健康生活TOP 乾燥肌 秋の乾燥肌や喉のケアは保湿のしすぎに注意!臨機応変な対策が鍵

秋の乾燥肌や喉のケアは保湿のしすぎに注意!臨機応変な対策が鍵

shutterstock_1104999502

まだまだ日中は暖かい日が続く秋。汗もかくし上着なしでも十分過ごせる時期ですが、空気の乾燥は既に始まっています。この時期は乾燥に加え夏の疲れが一気に出やすい時期なのです。

この時期の過ごし方によって冬の乾燥肌や喉のトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。対策をするなら初秋の過ごし方が大切です。

秋の肌が荒れるのは夏のダメージが出てくるのが理由

秋になると、いつもの肌のお手入をしていても、肌の調子が何だか悪いと感じる事に気がつきます。肌が乾燥していたり、かゆみや湿疹を伴う敏感肌になっていたりと、肌のトラブルを起こしやすくなってきます。

原因は夏でダメージを受けた肌が乾燥しやすくなっているから

shutterstock_3032151112

手入れは念入りにしていたつもりでも、夏の紫外線のダメージは積み重なっているものです。急なトラブルだと思っていても、毎日少しずつトラブルの芽が見えない所で育っていたのでしょう。

強烈な夏の紫外線は、肌を酸化させ乾燥を招きます。健康な肌は潤いを留める力を発揮できるのですが、紫外線のダメージを受け続けた肌は、その力が弱まっています。それは健康な肌という畑が乾燥によって干からびてしまっているから。

干からびた畑に水を与えても、なかなか潤ってくれないのと同じ状態で、肌も、秋が来て乾燥が始まったと気づき、急いで保護の為の保湿を心がけても、潤いを保てるようになるには時間がかかってしまうのです。

その状態で冬を迎えてしまうと、ケアをしているつもりでも肌の乾燥が進み、敏感肌に発展し、湿疹などのトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

気温差の激しい秋はやみくもに保湿すればいいわけではない

乾燥を防ぐ為には、ただやみくもに肌に乾燥予防の保湿化粧水や保湿クリームを塗ればいいわけではありません。なぜなら夏のダメージを受けて弱っている肌には、今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなっている場合があるからです。

日々変わる肌の状態を見極める事が肌を変える

肌の状態は毎日違います。朝の洗顔時、化粧のノリ、夜の洗顔をバタバタと済ませてしまうと、肌の状態を知る事ができません。日々の肌の状態を知る為には、肌に触れる時間を使ってその日の肌を確認する作業をしましょう。

毎日の肌の状態を把握していくと、その日必要なケアが分かります。乾燥がひどい時はクリームで保護する事が必須ですし、肌の状態が良く、潤いを感じる時は、保護するクリームの量次第では負担になる場合があるからです。

乾燥肌を敏感肌に進行させない為にクリームやワセリンを使い分ける

shutterstock_1339724332

乾燥肌を放置していくと、見た目にもシワが出来やすかったり、肌に粉が吹いたりと
嫌なものですが、見た目以上に肌トラブルは深刻になっています。

乾燥して痩せ細った肌は敏感肌に移行しやすい

水分が干からびた痩せた畑(潤いを自分の力で保持できない肌)は、敏感になっているので、健康な肌には効果を発揮する高保湿の基礎化粧品でも、肌が拒否反応を起こし、かゆみや湿疹を起こすような敏感な状態になりやすくなっています。

かゆみや湿疹が出ている肌には栄養を与えすぎないようにする

敏感になった肌には、肌への効果が沢山書かれているような基礎化粧品はお休みしましょう。健康な肌へは効果が高くても、敏感になっている肌にはどの成分が過剰反応するか分かりません。肌トラブルが悪化する元となりますのでしばらくお休みです。

肌の強い味方はワセリン

敏感になった肌の保護ケアには細心の注意が必要です。今の肌の状態をこれ以上悪化させない為には、余分な成分が入りすぎていないシンプルな物を選ぶようにしましょう。

おすすめは「ワセリン」です。ワセリンは薬局やドラッグストアなどで、安価に手に入る保湿剤です。皮膚疾患が出た時に皮膚科にかかると、保湿剤として処方されるワセリンは、余分な成分が入りすぎていない、肌の保護のみを目的とした保湿剤です。

