健康生活TOP 食生活 おならがよく出る、臭いがキツくなる原因は?食べ物で解決する方法

おならがよく出る、臭いがキツくなる原因は?食べ物で解決する方法

女性の尻とおさえる手

外でおならがしたくなってしまい困ったことはありませんか?我慢するとお腹が張ってきて不快感を感じたりしますが、かといっていつでも誰の前でも出せるわけではありません。

このような不快感は誰もが経験するものですが、なかなか人に相談することもできず深刻に悩んでしまう方も少なくないようです。

おならは飲み込んだ空気や腸内で発生したガスからできています。ガスは腸内に入ってきた食べ物を分解するときに発生するものなので多少のおならは食事をしている限り避けられません。

しかし今よりおならがしたくなる回数を減らしたりにおいを少なくすることは食事などによってコントロールすることができます。

おならと言えばサツマイモを思い浮かべる方もと思いますが、サツマイモ以外にも食べるとおならが増えてしまう食べ物があります。

今回はそんなおならの回数を増やしてしまう食べ物、おならのにおいを強くしてしまう食べ物を紹介します。それらの摂取を控えることでおならの問題が解消するかも知れません。

おならでお悩みの方はこの記事をしっかり読んでお悩み解消に役立てていただくと嬉しいです。

食べ過ぎ注意!?おならが出やすくなる原因・食べ物

おならはなぜ出るのでしょうか。その原因は食べ物にも大きく影響されています。どんな食べ物や食べ方がおならに影響をもたらすのか、下で詳しく説明しました。

食物繊維の摂りすぎ
食物繊維の多い食品はイモ類・豆類・ゴボウ・キャベツ・ブロッコリー・リンゴ・バナナなどいろいろありますが、それらを摂りすぎるとおならが出やすくなります。

食物繊維は消化されませんので腸までそのまま送られますが、腸内で分解されるときに発酵が起こりガスが発生します。

消化しにくい食べ物ほど腸内でガスが発生しやすくなりますが、リンゴやバナナは消化しにくいとされる果糖も含まれているのでその点でもおならが出やすくなる要因になります。

特に食後にこれらの果物を食べるとより一層ガスが発生しやすくなります。

しかし食物繊維は腸内をお掃除してくれる大切なものなので、おならを減らしたいからと言って食物繊維の摂取を控えるということはやめましょう。

一度に摂りすぎるとおならがでやすいということなので、食物繊維は普段から適量を継続して摂るのが一番です。

乳製品
人によっては牛乳やクリームなどでおならが出やすくなることもあります。乳製品に多く含まれている乳糖を腸で分解できない乳糖不耐症と言う日本人に多い体質の人はそれらを摂ることでお腹が張りやすくなったりおならや下痢を起こしやすくなります。
肉類
肉などのたんぱく質は消化しにくく時間がかかるので、その間に腸内でバクテリアが多く繁殖し発酵が起こります。脂肪分が多い肉類は消化するのにさらに時間がかかるのでその傾向が強くなります。

動物性食品は食べ過ぎると腸内に悪玉菌を増やしてしまいますが、そのため悪臭のするおならが出やすくなります。ちなみに脂肪が多いものと言う点で揚げ物全般もおならを出やすくする食べ物と言えます。

炭酸飲料水・ビール
炭酸飲料を飲むとげっぷが出ると思いますが、これはおならの原因にもなります。炭酸を飲むと二酸化炭素と水に分かれます。二酸化炭素は空気のようなものなので、飲み込んだ二酸化炭素の大半はげっぷとして体外に排出されます。

しかし残った二酸化炭素の一部はおならとなって排出されます。単純に体内にたまった炭酸(二酸化炭素)を排出するわけですから、この場合のおならはにおいはそこまで
しないです。

タバコ・ガム
タバコを吸ったりガムを噛んだりしていると知らず知らずのうちに一緒に空気を飲み込んでしまう傾向があります。それがおならとなって排出されています。

また禁煙しているときにおならがくさくなることがありますが、それはなぜかと言うとタバコを辞めてしばらくすると腸内環境が変わるからです。禁煙をすると腸内にプロテオバクテリアとバクテロイデスという細菌が増加します。

すると腸に入ってきた食べ物を分解しすぎてしまい、その食べカスが滞在する時間が長くなります。その結果腸内にガスを発生させ、おならが出るようになります。

その他おならが出やすくなる要因

ストレス
おならはお腹の中でガスが発生するだけでなく、口から取り込んだ空気も原因になります。そして日ごろから強いストレスを感じている人は空気を飲み込んでしまうことが多くなります。

飲み込んだ空気は通常げっぷとして外に出されますが、外出時ですとなかなかげっぷを自由に出すわけにも行かないので自然と我慢してしまうことも多いと思います。しかしその結果飲み込んだ空気は腸に下がりやがておならになります。

