れです。便秘の解消には食物繊維の多い食べ物と水分は常識ですが、それだけでは解消されずに悩んでいる人も多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、お酢。お酢には便秘解消させるパワーがあるのです。お酢が腸内に入ると炭酸ガスを発生させます。炭酸ガスの刺激を受けた腸が活性化し活動を始めます。

それだけではありません。お酢には新陳代謝を高める働きもあります。

代謝力がUPすれば腸の働きも活発になります。殺菌効果もある為、腸内の悪玉菌を減少させ、腸内環境をより良く整えてくれる効果もあります。

同じ様に悪玉菌を減少させ善玉菌を増やしてくれるのがビタミンC。お酢は、このビタミンCを効率よく体内に取り入れる手助けにもなります。

便秘が原因のお肌のトラブルも腸内環境が良くなれば改善します。便秘解消でスッキリ。お肌もツルツル。そう考えると、お酢には便秘解消と共に美肌効果も期待できますね。

お酢の効果:ダイエット

お酢ダイエットは、お酢を飲むだけでダイエットの手助けになると言う方法ですが、飲むだけで痩せられるのならダイエットで苦労する人なんていませんよね。本当に効くのでしょうか?

前述の通り、お酢には新陳代謝を高める働きがあります。代謝力が増えると消費エネルギーの増加にもつながります。と言うことは、同じ運動量でより多くの脂肪が燃焼させるやせやすい身体を手に入れる近道なのです。

お酢には、血糖値を下げる効果もあります。それによりインスリンの増加し過ぎを防ぎます。

インスリンには血糖値をコントロールし血液をサラサラに保つ効果など身体にとってうれしい効果もありますが、肥満にも深くかかわっています。血糖値が高くなるとインスリンが分泌され、血中の糖分をエネルギー源としてそれぞれの細胞に送り込みます。

ところが、細胞に行きわたってもまだ糖分が残っていると(血糖値が上がり過ぎの状態)インスリンが脂肪細胞に糖分を送り込んでしまいます。これが肥満です。

血糖値を下げることで、肥満の予防につながり、ダイエットの効果が期待できるのです。

また、お酢には利尿作用もあるため、体内の余分な水分や老廃物を排出してくれます。これにより、むくみが解消されます。

お酢を積極的に摂取することで、脂肪燃焼量が増加し、血糖値を下げ、むくみが取れる。その結果が、ダイエットの成功へとつながって行くのです。

お酢の効果:殺菌効果(口臭予防)

お酢の殺菌効果はとても有名です。余分な雑菌の繁殖を防ぐ為、ピクルスなど保存食にも活用されてきました。

お酢は、その殺菌効果で口腔内を清潔に保つ効果もあり、口臭予防にも役立ちます。だからと言って、お酢を口に含んだままでいるのはNG。歯には余りよくありません。歯のエナメル質にダメージを与える可能性があります。

口に入れたお酢は、すばやく飲みこみましょう。

お酢の効果:高血圧の予防

お酢には、高血圧を抑制する効果もあります。だから、高血圧の予防になるわけです。

お酢の摂取により主成分である酢酸を取り込むと、アデノシンという物質が出てきます。このアデノシンが血管の壁に作用すると血管が拡張し、それにより血流がよくなり血圧が下がるのです。

お酢に血流改善効果による血液をサラサラにする効能もあるため、相乗効果が期待できます。

ちなみに、血圧を下げる効果が有効なのは、血圧の高い人のみ。低血圧の人が飲んでもさらに血圧が下がることはありません。安心してお酢を摂取して下さい。

飲むなら果実酢がおすすめ!お酢の成分と種類について

お酢は、酢酸からできています。他にクエン酸、コハク酸などの有機酸類やアミノ酸なども含みます。これらの成分に様々な美容と健康にいい効果があるのです。

お酢には、穀物から作られた穀物酢や、果物の搾汁の入った果実酢などがあります。飲みやすく加工されたお酢ドリンクや希釈して飲むタイプのお酢などと、調味料のお酢とでは何か違うのでしょうか?

