健康生活TOP 便秘 便秘に効果があるフェンネルハーブティーは子供と妊婦は要注意!

便秘に効果があるフェンネルハーブティーは子供と妊婦は要注意!

shutterstock_1467702202

フェンネルのハーブティーは便秘に効くという効能で知られています。腸内環境を整えてくれる働きがあるそうですね。でも、まだ充分な科学的知見は得られていないようです。

一方、漢方薬では茴香(ういきょう)と言う名前で知られています。大変有名な大田胃酸にも配合されているように、胃の働きを改善してくれます。口中清涼剤で古くから親しまれている仁丹の成分でもあります。

このフェンネルですが、母乳の出が良くなるハーブとしても使われることがあるようですが、これは危険性が指摘されていますので避けた方が良いのです。

その危険性とは?お子さんを持つ方や妊婦さんは特に、フェンネルが持つ隠れたデメリットについて知っておきましょう。

ハーブティーで摂るくらいならお年寄りでも安心!フェンネルの効能とは

薬用ハーブについての認証などを行っているドイツのコミッションEによると、動物実験では腸のぜん動運動を促進する効果が認められています。つまり腸の動きを活発にすると言うことですね。

このことは、便秘の解消に対して期待が持てると言うことです。ただ、人間での臨床データは一例しか見当たりませんでしたので、ハーブティー程度のレベルにとどめておくほうが良いでしょう。

ハーブティーで摂る程度であれば安心

健康で妊娠授乳期にはない成人が、種子や果実を短期間適切な量を摂る分には安全であろうと言われています。ですのでハーブティーとして飲むのはちょうど適切と言えるでしょう。

先にお話しした人間での臨床データは、アメリカの老人ホームで便秘に悩むお年寄り86人を対象に行われたものです。

その人たちに、フェンネルのハーブティーを4週間飲んでもらったところ、飲まなかった人たちに比べて排便回数が増え、便秘薬の投与量が減ったというものでした。

ハーブティーはエキスなどに比べると有効成分の含有量が少ないため、お年寄りなどには効き目が緩やかで安心なのかもしれませんね。フェンネル自体も、昔から使われているものですのでなおさら安心です。

試験管レベルではピロリ菌に対する抑制作用も確認された

富山大学での研究によると、試験管レベルでは、フェンネルを含む8種類のハーブ抽出物が、胃潰瘍の原因菌として知られるヘリコバクター・ピロリの成長を抑制しました。

しかし、さらに追試などを行って実際の有効成分の特定や動物実験、臨床データの収集を行わないと、フェンネルにピロリ菌抑制効果がどの程度あるのかまでは判りませんね。

でも、ハーブティーで胃潰瘍が予防できるのならこんなにありがたい話はありません。是非実験を進めて頂いて良い結果が出てくるのを待ちたいものです。

乳児仙痛発作に有効と言うデータもあるが危険性も伴う

ロシアでの実験によると、仙痛発作の既往症がある赤ちゃん約120人を半数に分けて、フェンネルの種から抽出したエキスを1週間投与したところ、投与しなかった群に比べて仙痛発作が軽減したと言う報告があります。

赤ちゃんの仙痛発作は、火が付いたように泣く赤ちゃんを前に、親もお医者さんもその原因がつかめないだけに辛いものがありますよね。ですから効果があるなら是非使いたいものだと思うのが自然だと思います。

この実験ではエキスを1週間でしたが、長期間になるとハーブティーでも危険であると言う報告が複数上がっています。

赤ちゃんや思春期前の子供には危険!母乳にも影響があるため授乳中は摂取に気を付けて

10162

フェンネルの種子の油分には、女性ホルモンのような働きをする物質が含まれていると考えられています。ですので、

  • 子宮がん
  • 乳がん
  • 卵巣がん
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症

など女性特有の病気の人は摂ってはいけません。

また、フェンネルの近縁種であるオオウイキョウについては、動物実験でオスの子供に投与したところ生殖能力や精子の運動性などが低下しました。ですので思春期前の男の子に飲ませるのは危険が予測されます。

ご存じの通り、フェンネルのハーブティーは種をお茶として使いますから、避けた方が良いと言うことです。

思春期前の女の子や赤ちゃんにも危険が予測されます

5か月の女の赤ちゃん、3歳の女の子、5歳の女の子2人の合計4人が4ヶ月から2年程度フェンネルのハーブティーを摂ったところ、早期乳房発育症(7歳6か月以前に乳房の発育がみられる症状)が起こりました。

また、12か月の女の子にティースプーン2~3杯のフェンネルのハーブティーを毎日飲ませていたところ、開始3ヶ月後くらいから乳房の発育が見られました。その後摂取をやめたところ徐々に改善したと言うことです。

いわゆる思春期早発症と同じように、その後身長の伸びが悪くなるなどする現象が起こったのかどうかは判りませんが、いずれにせよ本来のホルモンの働きを乱したのは確かですね。

