健康生活TOP 糖尿病 糖尿病予防は予備軍から!血糖値が気になる人必見の自己チェック方法

糖尿病予防は予備軍から!血糖値が気になる人必見の自己チェック方法

糖尿病をチェックする人

「まさか自分が糖尿病だなんて……」初めて糖尿病と診断された人のほとんどが、そう思います。一度、糖尿病と診断されると完治するのは容易ではありません。ほとんどの人は一生インシュリン注射や投薬での治療を続けなければならなくなります。

合併症による失明、足の壊疽による切断、腎不全による人工透析というような著しく生活に支障をきたす状態を強いられることも覚悟しなければなりません。治療にもお金がかかりますから、経済的にも大きな負担になるでしょう。

今の日本では糖尿病は国民病といえる病気です。すでに950万人が糖尿病と診断され1300万人が糖尿病予備軍と推計されています。糖尿病は決して他人事の病気ではないのです。自分や家族を糖尿病から守るにはどうすれば良いのでしょう?

いまさら聞けない糖尿病のキホン!血糖と血糖値って何?

さて、皆さんは糖尿病に関してどのくらいの知識を持っているでしょうか?

おそらく、「糖尿病は食事の不摂生や運動不足などが原因で起こる生活習慣病」、「放っておくと足が壊疽したり、失明したりと大変なことになる」というくらいの基本的な知識は持たれていると思います。

では、食事の不摂生や運動不足が原因だと分かっていながら、なぜ国民病といわれるほど多くの人が糖尿病になってしまうのでしょうか? 糖尿病になるとなぜ足が壊疽したり失明したりするのでしょうか? なぜ血糖値が高いといけないのでしょうか?

糖尿病は認知度が高いわりに予防が難しく、患者数は増える一方です。それは、糖尿病に関する認識が、少し漠然としているからではないかと考えられます。

糖尿病とはどのような病気なのか、どのようなしくみで起こるのか、どうすれば予防できるのか、というように糖尿病についてもっと詳しく知れば、病気の本当の怖さが理解でき、予防意識も高まると思います。

糖尿病を正しく知る1.血糖と血糖値とはどんな意味?

食べ物には、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル……など、さまざまな栄養が含まれています。

その中で、ごはんやパン、麺類、パスタなどの炭水化物は糖(糖質、糖分)でできています。糖はからだの筋肉を動かしたり、頭で考えたりするときのエネルギー源になります。

車を動かすために燃料となるガソリンが必要になるのと同じで、からだを動かすには糖が必要です。人間にとって糖は車のガソリンにあたります。

食べ物から摂った糖は胃や腸で分解され、最終的にはブドウ糖(糖のもっとも小さな単位)になり、小腸から吸収されます。小腸から吸収されたブドウ糖は、一部は肝臓に蓄えられ、そのほかは血液を通して全身に回ります。

この段階で、血液中に溶け込んだブドウ糖のことを「血糖」といいます。1dL(デシリットル)の血液中に、何mgのブドウ糖が含まれているかを表わす単位が「血糖値」です。

1dLは1Lの10分の1ですから100ccと同じ。100ccの血液中に100mg(0.1g)のブドウ糖が含まれていれば、血糖値は100となります。

同じように100ccの血液中に200mgのブドウ糖が含まれた状態なら血糖値は200です。(異常値です!)ブドウ糖が300mgなら血糖値300です。(すぐに病院へ!)

このように、血液中にあるブドウ糖のことを血糖といい、血糖の量を示す値を血糖値といいます。

糖尿病を正しく知る2.血糖はそんなに悪者か!?