穀物酢と言えば、

  • 米酢
  • 黒酢
  • モルトビネガー

など。主にお料理に使われ、そのまま飲むには、ちょっと不向きです。

飲用に向いているのは果実酢の方でしょう。リンゴ酢やブドウが原料のバルサミコ酢などが有名です。

最近では

  • グレープフルーツ
  • もも
  • アセロラ
  • ブルーベリー
  • さくらんぼ
  • ハーブ類
  • 抹茶

などなど、その種類も豊富にあります。

希釈して飲む以外にもヨーグルトに混ぜたり、アイスクリームにかけて食べたりするのもおすすめです。

そのまま飲むお酢と希釈してから飲むお酢

飲むお酢には、そのまま飲めるタイプのお酢と希釈タイプの2種類あります。

希釈タイプの場合、そのままや十分に希釈せずに飲んだりすると強い酸により食道や胃など消化器系の粘膜が荒れてしまう原因になります。必ず飲み方を守って飲んで下さい。

たくさん飲んだからと言って、お酢の効果が高まるわけではありません。飲み過ぎては、せっかくの効果がマイナスになってしまいます。空腹時に飲むのも胃が荒れる原因になります。食後に飲むのがおすすめです。

お酢のパワーを手軽に取り込もう!おすすめドリンクレシピ

果実酢(フルーツビネガー)や色々な風味をつけたフレーバービネガーを各種買ってみて味比べをするのも楽しそうですが、とりあえず試してみたい人は自作がおすすめです。

簡単に作れるドリンクレシピをご紹介します。

冷蔵庫保存で長持ち!たっぷり作ってたっぷり飲めるりんご酢レシピ

【材料】

  • りんご 1個(約300g)
  • お酢 600ml
  • 粉黒糖 240g

※かなり多目の分量になりますので、友人知人同士で一緒に作ってシェアしてもいいかもしれません。少ない分量で作る場合は、りんごの量に合わせてお酢と粉黒糖の分量を減らして下さい。

1:りんごの表面を水でしっかり洗い、表面の水分をふきとっておきます。水分が残ると腐る原因の一つになります。水分が残らないように気を付けましょう。

2:りんごは薄くスライスしておきます。

3:密閉容器にりんごと粉黒糖を入れ、上からお酢を注ぎます。

4:軽くかき混ぜてから電子レンジで30秒程加熱します。温まったら密閉容器のフタをして下さい。

5:1日寝かせたら完成です。

5~10倍以上に希釈してから飲んで下さい。※はちみつなどを加えるとさらにのみやすくなります。

リンゴをレモンに変えるとレモン酢にも。レモン1個(100~120g)の場合、お酢300ml、粉砂糖80gが目安になります。もちろん、他の果物でも作れます。

お酢の効果でカルシウムの吸収率もUP!実はおいしいお酢の牛乳割り

【材料】

  • お酢 15ml
  • 牛乳 200cc
  • はちみつ 15ml

好みで分量を増減して下さい。

1:牛乳をグラスに入れます。
2:はちみつとお酢を入れてかき混ぜます。

牛乳でお酢を割るとちょっとだけとろりとした感じになります。ラッシーに近い感じかな。使用するお酢によって風味に変化がでて、果実酢を使う方が飲みやすくなります。健康を考えるのなら黒酢を使ってもいいでしょう。

ダイエットの力強い味方!お酢のトマトジュース割り

【材料】

  • トマトジュース 150~200ml
  • お酢 15ml

※トマトジュースは、無塩のものを使って下さい。

1:トマトジュースをグラスに入れ、そこにお酢を入れるだけ。

はちみつやショウガの絞り汁などを加えるのもおすすめ。りんご酢とも相性がいいですが、ダイエットを考えるなら黒酢にしましょう。

お酢を飲むのはちょっと…という人にチャレンジして欲しい、お酢を使ったお料理レシピ

加熱してもお酢のパワーは健在です。簡単なレシピでお酢を一品追加してみましょう。

パプリカのマリネ

お酢を使った料理と言えば、マリネは外せません。

【材料】
パプリカ(赤と黄)各1個(赤2個でも黄2個でもオレンジでも可)

マリネ液
  • オリーブオイル 大さじ4
  • 酢 1カップ
  • 塩 少々
  • 黒こしょう 少々
  • ローリエ 1枚
1:パプリカは、細く切っておく。
2:マリネ液を混ぜ合わせる。
3:マリネ液とパプリカを和える。

