健康生活TOP 眼精疲労・疲れ目 40代の目のかすみは老眼かも!チェック方法と予防法

40代の目のかすみは老眼かも!チェック方法と予防法

40代に入ると急に小さな文字が読めなくなったり目がかすみも頻繁に感じるようになります。老眼ははやい人は30代半ばから起こり始める方もいます。

最近はパソコンやスマホを1日中見ている方もいらっしゃるかも知れませんが、眼精疲労、かすみ目になるほど長時間続けることは良くありません。

老眼は年を追えば誰にでも起こる老化現象なので避けることはできません。

しかし食生活や適度な運動、睡眠をしっかりとって健康的な生活をすることで体の老化をゆるやかにし、同時に目の老化もゆるやかにし、老眼が始まる年齢を伸ばすのには有効になります。

そして「老眼だ」と思ったそのほとんどが老眼ですが、まれに白内障や緑内障を発症している可能性ががあります。自己判断せず眼科で検査を受け、症状に合ったケアをすることが重要です。

かすみ目の原因は老眼!目のかすみ以外にも起こる症状がある

目はカメラレンズのようなものです。オートフォーカス機能のようにレンズ(水晶体)のまわりの筋肉が伸縮することによりその厚さを調整してピントを合わせています。特に近くのものを見ようとすると水晶体は厚くなり屈折力を大きくします。

眼は光を屈折させるレンズのような働きをするたくさんの組織で構成されていますが、その中でも角膜と水晶体は光を屈折させる力が大きい組織です。

老眼とは、年を重ねるにつれて眼の筋肉の衰えや水晶体の弾力がなくなり硬くなっていくため、近くのものを見るときにも本来水晶体を膨らませることでピントを合わせる場合もそれができなくなってしまっている状態です。

若い人ほど調整力が高いのですが、この力は老化とともに衰えていきます。

私たちの目は見るものの距離によって調節を自動で行っています。

しかし40~45歳くらいになると徐々にピントが合わなくなってきて、ものが見えづらかったりかすんだり、細かい作業や近くを見るなどの作業をするときに眼に不快感を感じはじめることが多くなります。

本などの細かい文字も読みにくくなり、頭痛や眼精疲労を引き起こす原因にもなります。

もともと近視の方は近くに焦点が合いやすいので老眼の症状に気付きにくい傾向がありますが、普段使っている遠くを見るために使っているメガネをかけても近くのものがぼやけるなどの症状で気付くことが多いです。

「近視の人は老眼にならない」というような認識してる方もいらっしゃいますがそれは誤りです。

眼のピントをできるだけ合わせて見える最短距離を「近点距離」といいます。近点距離は10代をピークに年を重ねるとともにだんだん遠くなっていきます。

老眼の原因

老眼は誰にでも訪れます。まず原因の一つが加齢による老眼です。目にある「水晶体」は通常近くを見るときは厚くなり遠くを見るときは薄くなったりしてうまく調整を行います。

若いときは気にもせず当たり前のようにこの水晶体の調節ができていますが、年を重ねるほどこの調整力が低下してしまいます。

2つ目の原因は目を酷使することから起こる老眼です。若い方でも老眼と同じ症状が起きます。

テレビや読書、また最近ではスマホやパソコンなどを長時間触っている方も多いと思いますが、そうして目を酷使することにより水晶体の厚さを調整する力が衰えてしまい、老眼と同じ症状が起こるようになってしまいます。

あなたは大丈夫?老眼の初期症状とチェック表

老眼とは多くは40代はじめごろからはじまり、調整力が低下し水晶体の収縮がうまくいかなくなり近いところのものが見えにくくなる老化現象のことをいいます。個人差はありますが誰もが老眼になります。近視や近眼の方でも同じです。

40代の方が約7割、50代ではほぼ全員の方が老眼の症状を感じています。老眼になると、近くから遠くの景色に目線を移した瞬間、瞬時にはピントが合わせることが難しくなります。

初期症状としては

  • 近くのものを見るときに目のピントが合わない
  • 遠くはハッキリ見えるのに近くがよく見えない
  • 目の疲労がたまりやすく肩がこる
  • 暗いことろで文字などが見づらい