テレビのコマーシャルなどで「血糖値の上昇を抑える…」、「血糖値が高めのかたに…」というようなキャッチコピーを何度も耳にしたことがあると思います。このフレーズだけを聞くと、何か血糖がとても悪いもののように聞こえる気もします。

ところが、糖は私たちが生きていく上でなくてはならない働きをしています。それは、からだのあらゆる細胞は、血液中のブドウ糖(つまり血糖)を細胞に取り込み、エネルギー源にしているということです。

本来、糖は細胞のエネルギーの源であって、決して悪いものではありません。むしろ、糖がなければ生きていくことができません。

糖尿病は、血液中の糖(血糖)が”増えすぎて”起こる病気ですから、問題となるのは血液中にある”糖の量”です。細胞が必要とする血糖の量を確保しつつ、糖が増えすぎないようにコントロールすることが必要なのです。

糖尿病を正しく知る3.血糖とインシュリンの特別な関係

血液中のブドウ糖が、増えすぎることによって糖尿病が起こるわけですが、そもそもなぜ血糖値は高くなるのでしょう? それはインシュリンというホルモンが鍵を握っています。 

細胞がエネルギー源として血液からブドウ糖を取り込むときには、すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンが必要になります。ブドウ糖はインシュリンと一緒になることで、はじめて細胞に取り込まれエネルギーとなるのです。

例えていえば、すべての細胞にはブドウ糖を取り込むドアがあって、そのドアはインシュリンという鍵(キー)がないと開かないような仕組みになっているようなものです。

血液中にいくらブドウ糖があっても、インシュリンという鍵がなければ、細胞のドアが開かず、ブドウ糖を取り込んでエネルギーにすることはできません。

インシュリンの鍵の働きがあってはじめて、ブドウ糖というエネルギーを細胞に取り込むことができるというわけです。

もし、何らかの原因でインシュリンが少なくなったり、無くなったりしてしまえば、細胞はブドウ糖のエネルギーをとることができなくなってしまいます。細胞はエネルギー不足になって働けなくなり、血液中のブドウ糖は増える一方です。

血糖値が高くなる理由には、血糖を細胞に取り込むときに必要となるインシュリンが大きく関係しています。

なぜ血糖値が高くなるのか?血糖値が高くなる3つの理由

糖尿病は血糖が増えすぎる病気で、血糖値が高くなる理由にはインシュリンが大きく関わっています。血糖とインシュリンがどのような状態になると血糖値が高くなるのでしょうか? それには次の3つの理由が考えられます。

  1. 必要となるインシュリンが正常に分泌されない
  2. インシュリンの働きが悪くなる
  3. インシュリンは正常に分泌されているが、それ以上に血糖が多い

それぞれを説明していきましょう。

血糖値が高くなる理由1.必要となるインシュリンが正常に分泌されない

インシュリンはすい臓のランゲルハンス島(世界で一番小さい島)のβ(ベータ)細胞というところで作られています。すい臓のランゲルハンス島がインシュリンの製造工場となっているわけです。

ところが、何らかの理由ですい臓の機能が低下し、ランゲルハンス島工場のインシュリン生産量が減少すると、血糖が細胞に取り込まれなくなり、血液中の血糖がダブつくため血糖値が高くなります。これは、インシュリン工場の稼働率の低下ともいえます。

血糖値が高くなる1つ目の理由は、すい臓の機能が低下しインシュリンの分泌量が減少することです。

血糖値が高くなる理由2.インシュリンの働きが悪くなる

前述したように、インシュリンは細胞のドアを開ける鍵の役割を果たすのですが、その鍵の中には古くなって錆びついていたり、少し曲がったりしていたものが混ざっている場合があります。要するに、インシュリンの不良品です。

インシュリンという鍵の中に不良品が混ざっていると、鍵をもっていてもドアがなかなか開きません。開けるまでに時間がかかり、その分、血液中にブドウ糖がダブついてしまうのです。

血糖値が高くなる2つ目の理由は、インシュリンの働きが悪くなり、血糖が細胞にスムーズに取り込まれなくなることです。

血糖値が高くなる理由3.分泌されるインシュリンの量以上に血糖が多い

すい臓のランゲルハンス島工場は、(世界で一番)小さな工場ですから、生産能力には限りがあります。

生産できるインシュリンの限度を超えて、血糖が増えすぎれば、相対的にインシュリンの量が少なくなり、この場合も血糖がダブついてしまいます。インシュリンの分泌が正常でも、あふれるほどの糖の量には対応できないのです。

