健康生活TOP 糖尿病 赤ちゃんもママも危険!?妊娠糖尿病と糖尿病の違いを知ってる?

赤ちゃんもママも危険!?妊娠糖尿病と糖尿病の違いを知ってる?

1622

現代では誰もが知っている糖尿病。生活習慣病として国をあげての対策が講じられています。食べ物に気を付けているし、自分は大丈夫だと思っていても、意外な所に落とし穴があるのです。

それが妊娠期。

妊娠糖尿病と糖尿病、正しく理解していますか?我が子のために、しっかりと知識を付けておきましょう。

妊娠糖尿病は糖尿病?正しいその名前の把握が大切

妊娠糖尿病という病気がありますが、ここで一つ知っておかなければならないのは、妊娠糖尿病という病気は糖尿病ではないということです。

正確に言うと、糖尿病に至っていない糖代謝異常の状態を指すのです。

妊婦であり糖尿病予備軍=妊娠糖尿病

妊婦が検査を受けた結果、血糖値などやHbA1c(糖化ヘモグロビン)などの数値が高かったとします。これが妊娠前からあったものであれば「糖尿病合併妊娠」と言います。糖尿病を患った状態での妊娠と判断されるのです。

また、検査結果の数値が糖尿病の診断基準を超えていた場合は「糖尿病」と診断されます。

妊娠前は健康で妊娠時も糖尿病に至らない、いわゆる予備軍の位置にいる状態を「妊娠糖尿病」と呼ぶのです。

厳しい基準を設ける理由は母児を守るため

「妊娠糖尿病」といういかにも糖尿病でありそうな名前をつけ、より厳しい基準でふるいにかけるのは、軽い糖代謝異常でも母児に悪い影響があることが分かっているからです。母児共に合併症のリスクが上がってしまう…となれば、やはり厳しく基準を設けるのもうなずけます。

妊娠糖尿病になりやすい人チェック項目

102442
妊娠糖尿病になるリスクファクターには次のようなものがあります。思い当るものがないかチェックしてみてください。

  • 糖尿病の家系である
  • 肥満もしくは肥満傾向
  • 妊娠後、急激に体重が増加した
  • 高齢出産
  • 巨大児出産の経験がある
  • 尿糖陽性

母児に及ぶおそろしい影響とは…?注意すべき合併症

5652
糖代謝の異常は、母体と胎児の両方に悪影響を及ぼします。流産や早産のリスクも上がりますし、胎児が巨大になって難産になることも多くあります。

母体への影響

妊娠糖尿病の場合、将来的に糖尿病になる危険性が上がります。

また、放置しておくとそのまま糖尿病合併妊娠に移行してしまう場合があります。そうすると、

  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病腎症

を引き起こしていまいます。

妊娠すると胎盤ホルモンなどの影響で、細胞のインスリン抵抗性が上がってしまいます。インスリン抵抗性が上がるということは、今までのインスリンの量では足りなくなってしまうということを意味しています。

妊娠期は身体への負担も大きいので、糖代謝異常が急激に悪化することも少なくありません。そうしたことでケトアシドーシスという状態に陥ると、最悪の場合昏睡に至ってしまうことにも繋がります。きちんとしたコントロールが重要です。

胎児への影響

母体に影響があるということは、胎盤を通じて胎児にも影響があるということになります。特に母体の高血糖状態は胎児にもそのまま影響します。そのため、母体が妊娠糖尿病あるいは糖尿病合併妊娠の場合、巨大児になると言われています。

また、

  • 仮死
  • 死産
  • 先天奇形

のリスクも上昇してしまいます。出産後も発育、発達遅延があるとされ、成長した後に肥満、糖尿病になる危険性が上がるという研究結果もあります。一時的なものでなく、長期的な影響があるのです。

妊娠糖尿病の治療はまず食事、そしてインスリン薬療法

104212
妊娠糖尿病の治療は、どのように血糖値をコントロールするかということになります。基本的には食事療法を行い、それでも基準値を超えてしまう時には薬物療法を行います。

食事の頻度をかえて血糖をコントロールする

妊婦の場合は普通と違い満足な運動を行うことができないため、食事療法がメインになります。しかし、これは胎児の分の栄養も補給しなければならないので、極端に食事を制限することができないため難しいのです。

妊娠中は食後に血糖値が上がりやすいという特徴があります。

そのため通常の1日3食よりも、1日4~6回の頻回食にする方が血糖値をコントロールしやすくなります。医師や栄養士の指導の下で食事療法を行いましょう。

胎児のことを考えた薬物療法

糖尿病の治療の場合は経口血糖降下薬を使用しますが、妊娠期の場合は薬が胎児に移行するために、こうした薬物の使用は禁忌です。そのため、食事療法と並行して強化インスリンによる治療が行われます。

妊娠初期に比べ、中期、後期では胎児が大きくなるので必要なエネルギーが増大するのに対し、インスリン抵抗性が強くなるので、それに合わせてインスリンの量も調節しなければなりません。

通常の糖尿病でも付き合っていくのは難しいですが、妊娠期ではホルモンバランスの変化や様々な代謝の亢進で、一層それが難しくなってしまいます。妊娠前から適正な体重を保ち、食生活を整えておく計画的な妊娠が理想的です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る