健康生活TOP 糖尿病 【糖尿病の方必見】玄米は血糖値を下げる!驚きの玄米パワー

【糖尿病の方必見】玄米は血糖値を下げる!驚きの玄米パワー

Fotolia_46652399_Subscription_XXL

現代の国民病とも呼ばれる糖尿病。平成25年国民健康・栄養調査では、糖尿病が強く疑われる者の割合は男性が16.2%、女性が9.2%おり、人口動態統計によると、平成25年に糖尿病によって亡くなった方は1万3812人いました。

糖尿病は初期には自覚症状はほとんどなく、あっても口の渇きや多尿(尿の量が多い事)ぐらいです。

糖尿病で最も怖いのは合併症です。合併症により日常生活が満足に送れなくなる事もあります。

そんな糖尿病は日頃の血糖のコントロールが大事になってきますが、食事によって血糖をコントロールすることができます。これを機に食事についてしっかり見直してみてはいかがでしょうか?

1型糖尿病と2型糖尿病の合併症予防のためにも血糖コントロールは重要

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、生活習慣の乱れでなりやすいのが2型糖尿病です。

2型糖尿病は

  • 食事の偏り
  • 運動不足
  • 肥満
  • ストレス
  • 加齢

によってなりやすくなります。

糖尿病の検査基準

糖尿病になっているかは血液検査の結果で知ることができます。

  • 随時血糖・・・200mg/dl以上
  • 空腹時血糖・・・126mg/dl以上
  • 75OGTT2時間値・・・200mg/dl以上

のいずれかと、

  • HbA1c・・・6.5%以上
  • 口の渇き、多尿(尿の量が多い事)
  • 糖尿病の合併症(網膜症、腎症、神経障害)

のいずれかがあると糖尿病と診断されます。

糖尿病の合併症

糖尿病の合併症には以下のものがあります。

  • 網膜症(目の網膜が損傷される)
  • 腎症(腎臓が悪くなり透析しなければならなくなる)
  • 神経障害(体の神経が伝達できなくなり体が痺れたり動きにくくなる)
  • 昏睡

そのため、合併症を予防するためにも血糖のコントロールが大事になってきます。

食物繊維はインスリンの効果を増やし血糖の上昇を抑えてくれる

shutterstock_2616796612

今まで糖尿病は血糖のコントロールが大事とお話してきましたが、食物繊維は血糖値を下げるのに効果的ということをご存知でしたか?

食物繊維をとるとなぜ血糖値が下がるかというと、食べたものを消化吸収する速度を遅くするからなのです。そのため、インスリンが効きやすくなり、食後血糖の上昇を抑えられるというわけです。

食物繊維は野菜・きのこ・海藻に多い

食物繊維は

  • 野菜
  • きのこ
  • 海藻

に多く含まれています。野菜では特に、

  • オクラ
  • ごぼう
  • 切干し大根
  • にんにく
  • 芽きゃべつ
  • モロヘイヤ
  • らっきょう
  • エシャロット

に多く含まれています。和食に良く使えそうですね。

玄米には食物繊維が豊富!ミネラルやビタミンも多く含む健康食材

shutterstock_1712475922

食物繊維は野菜、きのこ、海藻に多く含まれていると書きましたが、実は玄米にも食物繊維が多く含まれているということをご存知でしたか?みなさんが普段食べているのは精白米ですが、その精白米を玄米に変えるだけで、食物繊維がたくさん摂れるのです。

玄米は精白米の約6倍の食物繊維がある

玄米には精白米の約6倍の食物繊維があります。そのため、玄米は精白米よりも血糖をコントロールをするのに最適ということが分かります。

玄米はミネラル・ビタミンも豊富

精白米と玄米のカロリーはほとんど変わりませんが、ビタミンとミネラルは玄米は精白米の何倍もあります。

  • カリウム・・・精白米の約2.6倍
  • マグネシウム・・・精白米の約5倍
  • 鉄・・・精白米の約3倍
  • マンガン・・・精白米の約2倍
  • ビタミンB1・・・精白米の約5倍
  • ビタミンB2・・・精白米約2倍
  • ビタミンB6・・・精白米の4倍
  • パントテン酸・・・精白米の約12倍
  • ナイアシン・・・精白米の約5倍
  • 葉酸・・・精白米の約2倍
  • ビオチン・・・精白米の約4倍
  • ビタミンE・・・精白米の約12倍

以上のことから玄米のほうが精白米よりもビタミン、ミネラルが豊富だということが分かるかと思います。

主治医や管理栄養士の指示に従いましょう

今まで書いてきたことはあくまで参考程度にしていただきたいものです。上にも書きましたが糖尿病で怖いのは合併症。特に合併症の腎症になると、食事の方法も違ってきますので必ず主治医や管理栄養士の指示に従ってください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る