健康生活TOP 脳血管障害 くも膜下出血の原因とは?突然死の予防には脳ドックでの検査が有効

くも膜下出血の原因とは?突然死の予防には脳ドックでの検査が有効

働き盛りの人が、突然激しい頭痛を訴えて倒れ、そのまま帰らぬ人になった。

死因はくも膜下出血だったという話は、割合よく耳にするものです。病名は有名ですし、脳卒中の一種らしいと言うことも知られています。

でも、何が原因で起こり、どのような進み方をする病気なのかと言うことや、前兆症状や予防については意外に知られていません。

実際のところ、くも膜下出血で倒れて救急車を呼び、専門の病院に到着する前に亡くなる人が20%くらいいると言うデータもありますので、とても急を要する危険な病気であることが良く判りますね。

くも膜下出血は致死的な病気であり完全回復は多くても3割

くも膜下出血では、40%~50%の人が助かりません。つまり死亡率は40%~50%です。幸い生命を取り留めてもその半数以上の人に何らかの後遺症が残ります。ですので、完全に回復できる、後遺症なしの生存率は20%~30%程度だと考えられます。

良く三分の一ルールと言って、亡くなる人:後遺症が残る人:完治する人の割合が同じ程度だとも言われますが、もう少し厳しいようですね。ですので、予防が大切ですし、警告症状と呼ばれる前兆が現れた時には、一刻も早く専門の病院に行かなければなりません。

くも膜下出血は脳の外側に起こる出血性の脳卒中

くも膜下出血は、脳底動脈と言う脳に入ってくる血管が構成する血管群の、枝分かれする部分で起こりやすくなっています。そこで出血が起こると、本来は脳脊髄液と言う液体の通り道であるくも膜下腔と言うスペースに血液が流れ込みます。

脳脊髄液は全身に存在するものを集めても、せいぜい130mLくらいしかなく、くも膜下腔には約25mLが存在しています。脳脊髄液は脳に栄養を送り、老廃物を回収し、そして脳を衝撃から守る働きを持っています。

そこに脳底動脈が破れたことによって血液が流入、くも膜を含む髄膜を刺激することで激しい頭痛が起こります。意外なようですが、脳本体には知覚神経が入っていないため痛みを感じず、髄膜で痛みを感じているのです。

その出血の刺激によって脳脊髄液の量が増え、頭の中の圧力である頭蓋内圧が上昇したり、重要な動脈から出血することで脳に必要な血液が行き渡らくなって生命が危険にさらされます。

さらには交感神経系が強く刺激されることで、致死性心室性不整脈が起こり、心臓が止まってしまうこともあります。他にもさまざまな症状がありますが、とにかく専門の病院に一刻も早く搬送しなければなりません。

専門医の不在などの理由で、最初に搬送された病院で対応しきれない場合、救急車にお医者さんが同乗してくれて、全身状態をコントロールしながら専門病院へ転送すると言ったケースもあります。

それでも、専門病院にたどり着く前に、亡くなってしまうケースも決して少なくないのです。

くも膜下出血の後遺症は病気の重症度に比例する

くも膜下出血では生命は助かったけれど、意識が全く戻らないと言う最重症の後遺症から、記憶障害が出てしまう中程度の後遺症や、言葉や四肢の動きに少し障害が残る程度まで、そのレベルには大きな開きがあります。

これはおおむね、くも膜下出血の重症度に比例しているようだとされています。言い換えれば、重度の後遺症が残った人の場合、発症時点では非常に生命の危険が高かったとも言えるでしょう。

ですので、やはり普段からの予防と、予兆が現れた時にためらわず受診することの2つが、生命を守ることと後遺症を残さないことに大きな意味を持ってくると言えるでしょう。

脳卒中とは「脳が卒然と中(あた)る」と言う意味です。卒然は突然と同じような意味です。つまり、「脳が突然悪い物にあたった」と言う状況なのです。この卒然と言うのが重要な意味を持っています。次章以降で見てみましょう。

くも膜下出血の原因は脳動脈瘤破裂が90%を占める

先に少し触れましたが、くも膜下出血では脳底動脈の分岐部を中心にみられることが多い、脳動脈瘤が破裂して起こります。脳動脈瘤があるから必ず破裂すると言うものではありませんが、見つかった場合には治療しておいた方が良いですね。

その脳動脈瘤の破裂は、既往症や生活習慣によってリスクが大きくなるケースが少なくありません。ですので、持っている病気の治療と、悪い生活習慣の排除が予防につながります。

排除すべきは過度の飲酒・高血圧・喫煙習慣

くも膜下出血のリスクファクターで一番に挙げられるのは過度の飲酒です。過度の飲酒習慣を持つ人では、そうでない人に比べて4.7倍もリスクが高くなっています。

そこで問題になるのが「過度の飲酒習慣」ですが、純アルコール量として1週間に150g以上と示されています。150gのアルコールと言うのは、188mLくらいになります。これをアルコール度数5%のビールで見た場合、500mL缶7.5本くらいになります。

