健康生活TOP 眼精疲労 電子書籍は目が疲れる、は嘘!電子書籍のメリットと正しい使い方

電子書籍は目が疲れる、は嘘!電子書籍のメリットと正しい使い方

電子書籍を触る人

近年、スマートフォンやパソコンなどの電子端末の普及に伴って、電子書籍もまた徐々に普及してきています。どこでも欲しい本が買えるので、利用してみるととても便利です。

一方で、電子書籍を敬遠している人もいると思います。スマートフォンやパソコンを見ていると目が疲れる。だから電子書籍も目に悪いはずだ!と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、実は電子書籍を正しく使えば、目にそこまで負担がかかることはありません。「電子書籍は目が疲れる」というのは、全部が全部嘘ではないのです。本記事では電子書籍の正しい使い方とメリットについて紹介いたします。

電子書籍が目に及ぼす影響は?実は紙媒体と大差はない!

電子書籍とは、スマートフォンやパソコンなどの画面を通して読む本のことです。紙の書籍とは違って実物こそありませんが、だからこそ便利だともいえます。

電子端末一つあればたくさんの書籍を保管できますし、いつでもどこでも読める上に、購入もできます。場所もとらない、読みたい時に読める、というのは読書好きの人には大きなメリットだと思います。

しかし、電子書籍を読むということは、長時間画面を凝視しなければなりません。そのせいで、紙の本を読むより目が疲れる、と実際に読んでみて体感する人も多いです。ただでさえ読書は目を酷使しますから、疲労感というのは大きな問題です。

電子書籍を読むことによって目が疲れるのは、電子端末画面の発光による原因が大きいでしょう。「ブルーライト」が目に悪いという話は有名ですよね。電子端末にはブルーライトを発光している種類が多いですから、長時間みていると目に負担がかかってしまいます。

読書という行為はただでさえ目に負担がかかるわけですから、余計に疲れてしまうのなら電子書籍はあまり好ましくありません。目の疲労程度なら休めば回復しますが、眼精疲労にまでなってしまうと肉体的な影響まで出てしまいます。

眼精疲労によってドライアイ、肩こり、吐き気、頭痛などを感じてしまうと、読書が楽しくなくなってしまいます。それは良くないですよね。

「だから電子書籍はダメだ!」と言いたいわけではありません。電子書籍による目の疲労度は、実のところ紙の本と大差なかったりするのです。問題があるのは電子書籍にではなく、利用している設定や端末にあるのです。

ブルーライトも、眼精疲労も、利用している設定端末を見直すことで改善できますよ。

賢く選んで目の疲労を軽減!電子書籍の正しい使い方

目が悪くなる、というのはつまり毛様体などの目の筋肉が衰えるということです。遠くの物を見る時、毛様体は緩むことで焦点を合わせます。しかし目が悪くなると毛様体などの目の筋肉が硬直した状態となり、遠くに焦点が合わせられなくなってしまうのです。

毛様体などの目の筋肉は、酷使することで衰えます。小さな文字など、一点を凝視することで目の筋肉がずっと緊張状態になってしまうことも理由の一つですが、周囲との明暗の差によって瞳が閉じたり広がったりするのも目の疲労につながります。

暗い部屋でテレビを見たり、ゲームをすることで目が悪くなるといわれているのは、この瞳が頻繁に閉じたり広がったりするからです。虹彩筋と呼ばれる筋肉が酷使されるために、疲労が蓄積されるわけですね。

そして、ブルーライトが目に悪いといわれている理由なのですが、青い光は散乱しやすいため、目がピントを合わせにくいからです。焦点を合わせるのに毛様体や虹彩筋などの目の筋肉が酷使されるので、疲労がたまってしまうのです。

以上の理由により、電子書籍で目の疲労を軽減するためには次のことに気をつける必要があります。

  • 目の筋肉を緊張状態にしない
  • 周囲との明暗の差を小さくする
  • ブルーライトをカットする

これらをクリアすれば、電子書籍でも目が疲れません!そして、上記の内容は全て電子端末の設定や種類を選べば解決できます。

電子書籍での目の疲労を軽減する3つの方法

小さな文字を凝視することで目の筋肉が緊張するのなら、文字を大きくすれば良いのです。電子書籍は紙の書籍と違って文字のフォントやサイズを変えることができます。利用すれば、目の筋肉の疲労を軽減することができるのです。

周囲との明暗の差も、電子端末画面の光量を調節することで小さくすることが可能です。ただし、部屋が暗すぎると調節できる範囲を超えてしまうので、やはり明るい部屋で読む方が目の負担は軽くて済みます。

そしてブルーライトなのですが、こればかりはスマートフォンやパソコンなどではどうしても対応できません。しかし、電子書籍専用端末(電子リーダー)であればブルーライトが軽減できます!

