健康生活TOP 自律神経失調症

【自律神経失調症チェック】原因・症状とあなたに合った改善方法とは

特にどこが悪いというわけでもないけど体のあちこちの具合が悪くなって、受診すると「自律神経失調症でしょう。」と診断されることがあります。

自律神経失調症は、このようにはっきりした原因が証明できないのに具合が悪くなるため、本人がいくら辛い症状に悩んでいても、周りからはなかなか理解してもらえないことも少なくありません。

しかし自律神経失調症は特殊なものではなく、誰もがちょっとしたきっかけで陥りやすい病気です。

自律神経ってどんなはたらきをしているところ?原因がないのに具合が悪くなるのはなぜ?こちらのカテゴリでは、誤解されやすい自律神経失調症について原因、症状、治し方についてわかりやすく説明していきます。

検査をしても異常はないのに辛い!自律神経失調症が起こる仕組みとは?

自律神経失調症は、自律神経を構成する2つの神経「交感神経」と「副交感神経」のバランスが保てなくなって体の調子が崩れてしまう状態のことです。

自律神経のバランスが乱れると心身に次々と不調が起こりますが、病院へ行って検査を受けると器質的な異常(病気や怪我など)は見つからないのが特徴です。

自律神経はデリケートですぐバランスが崩れやすい器官です。また、存在は目に見えず、無意識にはたらく神経なので、意図的にコントロールして自律神経失調症を完全に予防・根治させることも難しいのです。

そのため、自分でもどうしようもできない、とらえどころのない不調がだらだらと続いてしまいます。また中には、体に異常はないにもかかわらず、めまいや倦怠感がひどく寝込むほど生活に差し支えてしまう人もいます。

なぜ自律神経のバランスは乱れやすく、またバランスが乱れるとさまざまな不調が起こるのでしょうか。まずは自律神経について説明したいと思います。

自律神経の仕組み①神経とは

自律神経は、生命を維持するために体の全ての器官のはたらきをコントロールしている神経です。

全身に張り巡らされている神経を大きく分けると「中枢神経」「末梢神経」の2種類があります。自律神経は、末梢神経を構成する神経のひとつです。

中枢神経は、脳と脊髄のことです。脳は全身の器官に指令を出し、外部から入って来る情報を収集して分析する、精密機器のように高性能な臓器です。脊髄は脳幹とつながり、脊柱(背骨)の中を通っています。体が感じた情報を脳に送る役割があります。

末梢神経は、中枢神経から全身へ根のように張り巡らされる細い神経のことです。末梢神経は

  • 体性神経系
  • 自律神経系

に分類されます。

さらに体性神経系とは、

  • 知覚(音、光、痛み、熱など)を受けて脳に送る「感覚神経」
  • 脳からの指令を受けて筋肉を動かす「運動神経」

で構成されます。一般に神経には感覚神経や運動神経のはたらきをイメージする人も多いのではないでしょうか。

もうひとつの自律神経系は全身の器官に分布し、私達の意志に関係なく自律的に器官を動かし続けます。

自律神経の仕組み②自律神経とは

自律神経は

  • 心臓の拍動
  • 呼吸
  • 食べ物の消化
  • 栄養の吸収
  • 体温調節

といった生命の維持に欠かせない機能の動きを常に支配しています。

自律神経は「交感神経」「副交感神経」の2つの神経で構成され、各器官は交感神経と副交感神経によって二重に支配されています。

交感神経と副交感神経は互いに相反する反応を起こし、器官を支配する時は二つの神経が同時にはたらくことはありません。交感神経と副交感神経のバランスは、シーソーや綱引きにもたとえられます。

交感神経のはたらきが優位になれば副交感神経は抑制され、逆に副交感神経が優位になれば交感神経は抑制され、その変化に伴って体に起こる反応も常に変化していきます。

交感神経は運動機能を亢進させるはたらき、副交感神経は消化吸収や休息を促進させるはたらきを持っており、具体的にはそれぞれが次のような性質を持っています。

▼交感神経と副交感神経のはたらき

  

