健康生活TOP 乾燥肌 油揚げで乾燥肌改善!大豆の栄養アルギニンでお肌がツヤツヤに

油揚げで乾燥肌改善!大豆の栄養アルギニンでお肌がツヤツヤに

shutterstock_981010132

コラーゲンと言えばお肌を健康に保つ上で必須のたんぱく質ですね。食べ物や飲み物、化粧品にまで幅広く使われています。

一方で、サプリなどで摂っても、一旦はアミノ酸やそれに近いレベルにまで分解されてから吸収されるので、そのまま身体に吸収されるわけではありません。

また、外用でお肌に塗っても、皮膚表面を覆うことで保湿効果はあるものの、分子量が大きすぎて肌に浸透することはできません。

コラーゲンは摂るより作る!コラーゲンはアミノ酸をつかって体内で作られる

こうしたことは、もはや当たり前の話になってきていると思うのですが、ならば、コラーゲンはどうしたらお肌に届けることができるのでしょう。

それは、体内で作るのが一番早くて確実だと言うことはお分かり頂けると思います。

アルギニンと言うアミノ酸

コラーゲン自体は皮膚や軟骨、腱など人体の重要な部分を構成するたんぱく質で、食べ物から摂ったたんぱく質を分解したアミノ酸を材料に体内で合成される物質です。

その生合成の過程は非常に複雑なので省略しますが、この時に条件付き必須アミノ酸のアルギニンが活躍します。アルギニンは成長期には必要量に対して体内での合成が追い付かないため、食べ物から摂ることが必須になります。

また成長が終わってからでも、けがをしたり感染したり、あるいは床ずれになったりしたときには、食べ物から摂る必要が発生するアミノ酸なのです。

なぜけがをした時などに必要になるかと言うと、アルギニンはコラーゲンの生成を促進する、つまり皮膚などの組織を再生するのに必須のアミノ酸であるという理由からです。

コラーゲンの作られ方

コラーゲンを作るのに必要なのは、生合成を行う体内の器官と体内の酵素の働きの一部を担う補酵素(コエンザイム)、酵素の触媒作用に必要な補因子(コファクター)、そして何より原材料ですね。

コラーゲンの生合成は、他のたんぱく質と同じように、細胞の中にある小器官の一つ「小胞体」で行われます。その中でも表面がゴツゴツした粗面小胞体と言うところで合成されるのです。

なお、表面がツルツルした滑面小胞体では脂質が合成されます。なんとなくイメージ通りですね。

さて、補酵素ですがこれはビタミンCがその役目を果たします。補酵素=コエンザイムと言うと有名なコエンザイムQ10(ユビキノン)を連想しますが、補酵素として働くものは非常にたくさん種類があります。

その中には多くのビタミン類も含まれているんですよ。ビタミンCの長期欠乏症に壊血病と言う出血性の疾患がありますが、これはコエンザイム不足でコラーゲンの生合成ができなくなって血管などが壊れる病気なんです。

そして補因子ですね。これは触媒として働くもので、ミネラルがこの役目を果たしていることが多いです。コラーゲンの生合成では鉄が重要な役割を持っているんです。

コラーゲンの材料

コラーゲンの材料になるのはアミノ酸です。つまり、たんぱく質を食べて消化吸収されたものと言うことになりますね。

コラーゲンをサプリで摂っても、アミノ酸に分解されてから吸収されるので意味がないと言う話もよく耳にします。もちろん分解されてから吸収されることは間違いありません。

そして、身体はそれをたんぱく質に再合成する際には、身体の中で優先的に必要なところから先に回してゆきますので、サプリで摂ったコラーゲンが必ずしもお肌に届くとは限らないのも事実です。

しかし、一方でコラーゲンのアミノ酸組成が非常に偏ったものであると言う事実から、コラーゲンとして摂ったほうが材料の揃いが良くなるのも確かですね。

コラーゲンの基本になるアミノ酸はグリシンです。これは、たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸の中で一番シンプルな構造をしていて、たんぱく質を含む大抵の食べ物にしっかり含まれています。

