健康生活TOP 皮膚炎 頭皮のかゆみや湿疹を防ぐ!かぶれないシャンプーの成分や選び方

頭皮のかゆみや湿疹を防ぐ!かぶれないシャンプーの成分や選び方

髪に悩む女性

顔や首に湿疹やかゆみが起きた場合は、その原因にシャンプーやトリートメントによるかぶれが考えられます。

安心して毎日使えるシャンプーを見つけるには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。シャンプー-で起こるかぶれの対処法とシャンプーの選び方について説明していきます。

シャンプーで起こりやすい「刺激性、アレルギー性」のかぶれ

顔や首などに赤みや湿疹など皮膚の炎症が起きた場合、その原因として第一に考えられるのがシャンプーやトリートメントによるかぶれです。ごく軽いかぶれも含めると意外と多くの人が経験しています。

シャンプー等によるかぶれの症状

もしも次に挙げるような症状が出た場合は、シャンプー等によるかぶれを疑ってみましょう。

こんな症状はシャンプー等によるかぶれかも!

  • 頭皮、髪の生え際、顔、首すじ、肩などに炎症が見られる
  • 顔や首にブツブツ、腫れ、赤みが起こる
  • かゆみ、ヒリヒリした痛みが起こる
  • カサカサして落屑(ふけのような皮膚)がはがれ落ちる
  • ひどくなると水疱ができたり、ジュクジュクしたりする

毎日使っていて身近な存在でもあるシャンプーでかぶれてしまうのは、ちょっとショックですよね。顔のかぶれは化粧品をつけるとしみて大変ですし、炎症が目立ちやすい場所なので人目が気になるのも憂うつです。かぶれは一刻も早く解決しましょう。

かぶれの原因は2種類!刺激からくるものかアレルギーか、あなたはどっち?

俗にいう「カブレ」とは、何らかの刺激が皮膚細胞に炎症を起こす病気のことで、医学用語では「接触皮膚炎」と呼ばれます。

接触皮膚炎は大きく分けて「刺激性接触皮膚炎」「アレルギー性接触皮膚炎」の2種類があり、シャンプーを使った時には、そのどちらも起こる可能性があります。

そして、ほとんどのケースが刺激性接触皮膚炎(刺激性のかぶれ)となっています。軽症で済み適切な対処をすれば自然に治ることの多いかぶれです。

一方、アレルギー性接触皮膚炎(アレルギー性のかぶれ)はアレルギー反応による炎症で、アレルギー予防をしなければ重いアレルギー反応を起こすおそれが出てくるので慎重に対処しなければなりません。

それぞれ対処法が異なるので、シャンプーでかぶれたと思ったら、どちらのかぶれが起きたのか見分けて適切な対処をしていきましょう。

体質や成分に関係なく起こりやすい「刺激性接触皮膚炎」とは

刺激性接触皮膚炎は、刺激の強い成分などが皮膚に触れて炎症を起こす病気です。体質に関係なく、誰にでも起こる可能性があります。

シャンプーで刺激性接触皮膚炎が起きた時の症状

刺激性のかぶれかどうかは、その症状である程度見分けることができます。

刺激性のかぶれの特徴的な症状

  • 頭皮・髪の生え際・顔・首筋、耳、手などに起こりやすい
  • シャンプー後、比較的短時間で症状があらわれる
  • 皮膚の赤み、腫れが起こる
  • かゆみは少ない
  • 皮膚の赤み、腫れが起こる
  • ヒリヒリ・ムズムズした違和感がある
  • カサカサして落屑が出ることがある
  •  

かぶれるのはシャンプーやすすぎ水が触れる場所に限定され、症状は時間の経過と共に軽くなっていくことがほとんどです。

シャンプーで刺激性接触皮膚炎が起こる原因

日常生活で刺激性のかぶれの原因になりやすいのは、洗剤、酸やアルカリの強い薬剤、毒虫・毒草などとの接触です。また、皮膚をこする物理的な刺激もかぶれを引き起こします。

刺激性接触皮膚炎は、皮膚に触れた物質の刺激が強いほど症状が強く早くあらわれます。例えば、濃度の高い酸性やアルカリ性の薬品が皮膚に付着すると、すぐ激しい炎症が起こります。このように急性症状を起こす皮膚炎を「急性毒性皮膚炎」といいます。

一方、今まで使い続けてもなんともなかったシャンプーで急に刺激を感じるようになってかぶれてしまう場合があります。

これは、シャンプーに配合される成分の刺激が弱くても、毎日使い続けることで肌に繰り返し刺激を与えることが負担になって起こるもので、このようなかぶれは「慢性接触皮膚炎」といいます。