血糖値が高くなる3つ目の理由は、正常に分泌されるインシュリンの量では処理しきれないほど血糖が増えることです。

こうした3つの理由によってインシュリンが不足したり、働きが悪くなったりするため、だんだんと血糖が増えてゆき血糖値が高くなっていくのです。

血糖値が高くなるとどんな問題が起こるのか?糖尿病の合併症

血糖値が高いと何が問題なのでしょうか? 血液中のブドウ糖(血糖)は細胞のエネルギーになるのだから、血糖が少なくなってはいけないが、多い分には問題がないのでは? と考えた人は、情報を鵜呑みにせず自分の頭で考える人だと思います。

自動車やロボットならそれでも良いかもしれませんが、残念ながら人間のからだはそう簡単にはいきません。

人間のからだは、筋肉でも細胞でもすべてタンパク質が土台となってできています。たんぱく質は糖と結びつきやすい性質があり、糖が結びついたタンパク質は性質が変わり、とても脆くて弱くなってしまいます。これを糖化といいます。

血液中に糖が過剰なると、まずダメージを受けるのは血管です。血管の細胞のタンパク質に糖が結びつき糖化すると、血管の壁や血管そのものが脆く弱くなってしまいます。だんだん悪化して、最終的には血管はボロボロの状態になっていきます。

血管がボロボロの状態になると、太い血管なら動脈硬化を引き起こし、細い毛細血管ならその組織や臓器が機能不全を起こします。こうして起こる症状が、糖尿病の合併症です。

【 糖尿病の3大合併症 】

  1. 糖尿病性網膜症(失明につながる)
  2. 腎臓機能の低下(人口透析が必要になる)
  3. 足の血管や神経障害(足の切断につながる)
【 その他に起こりやすい合併症 】

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 突然死
  • 不整脈
  • 白内障
  • 感染症 
  • 皮膚病
  • ED など

糖尿病になると失明したり足が壊疽したり腎臓機能が低下するのは、こうした器官には毛細血管が多く集まっていて、毛細血管がダメージを受けることでその部分が機能しなくなるからです。

さらに悪いことに、こうした一連の糖尿病の合併症は、症状がかなり悪くなるまで、まったく自覚症状がありません。自覚症状がないからといって放っておくと、気づいたときにはすでに合併症を発症し、そのまま悪化すれば死に至ることもあります。

糖尿病はがんや心筋梗塞と同じく「命に関わる病気」と考えて最大限の予防をする心構えが必要です。

自分の血糖値を知っていますか?たぶん大丈夫…がもっとも危ない!

自分の血糖値の値を知っている人はどのくらいいるでしょう? それも1年以上前に受けた、たった1度の健康診断の数値ではなく、少なくともここ3ヶ月間の数値、できれば今月や今週、今日の血糖値を知っているかということです。

おそらく血糖値を定期的に計り正確な数値を把握している人は、すでに糖尿病と診断され治療を受けている人ではないかと思います。医師の指示の下で治療を受けながら血糖値の管理ができている人はそれで結構だと思います。

しかし、もし今までに自分の血糖値をほとんど計ったことがないという人や、糖尿病や高血糖の疑いがあると指摘されているにも関わらず治療していない人、あるいは、自分でうすうす糖尿病ではないかと気がついているのに、放っておいている人。

こうした人はすでに糖尿病の状態になっているか、もしくは境界型糖尿病という糖尿病予備群の状態である可能性が高いと疑ってかからなければなりません。

前述したように、糖尿病は一言でいえば、血液中に糖が増えすぎる病気です。自分が糖尿病や糖尿病予備軍であるかないかを調べるには、血液中の糖の量、つまり血糖値を測定することが必要になります。

もし自分の血糖値が判っていなければ、自分が糖尿病であるのか、糖尿病予備軍であるのか、あるいは(今のところ)健康であるのか、誰にも判断がつかないのです。

潜在的な糖尿病患者の大部分は、「自分はたぶん大丈夫だろう……」と何の根拠もなく呆れるほど楽観的に考えてしまっています。

「たぶん大丈夫だろう……」という根拠のない判断と、薄っぺらい自信を持ち続けてきてしまった人こそが、いざ診察を受けてみると、まぎれもない糖尿病と宣告され、「まさか自分が糖尿病だなんて!…」と突如として窮地に立たされるのです。