通常の電子端末では液晶画面(LCD)という、LEDバックライト方式の画面が主流です。しかし、電子リーダーの画面では電子ペーパー(EPD)という点灯方式によって画面が表示されています。

EPDでは外部の電気の力で、小さなカプセルに閉じ込めたインクを操作して白と黒を表現しています。液晶画面がバックライトによる透過型の表示方式であるのに対して、電子リーダーは反射型の表示方式なのです。

紙の書籍でも、反射光によって文字を認識しているわけですから、電子リーダーと同じなのです。目の負担という点で考えると、紙の書籍と電子書籍ははほとんど同じというわけですね。

  • 文字の大きさを調整する
  • 画面の光量を調節する
  • 電子リーダーを利用する

以上の三つに気を付けることで、目の負担は軽減できます!

活用して読書ライフを充実させよう!電子書籍のメリット

電子書籍を紙の書籍を比較すると、紙の書籍の方が健康には良いと思われがちです。しかし、目の疲労という点においては、先程も説明した通り電子書籍でも大差ありません。なので、一概には紙の書籍が健康に良いとは言い難いのです。

むしろ、電子書籍の方が紙の書籍より健康に良い一面もあります。それらについて、ご紹介いたします。

目の疲労を軽減できる

紙の書籍に記されている文字サイズは一定です。しかし、電子書籍は文字の大きさを調節できます。この文字サイズの調節は、紙の書籍にはない機能ですよね。この機能、目の疲労を軽減するのに効果的なのです。

小さな文字を長時間見ていると目の疲労が大きくなります。ここで、文字の大小についてなのですが、これは人によって感覚が違います。紙の書籍においても、目が悪い人にとっては文字が小さく感じる場合もあるのです。

一方で、電子書籍は自分の視力にあった文字の大きさにすることができます。より見やすい文字の大きさにすることで、目の疲労を大きく軽減できるというわけですね。

肩や首のこりを解消できる

読書をする上で、悩まされるのが首や肩のこりです。紙の書籍で読書をする際、どうしても態勢って固定されてしまいます。

椅子に座ったり、背を伸ばすなどして正しい姿勢で読めば多少軽減されるかもしれませんが、それでもずっと同じ態勢を維持するのは大変です。ついつい、横になったり机にもたれかかったりなどして、崩れた態勢になりがちですよね。

無理な姿勢は首や肩のこりの原因となります。改善するためにも、電子書籍は効果的です。なぜなら、紙の書籍より電子書籍だと態勢の自由度が広がるからです。

電子リーダーはページをめくる必要がありませんので、片手で持つことができます。また、スタンドなどを利用すればわざわざ持つ必要もありません。横にしても、縦にしても、使用可能です。

紙の書籍と比較すると、どんな態勢でも読むことが可能となります。より、負担のない姿勢で読書を楽しむことができます。首や肩のこりも、紙の書籍と比べて大きく解消できるのです。

ストレスを軽減できる

電子書籍のメリットの一つとして、『書籍が入手しやすい』『書籍が探しやすい』というものがあります。流行の本は近くの本屋さんでも売っている可能生が高いですが、少しマイナーな本となればなかなか見つけることは難しいです。

「欲しいと思った本が、近くの書店になかった」なんていう経験は本好きには誰もが経験あると思います。また、本を探すのに長時間本屋さんでうろうろすることも、そう珍しいことではないですよね。

探して、結局なかった場合など通販で注文しなければならないので、時間がかかってしまいます。欲しいと思った本が探しても見つからず、注文して読むまでに時間がかかってしまう。そんな時、結構ストレスって溜まりますよね。

本を読んでストレスを解消したいのに、本を読むまでにストレスをためてしまっては本末転倒です。その点、電子書籍だと本を探すのも入手するのもほとんど時間が要らないので、ストレスを感じる間もありません。

紙の書籍と比較して、電子書籍を利用することでストレスを軽減できるのです。ストレスは眼精疲労の原因にもなるので、なければないにこしたことはありません。

いかがでしょうか?紙の書籍と比較して、電子書籍の方が優れている点も多くあります。電子書籍を上手に活用できれば、より良い読書ライフを送ることができますよ。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る