健康生活TOP 解毒 放射性物質を体から排出したいなら!わかめの味噌汁がポイント

放射性物質を体から排出したいなら!わかめの味噌汁がポイント

shutterstock_148712210

放射性物質に対する意識は、昨今では以前と比べ物にならないくらい関心が高まっています。

目に見る事は出来ない放射性物質…体内に入れたくない事は当然ですが、完璧に避けることは現状は難しいと思います。

やはり放射性物質に対しては、いかにして体外に排出するかを考える事が大切だと思います。様々なデトックス方法が有るのですが、実は毎日の食事がとても重要なのです。

体内に入り込んだ放射性物質を、食事による新陳代謝で体外に出していく、その為に”欠かせない食材”が有るのです。

長崎原爆の時、有効な食事があった!

長崎に原爆が落とされた昭和20年の8月、大勢の方が亡くなりました。その時駆けつけた医療従事者の中で、数多くの被爆者を治療しつづけながら、殆ど原爆症が出なかった方々がいたそうです。

当時その人たちが欠かさなかった食事が「わかめの味噌汁」だったそうです。

このわかめの味噌汁に、放射性物質を体内から排除する効果が有ったのでしょうか?
食事で放射性物質の害を防ぐ事が出来るのでしょうか?

食事はそもそも人の体を作っていきます。体の新陳代謝は良質な食事がなされれば、体内の有毒物質を排除し、細胞を再生していく事が出来るはずです。

例えば人の肌ですが、約一か月弱で皮膚の細胞は入れ替わります。つまり今肌を良好にする食生活をしていれば、一か月後良好な状態の肌を再生する事が可能なのです。

このことを考えると、食事により体内から有害物質を排除することは十分可能と言えます。

味噌に放射性物質を排除する効果が!

味噌汁の効果は、原爆による被害を同じく受けた広島でも有ったようです。その後、味噌の放射能除去効果は研究され、マウスの実験ではある程度証明されてきています。

それによると、放射性物質が入ってきてから味噌を投与しても効果は低い、放射性物質を体外に排出する効果は、常に味噌を与えていたマウスに関しては見られる。と言う結果になっています。

原爆が投下された当時の日本人が普段から味噌を摂取していたことが、結果として放射性物質を体外に排出した…と考える事が出来ます。

昔から日本人となじみの深かった味噌に意外な効果が有るようですね。

味噌汁の具にはわかめが最適

shutterstock_256570432
さて、実は味噌汁のポピュラーな具の一つ、わかめにも放射性物質を除去の為に大切な物質が含まれているのです。

ワカメに含まれている成分にヨウ素があります。

東日本大震災直後から話題に上りご存知の方も多いと思いますが、ヨウ素は放射性物質が甲状腺に入り込み、甲状腺がんを引き起こすことを防ぐ成分として知られています。

甲状腺がヨウ素で満たされていると、放射性ヨウ素が体内に入ってきても、甲状腺に入り込むことが出来ず体外に排出されるのです。

甲状腺中のヨウ素が十分でない子供の場合、放射性ヨウ素を甲状腺内に取り込んでしまう危険性が有る事で知られています。40歳以上の大人には基本的には投与されないようです。

またワカメに含まれるヨウ素以外の成分「カリウム」「アルギン酸」にも放射能を除去する効果が有るようです。

ワカメの味噌汁を飲む習慣を!

さて、私達が普段から飲んでいる味噌汁、特にワカメの味噌汁に非常に高い放射能除去効果が有る事が解っていただけたと思います。

そういえば、日本ほど普段の食生活に海藻類を取り入れている国は少ないそうですよ。
しかし、この食生活が体の健康はもちろんの事、放射性物質の除去に一役買っているとは。

ここで、一つだけ味噌汁を作る際に気を付けて頂きたい点が有ります。

味噌の持つ多くの酵素の効果を失わない為に、味噌汁を煮込み過ぎないよう注意しましょう。60~70℃以上で煮込み続けると、酵素の効果が得られなくなってしまいます。

少し注意していただければ、きっとおいしく健康になれることでしょう。日本の誇る健康食ワカメの味噌汁を、是非毎日の習慣にしてみてくださいね。

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

キャラクター紹介
ページ上部に戻る