あるいはアルコール度数15%の日本酒では6.96合になってしまいます。厚生労働省が示している「節度ある飲酒」の量とよく符合するのですが、アルコール度数によっては日本酒1日1合が危険領域に入ってくるのです。

もちろん、節度ある飲酒量の目安を守った上で、週に1日以上の休肝日を設ければ安全ですね。

次に危険なのが高血圧です。高血圧と言うのは収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上の状態を指します。高血圧がある人の場合、そうでない人に比べてくも膜下出血発症のリスクは2.8倍になっています。

そして、ことあるごとに悪者にされるたばこは、ここでもリスク要因です。しかし、お酒に比べると危険度は低く、1.9倍のリスクとなっています。

もちろん飲酒と喫煙の両方の要因を持っている人は、そうでない人に比べて6倍も発症リスクが高くなっています。

肥満は危険ではなく痩せが危険

こうした生活習慣病的な傾向を持つ病気には珍しく、肥満はリスク要因になっていません。むしろBMIと発症リスクの間には、負の相関(体重が重いほど発症しにくい)が見られるのです。

ただし、どこまでの肥満ならその傾向が続くのかが明示されていないので、太り放題に太っても良いとは言い切れません。できればBMI<25.0kg/m2をキープしておいた方が、他の病気の心配も少なくて済みます。

そして、この病気では痩せた人が危険なのです。飲酒にまつわるデータはありませんが、痩せた喫煙者や痩せた高血圧の人では、くも膜下出血の危険度が増大したと言うデータが得られています。

くも膜下出血は女性が男性の約2倍と女性の方に多い病気ですから、ダイエットのやりすぎには注意が必要ですね。適切な体重をキープするように心がけて下さい。

やはりベストはBMI=22.0kg/mで体脂肪率は20%~25%くらいをベストとして意識しておくのが健康に役立つでしょう。

また、糖尿病だからと言ってくも膜下出血を起こしやすいと言うことはないのですが、くも膜下出血が起こってしまった場合には重症化しやすいようです。血糖値コントロールはやはり大事ですね。

さらに、心臓に病気がある場合やコレステロール値、NSAIDsを使っていた履歴、さらには赤血球の多い少ないなどはくも膜下出血の発症に影響を及ぼさないと報告されています。

くも膜下出血のリスクに関しては、一般的な感覚よりお酒の危険性が高いようですね。節度ある飲酒量だけではなく休肝日もうまく導入して健康を守りましょう。

脳ドックの利用はリスクの早期発見に役立つ

40歳を過ぎたら人間ドックで健康の状態をしっかり検査する人も多いですね。しかしながら、料金の問題もあって基礎ドックで健診を受ける方が非常に多くなっているようです。

基礎ドックでは生活習慣病や一部のがんなどについて、通常の健康診断ではカバーしていない部分を含めてしっかり検査してくれますが、脳についてはオプション検査になります。

ですので、一度は「脳ドック」と呼ばれる検査を受けて、脳の血管に異常がないかどうかを検査しておくと安心ですね。もちろん。上で紹介したリスクの高い人は定期的に繰り返し受けた方が良いでしょう。

脳動脈瘤と脳動静脈奇形を調べるだけでも安心

脳ドックではMRI装置を使って検査を行います。同じ装置で通常のMRI画像に加えて、MRA(磁気共鳴血管画像)も得られますので、頭の中の血管の状態を知るには最適です。

脳ドックでのスクリーニング(病気の拾い上げ)では、血管造影剤は通常使いませんので副作用の心配もなく、待ち時間や状態の解説を含めても1時間以内で終わるでしょう。

ここで注目されるのは、最初にお話しした脳動脈瘤の有無です。まったく症状のない状態であっても脳動脈瘤が見つかることはあります。もし見つかったらその程度に応じて治療するわけですが、手術が必要になるのは20%~30%です。

残りの70%~80%の人は、高血圧のコントロールや禁煙・禁酒などの生活習慣の改善で様子を見ることになるでしょう。

但し、様子を見ることになったら、定期的にMRAで検査を行って、動脈瘤の状態が悪化していないかどうかを見続けて行くことになります。

くも膜下出血の大半は未破裂脳動脈瘤ですが、一部に脳動静脈奇形やもやもや病もリスク要因となっています。もちろんこれも脳ドックで検査できます。

また、遺伝的なリスク要因もあります。一親等以内ですから両親のどちらかか、自分の子供の誰かに脳動脈瘤が見つかった場合、4%の確率で自分にもあると言うデータがあります。

ですので一般的な感覚としては、両親のどちらかがくも膜下出血で倒れたことがあれば、自分もその危険性が高いと考えて警戒しておきましょう。

手術の内容は動脈瘤の状態によって変わる

脳ドックなどで見つかった動脈瘤を未破裂脳動脈瘤と呼ぶように、やはりリスクを考えた場合、脳動脈瘤は破裂してくも膜下出血をもたらすことを念頭に置いているのです。

もちろん動脈瘤が大きければ大きいほど破裂の危険性が上がるのですが、治療方針は大きさだけでは決められません。手術としてはメジャーな方法が2種類あります。

1つはカテーテルを太ももの動脈から入れて、動脈瘤の中に「GDCコイル」と呼ばれる極細のプラチナ線を詰め込んでしまう方法です。このコイルによって血栓ができ、動脈瘤を埋めてしまうことを誘導する手術です。