シャンプーやトリートメントなどの化粧品は毎日体に使うものなので、穏やかな成分しか配合されておらず、ほとんどの人はトラブルなく安心して使うことができます。

しかし肌のバリア機能が一時的に低下すると、シャンプーの弱い刺激にも過敏に反応するようになり、刺激を感じた体がサイトカインなど炎症を起こす物質を放出するので、かぶれるようになってしまいます。

実は、髪を洗う時の頭皮をこする刺激、シャンプーが付着している顔や首を洗う時の物理的な刺激も、かぶれの原因になってしまうこともあります。

ちなみに、毎日の洗い物で起こる主婦の手湿疹(手荒れ)も慢性接触皮膚炎の一種です。

刺激性接触皮膚炎の対処法

頭皮や髪の生え際などに赤みやヒリヒリした痛みなどが起きた場合は、シャンプーによる刺激性接触皮膚炎が起こったことも考えられるので、そのシャンプーはしばらく使わないようにします。整髪料は患部を刺激するので、もちろんつけてはいけません。

シャンプーによる慢性接触皮膚炎は、しばらく肌に刺激を与えないようにすることで自然に回復しやすい病気です。

そこで、かぶれた後は、どのシャンプーも使わずに湯シャン(お湯だけで髪をよくすすぐ方法)をしばらく続けるのがおすすめです。湯シャンはシャンプーが原因で起こる抜け毛や白髪の予防にも効果があると言われています。

お湯だけで髪を洗う方法のほかには、シャンプーをもっと低刺激なものに変えるという方法もあります。

しかし肌のバリア機能が低下して敏感になっているので、一般に肌に優しいイメージのある「オーガニック」「無添加」「低刺激性」をうたっているシャンプー、固形石鹸や石鹸シャンプーすら刺激を感じる場合もあります。やはり、何もつけずお湯だけで洗うほうが間違いなく優しいですね。

特に、静かなブームが続く固形石鹸でのシャンプーには注意が必要です。石鹸はアルカリ性で洗浄力が強いため、顔や首のように皮膚がデリケートな場所で炎症を起こしている時は、積極的に使わないほうが良いでしょう。

赤みやヒリヒリした痛みを感じる軽度の刺激性接触皮膚炎なら、市販の外用薬を塗って様子を見ていれば短期間で回復することがほとんどです。

ただし強い痛みや水疱などの重い症状が起きている場合はすぐ皮膚科を受診することをおすすめします。

かぶれが治った後に肌のバリア機能が回復していれば、同じシャンプーを使ってもかぶれは起こらない可能性があります。

ただし一度かぶれを起こしたシャンプーは、その人にとって刺激が強い製品ということが考えられるので、以降はもう少し刺激の少ない製品に変えほうが良いかもしれません。

また同じシャンプーを使って再びかぶれてしまった場合は、刺激性接触皮膚炎ではなくアレルギー性接触皮膚炎の可能性も考えられるので、同じシャンプーは二度と使わないようにしてすぐ皮膚科を受診するようにしてください。

刺激性のかぶれを防ぐシャンプーの選び方

刺激性のかぶれは、洗浄力の強いシャンプーで皮脂を奪い過ぎて角質のバリア層が荒れてしまった時、アルカリ性のシャンプーで皮膚のたんぱく質を傷めてしまう時に起こりやすくなります。

そこで刺激性のかぶれを防ぐには

  • 洗浄力のマイルドなシャンプー
  • 弱酸性のシャンプー

を選ぶことをおすすめします。

シャンプーは系統によって洗浄力の強さが異なる

スーパーやドラッグストアで市販されているシャンプーを大きく分けると3つの系統があり、洗浄力の強さが異なります。

シャンプーの系統 主な洗浄成分
(界面活性剤)
洗浄力
石鹸系シャンプー 石鹸素地
脂肪酸ナトリウム
脂肪酸カリウム
強い
高級アルコール系シャンプー ラウリル硫酸
ラウレス硫酸
スルホン酸
など
やや強い
アミノ酸系シャンプー ココイルグルタミン酸
ラウリン酸
ヤシ油脂肪酸
など
やや弱い

一方、アルカリ性で洗浄力の強い石鹸シャンプー、固形石鹸の使用はあまりおすすめできません。

また市販されているシャンプーの8割以上を占める高級アルコール系シャンプーは石鹸系より洗浄力が弱いので、必ずしも皮膚に刺激を与えるとは限りません。ただ肌の弱い人はなるべく使わないようにするのが安心です。

