健康生活TOP 皮膚炎 化粧品かぶれの原因はアレルギーか刺激か!痕が残らない処置

化粧品かぶれの原因はアレルギーか刺激か!痕が残らない処置

shutterstock_2135623212

毎日の必需品ともいえる化粧品で突然にかぶれてしまうことがあります。かゆかったりブツブツができたり、また顔のかぶれは人目につくので困ってしまいますよね。

しかもこじれると跡が残りやすいので注意が必要。化粧品かぶれが起きたらすぐ適切なケアをして、早くキレイに治すことが大切です。

2タイプある化粧品かぶれの見分け方とそれぞれの対処法についてチェックしておきましょう。

刺激性とアレルギー性の2タイプ!こんな症状は化粧品かぶれかも?

かぶれとは、皮膚が何らかの刺激が受けたことで起こる炎症のこと。医学用語では「接触性皮膚炎」といいます。かゆくなったりブツブツが出たりといった肌トラブルが起こります。

化粧品かぶれ症例写真

化粧品かぶれが起こりやすいのは、化粧品を使うことが多い顔の皮膚です。また頭皮、髪の生え際、首などの皮膚にかぶれが起こることもあります。

・かぶれの部位から考えられる製品
【顔全体】化粧水、乳液、ファンデーション、石鹸、クレンジング、日焼け止めなど
【目の周り】アイシャドー、アイライナー、アイクリーム、目薬など
【口唇】口紅、リップクリーム、歯磨き粉、マニキュア(爪を噛む人)など
【頭・首】染毛剤、パーマ液、シャンプー、リンス、その他ヘアケア製品など

症状は脂漏性湿疹や花粉性のアレルギー(肌の花粉症)とも似ているのですが、次のような症状が起こったら化粧品かぶれが考えられます。

化粧品かぶれの症状

  • 顔全体が赤みを帯びる
  • ほてり(熱感)がある
  • かゆみがある
  • 皮膚にチクチク、ヒリヒリした刺激を感じる
  • 湿疹(ブツブツ)が出る
  • 顔が腫れぼったい
  • 顔を触るとでこぼこしている
  • 化粧品やメイクをつけるとしみる
  • 唇が腫れたり水疱ができたりする
  • 肌がべたついたり、化粧のりが悪くなったと感じることも

急に強い炎症が起こることもあれば「何となく肌の調子が悪いなあ」と感じる程度まで症状はさまざまで、症状が出てもすぐに化粧品かぶれだと気づかない場合も多いようです。

しかし化粧品かぶれの対処が遅れて炎症が悪化すると、かぶれが治っても跡が残りやすくなるため、化粧品かぶれに気付いたらすぐにケアを始めなければなりません。

「すっぴんで おでかけしましょ。」で有名なあきゅらいずのスキンケア商品は、絶対的にお肌に優しい成分だけでできています。


あきゅらいず商品イメージ

化粧品かぶれは「刺激性のかぶれ」と「アレルギー性のかぶれ」の2種類があります。

化粧品かぶれの種類 特徴的な症状
刺激性のかぶれ
(刺激性接触性皮膚炎)
  • 化粧品をつけた場所に限定して炎症が起こる
  • 化粧品をつけてすぐに炎症が起きる
  • ほかの化粧品に変えてもかぶれてしまう
  • 目の周りの薄い皮膚が荒れやすい
  • かゆみより痛みが目立ちやすい
  • かぶれは季節の変わり目、生理前に起きている
  • 初めて使う化粧品でかぶれることもある
アレルギー性のかぶれ
(アレルギー性接触性皮膚炎)
  • 化粧品をつけた場所の周辺にも炎症が広がる
  • 化粧品をつけてから数時間~1日後に起こる
  • ほかの化粧品に変えるとおさまりやすい
  • ごく少量の使用でも炎症が起こる
  • 症状が重くなりやすい
  • かゆみが強い
  • 初めて使う化粧品ではかぶれない

「この症状は化粧品かぶれだ!」とすぐ気づくことができるよう、2タイプの化粧品かぶれの特徴を頭に入れておくと良いでしょう。

肌の調子が不安定な時に起こりやすい「刺激性のかぶれ」

化粧品かぶれで多いのが「刺激性のかぶれ」です。刺激性のかぶれは肌の調子が不安定なために、肌にちょっとした刺激が触れるだけで炎症を起こしてしまう現象。

健やかな肌だと、皮膚表面の角質層を構成する角質細胞がすき間なく並んでおり、外部から受ける刺激が皮膚下に侵入するのを防ぐバリア機能が保たれているため、化粧品に含まれ成分・紫外線・細菌などの刺激で起こる炎症を防ぐことができているのです。