などがあげられます。

その他、目のかすみ、小さい字の本などを読むときは少し本を遠くに離した方が見やすいなどです。老眼による目の疲れは、近くを見るとき無理してピントを合わせているからです。

また最近では老眼のような症状が子どもや30代などの若い世代の中でも増えているようです。

原因は長時間によるスマホやパソコンの使用によるものが多く、それらに使われている「ブルーライト」という紫外線に似た光が目に悪影響を与えているのです。

ブルーライトは目で見える光の中でもっともエネルギーが強く、目に与えるダメージは大きいです。夕方になると老眼のような症状を起こす「スマホ老眼」になる方もいらっしゃるようです。

高齢者の方はもちろん、若い世代でも長時間目を酷使すると水晶体の厚さの調整力が衰えてしまい見えにくくなってしまっています。

老眼チェック法

普段からパソコンなどを使用するデスクワークの方や細かい手作業をすることが多い方は、老眼に気付くのが早い傾向があり、逆に近視の方ですと普段からちょうど近くにピントが合っている状態ですので老眼に気付くのが遅くなる傾向があります。

40代に入り、なんとなく以前より近くのものがぼやける…というとき疑うのはまず「老眼」ですよね。老眼は気付かないうちに進行しています。自覚症状がはっきりあらわれるころにはかなり進行して日常生活にも支障を感じるかも知れません。

そんなときに簡単な目安になるチェック方法を紹介しています。自分の症状を思い出してチェックしてみましょう。

仕事場で
  • 取引先の名刺が読みにくい
  • パソコン画面が見えにく、文字の倍率を上げている
  • 携帯メールの返信をするのが面倒くさくなった
  • 仕事の会議資料などを見ていると疲れるようになった
自宅で
  • 衣服のタグがや食品の賞味期限などが読めない
  • 字幕の映画を見ると映画に集中できない
外出先で
  • 夜に車の運転をするのが不安
  • 飲食店でメニューが読めない
  • 値札のタグが読めない
  • 旅先で写真をとるときピントがずれることがよくある

かすみ目の症状がでる老眼以外の怖い病気

かんなるかすみ目だと放っておくと、その他の思いもかけない深刻な病気にかかっている可能性もあります。40・50代だから自分では老眼だろう片づけていても、実は白内障や緑内障などが原因になり視力が低下しているとも考えられます。

かすみ目の症状がでる老眼以外の病気:白内障

白内障とは、目の中でカメラのレンズのような働きをしている水晶体が年を重ねるごとに白く濁っていく病気です。

通常水晶体は透明で、外から光を集めてピントを合わせる役割をしていますが、白内障のため白く濁ってしまいます。

そうなると光が集められてもうまく眼底まで届かず、視界が全体的にかすむ、光を眩しく感じる、視力低下、目がかすんだり暗いときと明るいときと見え方が違ってくるなどの悪影響が及ぶことになります。

白内障の原因は糖尿病やアトピー性皮膚炎、ステロイド剤の服用など多岐に渡るので患者さん自身の原因はなんなのかを把握し、適切な治療が必要になります。

水晶体は一度濁ってしまうと手術で人口のレンズに付け替えなければもとどおりになることはありません。

かすみ目の症状がでる老眼以外の病気:緑内障

老眼と思っていたら緑内障である場合もあります。

緑内障は目の圧力が高くなり目から入った情報を脳に伝達する視神経という器官を圧迫し、かすみ目になったりものが見えづらくなったり、視野がせまくなったりする病気のことです。

見える範囲が徐々にせまくなっていき治療が遅れると失明に至ることもある怖い病気です。

また緑内障は両目同時に進行することは少ないですし、進行がとてもゆっくりなので病気がかなり進行するまで気付きにくい病気です。

老眼予防のためにできること

老眼に予防法はあるのでしょうか。老眼はすべての方に訪れる体の老化と同じ老化現象の1つなので完全に防ぐのは難しいです。

とは言っても普段から日常生活の中でコツコツと老眼予防対策を行うことで老眼がはじまる年齢や進行を遅くすることは可能です。たいていの場合40歳を過ぎたあたりから徐々に老眼症状を自覚し始めます。