刺激が少ないシャンプーは「アミノ酸系」

刺激性のかぶれを防ぐなら、洗浄力がおだやかで弱酸性の「アミノ酸系シャンプー」を選ぶことをおすすめします。

パッケージに「アミノ酸系」と表記されていたり、成分表示の先頭にココイルグルタミン酸、ラウリン酸、ヤシ油脂肪酸などの成分名のあるところが目印です。

アミノ酸はヒトの皮膚を構成する成分と同じで、アミノ酸系シャンプーは皮膚にやさしく髪も傷みません。

高級アルコールとは炭素の数が多いアルコールのことで、この場合の「高級」とは「上質」という意味ではありません。高級アルコール系シャンプーは安価で泡立ちが良いのが特徴です。

アレルギーを起こす成分が原因に「アレルギー性接触皮膚炎」の特徴

シャンプーしてから時間をおいて起こった顔や首などのかぶれは、シャンプーに配合されている特定の成分が原因で起こる「アレルギー性接触皮膚炎」かもしれません。

シャンプーでアレルギー性接触皮膚炎が起こる原因

アレルギー性のかぶれは、特定の成分にアレルギー反応を起こす体質の人に起こります。

アレルギー性のかぶれの原因になる物質は非常に多く、体に触れるものでは化粧品、アクセサリー、金属などがアレルギーを起こしやすくなっています。シャンプーでは、界面活性剤、防腐剤、香料、植物成分などの原料がアレルギーの原因になる場合があります。

アレルギー反応は、抗体(体内に侵入した異物を攻撃する分子)が特定の物質に対して過剰反応し、誤って自分の体を攻撃する時に起こる現象です。

特定の物質に反応する抗体を多く持っている人(いわゆるアレルギー体質の人)が、その物質の配合されたシャンプーや化粧品を使うと、抗体が反応して自分の体を攻撃して皮膚に炎症が起こります。

アレルギーの原因は、シャンプーの繰り返しです。

毎日のシャンプーやスキンケアなどでその成分に少しずつ接触し続けると体内に抗体が蓄積していき、抗体が一定の量に達した時にアレルギー反応が起こるようになります。

一度アレルギー体質になると、その物質に接触するたびに必ずアレルギー反応を起こすようになり、アレルギー体質が根治することもありません。シャンプーは毎日使うものなので、以降は慎重にシャンプー選びをしなければならなくなります。

シャンプーでアレルギー性接触皮膚炎が起きた時の症状

アレルギー性のかぶれは、刺激性のかぶれより重くなる傾向があります。次のような症状が出たら、すぐ皮膚科を受診しましょう。

アレルギー性のかぶれの特徴的な症状

  • 頭皮、顔、首すじなどがかぶれる
  • シャンプーをしてから数時間後~1日後に発症し、症状は数日間続く
  • 強いかゆみを伴いやすい
  • 腫れ、赤みが起きる
  • 小さな水疱が出ることもある
  • 時間の経過と共に炎症が強くなりやすい
  • かぶれを無視して使い続けると、ひどいかぶれが起こりやすくなる

かぶれが重症になると湿疹や腫れが広範囲に拡がったり、突然にアナフィラキシーショックを起こして呼吸困難や血圧低下といった危険な状態に陥ることもあります。

アレルギー性のかぶれが軽く済んでも、次にかぶれた時はもっとひどくかぶれる可能性もあります。そのため一度かぶれたら以降はアレルギー対策をしっかり行う必要があるのです。

アレルギー性接触皮膚炎の対処法

初めてアレルギー性のかぶれのような症状が起きた人は、皮膚科を受診して治療を受け、アレルギー検査でかぶれの原因を特定させましょう。

かぶれの治療薬にはステロイド軟膏、抗ヒスタミン薬が用いられます。医師の指示に従って処方された薬を適切に使いましょう。

アレルギー性のかぶれを起こしたシャンプーと同じ製品は二度と使えません。同じメーカーの製品も成分構成が近いので避けたほうが無難です。かぶれが起こっている時は、シャンプーを使わずお湯で髪を洗うのが安心でしょう。