しかし肌の調子が不安定な肌は、角質細胞の並び方が乱れてすき間ができているため、外部からの刺激をブロックすることができず、肌の内側に届いてしまった刺激で炎症が起こりやすくなります。この状態の肌質は「敏感肌」とも呼ばれます。

健康な皮膚とバリアが壊れた皮膚の比較画像

国内では薬事法によって化粧品に配合できる成分が制限されており、刺激の強い成分が配合されていないので、私達が購入している一般的な化粧品は「肌を健やかに導くために安心して使って良いもの」と考えることができます。

肌のバリア機能が低下してしまうと「化粧品が肌に触れる」こと自体が刺激になるため、健やかな肌なら安心して使えるような成分にも敏感に反応して、化粧品かぶれが起こるようになってしまうのです。

刺激性のかぶれが起きた場合は、化粧品に問題があるというよりも肌のほうに原因のあることが多いといえます。

また、今まで使っていた化粧品を別の銘柄に変えた時に刺激性のかぶれが起こることもあります。これは、新しく使い始めた化粧品が今まで使っていた物よりも刺激の強いことが原因です。

健やかな肌には問題なくても敏感肌には強い刺激と感じることのある成分には、アルコール、合成界面活性剤、着色料などがあります。

刺激性のかぶれの原因

刺激性のかぶれは、肌の乾燥が進んでバリア機能が低下し敏感肌に変わってしまった時に起こります。乾燥肌の人は、ちょっとしたきっかけで敏感肌に陥りやすいので注意しましょう。

健やかな肌は、角質細胞のすき間が「セラミド」などの皮脂(細胞間脂質)で埋められ、角質細胞同士がぴったりくっついて整然と並んでいます。きめの整った肌とはまさにこの状態です。

しかし細胞間脂質が不足すると角質細胞の間にすき間ができてしまい、そのすき間から肌の内側の水分がどんどん蒸発するようになってしまいます。これが乾燥肌の始まりです。

さらに乾燥肌の水分と細胞間脂質の欠乏が進むと、角質層のきめが乱れて角質層のすき間から外部の刺激が入りやすくなり、ちょっとした刺激でもすぐに炎症が起こる敏感肌に陥ってしまいます。

肌の乾燥は「皮脂の奪い過ぎ」「保湿不足」のせいで起こります。次に挙げる行為は、肌の乾燥を進めるので避けてください。

皮脂を奪い過ぎてしまう行為

  • 洗顔の回数が多過ぎる
  • ごしごし洗顔してしまう
  • 洗顔のすすぎに熱い湯を使う
  • シャワーを直接顔に当てる
  • 1日に何度も脂とり紙で皮脂をとる
  • 洗浄力の強い洗顔料・クレンジング剤を使っている
  • マッサージやピーリングを頻繁に行っている
保湿不足になる原因

  • 保湿力の弱い化粧水(さっぱりタイプなど)を使っている
  • 化粧水やオイルを塗り過ぎて、逆に肌の機能を低下させてしまっている

これらの行為が体調の変化、季節の変わり目、ホルモンバランスの乱れと重なった時、肌が敏感肌に傾いて化粧品かぶれが起こりやすくなってしまいます。

刺激性のかぶれの対処

化粧品を使った後にかぶれのような症状がみられたら、すぐに刺激の少ない石けんで化粧品を洗い流します。ほてりやかゆみのある時は、冷たいおしぼりなどで肌を冷やすのが良いでしょう。

炎症の強い時はすぐに皮膚科を受診し、治療を受けてください。かぶれの原因が分かっている化粧品を持参することもおすすめします。

また、かぶれが軽症の場合は肌のバリア機能が正常に戻るに伴って自然に回復していきます。しばらくは肌のバリア機能を高めることを目的にスキンケアを続けましょう。

刺激性のかぶれだと思われる場合は…

  1. かぶれを起こした化粧品の使用は中止する
  2. 水またはぬるま湯だけで洗顔する
  3. 肌には何もつけない
  4. 保湿したい時は白色ワセリンを塗る

といった4ステップのスキンケアを行なってみてください。

肌のバリア機能が低下している時は、化粧品や洗顔料が強い刺激になり兼ねないので、何も使わないのが一番です。肌が持つ自然治癒力で肌のバリア機能が回復するのを待ちましょう。