はたらき 交感神経 副交感神経
心拍数 亢進しドキドキする 低下しリラックスする
血圧 上昇する 低下する
呼吸数 増加する 減少しリラックスする
消化 抑制する 亢進する
瞳孔 よく見えるように散大する 縮小する
末梢血管 血圧が上昇し収縮する 血圧が低下し拡張する
唾液の分泌 抑制する 亢進し消化を促進する
涙の分泌 抑制する 血流が促進し亢進する
発汗 滑り止めとして発汗する しない
排泄 抑制され便秘しやすくなる 亢進し下痢しやすくなる

自律神経の仕組み③交感神経とは

交感神経は神経伝達物質のアドレナリンが関与する神経で、日中の活動時に優位にはたらいて、仕事や運動がバリバリこなせるよう心身を奮い立たせる役割を持ちます。

交感神経は「闘争と逃走の神経」とも呼ばれ、そもそも動物が外敵に襲われた時に「闘って外敵を倒すかに逃げて助かるか」を瞬時に行なって命を守るために備わっています。

アドレナリンは交感神経を興奮させて、すぐアクションできるように心拍数を上げて血液を筋肉にたくさん送り、筋肉を緊張させます。

ヒトは言葉のコミュニケーションが発達して平和な社会生活を営むことができるようになったので、私達は野生動物のように外敵に襲われる恐怖からは免れることができました。

ただしストレスを感じた時に交感神経が興奮する仕組は残っており、怒り、緊張、不安などの精神的なストレスを受けると、交感神経の反応により心臓がドキドキしたり手に汗を握ったりします。

自律神経の仕組み④副交感神経とは

副交感神経は神経伝達物質のアセチルコリンが関与する神経で、夜間やリラックス時に優位にはたらいて、心身をゆっくり休息させる役割を持ちます。

日中は交感神経のはたらきによって活発に活動していますが、しだいに疲れて体の機能が低下してくるので、夕方になると心身を休息させるため交感神経のはたらきを抑制して逆に副交感神経が優位になってくるのです。

副交感神経は、夜の睡眠に備えて心身を弛緩させて、活動を低下させます。私達は夜間にしっかり睡眠をとることで心身の疲労を回復させることができます。

…このように、2つの神経は全く逆と言える性質を持っているため、どちらかだけが極端にはたらき続けるのは良くありません。

2つの神経が揺れ動きながらうまくバランスをとって体の機能をコントロールすることで、私達は心身の健康を守ることができるようになっているのです。

ホメオスタシス(恒常性)で均衡が保たれている自律神経

私達は外部の環境または体内で起こっている反応によって、常に何らかのストレスを受けながら生きています。

ストレスという用語は心身にかかる刺激を示すことが一般的になってきましたが、もとは物理学用語で「物体に外側から圧力がかかった時に生じるゆがみ」のことを表しています。

しかし心身にゆがみが生じたままでは体が正常に機能しなくなるので、私達の体はゆがみを元に戻して健康な状態を保とうとする力がはたらきます。

例えば、そのひとつに「気温の変化」というストレスがあります。気温が低下すると私達の体も温度が奪われて体温が低下しますが、体温が低下し過ぎると体の機能が停止して危険なので、自律的に筋肉で熱を産生して一定の体温(平熱)を保ちます。

このように私達の体には、ゆがみが一時的に生じても体の機能を一定に保とうとする「ホメオスタシス(恒常性)」が自然に備わっています。

そのため、外部の環境や体内の変化があっても体温、血圧、血糖値などが極端に変動することはありません。このはたらきを担っているのが自律神経です。また自律神経もホメオスタシスによってなるべく均衡にはたらくよう保たれています。

自律神経に負担がかかり過ぎるとバランスが崩れる

強いストレスを受けたり、ストレスを長く受け続けたりすると、自律神経が耐えられなくなって交感神経と副交感神経のバランスが保てなくなってしまいます。

自律神経のバランスが保てなくなると、どうなるのでしょう。

もしも日中でも副交感神経のほうが優位になったままだと、やる気や緊張感が起こりにくいためにテキパキと活動することができなくなってしまいます。

逆に交感神経の興奮がずっと続いた状態だと、リラックスできなくなって疲労が蓄積してしまいます。

自律神経のバランスが保てなくなると、交感神経または副交感神経が起こす特有の反応によってさまざまな不調があらわれる自律神経失調症になってしまいます。

ただし自律神経失調症の症状はつかみどころがなく、はっきりした原因もわからないため「単なる疲れ」「気のせい」と片付けられたり、見過ごしてしまうことが多くなってしまいます。