ですので、仙痛発作の薬としてであっても、フェンネルのハーブティーを赤ちゃんや思春期前の子供に与えるのは、性別を問わず行うべきではありません。

フェンネルの成分は母乳に移行する

フェンネルの成分は女性ホルモンであるエストロゲンのような働きを持つことから、ハーブティーとして飲むと母乳の出が良くなるとして、授乳中のお母さんに勧めるネット上の情報などを見ることがあります。

しかし、フェンネルを成分に含むハーブティーを、母乳の出を能くする目的で毎日飲んでいたところ、1か月に満たない乳児2人が低血圧、昏睡、嘔吐などの中枢神経系障害を起こしたそうです。

その後、ハーブティーの中止によって改善したため、ハーブティーから母乳中に移行した物質による神経毒性と診断されました。これはエストロゲンのような働きをする物質とは関係ないかもしれませんが、授乳中に口にするものには注意が必要です。

国立健康栄養研究所は、授乳中のフェンネルの摂取には危険性が示唆されているとして、飲用しないように呼びかけています。

便秘を解消するなら、やはり母体にも胎児にも影響がでないもので対策したいと思いますよね。

トクホの「オリゴのおかげ」なら副作用の心配もなく、また小さなお子様でも美味しく摂れるようにつくられているので安心して楽に続けられます。

ここ2日間、お昼過ぎからつわりが酷くなってきている。 落ち着いてきてたから、少しずつ終わっていくのかなって勝手に喜んでたのに…まだ9週目、これからだよね。 * * さて、ここからは妊娠で便秘になったお話し。笑 ※聞きたくない方はここでSTOP✋ * * 妊娠してから便秘になった私。 3日か4日に1度しか出てこなくて… ぷっぷかぷっぷかガスも溜まってきて… つわりにプラスで本当苦しかった。 そこで色々調べたら、オリゴ糖がいいらしいという事を知り、#オリゴ糖 生活はじめてました。今日で、5日目?かな? #オリゴのおかげ を選んだのは口コミをみて値段も安めだったから。 結果、1日目を除いて毎日出てます‼︎ 嬉しい‼︎笑 本当オリゴのおかげですT^T笑 便秘で悩んでる妊婦さんがいたら試してみて欲しいです。 #妊娠9週 #妊娠10週 #妊娠9週目 #妊娠10週目 #9w6d #妊娠3か月 #初マタニティ #マタニティ

@ynbaby0が投稿した写真 –

「1週間以内に効果を実感」90%、「続けて購入したい」93%!妊娠中のママでも副作用もなく安心して使用できます


オリゴのおかげ商品イメージ

フェンネルによるアレルギーは交差反応が多い

花粉症の既往症がある女性がフェンネルときゅうりを摂ったところ口腔アレルギー症候群を発症したと言う例があります。

カバノキ花粉はこうした交差反応を起こすことで有名ですが、カバノキの花粉症を持つ人はフェンネルにも反応する可能性があることが知られていますので注意が必要ですね。

一方、ブタクサの花粉症を持つ人はきゅうりで反応することもありますから、この事例ではどちらが原因だったかまでは分かりません。

フェンネルはセリ科の植物なので同科のアレルギーに注意

フェンネルはセリ科の植物ですので、同じセリ科植物にアレルギーを持つ人は注意が必要です。セリ科と言えば食用植物が多いですね。いくつか例をあげてみましょう。

  • セリ
  • ニンジン
  • セロリ
  • パセリ
  • クミン
  • ミツバ
  • コリアンダー
  • アシタバ
  • ディル

このほか、食用になる○○ボウフウと言う名前を持つ物もセリ科です。こうしたものにアレルギーを持っている人はフェンネルにも注意が必要ですね。

また、セリ科ではありませんが、キク科のヨモギにアレルギーがある人も要注意です。

上手く付き合おう!フェンネルは世界中の料理に使われている優れた香辛料

shutterstock_2314703352

これまでは主に種子をお茶にして飲むフェンネルのハーブティーについてお話してきましたが、実際フェンネルは若い葉っぱを野菜や香辛料として使うことも多い植物です。また鱗茎も玉ねぎのような扱いで食べられることが多いですね。

食用の場合、葉っぱをフェンネル、種の部分をフェンネルシード、鱗茎をフェンネルバルブと呼び分けることもあるようです。

私は水餃子が好物です

中華料理の水餃子に入っていることが良く見受けられます。非常においしいですね。この場合はフェンネルと言う名前ではなく、日本と同じ茴香(ういきょう:もともと中国名です)と言う名前で使われてます。

フェンネルシードは中華の定番香辛料、五香粉(ウーシャンフェン)の5つの成分のうちの一つです。

地中海料理でも良く使われます。もともと魚のハーブと言われるくらい、魚料理と相性が良いので地中海料理には適しているんでしょう。

スペインのニンニク料理アヒージョでも、魚を使ったものにはフェンネルを使うことがよくあります。イタリアのパスタでアンチョビを使う時に使われることも多いようですね。

また、北欧ではシンプルな野菜スープに入れて食べることもあるとか。世界中で親しまれるフェンネルですが、「フェンネルは大人の味」と覚えておいて、安全においしく楽しんでくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る