そんなワセリンは、敏感肌には味方となってくれる保湿剤。肌の痒みが酷い時は、化粧水もお休みし、ワセリンのみを使って肌の状態が安定するのを待ちましょう。

朝の洗顔も固形石鹸とすすぐのみの洗顔を日によって見極める

乾燥肌を進行させている問題の大きな原因の一つに、洗顔があります。洗顔には、古い角質を一緒に取って、ツルツルの新しい肌になると宣伝される商品があります。しかし、乾燥して敏感になっている肌の角質はむやみに剥がしてはいけません。

表面の角質をむやみに剥がすと、未熟な新しい角質が表面に出てきます。未熟なままの角質では乾燥を防ぐ事が出来ないばかりか、敏感な状態を悪化させてしまいます。

毎朝洗顔前の肌を触ってみましょう。昨日の保湿剤が顔に残っていて、ベタつきを感じる時は固形の石鹸を使って優しく洗顔しましょう。肌が突っ張ったような感じがする日の朝は、石鹸もお休みしてぬるま湯ですすぐだけの洗顔で済ませましょう。

敏感肌に移行させない為には余分な手入れをしない事が大切

乾燥肌を何とかしようとして、効果がありそうな基礎化粧品を渡り歩くのは危険です。その気持ちはとても分かりますが、新しい化粧品を試すのは肌の状態が安定している時にしましょう。敏感になっている肌には大きな負担となります。

乾燥している肌には、

  • 朝の洗顔を見極める事。
  • 肌を保護する為に油分のあるクリームを使用する事。
  • 痒みや湿疹がある時は化粧水もお休みしてワセリンのみにする事。

この3つに注意して、日々の肌の状態を確かめながらケアをしていきましょう。

喉のケアは乾燥させない事が第一条件

shutterstock_232458745

秋から冬にかけての健康維持対策に、肌と同じくらい気をつけたいのが喉のケアです。喉のケアで一番に気をつけたいのはやはり乾燥。

喉を乾燥させるとウィルスが繁殖しやすくなる

喉を乾燥させると、風邪などのウィルスが繁殖しやすくなります。ウィルスは乾燥した場所が大好き。風邪を防ぐためには、加湿がモノを言うと覚えておきましょう。

部屋の湿度を50~60パーセントに保つ事

部屋の湿度を保つ事は、ウィルスを増殖させない為の基本的なケア方法です。喉の為には、寝室の枕元の小さな加湿器や湯気の出たヤカンを置く事も検討してみましょう。

呼吸器の疾患のある方は、特に秋冬の乾燥は症状を悪化させます。加湿しておくだけで、夜中に出る発作の回数が劇的に減ったり、症状を軽減させたりする事が出来ますので、是非とも用意しておきたい所。

喘息疾患のある筆者も、乾燥時期の加湿をした日と忘れた日では、明らかに差が出ます。やはり加湿をしっかりした日には発作に悩まされる事はありません。

秋の蚊取り線香に注意しましょう

暑い夏よりも、蚊が増えるのが秋の涼しい気候です。最近では10月いっぱいまで蚊に悩まされる事がありますので、蚊取り線香や、電気式の蚊除けを使う頻度もまだまだ多いのではないでしょうか。

乾燥したこの時期の就寝中に蚊除けグッズを使うと、翌朝に喉を傷めてしまう場合があります。蚊除けグッズには成分が強いものが多いので、それらを使うときは日中の外出中や、寝る前までに済ませておくようにしましょう。

秋冬こそ水分を摂りましょう

気温が下がってくると、喉の渇きをあまり感じなくなるので、水分を取る回数が激減します。体の水分が不足すると、むくみや冷えにもつながります。また喉の乾燥を増長させてしまうので、こまめな水分補給を忘れずにしましょう。

水分を取らずに、常に喉が乾燥している状態は、ドライマウスになりやすくもなりますので、注意してください。

また、コーヒーなどの嗜好品は、唾液の分泌を抑制する成分が入っている事があるので、飲んだ後は水や白湯も一緒に摂るようにしておきましょう。

乾燥対策は病気予防と心得る

shutterstock_1310370592

肌や喉に乾燥を感じたら、既に実感以上に乾燥が進んでいると心得ておきましょう。こまめな保湿はとても大切な事です。これを面倒がってしまうと、必ず積み重なって症状を悪化させます。

乾燥は、敏感肌や風邪、インフルエンザなどの症状を引き起こす元となります。病気予防には乾燥対策を徹底する事が必須条件。トラブルや病気が出てしまって、病院代がかさんでしまう羽目になる前に、今ここから出来るケアで予防していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る