健康生活TOP 食生活 暑い時期の胃の痛みは夏バテが原因!?胃腸に効く食べ物と飲み物

暑い時期の胃の痛みは夏バテが原因!?胃腸に効く食べ物と飲み物

1382

年々夏の暑さが増していくような気がしていますが、夏になると毎年のようにテレビや新聞では真夏日の連続記録や、最高気温が更新されたと報道しています。

ただでさえ暑いのに、そんなニュースを目にしたり耳にしたりするだけでも参ってしまいそうですね。

暑い季節は冷たい飲み物やアイスクリーム、かき氷が美味しく感じますが、冷たい物ばかり食べたり飲んだりしていると体に負担をかけてしまい、これが夏バテの原因となりますので注意しましょう。

そもそも夏バテって何?体力を消耗させてしまう夏特有の急激な温度差に注意

一度でも夏バテを経験した事がある人なら「夏バテ」という言葉を実感していると思います。よく疲れた時などにバテた、と言いますがまさにこの状態です。

特に激しい運動をしているわけでもなく、いつも通り普通に生活をしているだけなのに、全身の倦怠感と疲労感が抜けず、日に日に疲れが増していくような状態です。

夏バテを引き起こすのは急激な温度差と、高い湿度です。

夏は熱中症などのリスクも高まるため、室内に居る場合はほとんどクーラーの中で過ごしますが、やせ我慢をして熱中症にかかるよりは、クーラーを付けたほうがいいというのが今の考え方です。

クーラーの効いた涼しい室内にいれば快適に過ごせますが、クーラーは自分が思っている以上に体を冷やします。1日中クーラーの効いた室内で過ごす事もありますが、部屋を一歩出るとドアの外は蒸し暑い空間です。

クーラーの設定温度が低すぎると、暑い室外に出たとき一瞬ホッとする事がありますが、次の瞬間汗がバーと吹き出し、やっぱりクーラーの効いている室内が快適と感じます。

この時急激な温度差は、自分が思っている以上に体に負担をかけ、体力を消耗させてしまいます。

感覚では涼しいので快適と感じていても、本来は暑いはずなのに涼しいと感じるのでこの違いがストレスとなり、自律神経のバランスを崩します。

自律神経は全身のバランスをコントロールする司令塔のようなものですから、司令塔が正常に働けなくなると全身に影響が出ます。これが夏バテの原因になるのです。

湿度が体に与える影響とは?

夏は気温以外にも湿度が高くなりますね。熱中症は暑い日にかかりやすいと思われていますが、実は気温よりも湿度の方が厄介なのです。

気温が高い日は確かに熱中症にかかる人も増えますが、気温が低く湿度が高い日の方が熱中症患者が増えるのを知っていますか?

気温が低いといっても夏ですからある程度の気温がありますし、ここに湿度が加わればジメジメとして不快感でいっぱいになります。

暑い日には汗をかきますが、汗をかいても蒸発する時に皮膚表面の体温を下げる事ができます。これは私たち人間に備わっている機能ですが、蒸し暑い日は汗が蒸発しません。

常に肌もジメジメとしているので、体温を下げる事ができず、体の中に熱がこもってしまいます。これはが熱中症になるメカニズムなのです。

体温が下がらず上昇すれば細胞にもダメージを与えますし、体温調節がうまくできないのも体力を消耗し夏バテの原因となってしまいます。

冷たい食べ物は体に悪いの?胃痛の予防に温かい物を食べよう

蒸し暑い日には冷たい飲み物やかき氷を食べると、体温も下がるのでとても涼しく感じます。しかし冷たい物ばかり食べていると、体が冷えてしまいます。

寒い冬は夏に比べて行動力も低下しがちで、行動範囲も狭くなる傾向がありますが、これは冷たい空気が体を冷やし、体の機能を低下させるからです。

夏は暑いので冷たい飲み物やかき氷がとても美味しく感じますが、体の中は冷え冷えの状態になりますから、本来の活動ができなくなってしまいます。

これは細胞や内蔵にも影響しますので、冷たい物ばかり口にしていると胃が冷えます。胃が冷えれば機能も低下していきます。さらに冷たい物を食べ続けると、今度は腸を冷やし免疫力を低下させます。

