健康生活TOP 疲労回復 【疲労回復のコツ】栄養ドリンクよりも効果のあるものとは?

【疲労回復のコツ】栄養ドリンクよりも効果のあるものとは?

shutterstock_78214627

「疲れているな」と感じたとき、どうしていますか?

栄養ドリンクを飲んだり、甘いものを食べたりする方は多いでしょう。そうすることにより、その場は乗り越えることが出来ますよね。

しかし、その行動がかえって疲れを溜めてしまっているのかもしれません。

そこで今回は、疲労回復のために日常生活でできることをまとめてみました。是非自分のものにして、疲れ知らずの毎日を送りましょう!

疲労感と疲労は別物!

疲労とは、物理的に身体が疲れることです。運動したり、仕事をしたりすると身体は疲労している状態になります。

これに対して、疲労感とは、疲れたと感じることです。楽しくスポーツしているときなどには、身体は疲労していますが、疲労感はあまり感じていないのです。

逆に、”大したことをしていなくても、嫌な作業をしているときにはすぐに疲れてしまう”という経験があなたにもあるのではないでしょうか。

このように、疲労感とは精神面での影響が大きいので、身体は疲れているのに、自分でも疲れていることに気付かないで無理を重ねてしまうことがあるのです。

「疲れた」と感じたときにやってしまいがちな以下の2つは、疲労感には効果がありますが、疲れがなくなるわけではないので注意しましょう。

栄養ドリンクを飲む

栄養ドリンクには、カフェインや糖分が豊富に含まれています。このため、気分がすっきりして元気になった気がします。

1日だけ徹夜しなければならない時などには良いかもしれませんが、疲労回復のために日常的に飲むことは避けましょう。

甘いものを食べる

糖分は血糖値が一気に上がるため、一時的に元気になります。

しかし、その後は一気に下がってしまうため、また疲れを招きます。これを繰り返していると甘いものが手放せなくなってしまうので注意しましょう。

元気の取り戻し方

みなさんご存じのとおり、疲れは溜めないことが大切です。

休みの日の過ごし方や、普段の食事を少し改めることによって、疲れを追い出すことができます。

運動をしよう!

shutterstock_272142461
疲れているからと、ダラダラ過ごしていませんか?

このような過ごし方を消極的休養と言います。この消極的療養での疲労回復力は20パーセント程です。

また、睡眠について「たくさん眠れば疲れは取れる」という考えは甘いです。

普段が寝不足だからと休日に寝だめをしていると血行が悪くなってしまうため、余計に疲れを引き起こしてしまいます。遅くても、いつもの時間プラス2時間を目安に起きるようにしましょう。

理想を言わせていただくと、起きる時間は毎日同じにしてくださいね。

昼寝をする際は、15時までに15分程度にとどめてください。こうすることにより、夜の睡眠の質に影響することもなく、午後の集中力もアップすると言われています。

これに対して、軽い運動を行うことを積極的療養と言います。

積極的療養の疲労回復力は70パーセントもあると言われています。疲れているときにこそ、軽く運動して血の巡りを良くした方が良いのです。

おすすめは、ストレッチやヨガ、ウォーキングなどです。これらの運動をする際には、頑張りすぎないことがポイントとなります。

軽い運動を行うことによって、脳や体に酸素や栄養が行き渡ります。循環を良くすることによって疲労物質を排出しやすくなるという効果もあります。

水分を摂取することで血流が良くなるので、運動をする際には水分をしっかりと摂取しましょう。

抗酸化物質を摂取しよう!

shutterstock_80806852
ゴマに多く含まれているセサミンは、肝臓の働きを良くしてくれます。肝臓が疲れていると、疲れを感じやすくなりますので、疲労回復のためにはケアしてあげることが大事です。

②目が疲れる、と感じている方にはブルーベリーに含まれているアントシアニンがおすすめです。普段酷使している目の疲れやかすみの改善に役立ちます。

パソコンやスマホの普及で、目が疲れている方も多いでしょう。目の疲れは肩こりや頭痛の原因ともなりますので、早めに対策をしたいものです。

イミダゾールジペプチドは、鶏の胸肉に多く含まれています。科学的に、疲労回復力が高いと認められている、今注目の成分です。

コエンザイムQ10は、牛肉、豚肉、鶏肉、ブロッコリー、枝豆、大豆、卵、イワシなどに含まれています。サプリメントでも気軽に摂取することができますね。エネルギーの代謝を良くしてくれます。

⑤オルニチンは、デトックス効果を高めてくれます。オルニチンはシジミに含まれている成分で、肝臓の働きを良くします。

リンゴポリフェノールは、ポリフェノールの中でも特に抗酸化作用が高い成分です。リンゴの中でも、まだ青く成熟していない実の方に多く含まれています。

感情を吐き出そう!

shutterstock_94232506
自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。活動時には交感神経が、休息時には副交感神経が優位になります。

しかし、ストレスにさらされると交感神経ばかりが優位になってしまうため、寝たりしても身体は休めていない状態が続いてしまい、疲れが溜まっていくのです。

簡単にできるストレス解消法は、笑うことと泣くことです。

笑うことは免疫力を高めてくれるという研究結果がありますし、特に泣くことはストレス解消に効果抜群!涙と共にストレスも流れていきます。

参考になりましたか?甘いものや栄養ドリンク、寝だめは逆効果なのです。

これらの物よりも、ゴマ、鶏肉、シジミなどを食べたり、水分を摂りながら軽い運動を行ったりすることにより、あなたの疲労は回復されていくと思います。

大人になると、感情を押し殺してしまうことも多いかと思いますが、たまには映画やテレビなどを見て、大笑いしたり、涙を流したりもしてみましょう。

こまめに疲労を取り除いて、元気な毎日を過ごせることを願っています!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る