健康生活TOP 風邪 風邪気味でもお風呂はOK!風邪を早く治すお風呂の入り方と注意点

風邪気味でもお風呂はOK!風邪を早く治すお風呂の入り方と注意点

風呂場

子供のころから風邪をひいた時にお母さんやおばあちゃんから「風邪気味で熱っぽいから、お風呂に入るのはやめておきなさい。」と言われ育ち、風邪をひいたら入浴は控えるようにしている方も多いのではないでしょうか?

実は、風邪の時に入浴を控えるのは日本独特の習慣で、海外では風邪をひいても入浴する国が多いようなのです。

風邪の時に入浴するのは正しい?間違い?気になってしまいますね。風邪をひいた時の入浴はどうすれば良いのか正しい方法を説明していきます。

ダメではなかった!風邪をひいた時に入浴するのは実は「OK」

「風邪をひいた時はお風呂に入ってはいけない」と言われ、実際に風邪をひいた時には入浴を控える方も多いのではないかと思います。

しかし、結論としては「風邪気味の時の入浴はOK」なのです。

なぜかというと、入浴したほうが風邪が治りやすくなるからです。風邪をひいている時の入浴には「体温を上昇させて免疫力を高める」という目的があります。

免疫は、病気から体を守るため体内に侵入した異物を排除する重要なシステムです。37℃以上で活性化しウイルスを攻撃する力が高まります。風邪やインフルエンザなどの感染症にかかると発熱するのは、免疫力を高めてウイルスと闘うために起こる生体防御反応です。

風邪をひくと、しばらくして37℃以上の熱が出て、時には38℃以上に上がることもあります。その間、免疫はウイルスと闘っていて、ウイルスが死滅すると体温は平熱に下がります。

このように風邪で発熱する前に、意図的に発熱と同じ状態に持ち込むのが入浴の「温熱効果」です。病気で起こる発熱と同じように免疫を高めることができ、ウイルスを撃退させる効果が発揮されます。

体温を上げる方法は2つあって、ひとつは熱を上げる必要があって体が自律的に熱を作り出す場合、もう一つは意図的に外から体に温熱を与えて体温を上げる方法です。

熱を作るために起こる自律的な動き 意図的に熱を上げる方法
  • 震える
  • 鳥肌が立つ
  • 顔色が悪くなる
    (皮膚の血流を減らす)
  • 運動する
  • 飲食する
  • 温熱を与える
    (入浴・厚着・暖房など)

震え、鳥肌、運動や飲食で作られる熱は代謝によるものです。温熱には血行を促進して体を温める効果があります。

風邪のひき始めには、体力に余裕があれば安静にするより運動をして体温を上昇させることのほうがすすめられています。また消化が良く温かい物を食べるのも体を温める効果があるので、風邪をひいた時には温かいうどんやくず湯がすすめられます。

ただ、運動は一気に体温が上昇しますがそれだけ体の負担も大きく、飲食で体温が上昇するのは食後だけなので、体の負担も少なくしっかり免疫力を高めるには、入浴して温熱で体温を上げる方法のほうが効果も期待できます。

入浴なら誰でも手軽にできますし、全身の血行を促進させることで体の芯からじっくり温まるので、風邪のひき始めに免疫力を高める効果が大いに期待できます。

もしも重い感染症にかかった場合は、ウイルスも手ごわく病院の治療を受けて抗生剤でウイルスを殺さなければなりませんが、風邪のひき始め程度なら薬を飲まなくても体温を37℃台に上げるだけで、簡単にウイルスを撃退することができるのです。

入浴するだけで誰でも簡単に免疫力をアップさせることができるため、風邪気味の時に入浴を控えるのは、じつはもったいないことだったのです。

風邪の時に入浴してはいけないと言われていた理由は?

「風邪をひいている時に入浴してはいけない」と言われるのはなぜでしょうか?

それは、日本のお風呂の習慣に理由があったようです。

現在はどの家庭にもお風呂がありますが、昔はお風呂のない家が多く、入浴には銭湯を使っていました。銭湯帰りは湯冷めしやすいため、昔は風邪をひいた時にお風呂に入ってはいけないと言われていました。

また昔は、家庭にお風呂がある場合でも浴室が母屋の外にあることが多く、脱衣所で着替えたり風呂上がりに母屋に戻る時に湯冷めしやすいことも理由のひとつでした。

現在は、銭湯通いをする人も減り、家庭の浴室と脱衣所は家屋の中にあるので、風呂上がりにはさっと居間に戻ることもでき、湯冷めの心配はほとんどありません。また暖房が普及しているので風呂上がりはすぐ温かい部屋でぬくぬくと過ごすことができます。