またストレスを受けたり緊張する場面では自律神経の交感神経が優勢になり胃腸の動きが低下します。そのため入ってきた食べ物をうまく消化できずガスがたまりやすくなります。

外出時もおならが出やすいということを気にしているとさらにその状態がストレスになりもっとおならが出やすくなると言う悪循環に陥る危険性もあります。

睡眠不足・過労
睡眠不足や過労のときは体が強いストレスを感じて胃腸の働きが低下します。自律神経のバランスが崩れやすくなっており、消化不良に陥りやすくガスが発生しやすくなります。
早食い
おならの元となる空気は食べ物の分解の際に増加するバクテリアによるものもありますが、飲み込んた空気が全体の半分以上を占めます。

呼吸の場合は吸い込んだ空気が気管にはいり酸素が体全体に行きわたるようになっていますが食事中に食べ物と一緒に取り込んだ空気は食道から胃に入りおならの原因になります。

つまり食事中にできるだけ空気を飲み込まないように食べることがおならを減らすのに効果的です。

ところが早食いは想像以上の空気を飲み込んでいる可能性があります。食べ物には意外とたくさんの空気が含まれているのでしっかり噛むことで唾液をたくさん分泌しその空気を抜きながら食べることが大切です。

また噛む回数が少ないまま飲み込むと、胃に負担がかかり腸の中で腐敗がおきます。
するとおならがくさくなりやすくなります。

呑気症
呑気症(どんきしょう)とは、空気嚥下症(くうきえんげしょう)とも言われる無意識のうちに空気を飲み込んでしまう病気です。「飲み込み呑気症」と呼ばれることもあり、日本人の8人に1人が悩まされています。

唾液と共に空気も飲み込んでしまうのでげっぷやおならの回数が増える、胃の不快感、胃の痛み、腹鳴などの症状があります。

この病気は原因がはっきりわかっておらず、これといった治療法もありません。しかし心が不安定なときにあらわれやすいということは言われていますので、自分が呑気症だと自覚がある方は食事の際落ち着いてゆっくり噛んで食べることを意識しましょう。

お腹を圧迫するような着衣や姿勢も胃腸の血流を悪くさせるのでよくありません。ガスがたまりやすくなり、おならの原因になります。

おならがくさいのは悪玉菌のせい!においを軽減させる方法とは

食物繊維の多く含まれる食べ物はおならが出やすいと言いましたが、この場合のおならはたくさん出てもあまり臭くありません。臭くなるのは腸内環境の悪化が原因です。

腸内には善玉菌と悪玉菌がいますが、本来なら善玉菌が悪玉菌を抑えにおいがなくなります。しかし何らかの原因によって悪玉菌が増えることがにおいのあるおならの原因です。

おならをくさくしているのは腸内の悪玉菌ですので、悪玉菌が多ければ多いほどちょっとのおならでもにおいがきつくなります。

要は悪玉菌が多く増殖するようなものを食べるとおならがくさくなり、善玉菌が活性化され腸内環境が整っていればおならはくさくならないというわけです。

ただ通常よりたくさん食べすぎたりして、一時的に腸内環境のバランスが崩れてしまうとおならがくさくなることはあります。

また腸内環境が良くないことは体全体にも悪影響を与えます。有害物質が排出されず腸内にたまってしまうことにより肌荒れを起こしたり、免疫力低下により風邪をひきやすくなったり、生活習慣病まで起こしてしまうこともあります。

くさいおならの原因となりやすいもの

くさいおならは体調不良の証であることも多いので、その予防は同時に全体的な健康にもつながります。それではくさいおならの原因となりやすいものを上げていきます。

肉類
おならが出やすい食べ物でも上げましたが、肉類はおならが出やすいのとともににおいもきつくなりやすい食べ物です。悪玉菌はたんぱく質と脂質が大好きです。

動物性たんぱく質は胃では消化されず大腸に運ばれ、分解されるときに悪臭の元となるアンモニアやインドール、スカトール、硫化水素などを発生させます。その結果とてもにおいの強いおならを作り出します。

また毎日肉類を大量に食べるような食生活ですと悪玉菌が増殖し便の腐敗が進むことによりおならがくさくなりやすくなります。

しかし肉類はステーキやハンバーグ、ハンバーガー、焼肉、唐揚げなど現在の日本では欠かせない食材ですし、栄養も高いので一切摂らなくなるという極端なことは避けましょう。

ニンニクや玉ねぎ
ニンニクや玉ねぎは硫黄化合物という強いにおいを持つ成分を含んでいます。もちろん薬味程度に少量摂るのであれば特に問題はありませんが、これらを食べ過ぎるとアンモニアや硫化水素などのにおいを強くする成分をたくさん発生させることになります。