目も体の一部であり、老眼も年を重ねることによる老化の1つです。なので目も体と同じようにアンチエイジングを心がけることが重要です。

つまりやはり大切なのは普段からの栄養バランスのとれた食事や適度な運動、そして質の良い睡眠など基本的なことを守ることが体の、ひいては目の老化予防になるのです。

ここからは日常生活の中でできる老眼の具体的な予防法を紹介します。

  • 外出時には、UV加工でレンズの色が薄めのサングラスをかける
  • 外出時は帽子をかける
  • テレビやパソコン、スマホなどをみるときはドライアイにならないようまばたきを意識して多くする。
  • パソコンは画面を目線より下にして使用する。
  • パソコンを長時間行うときは遠くを眺める時間を挟んだりして適度に休憩を入れる。
  • 目の疲労には、目の上下の骨にそって優しく指圧する。
  • 甘い物や脂っこいもの、冷たいものを摂りすぎないようにする。
  • 緑黄色野菜など抗酸化作用の高い食べ物を意識的に摂取する。
  • 目が疲れたらレンジで温めたぬれタオルで目をホットパックする。
  • 水分補給をしっかりして新陳代謝を高める。
  • タバコを吸わない

外出時、日差しの強い日は紫外線をできるだけ避けるようにしましょう。UVカットメガネやコンタクトレンズなどもあります。

積極的に摂りたい栄養素は酸化を防ぐビタミンCやビタミンEと目に良い成分であるビタミンA(β-カロチン)です。ブルーベリーやイチゴ、ナス、黒大豆、カシスなどに多く含まれるアントシアニンやほうれん草やケール、ブロッコリーなどに含まれるルテインなども目にいい栄養素です。

そして老眼予防を考える際一番よくないのがタバコです。タバコを吸うことで視神経の血液循環を妨げ、体を酸化させ老眼を早めてしまう可能性があります。

日常生活を送るにあたり老化の原因にもなる活性酸素を減らすよう、紫外線を避けたりストレスをため込まないように気を付けたりして体中の血流を良くしておくことが結果的に老眼予防にもなります。

老眼は老化の1つなので完治するということはありません。今の段階では老眼になってしまったときの対処法としては老眼鏡をかけることしかありません。

しかもその老眼鏡も面倒くさいからと使用せずにいたり、度が合っていない老眼鏡で済ませたりしていると目の筋肉がピントを合わせようと無理をして眼精疲労の原因になることもあります。

自分の度数にピッタリの老眼鏡を買うこと

老眼で、一度失った視力が元にもどることはありません。「老眼かな?」と感じたらはやめに眼科の診察を受けてください。

誰にでも訪れるたかが老眼だと自分では思っていてもその他の病気によって視力低下が起こっている可能性もあります。自己判断で放っておくのは危険です。少しでも目に異常を感じたらすぐに眼科で検査を受けることが大切です。

65歳あたりまでは年を重ねるにつれてだんだん老眼が進みますので、使っている老眼鏡の度数も2~3年で合わなくなってきます。定期的に眼科で検査を受け、いつでも自分の症状のレベルに合った最適な眼鏡をかけるようにしましょう。

眼科を受診するときには、自分の生活スタイル、例えば職業、眼鏡を使う場面、何を主に見たいか、またコンタクトにしたいかなどの希望の詳細を伝えることをおすすめします。

そうすることによって自分の日ごろの生活にピッタリな度数やフレーム、使用目的に合った眼鏡やコンタクトレンズを処方してもらえるでしょう。

老眼になってしまっても適切な老眼鏡を使用することで見えなかったものが鮮明に見えたりすると暮らしはもっと豊かにまた便利になりますよ。

高齢者の方はもちろん、まだ老眼など関係ないと思っている20、30代の方も、これからはもっと瞳を大切にしてケアしていこうと思っていただけたら幸いです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る