パプリカのシャキシャキ感を残したいなら30分程度、しっかり漬け込んだ方が好きなら2時間以上おいてから食べましょう。

アジの南蛮漬け

お酢を使った料理の代表格です。

【材料】

  • 豆アジ(小さいもの)約200g
  • 小麦粉 適量
  • 片栗粉 適量
  • 油 適量
南蛮酢
  • だし 500ml
  • 酢 大さじ3
  • しょう油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 昆布茶(粉末) 小さじ1
  • 赤唐辛子(輪切り)一つまみ
  • タマネギ 1個(約230g)
  • パプリカ 2個(約220g)
  • 長ネギ 1本(ある分でOK)
  • ショウガ 1片
1:タマネギは薄くスライスして水にさらす。パプリカは半分に切り種を取り、薄くスライスする。

2:ショウガは薄くスライスしてから千切りにして、針ショウガにする。

3:長ネギは、白い部分を5cmぐらいの長さにカットしてから網にのせてから遠火で直焼きにします。網がない場合は、フライパンで焼き目がつくまで焼く。青い部分は薄く斜め切りにする。

4:南蛮酢の食材、だし、酢、しょう油、砂糖、昆布茶を鍋に入れ一煮立ちさせた後に、タマネギ、唐辛子を入れ、もう一煮立ちさせ火を止めます。

5:アジは、小さいものであればそのまま、大き目であれば、セイゴを取り、エラとワタを抜きます。頭が苦手な人は、頭も取り省いて下さい。

6:アジは水で洗い、ペーパータオルなどで水分を拭き取ります。

7:フライパンに油をアジの半分以上が浸る分量を入れ、弱火で加熱します。

※中火~強火にすると火力が強すぎて、中まで火が通る前に表面だけ焦げてしまいます。

8:小麦粉と片栗粉をアジにまぶし、フライパンで焼き揚げにします。火力が強いと焦げるので、温度が上がりすぎないように弱火でじっくり揚げ、最後に火力を揚げ表面をパリッとさせます。

9:揚がったアジを4の南蛮酢の中に入れ、軽く混ぜます。パプリカ、長ネギ(焼いた白ネギ+青ネギ)針ショウガも上にのせます。

10:全体が馴染んだら、密閉容器(タッパー容器など)に全部移します。11:冷めたら冷蔵庫に入れ、一晩寝かします。

※南蛮酢に浸してから2時間程で食べられますが、一晩寝かして味をしみこませた方が美味しいです。

鶏とナスとピーマンの南蛮炒め

お酢が入ってさっぱりとしておいしい炒め料理です。

【材料】

  • 鶏むね肉 250g
  • ナス 2~3本(200~300g)
  • ピーマン 2~3個(60~90g)
  • 塩・こしょう 少々
  • 片栗粉 適量
  • ゴマ油 適量
  • 酢 大さじ2
  • しょう油 大さじ2
  • 酒 大さじ3
  • 砂糖 大さじ1と1/2
1:なすを乱切りにし水にさらす。ピーマンは半分に切って種を取り、細く切る。

2:鶏肉を一口大に切り、塩・こしょうをする。

3:鶏肉に片栗粉をまぶし、余分な粉を落とす。

4:フライパンにナスを入れ、しんなりしたらピーマンを入れ、油とピーマンが馴染んだら取り出す。

5:鶏肉をフライパンに入れ、表面を焼き、お酒少々(分量外)を加えフタをして弱火で蒸し焼きにする。

※火力が強いと焦げます。くっついても調味料を加えた後で、はがれます。

6:酢、酒、しょう油、砂糖を合わせておく。

7:鶏肉に火が通ったら、取り出しておいたナスとピーマンをフライパンに戻す。

8:6の調味料をフライパンに入れ、全体がとろっとしたら完成。

鶏肉を豚肉に変更したり、ナスとピーマンを他の野菜に変えてもおいしく作れます。子供の場合、ピーマンよりトマトを使う方が食べやすいかもしれません。ズッキーニやゴーヤー、オクラでも作れます。

