健康生活TOP 風邪 高齢者の風邪は咳などの症状が出ないことも!命を守る正しい対処法

高齢者の風邪は咳などの症状が出ないことも!命を守る正しい対処法

喉の痛みや咳、発熱などは、風邪のときによく見られる症状です。

けれど、「風邪だと思っていたら、もっと重い病気だった」なんてこともあるかもしれません。「風邪の初期症状だと思っていたけれど、実はほかの病気にかかっていた」なんて可能性もあります。

体力のない高齢者にとっては、多少の体調変化でも、大きな影響を及ぼします。

「たかが咳」「たかが微熱」と侮らず、早期発見と適切な対応ができるようにしておきましょう。

虚弱な高齢者には、軽い風邪でも注意が必要

高齢者は体力がなく、ささいな体調不良でも予後の不良を招きやすい特徴があります。初期の段階で適切な対処をすることが大切です。

軽い風邪でも大きな危険となる、その理由は?

風邪とは、ウィルス感染による急性上気道炎の総称です。咳や発熱、のどの痛みなどは、風邪によく見られる症状ですね。空気が乾燥しやすい冬場や、気温差が大きい季節の変わり目などには、特に注意が必要です。

老若男女問わず身近な疾患であり、「風邪に全くかかったことがない」という方はほぼいないでしょう。ですが、高齢者にとっては、ただの風邪でも大きな驚異となる場合があります。

その原因となる、高齢者の身体的特徴を見てみましょう。

  • 体力がないので、衰弱しやすい
  • 免疫力が弱いので感染症にかかりやすい
  • 抵抗力が弱いので、治りにくく悪化しやすい
  • 風邪が原因で体が弱り、合併症状を起こしやすい

個人差によるところはありますが、一般的には、高齢になると体が弱ります。

多くの高齢者は、体に蓄えている水分や栄養量が、若い人よりも少ない状態です。発熱したり、少しの間食事が摂れなかったりすると、あっという間に衰弱してしまいます。

また、風邪の原因となるウィルスは、細菌と違って、抗生物質が効きません。ウィルスを抑えたり、あらわれる症状に対して緩和を図ることはできても、ウィルスそのものを撃退するのは本人の抵抗力です。

風邪により喉や鼻を痛めれば、その延長上にある気管支や肺にウィルスが入り込みやすくなり、合併症にも掛かりやすくなります。脱水症状を引き起こしたり、食事が摂れずに低栄養となることで、認知症を発症するきっかけとなることもあります。

こういったことが、高齢者にとって風邪が脅威となる理由です。

風邪の症状を発見しにくい場合もある

風邪は比較的自覚しやすい症状があらわれますが、高齢者の場合、風邪にかかっていてもわかりにくいことがあります。

ウィルスに感染して喉や鼻に炎症を起こしているのに、それに対して体が反応できていない場合や、体調不良をうまく訴えられない場合があるからです。

風邪の症状があらわれないケースがある
発熱は、熱によってウィルスを撃退しようとする、体の防衛反応です。防衛する能力が低く、ウィルスと戦おうとする体力そのものがなければ、風邪にかかっていても熱を発することができない場合もあります。

咳についても同様です。喉に炎症がおきていても、それに対して体が反応ができず、咳を発することができない場合があります。逆に、粘膜が乾燥しやすく風邪以外でも咳をすることが多い場合などがあり、体調の変化を見過ごしやすいのです。

本人が体調不良を伝えられないケースがある
本人自身が喉や鼻に不快感を自覚しているのに、「いつものことだ」と見逃してしまうことがあります。重篤になるまで放置してしまう方も少なくありません。

また、認知症などにより、自分の状態をうまく表現できない場合もあります。そういった場合は、なんにでも拒否や抵抗をしたり、ひどく不機嫌になっていたりといった形で、態度にあらわれることがあります。

