健康生活TOP 便秘 便秘の改善には「毎朝便器に座る」!排便習慣でスッキリ解消

便秘の改善には「毎朝便器に座る」!排便習慣でスッキリ解消

shutterstock_215329666

忙しくて生活習慣が乱れた現代人の多くが悩む、習慣性便秘。

朝ぎりぎりまで寝てしまい、トイレを我慢して仕事へ出かけてしまう方も多いのではないでしょうか?この生活が続くと、朝便意を感じなくなってしまいます。

胃腸には一日のリズムが有ります。その中でも、朝は排泄のタイミングとして胃が準備しているのです。

前日の食べたものが夜の間に消化され、朝はそれを排泄するのが普通です。しかしそのタイミングで排泄を我慢する癖がついてしまうと、便秘を悪化させてしまうのです…。

便秘が招く問題

便秘が続くことは人にとって非常に悪い影響を与えます。

もともと腸は蠕動運動(ぜんどううんどう)をしています。これは食べたものを消化・吸収・排泄活動をするための運動です。

便秘をしていると、この運動率が低下してしまいます。

そもそも蠕動運動は大きなエネルギーを必要としており、これは新陳代謝を上げ、肥満を防止します。

便秘になり新陳代謝が落ちる事で、毒素を吸収し易い、また排出しづらい状態になり、肌荒れなどの原因にもなってしまいます。

健康だけでなく、美容にも非常に悪い影響を与えてしまうのですね…。

便秘を解消するには…?

皆さんは便秘対策に、運動したり、水分を摂ったり、食生活に気を配ったりしているのではないでしょうか?

確かに便秘にはイチに運動、ニに…などと言うCMも有るほど、運動については便秘解消の効果が認められていますね。

しかし便秘は、日ごろの習慣が原因になっている場合も多々あるのです。

朝便意が無くても便器に座る習慣が有るでしょうか?この習慣づけは非常に大切です。

朝、腸は排泄のリズムをとっているという事は先ほど述べました。腸は準備万端で待っているのに、人の行動が便秘の原因となる事が有るのです。

排便反射を正常にしよう!

shutterstock_152121869
実際に便意が有るか無いかに関わらず、トイレに行き便座に座る!

この行動を起こすことで排泄のリズムに行動が伴います。人間の体は行動を起こすことで、反射が正常に起こるようになります。

毎朝同じ時間に便器に座ると言う行動が、排便反射を正常に戻していくのです。

腸は伸縮性が有り、排便反射が起こらないとどんどん便をため込んでしまいます。それによって余計に便秘が解消しづらくなってしまいます。

体が毎朝「この時間には排泄行動をする」という癖さえ身に着ければ、排便反射のリズムもその時間に合わせて起こるようになってくるのです。

そしてよりスムーズに排便反射を起こさせるように、まず朝にはしっかりと朝食をとって胃腸の目を覚まさせる必要があります。朝食が無理な場合は、コップ一杯の水でも構いません。

毎朝でた便を自分で確認しましょう

自分の腸内環境が正常かどうか、その確認の為にも朝出た便を確認する習慣を身に着けましょう。

実際に便の色などで重篤な病気を発見することも有ります。腸内環境が良い人の便は、色は薄い茶褐色や黄土色と言われています。

臭いもそれほどきつく無く、トイレットペーパーにも殆ど便が付かないでしょう。

状態が良くない便が出た時は、酵素を含む食品を摂る事をお勧めします。すぐに効果が表れるようです。

万が一どす黒い便が出た場合は、便に血液が混ざっている可能性が有ります。胃や十二指腸から出血している場合もあります。続く様でしたら必ず病院へかかって検査してください。

人の体の中でも非常に重要な臓器、腸。

腸は消化・吸収・排泄の大切な働きを担ってくれています。便秘をしてしまうと様々な面で体の不具合が出てくる事も当然と言えます。

排便習慣を身に着ける事は、体から毒素を排出し、代謝を上げるのに非常に効果があるのです。明日の朝から、さっそく便座に座ってみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る