健康生活TOP 皮膚炎 美肌男子必見!肌荒れ・カミソリまけを防ぐ正しい髭剃りの方法

美肌男子必見!肌荒れ・カミソリまけを防ぐ正しい髭剃りの方法

shutterstock_2229266802

最近、男性でも肌を美しく保とうとする「美肌男子」が増えています。男性専用のエステに通ったり、体毛の永久脱毛をする男子もいるそうです。そんな美肌男子を目指す人も、そうでない人も顔や肌をできるだけ清潔にすることは大切ですね。

どんな男性でも身だしなみに欠かせない髭剃り。間違った方法を続ければ皮膚を傷つけ皮膚炎を招いてしまいます。そこで!ほとんどの男性が知らないであろう、正しい髭剃りの方法をご紹介します。

あなたは間違っていませんか?肌トラブルを起こさない正しい髭剃りのし方

男性なら日課ともいえる髭剃りも、実はほとんどの男性が正しい髭剃りのし方を知りません。学校で教えてくれるわけではありませんし、それほど難しくもないことなので、自己流で髭剃りをする人が多いのです。

しかし、正しい髭剃りができなければ、身だしなみどころか、皮膚炎やかみそりまけをしてしまい、逆に印象を悪くしてしまいます。さてさて、正しい髭剃りのし方とは?

電気シェーバーとカミソリを使い分けよう!

髭の硬さは、髭と同じ太さの銅線と同じだといわれています。銅線は短ければ硬く曲がりにくい性質がありますが、長くなるほど柔らかくなります。

髭にも同じことがいえ、短い髭は硬く尖っていて、長くなるほど柔らかくなります。そのため、短い髭を剃るときは、切れ味がシャープな髭剃りを使い、長くなるほどソフトな仕上がりになるように、髭剃りの刃を使い分けると良いのです。

好みや製品の違いもありますが、一般的には、カミソリは切れ味が鋭く短い髭でもしっかり剃ることがきます。一方、電気シェーバーは深剃りがしにくいですが、簡単に使え、肌荒れしにくいという特徴があるといえます。

< 電気シェーバー >

【 メリット 】

  • 使い方が簡単で、髭を剃るのに時間がかからない。
  • 肌荒れしにくく、肌にやさしく剃れる。
  • トリマーを装着でき髭の長さを自分好みに変えられる。

【 デメリット 】

  • 深剃りしにくい。
  • 剃り残しが起こりやすい。
  • 刃を洗ったり交換する頻度が少なく汚れやすい。
< カミソリ >

【メリット】

  • 深剃りでき、短い髭までしっかり剃れる。
  • 細かな部分まで剃り残しが少ない。
  • 剃り加減を調節できる。

【デメリット】

  • 時間や手間がかかる。
  • カミソリ負けなど肌に傷をつけることもある。
  • 刃が欠けやすく剃り味が衰えやすい。

男性なら経験的にも分かることですが、それぞれの特徴を踏まえた髭剃り選びが必要ですね。

肌トラブルを起こさない正しい髭剃りのし方

では、電気シェーバーとカミソリのそれぞれでの正しい髭剃りのし方とは、どうすれば良いのでしょうか?

< 電気シェーバーでの剃り方 >

  1. 電気シェーバーには剃る順番がありませんので、剃りたい部分の皮膚を引っ張って伸ばします。
  2. シェーバーの角度を90度にして、肌に直角に当てます。
  3. 髭の流れと逆になるようにして、シェーバーを肌を滑らせるように剃ります。
  4. 強く押し当てすぎると、肌が傷つき刃も傷むので、力を入れずに肌が滑らかになるまで剃りましょう。

市販されている電気シェーバー用のプレシェーブローションなどを利用するとより一層滑らかに剃ることができます。

< カミソリでの剃り方 > 

  1. タオルなどで髭を蒸らし柔らかくし、カミソリはお湯につけます。
  2. できるだけシェービングフォームを使い、髭を立てます。
  3. もみ上げからアゴのふちまで髭の流れに沿って剃ります。顔の中心まで同じように。
  4. 次にアゴの部分を細かく剃ります。肌を傷めるので逆ゾリはしてはいけません。
  5. 最後に唇と鼻の間をそります。唇を切らないように注意して下さい。
  6. お湯でゆすぎ、シェービングフォームをしっかり洗い流して終了です。

剃る順番は、顔の広いところから狭いところへ順番に剃るようにします。カミソリで髭を剃るときは、電気シェーバーと違い、基本的に髭が生える方向(順目)に剃るのが正しい剃り方です。

剃るときに、石鹸を使うとカミソリのすべりは良くなるのですが、弱酸性の肌にアルカリ性の石鹸の成分が刺激となり、肌荒れを起こしやすくなります。できるだけシェービングフォームを使うようにしましょう。

