健康生活TOP 体調不良 女性の身体の変わり目は40代!これからの為の体ケアエクササイズ

女性の身体の変わり目は40代!これからの為の体ケアエクササイズ

shutterstock_1041580342

女性の体の曲がり角は40代からと言われています。体型の変化だけでなく、体力だけでは無理が利かなくなり始めます。

不調は寝れば治る!という年代ではなくなる40代…。ここからは体のケア意識がものを言います。ケアをしている人としていない人とでは雲泥の差ですよ。

早速40代からの体ケアを始めましょう。

40代はこれからの体の為にケアを始めなければならない時期

40年も生きていると体には様々な変化が起きてきます。それはもちろん見た目にも起こり、お腹周りがもたついてきたり、体重がなかなか落ちなかったり。

それに今までだったら何の不都合も感じなかった腕や肩周りの違和感。持ち上げた腕が上がり辛く、肩のあたりに痛みが走る…何てことも身に覚えがある人いませんか?

体重計に乗っているイラスト

体の変化を年齢のせいにして何もせずにいると、40代、50代と年齢を重ねていくうちに、ますます体は言う事が効かなくなってきます。今まで生きてきた中で何のケアもせず溜め込んできたものを、この時期にまずクリアにしておくべきです。

体の変わり目である40代にケアをする事によって、これからの体が変わってくるからです。

40代の体ケアなら不調を快調に変えられる

40代のうちならば、今までの生活の中で溜め込んできた不調をクリアにするのは、軽運動やそこまで根気の必要がないメンテナンスで何とかなります。

しかし、50代を過ぎてから始める体メンテナンスになってくると、体力的な問題と不調を溜め込んだ年月を合わせ、不調を元に戻すというマイナスからのスタート要素が強くなります。

メンテナンスにも根気が必要ですし、どうしても不調のケアが先立ってしまいプラスの調子に持っていくには手間暇と労力も加わり、道のりは長くなってしまうのです。

例えば五十肩なども、なってしまってから痛みを伴うケアを根気よく続ける苦痛よりは、「ちょっと怪しいな、動きが鈍くなってきたな。」と感じる時に事前ケアをしておいた方が手間も労力も少なくて済みますよね。

まずは自分の体を知る所から始めよう!2つのチェック法

まずは自分の体を知ることから始めてみましょう。現実を直視するのはなかなか嫌なものですが、これをスルーしていては体ケアの意識は育っていきません。

鏡で全身をチェックしてみよう

お風呂あがりなどに、全身の映る鏡で自分の体をチェックしてみましょう。できれば下着のままで、体がはっきりと直視できる状態がベストですが、体のラインが分かる服装でも大丈夫です。

鏡で全身をチェックしてみよう

体のどこに脂肪が付いているかチェックしてみましょう。これはプロポーション維持の問題ではなく、普段動かしていない部分、冷えている部分を知る為です。

脂肪は動かしていない所についていきますので、よく見てみましょう。そして動かしていない部分は、血流が悪くなるので冷えやすくもなります。

特に二の腕や肩甲骨周りの贅肉は、背中を動かしていない証拠。背中周りを動かさない生活は、老化を早めます。慢性肩こりや、五十肩、呼吸の浅ささからくる冷えなども影響してきます。

体の柔軟性をチェックしてみよう

次は体の柔軟性をチェックしてみましょう。方法は簡単なので、一つずつ確認してみてください。

体の柔軟性をチェックしてみよう

  • 肩から腕を上げた時、上がりにくかったり痛みが伴うかどうか
  • 脚の裏が地面から離れずにしゃがめるかどうか
  • うつ伏せの状態から背中を反らして胸が起き上がるかどうか

まずはこの3つ。他にも思い当たる事があれば、前屈や開脚など様々なストレッチを試しながら、今の自分の体がどんな状態かを客観的に把握してみましょう。

どこまで出来れば良い、出来ないから悪いと決め付ける必要はありません。今まで頑張って支えてくれた体を責めたりせず、「私の体の状態はこんなもんか。」くらいの気持ちと、今まで動いてくれた体への感謝を忘れずに、体ケアを始めましょう。

今すぐ出来る体ケアエクササイズ

40代からの体を支えるケアエクササイズをご紹介しましょう。どれも簡単でちょっとした隙間時間に出来るものばかりですが、簡単だからといって適当にやっても意味がありません。きちんと丁寧に、体に意識を向けながら行ってみてくださいね。

正しく立つ為のエクササイズ ~太もも裏ストレッチ編~

まずは日々の姿勢から見直してみましょう。私は体に関わる仕事をして10年以上になりますが、街を歩く人々を見ていても、正しく立つ事が出来ている人があまりにも少ない事が残念で仕方ありません。