糖尿病を予防するためには、自分の血糖値を知るということがとても重要なのです。

自分でできる簡易検査!自分が糖尿病かどうか自己診断する方法

自分の血糖値を知るには、健康診断を受けるか、かかりつけ医などに相談して血液検査をしてもらうという方法が、ごく当たり前に思い浮かぶと思います。

ところが、ほとんどの健康診断は年に1回程度なので、年に1回の血液検査では、(やらないよりはマシですが)正確に血糖値の状態を判断するには不十分です。

また、かかりつけ医で血液検査を受けましょう! というのも、「言うは易く行なうは難し」で、多忙な日常の中で検査を受けに行く手間ひまを捻出するのは、なかなか難しいのが実情ではありませんか? 

そもそも、月に1度はかかりつけ医で健康診断を受ける、というようなまさに模範的な健康意識と行動力を誰もが持っていれば、日本の糖尿病患者はもっと少ないはずでしょう。

自分の血糖値を知るために!おススメしたい市販の自己測定器

自分の血糖値を正しく知るには、かかりつけの医師に相談して血液検査をするのがもっとも確実な方法ですが、それができれば誰も苦労はしません。仕事や家事、断れない用事……など、忙しくて血糖値どころではない、という言い訳の理由は山ほどあります。

そこで自分の血糖値を計る、自己検査キットを利用してみてはどうでしょうか?

自己測定器商品画像
オムロン血糖値自己測定器

糖尿病を診断する基準はいくつかあり、最終的には医師の総合的な診断によって決まりますが、自己検査器を使い自分で血糖値を調べる場合は、空腹時の血糖値を自己判断の基準にします。空腹時とは、朝起きて朝食を食べる前に計測することです。

血糖値は一日中同じというわけではなく、食べ物を食べた直後から上昇し、しばらくすると元に戻ります。その繰り返しを血糖値の日内変動といいます。できれば、一日に何回か測定したほうが良いのですが、はじめは空腹時の1回で構いません。

健康な人の空腹時(朝食を食べる前)の血糖値は、だいたい70~110未満の数値で安定しています。どんなに高くても140を超えることは、まずありません。

つまり、空腹時血糖を計ってみて、140を超えた数値が出ていれば、その時点で糖尿病が強く疑われます。

その中間の110以上~140未満の場合は、限りなく糖尿病に近い糖尿病予備軍といえる状態です。放っておけば、確実に糖尿病に進行します。

【空腹時血糖値での自己診断の目安】

血糖値 状態 対応
70~110 正常 今のところ心配なし
110~140 糖尿病予備軍 できるだけ早く専門医へ
140以上 糖尿病の疑い すぐに治療が必要

自己測定器を使い空腹時血糖値を計ることだけでも、おおむね血糖値の状態が把握できます。この第一歩を踏み出さすことで、糖尿病を確実に予防する道が開けるのです。

さらに詳しく調べたい場合に!病院と同じ検査ができる自己採血キット

糖尿病かどうか、血糖値の状態をさらに詳しく調べるために、自己採血キット使えば病院の検査と同じレベルの詳しい診断が得られます。

自己採血キット商品画像
「おうちで簡単血液検査」・健康ライフコンパス

自己採血キットとは、自分で採血した検体を郵送で検査機関に送り、詳しく分析してもらうという方法です。病院へ行かなくても自宅で精密な検査ができるので、とても便利です。自己採血キットはドラッグストアやネット通販でも販売されています。

血糖値は、計測する時点での血糖の量を計りますが、日内変動もありますし、計った時点での食事の影響を大きく受けるため正確な診断としては不十分な点もあります。

そこで、自己測定キットでは、HbA1c(エイチビー・エーワンシー)という値を測定し診断の参考にします。HbA1cは、過去1~2ヶ月程度の血糖値の平均値を示す値です。HbA1cを計測すれば、血糖値の日内変動のブレを除くことができます。

HbA1c値 判定 アドバイス
6.2未満 今のところ心配なし この調子で!
6.2~6.8 心配ないが油断しないこと
6.9~7.3 可(不十分) 糖尿病予備軍 今ならまだ間に合う!
7.4~8.4 可(不良) ほぼ糖尿病 これ以上悪化させると危険!
8.4以上 不可 すぐに専門医を受診

実際には、キットに添付されている判定基準によって判断しますが、糖尿病の状態をより分かりやすく知ることができ、適切な対応につながります。

糖尿病は尿に糖が出る病気というのは誤解!?