洗顔後も、市販のアフターシェーブローションなどで肌を保護すると肌荒れ防止に効果的です。女性用の化粧水で代用しても構いません。

カミソリは、使った後で必ずお湯ですすぎましょう。そのまましておくと雑菌が繁殖して肌に雑菌をこすりつけることになります。

また、使用したカミソリは自然に乾燥させるようにして下さい。タオルなどでふき取ると、刃をコーティングしている皮膜がはがれ、刃が欠けやすくなります。

カミソリを毎日使う場合は、2週間に1度を目処に、こまめに刃を取り替えるようにしましょう。

こうした手順と方法で髭を剃ることで、肌荒れや皮膚炎が起こることを予防でき、電気シェーバでもカミソリでも、その特徴を活かし髭を剃ることができます。

最近では、髭の長さを自分好みにしてファッションとして髭を生やす人が増えていますが、どのような髭のスタイルでも基本的な剃り方は同じです。せっかく、そろえた髭も、肌荒れやカミソリ負けをしていては、台無しです。

髭剃りは、自己流になりがちなので、自分のひげの剃り方が正しいのか、もう一度確認してみるのも大切なことですね。

あなたも意外と知らないかも!?髭に関する知識をおさらいしよう

shutterstock_248905495 (2)

ここで、男性なら知っておきたい髭に関する知識をご紹介しましょう。毎日見る鏡で、髭の調子も是非チェックしてみてくださいね。

髭は一日にどのくらい伸びる?

朝、出かけるときにきれいにそった髭も、帰宅するころにはしっかり伸びているという人も多いと思います。髭って1日にどのくらい伸びるの?と思うこともありますよね。

個人差もありますが、髭は1日に約0.3mm伸びます。10日で約3mm、1ヶ月で1cmほど伸びることになります。

これを知っていると、例えば、毎日髭を剃る人であれば、約0.3mm伸びた髭をどのように剃ればきれいに仕上がるか、ということを意識すれば良いということになります。

髭剃りの刃の長さや形状を髭の伸び方に調整すれば、深く剃りすぎて肌を傷つけることもなくなり、髭をムダなくきれいに剃ることができます。

また、髭を伸ばしたい人は、髭が1ヶ月で約1cm伸びることを計算すれば、髭が伸びるまでに必要な期間をあらかじめ知ることができ、剃るタイミングも最適に決めることができます。

髭を毎日剃る人も伸ばしたい人も髭が伸びるスピードを覚えておけば、何かと髭のお手入れに便利なのです。

髭が濃い人・薄い人の違いとは?

男性の髭を見ていると髭が濃い人と薄い人がいますよね。この違いは何でしょうか?

顔に生える髭の太さは約0.1mmで、口髭、あご髭、ほほの髭を合わせて2万~4万本生えています。髭の太さはそれほど変わりませんが、髭が生える本数や密度に関しては、個人差がかなり大きいということになります。

髭の生え方に個人差があるのは、髭は男性ホルモンの影響を受けているからです。男性ホルモンの分泌量が多い人は髭が生える面積や密度、本数が多くなり、男性ホルモンの分泌が少ない人は、少なくなります。

つまり、髭が濃い人は男性ホルモンの分泌量が多く、髭が薄い人は男性ホルモンの分泌量が比較的少ないということになります。

髭の濃さは、普段の髭剃りや肌の健康にも役立ちます。男性ホルモンの分泌量が多いと、皮脂の分泌量も多くなるため、ニキビや吹き出物ができやすくなるということがいえます。

さらに、男性ホルモンの分泌量が多く、皮脂の分泌量が多い人ほど、雑菌が繁殖しやすく肌トラブルが起こりやすくなります。

髭が濃い人は、髭剃りのときに地肌を傷つけないように注意したり、髭剃り後に肌荒れ予防のローションをつけたりして、肌のメンテナンスをきちんと行なうことも必要になります。

体調が悪いと髭が伸びるスピードが速くなる!?

髭は体調が悪いときほど伸びるスピードが早くなるといわれています。体調が良いほうが、髭が伸びるスピードが速くなるなら納得できますが、体調が悪いときほど速くなるとは、一体どういうことなのでしょう?

実は、その理由に科学的な根拠はなく、体調が悪いときは髭剃りもおろそかになりがちで、ひげを剃らなかったり、しっかり剃っていなかったりすることが、髭が早く伸びると勘違いされているだけのようです。

髭をしっかり剃ることができないくらい忙しければ、体調も悪くなるでしょうから、毎日、しっかり髭が剃れているかということを、自分の健康のバロメーターとして考えるようにすれば、髭剃りが体調管理にも役立ちます。

健康なときほど、ホルモンの分泌がさかんになり、血流も良くなるので、髭の伸び方は早くなるというのが正しい考え方で、理屈にも合っています。

また、もし健康であっても、髭の伸びるスピードが遅いと感じるときは、男性ホルモンの分泌が低下していることも考えられます。

女性ほどではありませんが、男性も男性ホルモンの分泌が日によって変動しているので、ホルモンの分泌が多い日もあれば少ない日もあります。

男性も髭の生え方を確認することによって、日頃の体調の管理にも役立つのです。髭と健康は意外にも関係しているのですね。是非毎日チェックし、そして正しい方法で髭を剃ってください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る