白色ワセリンは軟膏や化粧品に幅広く配合される油脂性の基材で、薬局または皮膚科の処方で簡単に入手できます。極めて刺激が少ないので、炎症を起こしている肌に塗っても問題ありません。

軽症のかぶれは1週間くらいで回復し、その後は同じ化粧品の使用を再開することも可能になります。

ただし再び化粧品かぶれが起きてしまった場合は、肌のバリア機能が回復できない、またはその化粧品が肌に合っていない可能性が考えられるので、その化粧品の使用を中止して念のために皮膚科を受診してください。

以降は肌のバリア機能を維持するため、普段から肌の十分な保湿を心がけたり体調を整えたりして、化粧品かぶれの再発を防ぎましょう。

美のために良かれと思っていたこまめな洗顔、マッサージのし過ぎが肌のバリア機能を壊して敏感肌を招くこともあるんですよね。

刺激性の化粧品かぶれを起こした人は、スキンケアの方法を見直し肌のバリア機能を高めましょう。

特定の成分でかぶれてしまう「アレルギー性のかぶれ」

アレルギー性のかぶれは肌の調子の良し悪しに関わらず、化粧品に含まれる特定のアレルゲン(アレルギーの原因物質)が肌に接触した時に起こります。

リップクリームや口紅では唇の水疱、染毛剤では首や髪の生え際、シャンプーでは頭皮にかぶれが起こりやすくなります。

刺激性のかぶれより発症頻度は少ないのですが、刺激性のかぶれに比べて症状が重く治るまでに時間がかかりやすいので厄介です。

アレルギー性のかぶれの原因

アレルギー性の化粧品かぶれは、アレルゲンが1回接触しただけでは起こりません。化粧品に配合されている特定の成分が、その人にとってアレルゲンに変わった時から突然かぶれるようになります。そのため新しい化粧品でかぶれることは少ないのです。

これは化粧品を使い続けてアレルゲンが繰り返し肌に接触することで、アレルゲンに対する抗体ができてアレルギー反応が起こるようになるためです。一度かぶれると、それ以降はアレルゲンが少量だけ接触しても必ずかぶれるようになってしまいます。

どの成分がアレルゲンになるのかは個人によって異なりますが、アレルギーが起こりやすいものでは次に挙げる成分がよく知られています。

種類 アレルギーが起こりやすい成分 配合される化粧品
香料 合成・天然に関係ない 化粧品全般
洗浄剤
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
シャンプー・洗顔フォーム
防腐剤
  • パラオキシ安息香酸エステル
  • 塩化ベンザルコニウム
  • フェノキシエタノール
化粧品全般
保湿成分
  • 13ブチレングリコール(BG)
化粧品全般
乳化剤
  • ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
  • ポリエチレングリコール
化粧品全般
着色料
  • タール系色素
メイク用品
紫外線吸収剤
  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • オキシベンゾン
UVカット剤
その他
  • アルコール
  • レチノール(ビタミンA)
  • 精製度の低い植物オイル
化粧品全般

アレルギー性のかぶれの対処

化粧品を使ってしばらく経ってから発症することが多いので、化粧品かぶれと気づきにくいこともありますが、強いかゆみや発疹が出たら化粧品かぶれを疑って化粧品を洗い流し、すぐに皮膚科を受診してアレルギー検査と治療を受けてください。

化粧品かぶれのアレルギー検査には「パッチテスト」が用いられます。パッチテストは化粧品または試薬を専用のテープに塗って肌に2日間貼り、数日後のアレルギー反応の出かたをチェックしていく検査法です。

唇だけ、まぶただけなど限定された場所に炎症が起きている場合は、口紅やアイシャドウなどの化粧品が原因とも推測できますが、受診する時は使用している化粧品を全て持参すると、パッチテストでアレルゲンが特定しやすくなります。

パッチテストの結果、化粧品かぶれを起こしていた化粧品または成分が特定できれば、以降は肌につけないようにすることで化粧品かぶれを防ぐことができます。

パッチテストはどの皮膚科でも行なっていますが、予約が必要だったりクリニックによって検査内容が異なっていたりするので、アレルギー性の化粧品かぶれが疑われる場合は事前に皮膚科へ問い合わせし、パッチテストについて確認しておくと受診がスムーズです。