さらに、プロリンとヒドロキシプロリン、アラニンも多いですね。グリシンが全体の1/3、後の3つを合わせて1/3、残り10数種類を合わせて1/3と言う非常に偏ったバランスです。

実は、コラーゲンにしか含まれないアミノ酸と言うものも2種類存在します。だからと言ってコラーゲンから摂らなければだめだと言うことではありません。

どこにでもあるアミノ酸からたんぱく質として生合成された後、ビタミンCと鉄の働きでこの固有の成分に変化するだけですから、普通にたんぱく質豊富な食事をしていれば材料はそろいます。

原料は何が良いのか

この項目は余談と言うか、実際にサプリ用のコラーゲンの製造に関わっている方からお話を聞いたことを元にした個人的な意見です。

コラーゲンはもちろん食べ物から摂るのが良いのですが、サプリで摂る場合、どんなものが良いのかと言うお話をしましょう。コラーゲンにはさまざまな原料が使われていますし、加工方法もさまざまです。

そうした中で、私がお勧めしたいのは豚皮由来のコラーゲンペプチド(低分子化コラーゲン)です。良く宣伝なんかで「ペプチドはアミノ酸にならずに吸収される」などと言うのを見ますが、正直微妙すぎます。

ペプチドがそのまま吸収される可能性が高いのはアミノ酸が2つか3つ程度のもので、4つ以上のものになるとそのまま吸収される可能性がないわけじゃありませんが、大抵はペプチターゼ類の酵素に捕まってアミノ酸にされます。

もちろん2~3個のものもペプチド・トランスポーターに捕捉されて吸収されるより前にペプチターゼに捕まってアミノ酸に分解されることもあります。でも、ペプチドは消化吸収に時間がかからないんでお勧めなんですよ。

また、フィッシュコラーゲンなどと銘打った魚由来のコラーゲンですが、安いものはうろこから、高価なものは皮だけから採られているようですね。でも、問題はそこじゃないんです。

例えば豚皮由来のコラーゲンにネズミは使ってありませんが、魚由来としか書いてなければ「何の魚」から採られたものかが判りません。広告に鮭から採ったと書いてあっても、容器に表示してなければ鮭を含んでいるだけかもしれません。

そうした意味で魚由来のコラーゲンは、あまり信頼性がないと感じました。動物由来のコラーゲンは皮と骨から採ることが多いので、BSE騒動からこっち、牛由来のコラーゲンは少なくなったみたいですね。

もともと豚は人間と近い組成を持っていることから化粧品や医学的用途に良く使われてきました。ですので、豚由来のものが一番安心じゃないかと思います。

なにせ心臓弁膜症の患者さんに移植する生体弁として、豚の心臓弁を使う技術は1970年代には普及して現在でもよく使われる技術なんですから、豚と人間は相性がいいんですよ。

コラーゲンはカロリーが高そう?だから太る?コラーゲンのイメージ

shutterstock_1273958182

コラーゲンと言うと軟骨や内臓などの食べ物、つまり肉食系のものが多いので、カロリーが高いと言う風に思われる方も少なくないでしょう。

だからサプリで摂る方が良いと考えられるのは自然なことですね。もちろんサプリで摂ってはいけないなどと言うことはありません。上手く使えば値段通りの利用価値がある場合もありますしね。

コラーゲンで太る、というのはなさそう!

サプリなどとして販売されているコラーゲンは、魚を含む動物性のたんぱく質を加水分解したものです。つまり、純粋なたんぱく質に近いものですね。

ですから脂質や糖質はほぼゼロと言って問題ないでしょう。ですので、良く用いられるアトウォーターのエネルギー換算係数に従って、たんぱく質1gあたり4kcalと考えれば差し支えありません。

また、コラーゲン自体はたんぱく質の原料としてゼラチンを用いていることが多いですね。ゼラチンの業界規格としては水分含有量が15%以下であることを求めています。

仮に水分含有量が12.5%だったとした場合、カロリーは1gあたり3.5kcalと言うことになります。サプリ屋さんの栄養分析表を見るとこの辺りの数値であることが多いみたいですね。