自律神経失調症は内臓などには異常がないので、重篤な病気に発展することはありません。

しかし自律神経のバランスが乱れると、交感神経の作用による血圧や血糖値の上昇、疲労による免疫力の低下が、新たな病気の発症リスクを高めてしまうので、軽く見過ごしてはいけません。

チェックしてみましょう!自律神経失調症の症状

自律神経のバランスが乱れると、全身にさまざまな症状が起こるようになります。その症状は実に多彩で統一性がなく、症状が出ては消え具合の悪い場所が変わっていきやすいのも特徴です。

このような症状が漠然とあらわれる場合は自律神経のバランスが乱れているかもしれません。セルフチェックしてみてください。

▼自律神経失調症の主な症状

全身の症状 疲れやすい
倦怠感がある
ぼーっとする
微熱
ほてり・のぼせ
冷え性
不眠
手の震え
多汗
息苦しい
循環器 立ちくらみ
動悸
不整脈
消化器官 食欲不振
吐き気
胃の痛み
下痢・便秘
お腹の張り(ガスだまり)
筋肉・神経 肩や首の痛み
腰痛
手足のしびれ
体の節々の痛み
目・耳 目の疲れ
耳鳴り
めまい
口腔・喉 口・喉の渇き
ヒステリー球(咽喉頭異常感症)
膀胱 頻尿
残尿感
生殖器官 生理痛
生理不順
PMS(月経前症候群)
性欲減退
皮膚・髪の毛 かゆみ
乾燥
肌荒れ
脱毛
精神症状 イライラ・焦り
抑うつ
不安感
やる気が出ない
集中力が低下する
感情の起伏が激しい

ただし自己判断で決めるのではなく、何か器質的な問題が隠れていないか受診してきちんと確認しておくことも必要です。

▼関連記事
耳が赤くなる、熱い!自律神経の乱れ・自律神経失調症の症状

自律神経失調症の原因はストレス!なりやすい人とは?

自律神経失調症の原因はストレスです。自律神経はストレスに敏感で、精神的または身体的なあらゆるストレスが自律神経のバランスの乱れの原因になります。

私達はさまざまなストレスにさらされて生きているので、誰でも自律神経失調症になってしまう可能性があります。

▼主なストレス

ストレスのタイプ ストレスの要因
心理的・社会的なストレス
  • 対人関係
  • 仕事の問題
  • 家庭の悩み
物理的なストレス
  • 暑さ・寒さ
  • 悪臭
  • 騒音
  • 混雑
化学的なストレス
  • 薬物
  • 公害物質
  • 酸欠状態
生物学的なストレス
  • 細菌感染
  • 花粉

ストレスの全てが悪物というわけではありません。適度な緊張感は良いストレスとも言えます。適度な緊張感は交感神経を刺激してやる気や集中力を高め、仕事やスポーツに良い結果をもたらします。

逆に刺激のない生活を続けていると、自律神経のはたらきが副交感神経に傾き過ぎて仕事や勉強の効率が上がりにくくなってしまいます。

また副交感神経に傾き過ぎた人が急にストレスを受けた時には、交感神経への切り替えが人一倍大きな負担になるので、体調を大きく崩しやすくなります。

交感神経と副交感神経のバランスを保つには、ただストレスを避けるのではなく、休息をとりながら適度なストレスと上手に付き合っていくのがコツです。

気候も体にとってはストレスになることも。メンタルが原因ではなく生理反応で自律神経のバランスが乱れてしまいます。季節の変わり目は要注意。

▼関連記事
実は4つのタイプがあった!自律神経失調症のタイプ別特徴と原因
五月病の原因と対策!治すのではなく自在に操る、が正解
梅雨は自律神経が乱れる!気圧で起こる体調不良、頭痛解消法