皮膚の炎症の治療にはステロイド剤が処方されます。長期間使うと皮膚が薄くなるなどの副作用が出ることで知られますが、短期間にとどめて適切に使用すると早くきれいに治るので、むやみに怖がらず医師や薬剤師の指示に従い適切に使ってください。

化粧品かぶれを防ぐため使用前にできることは

一度化粧品にかぶれてしまうと回復するまでメイクもままならず、気持ちもブルーになってしまいます。できれば事前に化粧品かぶれを予防しておきたいですよね。

低刺激、無添加、敏感肌用など、化粧品の情報をチェックする

敏感肌の人、化粧品かぶれをしたことのある人は刺激の少ない化粧品を選ぶことをおすすめします。「敏感肌用」「無添加」と表示されている製品は低刺激な物が多いです。

ただし低刺激を謳っている製品でも中にはかぶれてしまう人もいるので、併せて使う前にパッチテストをすることもおすすめします。

アレルギーを持っている人はパッケージの成分表示、メーカーのウェブサイト、お客様相談窓口などで成分の情報をチェックして、アレルゲンが含まれていないことを確認しましょう。

自分でパッチテストをする

化粧品を使い始める時には是非、自分で簡単なパッチテストを行なうことをおすすめします。化粧品のサンプルを入手してパッチテストを行ない、かぶれが起こらなかったら安心して使い始めましょう。

簡単なパッチテストの方法

  1. 二の腕の内側に、化粧品を10円硬貨くらい大きさに薄く塗ります。
  2. (石鹸、シャンプー、クレンジングなどは水で薄めたものを塗ります。)

  3. 上から絆創膏を貼って化粧品を肌に密着させます。
  4. 2日間洗い流さずにそのままにしておきます。それまで入浴は可能です。
  5. 2日後に絆創膏をはがして、かぶれてなかったら化粧品を使います。

かぶれの起こりやすい染毛剤は、必ずパッチテストをしてください。説明書にパッチテストの方法が記載してあります。

外国の化粧品に注意する

外国製の化粧品で化粧品かぶれを起こすケースも多くなっています。日本と風土や人種の異なる外国の化粧品は、日本のものと配合される成分が異なり、日本人の肌質には合わないこともあるのです。

また国内産の化粧品には配合されない成分が外国製の化粧品に配合されることもあり、日本の化粧品でかぶれたことのない人でも外国の化粧品でかぶれてしまう可能性が出てきます。

外国で買った化粧品、もらった海外土産には注意してください。アレルギーのある人、敏感肌の人、化粧品にかぶれたことのある人はパッチテストをしてから使いましょう。

ただし外国の有名ブランドでも国内で販売されている化粧品は、日本人向けに作られているので安心です。

日本酒アレルギーで化粧品でも肌トラブルに!?

日本酒が含まれている化粧水、保湿液などが流行した時期がありましたね。

現在でも多くの商品が販売されていて、一定の層に人気があります。芸能人が発信したとか、酵母のパワーでとか、いろいろとオススメされているようです。

もちろんオーガニックなもので「自分に合う!」と思われる方もいらっしゃるのですが、気を付けたいのが、こういったものでもアレルギー性の化粧品かぶれを起こしてしまう場合もあるということです。

これは日本酒自体に問題があるのではなく、アルコールに対してアレルギー反応が起こっていると考えられます。

お酒の席で日本酒を飲んでアレルギー症状が…ならわかるのですが、触れただけでもアレルギー反応は起こるのです。

日本酒を二の腕などの皮膚が柔らかい肌に少量つけ、48時間放置するパッチテストというものでアレルギー反応を確認できますが、アルコールのアレルギーは危篤な症状もみられるため、もしもアレルギーだったときに危険なので推奨しません。

強い頭痛や吐き気を感じたり、酷い場合はアナフィラキシーショックを起こしたりとするので、できるだけ専門医へ出向いてアレルギー検査を受けてくださいね。

毎日使う物だから慎重に付き合いたい化粧品

化粧品は、肌を保護したり美しく見せるだけでなく、自信や活力をもたらす効力があります。またメイクは社会のマナーとして求められることも多いものです。

それだけに化粧品にかぶれて思うように使えなくなってしまった時は、精神的な負担も大きくなってしまいます。

毎日肌に直接つける物だけに、化粧品選びやスキンケアには十分に気を使っていただきたいと思います。肌のトラブルも軽く見過ごしてしまわないよう、鏡の中をのぞいてこまめにチェックしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る