健康生活TOP 疲労回復 疲労をマネジメントするという新しい発想であなたの疲れを取る方法

疲労をマネジメントするという新しい発想であなたの疲れを取る方法

shutterstock_1572547222

毎日忙しくてあっという間に1日が過ぎてしまうと、自分の体を気にする余裕もなくなってしまいます。仕事上仕方ない部分はありますが、1日が48時間あったらいいなと思った事がある人も少なくないでしょう。

忙しい毎日を送っていると、ゆっくり休む時間も取れないため、次第に疲れがたまってきます。わずかな疲労でも蓄積されればやがて体には様々な影響を与えるようになります。

忙しいと感じている人ほど、疲労がたまっているのも自覚できているはずなのですが、それを解消するのは意外と難しいかもしれません。

疲れをマネジメントするという新発想を取り入れてみよう!

マネジメントというのはビジネス用語ですが、管理すると言う意味があります。管理以外にも調整や改善、分析という意味合いも含まれますが、自分自身で疲れをマネジメントする事ができれば、メリットは多くなります。

日本人は世界的に見てもよく働く人が多いと言われていますが、働き詰めではいつか体も悲鳴を上げます。

ビジネスにおいての様々なマネジメントはとても重要ですが、疲れがたまりすぎていて、体調不良や睡眠不足から仕事に集中できず支障が出るようでは本末転倒です。

自分の疲れも、ビジネスのようにマネジメントする事が可能ですが、まずは自分がどれだけ疲れているか見直す事が大切です。

学校を卒業して働くようになると、忙しいほど充実していると感じる事もあります。疲れの原因となるのはほとんどが仕事だというのはあまり意識しません。

当たり前のように仕事をしている人も多いのですが、人の体には疲労に対応する能力にも限界があります。限界まで頑張る事も時には必要ですが、それで体を壊してしまったら仕事にも支障が出てきます。

なかなかゆっくり休めない人も、疲れをマネジメントする事はできるはずです。休む事を優先すると、怠けているとかやる気がないと思われがちですが、健康を害してしまえば元も子もありません。

たまった疲労で仕事に支障が!集中力アップには脳を休ませよう

shutterstock_205985995

なんとなく忙しく過ごしていても、仕事が充実していると疲れを感じない事があります。しかし人は仕事をすれば体のどこかに疲れが出ます。若いうちはどんなに疲れていても一晩眠れば翌朝には回復できます。

しかし年齢とともに体力や回復力も衰えていきますから、どこかで調整が必要になります。どんなにやる気があっても、頑張っても疲労が蓄積され体が悲鳴をあげるまで頑張ってしまえば、集中力が低下するなど仕事に支障も出てきます。

疲れを感じなくても、実際には必ずどこかに疲労は感じており、それを回復させない事には疲労は蓄積される一方で、解決にはなりません。

受験勉強を思い出してみてください。受験勉強をする時は集中していないと頭に入りませんが、人の集中力はそれほど長続きしません。

適度に休憩を挟み脳を休ませる事で、記憶力や集中力がアップするのはみなさんもご存知のはずです。仕事においても同じ事が言えます。

仕事中にどうやって脳を休ませよう?

仕事中に休むというのも難しいところはありますが、例えば

  • 一旦書類やパソコンの画面から目を離す
  • 深呼吸をする
  • 窓から見える景色に目を向ける
  • コーヒーを飲む

なんてことをしてみましょう。

ほんの一瞬でも脳が切り替わるので、集中力や記憶力も高まります。あまり健康には良くありませんがタバコを吸うのも気分転換になります。

昼寝は脳の休憩にもってこい

昼休みにはデスクに突っ伏して昼寝をするのもおすすめです。疲れている時は食後に眠気が襲って来る事もあるはずです。

こういう時は無理をせず、15分~20分程度の昼寝をしてください。時間が長すぎると睡眠モードに入ってしまうため、中途半端な睡眠は起きた時に体がだるくなります。

短時間の睡眠なら、脳を休ませる事ができますし、短時間でも熟睡できれば疲労回復効果も期待できます。

実際にお昼休みに短時間の昼寝をする事で、勉強効率が上がる事が確認されてから、給食後に昼寝を日課にする学校も増えています。仕事においても同じ事が言えるので、社員に昼寝を勧める会社も増えています。

趣味で疲労は回復できない!ほどほどに楽しもう

休みの日くらいは趣味に没頭したいと思う事があります。確かに好きな事をしていれば気分転換になりますし、ストレスも解消される気がします。

仕事で早起きするのは辛くても、趣味のために早起きするのは不思議と疲れを感じません。しかしこれは気分的な問題であって、大好きな趣味でも疲労は回復されていません。

趣味を楽しむのもいいのですが、休みの日は体を休める事も意識してみましょう。

疲れは仕方ないのではなく、自分で管理する事が重要です!

shutterstock_2988807562

忙しく疲れがたまっている人ほど、仕事だから仕方ないと自分に思い込ませる傾向があります。確かに仕事が忙しいのはステータスになる事もありますが、疲労はためこまず早いうちに解消するのも賢い方法です。

常に疲れをマネジメントしておけば、仕事に支障が出る事もありません。健康で居るためには、食事や睡眠も欠かせません。

疲れをマネジメントすると言うと、ゆっくり休む事をイメージしやすいのですが、食事の事も考えましょう。疲労回復に効果のある食材を積極的に取り入れれば、体の中から疲労に対処できます。

休みの日も接待などでゆっくり休めない事がありますが、断れる時は断って1日ゆっくり過ごすのも、良い休息になります。

常に張り詰めていると、どこかで限界がやってきます。そうなると仕事どころではなくなってしまいますから、適度に休憩や休息をはさみ、疲れをマネジメントすることを意識してみましょう。

誰でもできるマネジメント方法をおさらい

最後に、マネジメント方法を簡単にまとめておきますので、疲れがたまっていると感じた時に参考にしていただければと思います。

  • 自分の疲れの原因を探る
  • 疲れの原因の中で改善できる事は改善する
  • 仕事の合間に適度な休憩を取る
  • お昼休みを利用して短時間の昼寝をする
  • 何もかも1人で背負い込まず、分担できる事は分担する
  • 疲労回復効果のある栄養を摂る
  • 休日は体をゆっくりと休ませる

どれも簡単ですが、実際には難しい事もあると思います。自分の体に正直に向き合ってみる事もマネジメントの一つと覚えておいてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る