アレルギーの原因物質が分かれば、その成分が配合されていないシャンプーに切り替えることでアレルギー反応が起こる心配はなくなります。

ただしシャンプー配合されている成分の種類が多い場合は、その中からアレルギーの原因となる成分を特定することは少し難しい場合もあります。

アレルギー性のかぶれを防ぐシャンプーの選び方

アレルギー性のかぶれを防ぐためには、シャンプーにアレルギーの原因物質が配合されていないことを確認する必要があります。

パッチテストをしましょう

新しいシャンプーを使う前には必ず「パッチテスト」をしましょう。病院のアレルギー検査を受ける前でも、そのシャンプーでアレルギーを起こるのかどうか自分で簡単にチェックすることができます。

パッチテストの方法
二の腕の内側に、綿棒でシャンプーを10円玉大に薄く塗り、乾かします。

そのまま48時間放置し、30分後と48時間後にシャンプーを塗ったところをチェックします。皮膚に変化がなければ、そのシャンプーはアレルギーを起こす成分が入っていないので使用することができます。

シャンプーを塗ったところに赤み、かゆみ、湿疹などの異常が起こったらすぐ水でよく洗い流します。パッチテストに使ったシャンプーはアレルギーを起こすので使用することができません。

パッチテストで皮膚に異常の出た人は、皮膚科でアレルギー検査を受けてアレルギーを起こす成分を特定させましょう。

シャンプーを買う時は成分表示をチェックする

かぶれの原因がはっきりしない場合に新しいシャンプーを使い始める時は、アレルギー性が示唆されている成分が配合されていないもの、成分の配合がシンプルなものを購入し、さらにパッチテストでアレルギーの起こらないことを確認するのが安心です。

数十種類もの成分が配合されているようなシャンプーは、アレルギーの原因物質に遭遇してしまう確率が高くなるので、なるべく成分の種類が少ないシャンプーを選ぶのがおすすめです。

固形石鹸、石鹸系シャンプーは添加物が少ないので、アレルギー性のかぶれを防ぐという意味では安心して使えるシャンプーともいえます。

また、シャンプーに配合される成分の中にはまれにアレルギー性のかぶれが起こる可能性を持つものがいくつかあります。通常はあまり神経質に避ける必要はないのですが、アレルギーが心配な方は成分表示を見てほかの製品を選ぶと良いでしょう。

アレルギー性のかぶれが起こる可能性を持つ成分の一例

添加物の種類 主な成分
香料 メーカー側には表示する義務がないため、
何が使われているか分からない。(無香料を選ぶと安全)
合成界面活性剤 ラウレス硫酸Na
防腐剤 パラベン
フェノキシエタノール
着色料 赤色202号

「無添加」「パラベンフリー」「アルコールフリー」「アレルギーテスト済み」などと記載されている製品は、アレルギー性のかぶれを起こす可能性が低くなります。

薬事法によって化粧品は全成分表示をすることが義務付けられていますが、香料は複数の原料をブレンドしたものとして「香料」という表記が認められています。

香料にはどのような原料がブレンドされているかはっきりしないため、アレルギー性のかぶれを防ぐ場合は、無香料のシャンプーを選ぶことをおすすめします。

ラウレス硫酸Naは、高級アルコール系のシャンプーに使われることが多い成分です。アミノ酸系シャンプーにも補助的に配合されている場合があります。

洗浄力が強く刺激性のかぶれの原因にもなりやすいので、パッケージの成分表示を見てラウレス硫酸Naが配合されていないことを確認すると安心でしょう。

ただし、どのシャンプーも「100%安全」と言えるわけではありません。アレルギー反応が起こらないことを確認して初めて安全だと言えるので、必ずパッチテストをして自分の肌質に合うことを確認した上でシャンプーを使うようにしてください。

よく確認して自分に合ったシャンプーを使いましょう

シャンプーのかぶれは、肌のバリア機能の低下、すすぎ残しも原因になります。

季節の変わり目や肌が乾燥しやすい時期には肌のバリア機能が一時的に低下しやすいので、肌に水分と油分を与えて保湿し肌のバリア機能を高めておくことも大切ですね。

すすぎ残しは、かぶれだけでなく吹き出物やニキビの原因になってしまうので、シャンプーとトリートメントは十分すぎるくらい丁寧にすすぐようにしてください。

シャンプーとの相性は一人一人異なるので、同じシャンプーを使ってもかぶれる人とかぶれない人がいます。「かぶれない」とおすすめされているシャンプーでも、人によってはかぶれる場合があるのです。

かぶれは、悲しいことに評判やコストパフォーマンスの良し悪しと一切関係なく、突然に起こります。毎日のヘアケアを快適にするためにも、シャンプーは自分でよく確認して相性の良いものを探し出しかぶれを防ぎたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る