自律神経が乱れる原因:生活リズムの乱れ

生活のリズムが乱れると、生物が持っている体内時計に狂いが生じて自律神経のバランスが不安定になってしまいます。

体内時計は「日中は活動して夜は休息する」という1日のリズムを切り替える調節機能です。体内時計が狂うと、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにできなくなってしまいます。

つぎ次のようなライフスタイルは体内時計を狂わせる原因になります。

  • 昼と夜が逆になっている生活
  • 睡眠不足
  • 3度の食事が不規則

子供は、自律神経を切り替える機能が未熟です。朝学校に遅れるのは夜更かしだけが原因ではなく、自律神経のバランスが原因かも?自律神経失調症の一種「起立性調節障害」の可能性もあります。

▼関連記事
子供が朝、起きられない・・・見過ごしがちな「障害」の可能性を知る
子供が朝起きれない…めまいや立ちくらみも起こす起立性調節障害とは

自律神経が乱れる原因:ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、自律神経のバランスが不安定になってしまいます。ホルモンの分泌と自律神経のはたらきをつかさどるところが同じ間脳の視床下部にあり、どちらかのバランスが乱れると互いが影響を受けやすいためです。

特に女性は、2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が排卵や生理を起こすために周期的に分泌量が変動し、そのバランスが不安定になりやすいために自律神経のバランスも影響を受けがちです。

これらの女性ホルモンは、間脳にある視床下部が血液中のホルモン濃度にあわせて脳下垂体にホルモンの分泌量をコントロールするよう指令を出し、さらに脳下垂体が卵巣にホルモンを分泌するよう指令を出すことで、分泌量の変化が起こります。

しかし女性ホルモンのバランスはデリケートで、視床下部、脳下垂体、卵巣の連携が少しでも乱れるとホルモンの分泌量がすぐに不安定になってしまうのです。

この時、女性ホルモンの分泌に直接関与する視床下部が影響を受けることで、自律神経のバランスも同時に乱れてしまうのです。

逆に心身のストレスなどが原因で自律神経のバランスが乱れると、視床下部の影響で女性ホルモンのバランスも乱れやすくなり、互いに反応してどんどんバランスが乱れていく悪循環にも陥りやすくなります。

このように女性は心身のストレス、自律神経、女性ホルモンのバランスが密接に関連しているため、男性よりも自律神経失調症が起こりやすいのです。

更年期障害
さらに女性ホルモンのバランスが大きく変動する妊娠・出産、40代後半~50代前半頃に訪れる更年期には、自律神経失調症の症状が起こりやすくなります。

特に更年期は、体が閉経に向けて準備をし始めエストロゲンの分泌量が急激に減少していくため、視床下部で自律神経も大きな影響を受けて「更年期障害」と呼ばれる自律神経失調症の症状が次々と起こりやすくなります。

特に更年期障害では、ホットフラッシュと呼ばれる顔ののぼせや発汗の起こりやすい所が特徴です。

また認知度は低いのですが、男性も女性同様に40代以降で更年期障害を起こすことがあります。

男性の体では、視床下部と脳下垂体から精巣に指令が出ることでテストステロンという男性ホルモンが分泌されています。テストステロンは男性の生殖機能を司るほか、男性の心身を健康に保つ役割があります。

男性は、加齢、ストレスや不規則な生活習慣によって視床下部・脳下垂体・精巣の連携する力が乱れるとテストステロンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが乱れて更年期障害が起こります。

40~50代は男女とも仕事の責任や家庭の問題が重なって、多忙でストレスも大きくなりやすい時期ですよね。年齢的なものだけが原因ではありません。ストレスも大きく関係しているのです。