糖尿病という名前からすると、尿の中に糖が混ざって出てくる病気だと思っている人が多いのですが、尿の中に糖が出るのはかなり重症になった場合です。だいたい血糖値が160~200を超えると尿の中に糖が混じるようになります。

ただ、尿に糖が混じっていないか調べることは、決して無駄なことではありません。肥満の人や運動不足の人などは、血糖値を計測するとともに、念のために尿に糖が出ていないか調べましょう。もし糖が出ていれば、必ず専門医を受診することです。

新ウリエースBT商品画像
「新ウリエースBT」・テルモ

こんな症状があれば血糖値測定を!糖尿病・糖尿病予備軍の初期症状

糖尿病は初期の段階では、自覚症状がほとんどありません。他の多くの病気のように痛いとか苦しいとか、何らかの自覚症状があれば、糖尿病が国民病といわれるほど増えることはなかったでしょう。

ですが、糖尿病にもまったく自覚症状がないわけではありません。次のような症状は糖尿病や糖尿病予備軍の人に多くみられる症状で、進行した糖尿病が疑われます。

  • やたらとのどが渇く
  • 尿の回数が増える
  • からだがだるく、疲れやすい
  • しっかり食べているのに体重が減る
  • 皮膚がかゆくなる
  • ものが見えづらい
  • 足先がしびれたり、こむら返りがよく起こる
  • 何も触ってないのに足に何かが触れている感じがする

こうした自覚症状がでるということは、糖尿病がかなり進行していると疑われますので、最優先で糖尿病専門の医師を受信しなければいけません。

血糖値の上昇が数値に現れない!?かくれ糖尿病とは

かくれ高血糖とは、空腹時の血糖値が正常な値でも、食後に血糖値が異常に上昇する状態です。血糖値が低いときは低いが、高いときは高いという状態です。空腹時の血糖値を測定するだけでは発見されにくいので隠れ糖尿病と呼ばれます。

かくれ糖尿病を発見するには、空腹時に血糖値を計るだけでなく、食後の血糖値もときどき計って調べるしかありません。かくれ糖尿病を見つけるためにも、自己測定測定器や検査採血キットを使用することは有効な方法です。

もし血糖値に異常があったら絶対に放っておかないこと!

もし自分で血糖値を計ってみて、先述したような異常があれば、たとえ何の自覚症状がなくても絶対に放っておいてはいけません。糖尿病が恐ろしいのは、何の自覚症状もなく病気が進行していくことです。

数値に異常があれば、それは計測間違いでも勘違いでもありません。糖尿病の危険が迫っているという現実です。そして、会社を休んででも家事を中断してでも検査を受ける必要があります。

とりあえず近所の内科に相談してもいいですが、できるだけ背糖尿病専門医の診察を受けましょう。インターネットで検索すれば近くに必ずあるはずです。

日本糖尿病学会ページスクリーンショット
日本糖尿病学会 専門医検索サイト

糖尿病は自分で治療できるほど簡単な病気ではない!必ず専門医の下で治療すること

残念ながら、糖尿病患者の4割は糖尿病だと分かっていながら治療を受けていません。こうした人たちは、そのうち合併症によって失明や足の切断、人工透析を受けることになります。これは過去の経験から間違いのない現実です。

糖尿病は自分で治療できるほど簡単な病気ではありません。設備の整った専門医を受診して治療を受けなければなりません。合併症の検査機器が揃っていて、できれば栄養士がいるような専門医の下で治療を受けるべきです。