健常な若者でも、体調が悪い時は機嫌が悪くなるものです。高齢者にそういった態度が見られたときには、まず体調不良の可能性を考えてみてもよいかもしれません。

誤認に注意。風邪と似た症状があらわれる疾患がある

「風邪は万病のもと」といいます。たしかに、風邪をひいて体が弱っているときは、ほかの病気に罹患しやすくなりますね。ですが、風邪の症状が、多くの疾患と共通する部分があるという側面もあります。

喉や咽頭などの上気道の炎症だけならただの風邪ですが、肺や気管支まで炎症が広がってしまえば、それはただの風邪ではありません。合併症として、きちんとした加療を必要とする場合もあります。

風邪によく見られる症状は、咳や喉の痛み、発熱ですね。そのほかにも、咳のしすぎで胸や気管支のあたりが痛んだり、食欲不振になったりすることもあるでしょう。

これらの症状が共通する疾患について、見てみましょう。

風邪によく似た症状を起こす疾患:慢性閉塞性肺疾患

慢性気管支炎や肺気腫などといった病気の総称で、COPDともいいます。タバコを吸う習慣のある方や、長い期間汚れた空気の中で生活していた方など、有害物質を長いあいだ吸引していた方におこりやすい疾患です。

慢性の咳や痰などの症状が、風邪の症状と似ています。慢性閉塞性肺疾患では、そのほかに、運動後の呼吸苦や息切れの特徴があります。肺気腫や気道閉塞などのほか、全身の炎症などの合併症をおこす危険もあり、注意が必要です。

風邪によく似た症状を起こす疾患:咽頭がん

鼻の奥から食道の入り口までを、咽頭といいます。この部分にがんができると、咽頭がんです。声のかすれや、喉の異物感、飲み込む時にしみるなど、喉の症状が風邪と似ています。

初期では痛みを伴わないことが多いため、見過ごしやすいがんでもあります。違和感を感じた際には「風邪かも」と軽視せず、耳鼻咽喉科など専門の医師に相談しましょう。

風邪によく似た症状を起こす疾患:胃腸炎・食中毒

ウィルス性胃腸炎は、俗に「おなかの風邪」と表現されることもありますね。下痢や食欲不振、発熱などの症状が起こります。一般的な風邪は上気道炎のことを指しますので、ウィルス性胃腸炎は厳密には風邪ではありません。

ノロウィルスやロタウィルスなどの食中毒でも、下痢や食欲不振、発熱の症状がおこります。この場合は、特に脱水症状や衰弱への注意が必要です。嘔吐物などから介護者への感染がひろがることもあるため、注意が必要です。

風邪によく似た症状を起こす疾患:肺炎

風邪で上気道に炎症が起こったことが原因で、肺炎にまで至る場合もあります。誤嚥性肺炎や間質性肺炎など、風邪とは別の理由でおこる場合もあります。

風邪では炎症がおこるのが上気道の部分だけだったのが、肺炎になると、気管支や肺の内部にまで炎症をおこします。高齢者には熱発などの症状があらわれにくく、「レントゲンを撮るまでわからなかった」ということもあるので、要注意です。

そのほかにも、胸の痛みなら心疾患の可能性もありますし、頭痛や頭重などの症状を気にされる方もいるでしょう。いずれにしても、あらわれる症状には個人差があります。気になる症状がある場合は、医師への相談をこころがけましょう。

高齢者の風邪症状に対して私たちがおこなうべきこと

基本的には、医師にかかり適切な対応を伺うことです。風邪のウィルスを撃退する服薬はありませんが、風邪の症状を緩和する対症療法のための服薬処方や、滋養強壮目的の処方を受ける場合があるでしょう。療養上の注意点を伺うことも大切です。

その他、医師にかかる以外に、自宅で療養する際に気をつけたい対応について考えてみましょう。

風邪を早く治すために、やっておきたいこと

基本的には、「風邪を治しやすくなるように環境を整える」ことが、主な対応となります。これは、早期発見できた段階から取り組むことができます。

  • 体力の消耗を避け、安静にして、しっかり眠る
  • バランスのとれた食事を食べて、栄養補給を適切におこなう
  • 体を冷やさず、あたたかくする
  • 部屋を加湿し、湿度を保つことで、喉や鼻の粘膜を保護する