風邪の症状は世界共通だと思うのですが、風邪をひいた時の習慣はなぜか国によって大きく異なっていて、海外の習慣を日本人の私達から見れば「理に叶っている」と思うものもあれば「日本人には考えられない」と思うようなものまでさまざまな習慣があります。

例えば、アメリカでは風邪をひいた時にはシャワーや運動がすすめられます。ヨーロッパでもシャワーや入浴がすすめられますが、なぜか水風呂に入る習慣もあるようです。また風邪には炭酸飲料が良いという国もあって、また別の国ではコーラやワインをホットにして飲んでいます。

日本人が海外の習慣に違和感をおぼえるのと同じように、もしかしたら外国人の方も風邪をひいた時にお風呂を控える習慣を不思議に思っているのかもしれませんね。

風邪気味の時に入浴するメリットはこんなにたくさん!

風邪をひいた時の入浴は風邪に良くないどころか、メリットがたくさんあるのです。

入浴のメリット:免疫力を高める

免疫力を高めウイルスを撃退します。本格的な風邪に進む前にウイルスを撃退しておけば、辛い症状に悩んだり会社を休んだりすることなく、すっきりと風邪を治すことができます。

入浴のメリット:鼻や喉の粘膜を保湿する

浴室は温かい湯気が立ち込めているので、入浴中に湯気を吸いこむことで鼻や喉を保湿し、鼻づまりや喉の痛み・咳をやわらげることができます。

特に子供は風邪をひくと咳や鼻水が頻繁に出ることも多いのですが、そんな時にもお風呂に入って湯気を吸えば鼻や喉がスッキリして辛い思いから解放されます。

入浴のメリット:筋肉のこりや痛みをやわらげる

湯船につかって血行を促進させることで、風邪に伴う筋肉のこりや痛みをやわらげることができます。

風邪をひくと筋肉がこわばって肩こりなどが起こりやすくなるのは、風邪で寒気がする時に筋肉が震えてこわばりやすいためです。震えが起きるのは、ウイルスに感染した時に脳から「筋肉を振るわせて熱を作りなさい」と指令が出るためです。

筋肉痛が起こるのは、ウイルスと闘っている免疫が痛みを起こす物質「サイトカイン」を放出すためです。

寒気がするのはこれから熱が上がろうとしている段階なので、入浴の温熱効果で熱が上がるのを手伝ってやると免疫力もアップしやすく、温熱効果によって不快な寒気がやわらぎリラックスできます。

入浴のメリット:汗をかいた体を清潔にする

やはり清潔第一なので、入浴できる体調の時はなるべくお風呂で体を清潔にしておきたいですね。風邪をひいて熱が上がり始めると汗をかくので、お風呂で汗を洗い流しておきましょう。

また、風邪をひいている時に汗をかいた場合は、そのままにしていると汗が冷えて風邪が悪化しやすくなるので、入浴して衣服を着替えるのがおすすめです。

入浴のメリット:リラックス効果がある

入浴するとリラックス効果が得られます。副交感神経が優位にはたらき、緊張がほぐれるためです。

入浴のリラックス効果は心地良い眠りを誘います。風邪をひいた時は、お風呂で体を温めてリラックスし、そのまま布団に入ってぐっすり眠ると風邪の回復が早くなります。

この方法で風邪もスッキリ!風邪気味の時の正しい入浴法

風邪をひいている時の入浴の目的は、体温を37℃以上に上げて免疫力をアップさせることです。体をしっかり温めましょう。

風邪気味の時の正しい入浴法:入浴前に体温をチェック

まず入浴前に検温します。熱が高い時は入浴が体の負担になるので、入浴前の体温が微熱(37.5℃以下)の時に限り入浴するようにしてください。

風邪気味の時の正しい入浴法:水分補給する

入浴するとたくさん汗をかきます。入浴前にコップ1~2杯以上の水を飲んで、入浴中スムーズに発汗できるようにしておきましょう。私達の体は体温が上昇し過ぎるのを防ぐために発汗で体温を適度に下げる機能が備わっています。

風邪気味の時の正しい入浴法:脱衣所と浴室を温めておく

寒気を感じる時は、入浴前には脱衣所と浴室を温めておきましょう。

冬は、脱衣所を暖房器具で温めておくのがおすすめです。

浴室はお湯を張った湯船のフタをしばらく開けっ放しにしておくだけでも温かい湯気が充満して、浴室が適度に温まります。シャワーのお湯を壁や床にかけるのも良いでしょう。浴室換気暖房乾燥機が付いていれば、浴室をしっかり温めることもができます。