糖尿病予備軍ならまだ治る可能性がある!ポイント・オブ・ノーリターン

糖尿病はある日突然起こる病気ではなく、5年も10年も前から少しずつ悪化して、「境界型糖尿病」(糖尿病予備軍)という糖尿病の一歩手前の段階を経て、最終的に糖尿病の段階に到達します。

糖尿病患者が健康になるには

         
そして、ひとたび糖尿病の状態になると、完治するのはほぼ不可能です。一生インシュリン注射や投薬を受け続けなければならなくなります。

糖尿病の状態が続けば、前述した合併症により、失明、足の切断、人工透析など著しく生活が困難になる恐れも生じます。

糖尿病の進行をくい止めるためには、糖尿病の一歩手前の糖尿病予備軍(境界型糖尿病)の段階で、病気に気づき治療することが何より重要です。

糖尿病予備軍の状態なら、まだ糖尿病を治すことは可能です。糖尿病と糖尿病予備軍との境目がまさに運命の分かれ道(ポイント・オブ・ノーリターン)ともいえるのです。

今健康な人でも将来糖尿病にかかるリスクは大きい!今できること、すべきこと

血糖値が正常な人でも油断することはできません。たまたま”今は”健康なだけで将来糖尿病にかかるリスクは増え続けていきます。日常で簡単にできる糖尿病の予防法を実践してみましょう。

  • 食べる順番をかえる 
  • おかずは残さず、ごはんは半分に
  • 食事のあとに緑茶を飲む
  • 早食いは禁物!よく噛んでゆっくりたべる
  • 朝食を抜かない
  • 清涼飲料や炭酸飲料の飲みすぎに注意
  • とにかく、ちょこちょこ歩く
  • 食事のカロリー計算をする
  • 糖尿病を悪化させるストレスを溜めない
  • 入浴は血糖値を下げるので毎日ゆっくり入浴する

こうした日常で簡単にできる予防法を実践することで、血糖値の上昇を抑えることができます。血糖値の測定と同時に行えば、効果を数値で確認することもできます。

からだは痛くないが懐は痛い!糖尿病の治療でかかるお金

糖尿病は自覚症状がないため、初期の段階では痛くもかゆくもありません。しかし、ひとたび糖尿病になってしまえば、一生治療を続けていかなければならなくなる病気です。糖尿病はからだは痛くないかもしれませんが、懐にはとても痛い病気なのです。

糖尿病の治療費がどれくらいかかるかというと、治療の程度や使用する薬によってかなり違いがありますが、毎月およそ1万2千円~2万円程度の出費になります。年間では14~24万円の出費です。

こうしたお金があれば何ができるか、何が買えるかと考えれば、糖尿病にならずに有意義にお金を使ったほうがいいに決まっています。

自分の将来の健康と目先のお金はどちらが大切?糖尿病治療薬の治験について

糖尿病治療薬の臨床試験のための治験というものがあります。治験とは研究段階でまだ発売される前の治療薬の効果を調べる実験のことです。糖尿病や糖尿病予備軍の人を対象として治験が行なわれていることがあります。

製薬会社などがこれから発売しようとする治療薬の効果や副作用を、実際に糖尿病や糖尿病予備軍の人を使って調べるのです。治験に協力した人にはいくらかのお金(協力金)が支払われます。

治療薬の開発や進歩に身を呈して協力したいという崇高な思想を持つ人もいれば、単にお金欲しさで協力する人もいます。

治験は自由な意思に基づくものでなければならず、いつでも治験を止める事ができるはずなのですが、実際には治験を運営する会社もビジネスなので、そう簡単に止めさせないのが実際のところのようです。

自分の将来に渡る健康と、目先のお金とではどちらが大切か? 治験への協力を考えている場合は、後になって後悔しないように十分検討することが必要です。

糖尿病を予防するには、「知る」→「変える」→「続ける」という3つのステップが必要です。まず初めに糖尿病を正しく知ることができなければ、食事や生活習慣を変えることはできないでしょう。

糖尿病が気になる人もそうでない人も、とにかく血糖値の計測から始めることをお勧めします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る