健康生活TOP 疲労回復 長引く体調不良は副腎疲労が原因?食事改善のコツはビタミンB群

長引く体調不良は副腎疲労が原因?食事改善のコツはビタミンB群

shutterstock_1012053642

ゴールデンウィークやお盆休み、学校の夏休みなど長い休みの後は、理由もなく体がダルい事があります。休み中に生活リズムが狂ってしまったり、疲れが残っていたりとある程度原因もわかっていますね。

しかし特に休みがあったわけでもなく、疲れるほど運動をしたわけでもないのに、全身がダルくて仕事にも集中できない時、もしかしたら体のある部分に原因が潜んでいるかもしれません。

体がダルいのは副腎が疲労しているから!?ストレスホルモンとの関係

shutterstock_150322055
原因不明の疲労感や倦怠感がある場合、副腎疲労を起こしている可能性もあります。

副腎は各腎臓の上にあるとても小さい臓器です。健康維持や体のバランスを維持するために必要なホルモンを分泌する重要な役目を担っています。

女性ならよくお分かりいただけると思いますが、毎月の生理でもホルモンバランスが変わるので、自分ではコントロールできない感情や体調の変化を感じます。

副腎から分泌されるホルモンはバランスが崩れると、体全体に影響を与える重要なホルモンなので、少しでもバランスが崩れると大きなダメージとなり全身の倦怠感やどうしようもないダルさを感じます。

副腎からはコルチゾールという別名、ストレスホルモンが分泌されています。コルチゾールが適度に分泌されていれば、ストレスにも対応できるので本来は良いホルモンです。

しかし副腎疲労を起こしていると、コルチゾールが大量に分泌されるようになります。コルチゾールは増えすぎるとイライラしたり、集中力を低下させたりという厄介なホルモンになってしまいます。

これが連休明けでもないのに、体がダルく全くやる気がおきないという症状を引き起こす原因です。

休み中の生活リズムの変化というように、原因がはっきりしていれば、生活リズムを元に戻す事で徐々に症状も改善し、ダルさや疲れも解消されます。

しかし副腎疲労が原因の場合は、疲れきった副腎を回復させないといつまでも症状が改善されません。

副腎の元気は食事から!身近な食材で栄養補給

明らかにおかしい体の異常や、他に原因が思い当たる場合は病院に行き検査を受ける事をおすすめします。副腎疲労を起こしていても、適切な治療を受ければ症状も少しずつ回復に向かいます。

副腎疲労を起こしている時は、とにかく何もやる気が起きず集中力も低下するので、治療どころじゃなという人もいます。

こういう時は薬に頼らず、食事療法を取り入れるのもおすすめです。実際に副腎を元気づける栄養もありますし、その栄養を豊富に含む食材は豊富です。

薬を使わないので副作用もありませんし、身近な食材なのですぐにでも実践出来ます。

糖の過剰摂取は副腎疲労にNG!

副腎は血糖値をコントロールする役目があるので、副腎疲労を起こすとこれが阻害されます。このため低血糖になる事があり、それにより体が糖分を欲します。

体が糖分を欲するからとむやみに甘い物を食べていれば、今度は血糖値が高くなります。急激な血糖値の上昇は血管にも負担をかけますが、糖尿病のリスクを高めるので砂糖の過剰摂取はNGと覚えておきましょう。

カフェインも副腎疲労にはよくないので、甘味がありカフェインを多く含むチョコレートもNGです。

適量なら問題ありませんが、過剰摂取はかえって副腎疲労を悪化させてしまいますので、注意してください。

副腎疲労回復に役立つ栄養、ビタミンB

shutterstock_2014823122
副腎疲労を起こすとそれをなんとかしようとして、ビタミンB郡を大量に消費してしまいます。

ビタミンB郡は副腎以外にも体の至るところで必要となる重要な栄養素ですから、特に意識して取り入れましょう。

ビタミンBと名が付く物は全てビタミンB郡です。

  • 牛・豚・鶏のレバー
  • イワシやサンマやサバなどの青魚
  • たらこ

はビタミンB郡がバランスよく含まれています。これ以外にもビタミン&ミネラル、タンパク質もバランスよく取り入れましょう。

副腎疲労を起こす原因にストレスもありますが、ストレスを受けると体内には活性酸素が増えます。

野菜や果物には活性酸素を除去する抗酸化物質が多く含まれています。ビタミンCやポリフェノールには高い抗酸化作用があるので、新鮮な物を意識して取り入れてください。

副腎だけでなく体全体が健康である事が大切なので、三大栄養素もきちんと取り入れましょう。

どうしてもうまく取り入れられない場合は、マルチビタミンなどのサプリメントを使うのもいい方法です。ただしこの場合のサプリメントはあくまでも脇役なので、メインは食事で摂るのが理想です。

生活リズムを整える

shutterstock_1454526582
副腎疲労というくらいですから、副腎だけでなく体全体も疲れた状態となります。疲労回復には質のいい睡眠も欠かせません。

また生活リズムというのは人による違いもありますが、毎日の生活で自然と身につくものです。

休みの日に寝だめをしたり、長い休みの間に完全に生活リズムが狂ってしまったりするのも副腎疲労の原因となります。

睡眠時間が足りないと感じるなら、昼休みなど時間が許す時に短時間でも昼寝をしてみましょう。

寝過ぎると生活リズムが狂ってしまうので、昼寝は30分程度にとどめておきます。短時間でもしっかり眠れば疲労回復出来ます。

このように副腎疲労は食事や生活リズムを整えれば改善できますが、元の生活に戻ってしまえば再発しますので、いい習慣を続ける事が大切です。

副腎の疲労だけにとどまらず、健康に過ごすためには当たり前のことのようですね。ぜひ意識して生活してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る