冷たい飲み物や食べ物も適度ならいいのですが、食べ過ぎは体全体のバランスを崩し夏バテの原因を作りますので、冷たい物の取りすぎには注意してください。

体の冷えが胃に大きな負担をかける理由

こうなると自分でもなんとなく調子が悪いと感じるようになります。しかしお腹が空くので食事を食べますが、体の中が冷えているので胃の機能は低下した状態です。

食事を食べれば胃は食べた物を消化しようとしますが、機能が低下している状態では負担ばかりが大きくなり胃が悲鳴をあげてしまいます。

食べ物が入れば胃はそれを消化しようと頑張りますが、冷えが本来の機能を失っているのでいつもよりたくさん胃液を出します。

胃は胃液が出ても負ける事はありませんが、機能が低下している時に過剰な胃液が出る事で胃壁が荒れ炎症を起こします。これが胃炎となり胃痛の原因となってしまうのです。

胃が痛くなる原因もいくつかありますが、特に思い当たる節もなく、原因がわからない場合は口にしている物を見直してみましょう。

暑くても胃の事を考えたら、温かい物を食べるのがベストです。暑いからと冷たい物ばかり食べてしまうと、胃痛がひどくなり今度は食べ物を受け付けなくなってしまいます。

食事から栄養を摂れないと疲労も回復しませんし、代謝も下がったままなので悪循環になります。

むしろ暑い時こそ温かい食べ物や熱いお茶を飲みましょう。1日中クーラーの効いた室内で過ごす人は体が冷えきっている可能性があり、夏バテしやすくなります。

涼しい部屋に居る場合は飲み物だけでも温かい物に変えてみてください。胃が温めれば機能も回復しますし、腸も温まるのでこれだけでも体調が良くなったと感じるはずです。

朝いちばんの白湯はやっぱり理に適っていた!夏バテで胃痛がする時の対処法

shutterstock_2448463122

原因不明の胃痛が夏バテからくるものであった場合は、冷えを改善しましょう。胃痛がするからと胃薬を飲んでも、胃が冷えたままではあまり効果は期待できません。

一時期白湯健康法や、白湯ダイエットが流行りましたが、これを取り入れ寝起きに白湯を飲むのもおすすめです。

目覚めてから最初に口にするのが温かい白湯なら、胃にも負担をかけずに水分補給もできます。適度に温かさもあるので細胞も活性化しやすく、体に負担をかけずに代謝を上げる事ができます。

胃痛には胃薬を飲むのも一種の解決方法ですが、胃薬にも種類がありますので自分の症状に合った物を選んでください。

病院に行けば症状に合わせて処方してもらえますが、市販の胃薬を使う場合は薬剤師のいる薬局で購入する事をおすすめします。症状を話せば最適な胃薬を選んでもらえます。

胃薬にも種類があり、種類によっては飲むタイミングが違います。食前に服用する胃薬を食後に飲んでも意味がありませんので、必ず用法は守りましょう。

市販の胃薬を飲んでも改善されない場合は、病院に行って診てもらう事をおすすめします。もしかしたら他の原因があるかもしれないからです。

胃痛がする時はアルコールは控えたほうがいいですね。夏バテしている時でも冷たいビールを飲みたくなりますが、この状態でのアルコール摂取は体に負担をかけますのでお勧めできません。

完全に夏バテを解消してから、ビールを楽しんでください。

夏バテしない体作りに役立つ栄養を食事に組み込んでみよう

shutterstock_1885581982

夏バテは工夫次第で防ぐ事ができます。規則正しい生活も重要ですが、やはり体を作るのは食事から摂る栄養です。

夏バテ防止にスタミナたっぷりのメニューもいいのですが、脂っこ食べ物はかえって胃に負担をかけます。バテている時は体に疲労がたまっている証拠ですから、疲労回復メニューもおすすめです。

クエン酸

夏に酢の物を食べるのが良いと言われているのは、お酢に含まれるクエン酸に疲労回復効果があるからです。
  • 梅干
  • 柑橘系のフルーツ

のように酸味の強い食材にもクエン酸は含まれていますので、お酢が苦手な人は他の食材からも取り入れ可能です。

アリシン

スタミナをつけたい時に食べる

  • ニンニク
  • ニラ

にはアリシンが豊富に含まれています。アリシンはアミノ酸の一種ですが、ニンニクやニラの独特の香りはアリシンが豊富な証拠です。

抗酸化作用が高いので、体の老廃物を除去するのに役立ちます。ネギにもアリシンが含まれていますし、料理にプラスすれば香りと味も良くなります。

ビタミンB1

ビタミンB1はエネルギーを作り出すのに欠かせない成分です。食事に含まれる糖質をエネルギーに変換する作用があるので、夏バテにも効果的ですし、積極的に取り入れていけば夏バテを予防する事もできます。
  • うなぎ
  • 豚肉
  • ほうれん草
  • 大豆

には豊富なビタミンB1が含まれています。土用の丑の日にうなぎを食べるのは、夏バテを予防する意味があると言われますが、これを知れば納得できますね。

豚肉の冷しゃぶに、たっぷりの刻みネギをいれたポン酢をかけて食べれば、一度にビタミンB1とクエン酸とアリシンが摂れます。

ポカポカ食材

冷え性改善に役立つ事でも知られている、唐辛子のカプサイシンや生姜のジンゲロールは体を温める作用があります。

胃が弱っている時には刺激となるのでオススメできませんが、冷えた体を温めるのに役立ちます。体調と相談しながら取り入れていきましょう。

夏バテしない体つくりに役立つ栄養は身近な食材からも補えますので、是非お試しください。

シャワーだけはやめてお風呂を活用しよう!ぬるめのお風呂が胃に優しい

shutterstock_186114725

暑い季節はクーラーや冷たい飲み物無しではいられない人もいますが、夜はぬるめのお風呂に入り体を温めましょう。ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かり体を温めると、副交感神経を適度に刺激するので、眠りの質が高まります。

夏バテによる体調不良は寝不足の原因になりますし、蒸し暑い夜は寝苦しいので眠りの妨げになり、これも寝不足の原因となってしまいます。

寝不足は体に疲労を蓄積させるので、夏バテが長引きます。熱すぎるお風呂は逆効果ですし心臓に負担をかけますので、温度は体温と同じか少し高いくらいがベストです。

人によってはお風呂に入るのが面倒なのでシャワーで済ませる事もあると思いますが、湯船に浸かる事で、体全体が温まるので胃や腸にもいい影響を与えます。

毎日ではなくても週に何回かは、ぬるめのお風呂に浸かってくださいね。

いかかでしょうか?意外と簡単な方法で夏バテを解消したり予防したりできます。自分自身も辛い思いをしますので、夏を元気に乗り切るためにもできる事から取り入れていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る