10~20代の女性
10代の女性は、初潮から数年間のホルモンバランスがまだ安定していないため、生理周期も自律神経のバランスも乱れることがあります。

体の成熟と共にホルモンバランスが整っていくので、若い女性のホルモンバランスの乱れは心配いらないケースがほとんどです。

自律神経が乱れる原因:ストレスに弱い体質

同じレベルの強さのストレスを受けても、平気な人とストレスに弱い人の違いがあります。

ストレスに弱いのは、ストレスを感じやすい性格、生まれつき自律神経が過敏な体質が原因です。

自律神経が過敏な体質の人は、環境の変化に弱く体調を崩しやすい傾向があります。ストレスを受けると吐き気、嘔吐を繰り返す「周期性嘔吐症」を起こす子供もいます。

完璧主義、神経質、ノーと言えない性格の人は、些細なことで精神的なストレスを感じて自律神経のバランスが乱れやすくなります。

自律神経のバランスが不安定になりやすい要素を持つ人は、体調のゆらぎに注意して健康管理を心がけましょう。

受診はどこ?薬で治る?気になる自律神経失調症の治療法

原因のはっきりしない心身の不調が続く場合は我慢してやり過ごすより、一度受診して病院で医師に相談してみるのが一番です。

別の病気が原因で自律神経の症状が出ている可能性も考えられるので、早めに検査を受けて原因を特定することをおすすめします。

症状の似た病気には、専門治療が必要な「仮面うつ病」「心身症」「メニエール病」「狭心症」などもあります。また更年期障害の治療にはホルモン療法を受けた方が良い場合もあるので、医師の診察に従いましょう。

自律神経失調症の専門科は、

  • 自律神経失調症外来
  • 心療内科
  • 精神科

などです。

検査をして体に器質的な異常が見当たらず、自律神経機能検査や心理テストで自律神経の問題が見つかれば、自律神経失調症と診断することになります。

自律神経失調症の治療は、主に次の療法が用いられます。

  • ライフスタイルの見直し
  • 薬物療法
  • 自律訓練法
  • 心理療法
  • 理学療法
  • 代替療法
専門科に足を運ぶのも良いですが、まずは動悸なら循環器科、胃の痛みなら消化器科など、気になる症状にあわせて各専門科を受診してみると良いでしょう。漠然とした不調なら、かかりつけの内科で診断してもらってもかまいません。

自律神経失調症の治療法:ライフスタイルの見直し

規則正しい生活、栄養バランスのとれた食生活、適度な運動、ストレス解消を心がけて自律神経のバランスを整えます。

ストレスを受け続けることで自律神経のバランスが交感神経に傾いている人が多いので、副交感神経が優位になるような生活を取り入れ、自律神経のバランスを均衡な状態に導きます。

規則正しい生活
まず、夜更かしをやめて早寝早起きの規則正しい生活に切り替えることは、生体リズムを整えて自律神経のバランスを整えるために欠かせません。

朝は早起きをして、副交感神経から交感神経にスイッチを切り替えます。朝日を浴びるのがポイントで、朝の太陽光を目に取り込むことで、やる気をもたらすホルモンの一種「セロトニン」の分泌が高まります。

セロトニンにはリラックス効果があり、分泌量が増えると副交感神経のはたらきが促進されます。また、体内時計を調節するホルモン「メラトニン」の分泌を促進させて自律神経のバランスを整える作用もあります。

▼関連記事
自律神経失調症が招く様々な症状とは。予防と改善のアドバイス5点
自律神経失調症は冷え性改善で治す!手軽にできる正しい冷え性対策

栄養バランスのとれた食生活

生体リズムを整えるため3食の食事は決められた時間にとり、心身の健康を保つために必要な栄養がとれる食生活を心がけます。

特に、ビタミンやミネラルは自律神経やホルモンのバランスを整えるために必要です。献立になるべく多くの食材を取り入れて、幅広く栄養がとれるようにしましょう。

▼関連記事
自律神経失調症やうつ病にガンマオリザノール!摂取できる食品は?

適度な運動
ハード過ぎない運動は血行を促進させ、副交感神経のはたらきを優位にする効果があります。

また、交感神経によって収縮した血管を拡張させたり、こわばった筋肉を弛緩させたりする作用があるので自律神経失調症の不快な諸症状の緩和に役立ちます。

ゆったりした動きのエクササイズもおすすめ。自分のペースで楽しめる運動を見つけてくださいね。

▼関連記事
緊張をほぐすなら筋弛緩法!20秒で即ほわ~っとリラックス
超簡単な健康気功の「香功」が自律神経失調症に驚きの効果
自律神経失調症の治療に効果的!動かない運動を取り入れよう
自律神経失調症の治し方!1日3分の胸鎖乳突筋ストレッチで改善