風邪気味の時の正しい入浴法:入浴剤を入れる

お湯に入浴剤を入れて温浴効果を高めましょう。

入浴剤の配合成分である無機塩類は皮膚の表面をコーティングして放熱するのを防ぎ、炭酸ガス温浴効果を持続させます。無機塩類というのは炭酸ナトリウムなど、入浴剤の成分表示に書いてある「○○ナトリウム」のことです。

発砲するタイプの入浴剤は、炭酸ガスの泡が適度なマッサージ効果で血管を拡張させて血行を促進させます。トウキやチンピなどの生薬が配合されている入浴剤も、体がよく温まります。

入浴剤がない場合は、食塩を大さじ2~3杯を湯船のお湯に溶かすと温浴効果が得られます。

風邪気味の時の正しい入浴法:お湯の温度は40~41℃、入浴時間は20分以内で

風邪をひいている時に入るお風呂の温度は40~41℃がおすすめです。

40℃以下のぬるめのお湯は、健康な時なら問題ありませんが、風邪気味の時には寒く感じられるかもしれません。熱いのが苦手な方は39℃くらいでもOKです。かまいません。)

42℃以上の熱いお湯は、体が温まりそうなイメージもありますが、交感神経が興奮して血管が収縮するので体の芯まではしっかり温まりません。また体に負担をかけるので、特に体調の悪い時はおすすめできません。

また、入浴時間は短過ぎても長過ぎても効果が半減してしまいます。湯船につかる時間は、湯船に入る時間として適切と言われる20分くらいが適切です。風邪をひいて疲れやすいので、あまり長く入浴すると体力を消耗してしまいます。

風邪気味の時の正しい入浴法:体が冷えないようにする

せっかく入浴に免疫を高める効果があっても、入浴したせいで体が冷えては意味がありません。入浴後はすぐタオルで髪や体を乾かし服を着ましょう。

湯船につかっている最中も、首に寒気を感じる場合はタオルを首や肩にかけて保温してください。

風邪気味の時の正しい入浴法:入浴後にも水分補給を

入浴中に発汗で体から出ていく水分は500mlくらいだといわれています。入浴後には必ず水分補給をしておきましょう。コップ2杯くらいの水を飲むのがおすすめです。

風邪をひいている時は疲労しやすいので、スポーツ飲料やフルーツジュースを飲むのもおすすめです。エネルギーの材料になる糖分が補給できます。フルーツジュースは風邪で消耗しやすいビタミンCの摂取も期待できます。

風邪気味の時の正しい入浴法:そのまま布団へGO

入浴後はしばらく安静に過ごし、入浴で消耗した体力を回復させましょう。できれば入浴後は、そのまま布団に入ってぐっすり眠るのがおすすめです。睡眠には疲労を回復し免疫力を高める効果があります。

必ず守りましょう!風邪をひいた時の入浴の注意点

入浴は体にさまざまな健康効果をもたらしてくれますが、一つ間違えると体に負担をかけたり風邪を悪化させてしまったりする可能性があるので、風邪をひいている時は以下の点に注意し、体調が悪い時は入浴を控えるようにします。

風邪をひいた時の入浴の注意点:37.5℃以上の熱がある時は入浴を控える

37.5℃以上に熱が上がっている時は、免疫がウイルスと闘っている最中です。体力を消耗しているので入浴は控え、安静にして過ごします。

風邪をひいた時の入浴の注意点:倦怠感・めまいがある時は入浴を控える

37.5℃以下の微熱しかなくても倦怠感のある時は、入浴が体の負担になるので入浴は控え、安静にして過ごします。

フラフラする感じ、めまい、頭痛がある時も、入浴中に気分が悪くなる可能性があるので入浴は控えるのが安心です。

風邪をひいた時の入浴の注意点:寒気がする時はシャンプーを控える

風邪気味でもシャンプーするのは問題ありませんが、寒気が強い時は大事をとってシャンプーは控えます。シャンプーをしている間に体が冷えたり、入浴後に濡れた髪で頭が冷えて寒気が増してしまう可能性があります。

どうしても髪の汚れを落としたい場合は、蒸しタオルで髪の毛と頭皮を丁寧に拭き、すぐドライヤーで乾かしておくとさっぱりします。

風邪をひいた時の入浴の注意点:下痢・嘔吐がある時は入浴を控える

風邪のウイルスによっては消化器の症状を伴うものもあります。俗にいう「お腹に来る風邪」をひいて下痢や嘔吐のある場合も、入浴は控えることをおすすめします。

下痢・嘔吐のある時は体内の水分が不足しやすく、入浴で大量の水分を失うと脱水を起こす可能性があるためです。

風邪予防にも!免疫がパワーアップするお勧めの入浴法

消化した入浴法でも風邪を治す効果はばっちりですが、入浴で風邪を一気に治してしまいたい方は、より免疫力が高まる入浴法を試してみてはいかがでしょう。

それは、入浴によって意図的に体温を38℃まで上げる方法です。体温が上がると体内でヒートショックプロテイン(熱ショックたんぱく質)という物質が増え、免疫が活性化するのです。