と言うことで、いわゆるコラーゲンで太るほど食べるのは、ちょっと辛いものがありそうです。安心してお摂りください。

ただし、一般的にコラーゲンを多く含む食べ物は脂質がついてくる場合が多いです。そうした場合はカロリーに注意が必要ですね。

でも、食べ物として摂った場合、サプリでは得られない栄養バランスが期待できますので、個人的には食べ物からの摂取をお勧めしたいと思います。

大豆のたんぱく質でコラーゲンと作ろう!油揚げをおすすめする理由は?

大豆にはさまざまな栄養素が豊富に含まれています。もちろんエストロゲン様作用を持つと言われるイソフラボンもその一つですね。でも植物性なのでコラーゲンは含まれていません。

しかしながら畑の肉とまで言われるだけあって、大豆たんぱく質のアミノ酸組成はコラーゲンを作る原料としてはうってつけなんですよ。

油揚げがおすすめ

もちろん大豆を調理するとか納豆を食べるとか言うのものもOKですし、油揚げはカロリーが高いので避けたい人もおいででしょう。それでも、あえて油揚げをお勧めするのにはわけがあるのです。

それは調味料として少量を手軽に使えるからなんですね。たとえば納豆。最近のパック入りのものだと、だいたい40~50gくらい入っていますよね。その場合、納豆自体のカロリーは80~100kcalですから知れています。

でも、毎食そのボリュームを一つの単位として考えるとなると、ちょっと困る場合も多くなりそうです。そうなってくると食べない日が出てくるかもしれません。

その点、油揚げは少量ずつ使うのに便利な食材ですから、毎食摂ることが楽なんですよね。

油揚げの下準備でカロリーを落とそう

油揚げは買ってきたらすぐに熱湯で湯通しして、キッチンタオルなどで水気と油気をふき取ります。そして、それを細切りにして、クッキングペーパーを敷いた冷凍トレイの上に乗っけて凍らせます。

十分凍ったら冷凍用の保存袋に入れて保存します。こうしておけば、必要な時に必要な量だけ取り出せますよね。味噌汁や煮物にちょっと入れるだけで味も引き立ちますし、たんぱく質も摂れます。

何と言っても、一定以上の量を食べきらないといけないと言うストレスがないのが良いです。気になるカロリーの方ですが、湯通しして拭き上げる作業で20~25%くらい減ります。

標準的な油揚げが100g(中判2枚分くらい)で386kcalですが、これがおよそ290~310kcal程度にまでカロリーが減ります。

もちろんこれでも納豆よりはカロリー多めですが、調味していない納豆が100gあたり200kcalであることを考えれば、調味料のカロリーによってはそれほど大きな差にならなくなるかも知れませんね。

また、油揚げは一旦豆腐にしてから加工しているため食物繊維は少なめですが、同時に糖質も少ないのです。納豆の100gあたり5.4gに比べると油揚げは1.4gと、実に1/4強しか糖質を含んでいません。

大豆のアミノ酸がコラーゲンをつくる!

原料が大豆ですから、大豆の煮た物でも納豆でも油揚げでも、アミノ酸構成の比率はさほど変わりません。カロリーの差はほとんど油脂の量の差ですし、重さの差は水分による差と考えて良いでしょう。

ですので、大豆製品を積極的に摂ると言うことでお肌へのコラーゲン供給をアップできることは間違いありません。

コラーゲンとアミノ酸

コラーゲンの主要なアミノ酸はグリシンでした。グリシンは油揚げ100gあたり860mg含まれています。これは牛肉のリブロースの800mgや豚ロース赤身の890mgに匹敵する量ですね。

次に多かったのはプロリンとヒドロキシプロリンでした。ヒドロキシプロリンは、たんぱく質として生合成された後プロリンから造られるものですので、食べ物からはプロリンを摂ることになります。

