健康生活TOP 認知症 実は栄養満点!認知症や脳機能にも効果を発揮するもやしの力

実は栄養満点!認知症や脳機能にも効果を発揮するもやしの力

shutterstock_167535887

光を遮って栽培するもやしは、とても栄養が豊富に含まれているように見えません。細くてなよなよした様子を「もやしのような…」と表現することもあるようですしね。

たしかにもやしの9割以上が水分なのですが、実は身体の随所で効果を発揮してくれる可能性のある、注目すべき栄養がたくさん含まれていたのです。

上手にその栄養が摂れる調理法もお教えしますので、是非もやしのパワーを知って食事に取り入れてみましょう!

GABAが現代人の脳と心を救う

まずは、もやしをおすすめしたい理由の、もやしに含まれる「GABA」についてお話しましょう。

ここ数年、GABAという成分の働きが注目され、色々な食品に添加されています。また、元々GABAの豊富な品種を作ろうと、特にお茶や発芽玄米、かぼちゃといった作物で研究が進んでいます。

GABAはGamma Amino Butyric Acidの略称で、正式名称をγ-アミノ酪酸といいます。一般的には「ギャバ」と呼ばれています。動物の神経で働いている物質で、神経細胞同士の情報伝達をしています。

また、無脊椎動物や植物においてもGABAが生理機能に関わっていることがわかってきました。医薬品としてもその成分が使われており、こういったことからGABAの重要性や信頼性を知ることが出来ます。

脳機能の改善

GABAは脳機能を改善させる作用があると言われています。認知症や、海馬における記憶力に関与するということが分かってきているのです。脳の血流量を増やしたくさんの酸素を脳に送り込むことで、脳の代謝機能を高める作用があるのです。

精神安定作用

GABAは精神活動を抑制する際に信号として使われる物質です。また、不安状態になり、大脳の辺縁系と呼ばれる部分が興奮した際GABAが分泌され、興奮を抑えることで不安状態を和らげることが知られています。

精神障害を持つ人を対象とした実験で効果が確認されています。また、更年期、初老期で不眠症状やうつ、イライラなどの精神障害がある人に対しても効果があることが分かりました。長期的に摂取することでより強い効果が得られるようです。

血圧を下げる

GABAは脳に働きかけ、バソプレシンというホルモンの分泌を抑制します。バソプレシンは抗利尿ホルモンと呼ばれ、尿を出さずに血圧や血流量などを保つ働きをしています。

バソプレシンの分泌量が減ると血流量が減り、血管が拡張して血圧が改善されるのです。また、腎機能を高める効果も証明されました。血管を収縮させる成分を阻害する働きを調べる研究も進んでいます。血圧に与える影響はとても大きいのです。

GABAはとても単純な構造をした物質で、食事から大量に摂取した場合でも尿から排出され、副作用はないといいます。もやしには他の野菜と比べ、GABAが豊富に含まれているので、もりもり食べたいものです。

リノール酸で脂質異常を防ぐ

リノール酸は脂肪酸という成分に属しており、脂肪の仲間です。脂肪というと身体に不要なものと考えがちですが、全く無いと身体を維持することは出来ません。リノール酸は身体の中で合成することができない必須脂肪酸の一つです。

リノール酸を多く含む食材に、大豆が挙げられます。大豆油の約半分はこのリノール酸が占めているのです。そんな大豆からできるもやしにも、やはりリノール酸が含まれているのです。

リノール酸には、血液中のコレステロールを正常にする働きや、成長に欠かせない成分であることが分かっています。コレステロール値が高くなる脂質異常症では、血管が詰まることで起こる血管性認知症のリスクが上がってしまいます。

コレステロールを下げることが出来れば、こうした脳の病気や、心筋梗塞といった心臓病の予防にも繋がります。高くなりがちな値ですが、安くて身近なもやしで改善できる可能性があるのです。

栄養と美味しさのバランスをとる

普段皆さんは、もやしをどのように食べているでしょうか。野菜炒め、味噌汁などが代表的なものでしょうか。もやしは加熱時間が短いと、特有の青臭さが残ってしまいますが、これはリノール酸によるものだと言われています。

この臭いがしないよう、ついつい長く加熱しすぎてしまっていませんか?じつは、GABAは急激に加熱すると生成されにくく、緩やかな加熱で増加する傾向にあることが研究で分かってきています。

GABAを生成する酵素が55から60℃の温度で働くことが知られているため、この温度を急に超えてしまうような炒め調理では、GABAを効率よく摂れないことが考えられるのです。

もやしを料理に活用する際には、土鍋を使ってする鍋料理に入れてゆっくり火を通す、炒めものの際には一度茹でたもやしを仕上げに入れるといった工夫で、栄養面でも味の面でも良い料理になるはずです。

見た目の割にパワフルな効果を持つもやし!今晩のおかずに取り入れてみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る