ヒートショックプロテイン(以下HSP)とは、傷ついた細胞を修復したり免疫力を高めたりするたんぱく質のこと。

細胞がストレスを受けた時にそのダメージを修復しようとして増える性質があり、細胞が急に熱を受けた時、つまり入浴して体温が上昇した時に増えます。

入浴でHSPを増やすと、1回の入浴によって3日間くらいは免疫力の高い効果が持続するので、免疫が体内のウイルスを撃退してくれ風邪をすっきり治すことができますし、普段からHSPを増やすことで風邪の予防にも役立ちます。

一定の条件を守って入浴することでHSPが増えます。ただし、通常の入浴よりも体の負担が少し高いので、微熱程度で倦怠感のない方におすすめします。すでに熱が上がっている人は体温をわざわざ上げる必要はないので行わないでください。

入浴前には必ず体温を測って高熱がないことを確認し、コップ1~2杯の水分を補給しておいてください。

HSPを増やす入浴法

お湯の温度は、40~42度くらいに設定。温度を上げすぎるのはNGです。

この状態で、湯船に10分ほどつかっていると、自然に体温は1度ほど上昇します。

入浴後は、そしてこのままさらに10分ほど入浴すればOK。

体温が1.5度ほど高くなっていることを、舌下温(舌の下に体温計を入れて計測)で確認して終了です。部屋を適温にし、身体を冷やさないことも大切です。

    【HSPを増やす入浴法のポイント】

  • 入浴前の水分補給
  • 自分の平熱から+1.5度を目安に
  • 40~42度で20分入浴
  • 舌下温を計り、体温(深部)の上昇をチェック
  • 入浴後は冷やさない、温めすぎない
  • 2〜3日に1回でOK

37℃には意味があった!37℃以上の体温が良い理由

なぜ免疫は37℃以上でパワーアップするのでしょうか。

それには「代謝」が関係しています。生命維持に欠かせないのが「代謝」です。代謝とは、一言で言えば体内で起こる化学反応のことで、エネルギーを熱(体温)に変換するための重要な活動にあたります。

例えば、食事から摂取した栄養素を熱に変換するのも代謝です。恒温動物の私達は代謝機能のおかげで常に体温が36.5~37℃に保たれているのです。

なぜ平熱が36.5~37℃なのかというと、37℃くらいが最も代謝が活性化され、あらゆる機能がスムーズにはたらくためです。機能がスムーズになると免疫も活性化されやすくなるので、体内にウイルスが侵入してもパワーアップした免疫が強力にウイルスを排除してくれるようになります。

体にウイルスが感染すると生体防御反応として、体温が37℃に上がり免疫が活性化させます。このことは2012年に大阪大学系研究科の研究グループが初めてその仕組みを解明しました。

異物(=ウイルス)を殺す白血球の一種「好中球」がはたらくには活性酸素が必要なのですが、活性酸素が作られる温度というのがちょうど37℃だというのです。

ちなみに体温が36.5℃以下だと免疫力も低下するので病気にかかりやすく治りにくくなってしまいます。

代謝は体温が高くなるほど促進されますが、高ければ良いということではなく、ヒトが生存できる42~43℃に近づくほど、体のダメージが大きくなります。

体温計が42℃までに設定されているのは、43℃以上が不要なため。ヒトの体を構成するたんぱく質は43℃くらいで凝固し始め、43℃以上は生存不可な温度なのです。

そう簡単に42℃まで体温が上がることもありません。生命の危機から身を守るために体温調節中枢がはたらいて、高熱が出ると汗をかいて体温が上昇し過ぎないように調節してくれているからです。

しかし40℃以上の熱が続くと、熱のダメージで体温調節中枢を含むあらゆる機能が制御できなくなってくるので危険です。風邪がこじれて肺炎に進むと高熱が出る可能性があります。そうならないよう風邪気味の段階ですっきり治しておくのがのぞましいです。

入浴はやさしい健康法!風邪はお風呂ですっきり治そう

今まで風邪気味の時は入浴を控えていた慎重なあなたも、これからはお風呂に入って風邪をスッキリ治してくださいね。

入浴は風邪薬のような副作用もない、体に優しい健康法です。無理をして入るのは良くありませんが、温熱効果を利用しないのはもったいないので上手に活用していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る