油揚げの場合、100g中1100mg含まれています。これは豚レバーと同じ含有量で、牛肉一般(ミンチ肉)の1000mgを超える含有量ですね。

3番目に多かったアラニンも100gあたり860mgです。これは豚ロースの1200mgに比べると少なめですが、牛肉の860mgに匹敵する量です。

そして、大事なアルギニン。コラーゲンに含まれる量としては少ないのですが、コラーゲンの生合成を促進する働きを持っています。

アルギニンは油揚げ100tgあたり1600mgも含まれていて、これは豚肉の1500mgや牛肉の1300mgを凌駕する数値なんですよ。

このように、本来コラーゲンを含まない植物性食品である油揚げなど大豆食品ですが、実に肉類に匹敵するだけのコラーゲンの原料を含んでいるのです。

コラーゲンをサプリで摂っても、いったん分解されてから吸収されることを考えれば、大豆製品で材料を摂っても同じことですよね。しかも大豆製品ならほかの効果も期待できます。

ビタミンとミネラルも大事!効果のある成分を摂るためにおすすめする豆料理

shutterstock_2681908912

コラーゲンの材料はお肉の他、油揚げなどの大豆製品でも充分摂れる事が判りました。しかも飽和脂肪酸の心配が少ないから良いですよね。

でももう一つ大事な要素がありました。ビタミンとミネラルです。

鉄とビタミンC

コラーゲンの生合成においては、鉄は触媒としての働きですので貧血対策ほど大量の鉄は必要ありません。普通の食事から摂れるだけの量で十分です。

例えば、大豆料理と言うことでひじき入りの五目豆なんてどうでしょう。ひじきは鉄分も豊富ですから、大豆成分と相まって一石二鳥ですよね。

ビタミンの方はと言うと、補酵素として働くビタミンCが必要ですのでしっかり摂りましょう。

さすがにコラーゲンの原料になるアミノ酸と鉄、それにビタミンCが同時に摂れそうな食品が思いつかなかったので、本来の作り方ではありませんが、アラビアの豆料理の応用を紹介させて頂きます。

本来はガルバンゾですが

英語圏でハモスと呼ばれている豆料理です。本来はスペイン語の名前、ガルバンゾでおなじみのひよこ豆を使う料理なんですが、これを大豆の水煮で置き換えてみましょう。

材料

  • 大豆の水煮 200g
  • 練りごま 50g(中華調味料の芝麻醤ならベストです)
  • レモン汁 30g(お好みで加減して下さい)
  • にんにく 3~4片(すりおろす)
  • 塩 小さじ半分
  • 水 60mL
  • パプリカ粉末 少々
  • バジル粉末 少々
  • パセリ 好みで、粉末でもOK
  • エクストラバージンオリーブオイル 適宜
  •  

大豆の成分の他、香辛料には鉄分の多いものが使ってあります。もちろんビタミンCはレモン汁ですね。とは言え、量はさておき、一応揃っていると言うだけのレベルですが、珍しいメニューを楽しんでいただくと言うことで。

調理

オリーブオイルと香辛料以外を混ぜます。フードプロセッサーで滑らかにしても良いですし、大型のフォークで粗くつぶして合わせるのもOK。

良く混ぜたら、オリーブオイルをたっぷりかけて香辛料を効かせてどうぞ。簡単でしょ。パンなどに塗って食べるとおいしいですよ。

油揚げからちょっと離れてしまいましたね。私は油揚げをグリルで素焼きにして、生姜醤油で食べるのが好きです。油もある程度減りますし美味いですよ。ビタミンとミネラルは他のおかずで補給します。

男性も注目!アルギニンはEDにも効果があるかもしれません

アルギニン、男性向けサプリでも見かけることがありますよね。そうです、加齢に伴うED対策に効果があるらしい事が判っています。

ただ、まだ確定した効能や用量があるわけではありませんから、毎日どれだけ油揚げを食べましょうとは言えません。

でも、同じ脂質を含むコクのあるたんぱく質を摂るなら、お肉の一部を油揚げに置き換えて動脈硬化の予防と併用するのは、血管の健康とも相まっていいんじゃないでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る