オクラを入れる時は、オクラを軽く蒸してからみじん切りにします。(水で濡らしたオクラを皿に入れて、ラップして電子レンジで加熱しても良いでしょう)その後、8番目の工程、調味料よりも後に入れて下さい。

食べる時に大葉やネギをトッピングするのもおすすめ。

サンラータン風スープ

漢字で書けば「酸辣湯」、文字通りすっぱくて辛いスープです。

【材料】

  • 鶏ささみ 100g
  • もやし 1袋
  • たまご 1個
  • 万能ネギ 少々
  • 鶏がらスープの素 小さじ2
  • ラー油 少々
  • しょう油 少々
  • 酢 大さじ2
  • 水 300ml
  • 片栗粉 小さじ1(+水 小さじ2)
  • 塩・こしょう 少々
  • 酒 少々
1:鶏ささみは小ぶりに切り、酒をまぶす。万能ねぎは小口切りに刻んでおく。

2:鍋に湯をわかし鶏がらスープの素を入れる。

3:スープの中に鶏肉を入れ、鶏肉に軽く火が通ったらもやしを入れる。

4:隠し味のしょう油を入れる。火を止め、水で溶いた片栗粉を入れ、全体をかき混ぜる。

5:再び火をつけ、たまごを溶いてから、鍋に入れ、全体をかき混ぜる。

6:ラー油とお酢を入れ、すぐに火を止める。

7:器に盛り、刻みネギをちらす。

※片栗粉と水の分量の目安は、1:1~2、水が少し多目がポイント。火を止めてから入れるとダマになりません。

チキン南蛮

ヘビーローテンションで食べたくなる!めちゃうまレシピ。

【材料】

  • 鶏もも 400g
  • しょう油 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • すりおろしショウガ 小さじ2(チューブでも可)
  • すりおろしニンニク 1片(チューブでも可)
  • 塩・こしょう 少々
  • 片栗粉 適量
南蛮酢
  • しょう油 大さじ3
  • 酢 大さじ3
  • 酒 大さじ3
  • 砂糖 大さじ2
  • 唐辛子(輪切り) 少々
  • タマネギ 半分(約110~120g)
タルタルソース
  • マヨネーズ 大さじ7(多少分量が増減しても大丈夫。おいしいです)
  • 酢 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 粒マスタード 大さじ1
  • 茹でたまご 2個(約65~70g)
  • ピクルス 大さじ2
  • パプリカ 1個(約110g)
  • タマネギ 半分(約110~120g)
  • ハラペニョ 大さじ1(辛いものが苦手な人は分量を減らすor入れないで下さい)

柴漬けやたくあんなどもおすすめ。お漬物を混ぜるても美味しくなります。全てみじん切りにして使って下さい。

お酢やオリーブオイルを足すことで全体がやわらかくなり、から揚げと馴染みやすいタルタルソースになります。

1:南蛮酢のたまねぎ半分を薄くスライスする。

2:鍋に酒と砂糖を入れ、弱火で砂糖を溶かす。

3:しょう油、スライスしたタマネギを足す。一呼吸置いて唐辛子を足し、酢を最後に足す。火を止める。→南蛮酢の完成。

4:鶏もも肉を食べやすい大きさに切る。

5:切った鶏もも肉に、しょう油、酒、すりおろしショウガ、すりおろしニンニク、塩・こしょうで下味をつける。

6:5の鶏肉に片栗粉をまぶし、180℃ぐらいの温度で揚げる。

7:冷める前に南蛮酢に漬ける。

8:茹でたまご、ピクルス、パプリカ、タマネギ半分、ハラペニョをみじん切りにする。

9:マヨネーズ、お酢、オリーブオイル、粒マスタードを混ぜ、その後にみじん切りにした食材を混ぜる。10:7の鶏のからあげを器に盛り付け、9のタルタルソースをかける。

お酢で健康体に

お酢は、料理に健康に欠かせない食材です。疲労回復、便秘によし、ダイエット、美容にもよし、高血圧等にもよし。

上手く取り入れて健康生活を手に入れましょう。

南蛮酢、万能ですね!今晩はたくさん野菜を入れてチキン南蛮を作ってみるとしましょう。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る