療養をする上で、これらのことが重要なポイントになります。

注意しなくてはいけないのは、安静にしすぎて、かえって体が弱ってしまうことです。

風邪が治るまでは体力の消耗を避けて安静にすることが大切ですが、高齢者の体調不良は、主症状が治ったあとも「なんとなく体調が悪い」という状態が続きがちです。いつまでも安静に過ごしていると、足腰の筋力が弱るばかりか、体力・持久力や内臓機能の低下も招きます。

安静が必要でないと判断されたなら、今度は落ちてしまった体力を回復させるための活動が重要になっていきます。医師との相談や、本人の気持ちへの配慮も必要でしょう。頃合を見て、安静期間から活動へと徐々に移行していきましょう。

症状をやわらげる、対症療法について

風邪のウィルスを撃退する服薬はありませんが、咳や喉の痛み、発熱に対して、症状をやわらげる加療をすることはできます。これを対症療法と言います。

ただし、この場合にも、やりすぎに注意が必要です。

高齢者は体力がないので、風邪の諸症状によって、体が衰弱してしまう危険が高いです。なので、熱を下げたり、鼻水や咳を軽くしたり、その症状をおさえる処置は必要なものではあります。

ですが、風邪の症状は、本来は「体のなかに入ってしまったウィルスを撃退しよう・外に出そう」として起こっている、体の防衛反応です。これらの症状を薬ですべて完全に止めてしまうと、体からウィルスを追い出そうとする動きも弱まってしまいます。

「表に見える症状は治まったけれど、風邪の原因であるウィルスは体のなかにくすぶったまま」などという事態になっては、「対症療法の服薬をやめたら、風邪の諸症状がぶり返す」という事態をいつまでも繰り返すことになりかねません。

本人の状態観察と、食欲の有無や会話への反応などを見ながら、適切な程度で諸症状の緩和が図れるように、医師と連携をとっていきましょう。

食事や服薬ができない場合

もともとの体力がない場合や、炎症がひどく飲食ができない場合もあるでしょう。そういった場合には、特に注意が必要です。

衰弱がひどい状態でなかったり、まだ余力がある場合は、できる範囲での工夫を行ってみても良いでしょう。喉に通りやすく栄養価の高い食事を心がけることも大切です。ふつうの食事が摂れない場合は、数度に分けて補食を勧めましょう。

  • カロリーやビタミンが補給できるゼリー飲料
  • 経口補水液やスポーツドリンク・葛湯・はちみつレモンなど
  • プリン
  • アイスクリーム
  • 卵豆腐や豆腐
  • とろとろに煮たパン粥
  • カボチャやサツマイモを煮て潰したもの

これらのものは、柔らかくて栄養価も高く、喉を通りやすいでしょう。その他、「本人の好物なら、食欲がなくても食べられる」という場合もあります。一度にたくさん食べると吐き気があらわれる場合もあるので、様子を見ながら勧めましょう。

気分の不快やのどの痛みが強く、食事や服薬がおこなえない場合は、医師に相談しましょう。点滴など、口や内臓をとおさない手段の栄養補給を講じられる場合もあります。衰弱しきってからでは、体が栄養を吸収しにくくなり、命に関わる危険性も出てきます。

やせ型の人と太めの人とでは、衰弱の早さや度合いも変わります。一概に「何日食べられなかったら医者に相談」などとは言えませんから、状態をよく観察することが大切です。

本人が楽に過ごせるように対応し、状態をよく観察することが重要

高齢者でも若い方でも、具合が悪い時に大切なことは、思いやりをもって接することです。体が弱っているときは、心も弱りやすくなります。

相手の状態をよく観察していれば、「どういうことが辛くて、どうしてほしいのか」を察してあげることができるはずです。

ほかの疾患についても留意し、重篤な状態にならずに済むように、適切な対応を早期からこころがけていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る