正しく立つ事が出来れば体を支える大元となる筋肉を鍛える事ができます。この筋肉が弱ると姿勢を保つ力が弱まり、肩こり、腰痛、内臓の冷えなど、あらゆる不調を抱える体となってしまいます。

正しい姿勢を身につけて、立ってるだけで筋力をつけてしまえるようにしましょう。

正しい姿勢を保つ為には、体の後ろ側の意識が大切です。腰をまっすぐに立ててみましょう。立ち姿勢の基本は腰を立てるところから。その為には、太ももの裏をストレッチして、腰が立ちやすいように補助していきます。

※脚の裏側が硬いと腰をまっすぐ立てる姿勢を邪魔してしまいます。その為の太もも裏ストレッチを定期的に行い、太もも裏から脚全体がカチカチに固まらないように日々意識してください。

  1. 両脚を肩幅の1.5倍ほどに開いて立ちます。
  2. 膝を曲げて、お尻を突き出すようにして上体を前に倒して、手を床につきます。
  3. 背中が丸まらない位置を探して、重心を前の方へ移動します。
  4. 再び重心を後ろに引いて、背中と腰を反らすようにしてお尻を突き出します。
  5. この時に、脚の後ろ側全体がしっかり伸びるように意識し続けます。特に太ももの裏側を意識してください。
  6. 3から4の重心移動を数回繰り返します。

 

正しく立つ為のエクササイズ

正しく立つ姿勢をマスターしよう

脚の裏側を伸ばしたら、立ち姿勢を改善していきましょう。

正しく立つ為のポイント

正しく立つ姿勢をマスターしよう

  • 頭頂部から、体の真ん中を貫くまっすぐの縦ラインをイメージする
  • 縦ラインに合わせて、胸や背中、腰を反らさないように真っ直ぐ立つ
  • 頭は、真っ直ぐ立てた胴体の上に、頭の重みを感じない位置に置く
  • かかとに少しだけ重心を移動する
  • 横から見て、耳、肩、足の付け根、膝、くるぶしのラインが合うように立つ

正しい姿勢で立つというのは、体のどこにも負担をかけず、なおかつお腹周りには力が自然と入る姿勢の事を言います。

姿勢を支える為にお腹の奥の筋力を、自然と使って安定して立っているのに、余分な力みで負担をかけていない状態を作って欲しいのです。特に頭の位置は重要ポイントです。胴体の上に自然と乗っかっている位置を探せば、頭の重みを感じません。

頭の位置が縦ラインからずれると、頭を支える為に肩や首に余計な負担をかけて、凝りと血流の悪さの原因となりますので頭の位置はしっかりと意識しましょう。これだけでも慢性肩こりから随分と開放されます。

肩まわりの不調とさよならするエクササイズ ~肩甲骨編~

肩甲骨は常に柔らかくスムーズに動くようにしておきましょう。肩甲骨が固まると、肩こり、首こりの影響になるだけではなく、肩甲骨が硬くなると、胸周りと繋がっている筋肉も固まってしまい呼吸が浅くなります。

深い呼吸が体にとって大切なのは、今では常識です。呼吸の質は、体の機能を正常に働かせるガソリン(血液)の鮮度を保つ大切な役割がありますので、肩甲骨を固めてしまっては鮮度を保つ事が出来ません。

肩甲骨はしっかりと動かすように日々気をつけていきましょう。

肩まわりの不調とさよなら

  1. 両腕を肩の高さで前方に伸ばします。この時手の平は下を向けておきます。
  2. 腕全体が、肩の位置より下へ下がらないように注意しながら、両肘を曲げて腕全体を後ろへ引いていきます。
  3. 肩甲骨をしっかりと寄せて、その状態で5秒ほどキープします。
  4. 力を緩めて両腕を前方に戻します。
  5. 1から2の動きを10回ほど行います。

違和感を感じたら早めに対処する癖をつける

40代に入ると、どうしても代謝が落ち、前の体とは何となく違うなと感じる事が増えていきます。若い頃は新陳代謝が活発で、1日の栄養と老廃物の交換が、寝てる間にスムーズに行われていました。

しかし、40代ともなるとなかなか若い頃のようにはいきません。老廃物も溜まりやすい体になるのは仕方のない事。だから日々のケアをする事によってメンテナンス力をつけていって欲しいのです。

40代につけたメンテナンス力は、その後の50代からの体を支えてくれます。50代から始めればマイナススタートでも今からなら十分にクリアな体にしていけます。

40代からの体ケア意識をしっかりと育てていき、生活の中に組み込んでいきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る