殺菌作用も強いので摂りすぎると腸内で悪玉菌が善玉菌を抑え活性化し、食べたものをお腹の中で腐敗させこれも悪臭成分を発生させる原因になります。

スナック菓子
スナック菓子は脂で揚げてあるので悪玉菌が大好きな脂肪がたっぷり含まれています。また食品添加物も腸内環境を悪化させる要因になります。
キャベツ
ヘルシーなイメージのキャベツがここにあがるのは意外に思われる方も多いと思いますが、キャベツに含まれるイソチオシネートという成分はブロッコリーや大根などにも含まれているもので、ガスを発生させる硫黄化合物です。

硫黄化合物はにんにくや玉ねぎにも含まれている成分で、腸内でアンモニアなどを発生させます。この成分を摂ったときのおならは腐った卵のようなにおいになってしまいます。

便秘
便秘ぎみな人の腸内には長い間食べかすがたまっているので悪玉菌による発酵が進みやすくなっています。その状態というのは腸の蠕動運動も低下していて便秘が悪化する悪循環に陥ります。その結果くさいにおいの原因になるガスを発生させます。

おならはくさくて当たり前と思っている方も多いと思いますが、そうではありません。おならのにおいは体調がいいか悪いのかを知らせてくれるバロメーターのようなものです。

いつもよりくさいおならが出るというときは普段食べているものや健康的な生活について見直すきっかけにしてもらうといいと思います。

くさいおならは善玉菌を増やして予防!善玉菌を増やす方法

悪玉菌は腸内を腐敗させアンモニアやスカトールなどにおいのあるガスを発生させます。

おならがくさくなるのは腸内の善玉菌の数より悪玉菌が増殖してしまっていることが原因です。においを発生させる原因である悪玉菌を減らすためには善玉菌を増やすことが正解です。

善玉菌を増やすためには善玉菌そのものをヨーグルトなどから摂取する他、いくつかの方法があります。

まず一つ目は便秘を解消することです。便秘がちの方はおならが臭い傾向にあると言いましたが、日ごろから便秘解消を心がけることがくさいおならの改善法であるといえます。

そのためには排便リズムを整え腸内に長時間便をためておかないよういにすることが重要です。生活リズムを整え、朝トイレに入る時間をしっかりとりそれを習慣にし、決まった時間に便意をもよおすようにしていきましょう。

排便リズムが整っているというのは腸の蠕動運動がうまく働いている証拠です。

またその便秘解消のためにはやはり食物繊維を摂ることが大切です。たんぱく質が多く含まれる肉類などを大量にとるとおならがくさくなる傾向になりますが、それと同時に食物繊維たっぷりの野菜を一緒に食べることでにおいも軽減されます。

同じようにオリゴ糖も善玉菌のエサになりますので意識して摂取しましょう。オリゴ糖は摂りはじめは少しお腹が張ったりおならが増える場合がありますがにおいは減少します。

おならが出て困っている方は「ガスぬきポーズ」を試してみよう!

外出時におならが出て困らないように外出前には家でガス抜きのポーズを試してみましょう。ガス抜きほポーズはヨガのポーズでもあり、お腹の張りや便秘、また腰痛にまで効果的です。

ガス抜きのポーズ
ガス抜きのポーズ
1.あおむけに寝て、両ひざを抱えます。
2.息を吐きながら両腕でひざを胸に引き寄せ、上体を起こします。このとき、太ももを下腹に押しつけ、お尻を持ち上げ呼吸を5回します。これで自然にガスが抜けます。
3.体を元に戻し、息を吸って、また繰り返します。
注意)頸椎に問題のある時は、頭を上げずに行ってください。

[難しいと感じたら]
ガス抜きのポーズ2
1.あおむけに寝て、息を吸いながら片ひざだけを抱えます。
2.息を吐きながら、太ももをおなかに押しつけ呼吸を5回。
3.息を吸いながら、膝をゆっくり戻します。
4.反対側のひざを抱え、同じ動きを行います。

おならの悩みは腸内環境を整えることで解消!

人は一日に平均10回ほどのおならをします。おならを我慢することは体にいいことではありません。体の中のいらないものがおならとして排出されていますのでそのような毒素を体内にためこむ結果になってしまいます。

なので人前でないときはなるべく我慢しないようにしましょう。朝起きたときにガス抜きのポーズをしておくのもいいですね。

おならをまったくゼロにするのは難しいですが、回数を減らしたりにおいをなくすことは努力次第でコントロール可能です。だからと言っておならが出やすくなる食べ物を一切食べないということはしないで下さいね。

特に食物繊維はおならをくさくする原因である便秘を解消するためには欠かせないものですし生活習慣病の予防にも有効な成分なのでしっかり摂ることをおすすめします。食物繊維でおならがくさくなることはありません。

腸内に悪玉菌が増え腸内環境が悪化することがくさいおならの原因なので毎日肉類を食べていた方は週2~3回に減らしたり乳酸菌を体に取り入れたりして普段から腸内環境を整えておくことがおならににおいにも健康にも効果的です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る