ストレス解消
ストレスを完全になくすことはできないので、ストレスを解消する方法を見つけてストレスを減らしていきましょう。

趣味の時間やリラックスタイムを設け、こまめにストレスを解消しましょう。普段は怒りっぽい人も気持ちをゆるめることも大切ですよ。

▼関連記事
血液ドロドロの原因は怒る事!?生活習慣病を予防する生き方の鍵

自律神経失調症の治療法:薬物療法

病院では薬を処方して自律神経失調症の症状を抑制していきます。自律神経失調症そのものを治す特効薬というものはなく、不安や緊張をほぐしたり、神経の過剰な興奮を抑えたりする薬が組み合わせて用いられます。

自律神経失調症に処方される薬の一例
  • 精神安定剤(抗不安剤)
  • 自律神経調整薬
  • 睡眠導入剤
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(気が昂ぶりやすく神経質な人に)
  • 半夏厚朴湯(神経質でストレスを感じやすい人に)
  • 加味逍遙散(更年期障害、便秘気味の人に)
  • 桂枝茯苓丸(体力があり、のぼせ、冷えのある人に)

自律神経失調症の治療法:自律訓練法

自律神経が過敏な人は、自己暗示法のひとつ「自律訓練法」で自律神経のバランスを整えることが薦められています。

自律訓練法は、 1932年にドイツの精神医学者シュルツが始めたリラクゼーション法です。6つの工程を覚えるだけなので簡単で、 いつでもどこでも一人で実践できるので、マスターしておくと役立ちます。

▼関連記事
本格的な秋が始まる前に!自律訓練で夏に乱れた自律神経を正常にする

自律神経失調症の治療法:心理療法

心理療法は薬を用いずにカウンセリングやセルフトレーニングによって、考え方や行動パターンの歪みを改め、不安や心の葛藤を解消していきます。

「行動療法」「森田療法」「バイオフィードバック療法」などがよく知られています。

自律神経失調症の治療法:理学療法

理学療法は、薬を用いずに物理的な手段で症状を緩和させる治療法です。理学療法は、怪我をした人のリハビリや肩こり・腰痛の治療といった整形外科分野の治療だけでなく、自律神経のバランスを整える目的の治療にも効果を奏します。

マッサージ店、鍼灸整骨院で受けるツボ指圧、マッサージ、鍼灸治療には、血行を促進させて自律神経のはたらきを活性化する効果、心身のストレスをほぐすリラックス効果が期待できます。

自律神経失調症の治療法:代替療法

代替療法とは、近代医学を用いない治療法のことです。心理療法、整体、鍼灸、マクロビオティック、アーユルヴェーダなどがよく知られます。

1. 代替療法の主な目的は、エネルギーの流れを整えて自然治癒力を高めることです。器質的な異常がなく心身のエネルギーのバランスが乱れがちな自律神経失調症には、代替療法が高い効果を示すこともあります。

ストレス性の不調によく用いられる代替療法には次のような療法もあります。

  • アロマテラピー
  • 笑い療法
  • ヨガ
  • 音楽療法
  • 絵画療法

ストレスを解消して自律神経失調症を防ぐ効果も期待できます。手軽にできる療法も多いので、興味のある方は試してみると良いでしょう。

▼関連記事
自然から受けるエネルギーは、自律神経を整える効果的な薬です!
母なる海の力!自律神経失調症を改善するタラソテラピーの方法

自律神経を理解してバランスが乱れるのを防ぎましょう

漠然とした心身の不調のほとんどは、ストレスを感じて自律神経が反応しているために起きていると言っても過言ではないでしょう。

私達は少々のストレスならば常に跳ね返し健康を保つことができるので、過剰にストレスを恐れる必要はありません。

また、それは体にホメオスタシスが備わり、自律神経のバランスが整っているためにできていることなので、自律神経のバランスが乱れいよう規則正しい生活を心がける必要があります。

自律神経は見えないのでイメージすることが難しいのですが、重要な器官なので是非そのはたらきとバランスが乱れた場合に起こる自律神経失調症については理解を深めていただきたいと思います。

▼関連記事
体調不良の原因、自律神経の乱れを整える!超手軽な6つの改善方法

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る