もう1つは開頭手術を行って、動脈瘤の根元をクリップでふさいでしまうものです。動脈瘤の形によってどちらの手術が適しているかは検査してみないと判りません。

MRA検査で未破裂脳動脈瘤が見つかった場合は、その大きさや個数、血管の状態や全身状態を見極めた上で、お医者さんから手術が勧められることもあります。

また、一定以上に大きくなった動脈瘤では、危険度が高いため手術が強く勧められるでしょう。もちろん手術ですからリスクは伴います。どのようなリスクがあるのかもしっかり説明されますから良く聞いて理解して下さい。

冷静に聞く自信がない場合は、ご家族に付き添ってもらって、情報に漏れがないようしっかり聞いて下さい。

未破裂脳動脈瘤は破裂するとくも膜下出血を引き起こします。その段階で生命が助かるかどうかは半々です。そのことを大前提に置いて、手術を行うにせよ見送るにせよ、積極的に治療を行うことが大切なのです。

なお、手術で治療した場合でも、定期的に再発がないかの検査は行うことになります。

70歳以上であったり、全身状態が手術に適さない場合は原則として手術は行われません。逆に言えば、未破裂脳動脈瘤以外の病気がない間の方が手術で治してしまいやすいのです。

起こってしまったら一刻も早く専門病院へ

くも膜下出血のリスクに気付かなかったり、気づいていても手術などの対処が間に合わなかったりした場合には発症することもあります。そうなった場合には一刻も早く専門病院での治療が必要になります。

救急車を呼ぶことはもちろん、突然の激しい頭痛で倒れたと言う情報が、救急隊に正確に伝わるようにしなければいけません。

治療の方法は臨機応変にならざるを得ない

この健康生活を読んで下さっている皆さんの中には、どんな治療が行われるのかを知りたいと言う人もおられるでしょう。しかし、それを知ることのメリットはあまりないかもしれません。

もちろん知的好奇心を満たしたいと言う部分では知っていただいて良いと思いますが、実際の治療の現場ではマニュアル通りに進められるものではありません。

例えば、くも膜下出血ではずっと血が流れ出しているわけではありません。激しい頭痛を見た最初の出血のあとは、一旦出血が止まっていることも多いのです。

そしてくも膜下出血では、患部から再び出血が起こることが往々にして悪い結果を招きます。ですので、その予防のために血圧を下げるお薬を積極的に用います。

しかし、一方で重症例では頭蓋内圧が高くなっていることが多く見られます。その際に血圧を下げてしまうと、頭蓋内圧に負けて脳への血流が減ってしまい、脳が虚血状態になってしまいます。

脳動脈瘤からの再出血は危険ですが、脳が虚血状態になってしまうことも同じように危険です。そうした場合に降圧薬を使うかどうかは、経験を積んだお医者さんの判断に頼るしかないのです。

ですから、ここで「くも膜下出血では降圧薬で血圧を下げます」と言う情報を提示しても、それは正しくもあり、誤りでもあると言うことになってしまいます。

くも膜下出血が起こってしまったら手術が重要

脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血が起こった場合、手術なしで治療しようとすると最初の1か月で20%~30%で再出血が起こり、悪い結果を招いたと言うデータがあります。

ですので、くも膜下出血が起こった場合、特に重症ではない場合には、発症から72時間以内に開頭手術やカテーテル手術を行って再出血を抑えます。

比較的重症の場合でも、例えば脳脊髄液が吸収されにくくなって量が増えてしまい脳を圧迫する、水頭症が起こっている場合などには積極的に手術が行われます。

この水頭症は発症と同時に起こる急性型と、1か月くらい遅れて発生する遅発型があります。いずれにせよ手術対応になるケースが想定されます。

そして、最も重症である場合に手術を行うかどうかはお医者さんの判断で変わります。うかつに触れないと言うケースも少なくないのです。

警告症状について知っておくと助かる確率が上がる

例えば、突然強めの頭痛が起こったけれど、ほどなく治ったと言うのは、実際に微量の出血が起こったことで発生した頭痛の可能性があるのです。

最初の方でお話ししたように、くも膜下出血の症状は「突然強めの頭痛が出る」と言うことなのです。それが強めどころか、意識がなくなるほど強烈な場合は本当の発作ですね。

こうした頭痛は、普段感じることのない頭痛だとも言えるでしょう。そうした頭痛を感じたら、すぐに脳神経外科の病院へ出向いて下さい。その際、たとえ自転車であっても、自分では決して運転をしないで下さい。

上でお話しした通り、くも膜下出血で危険なのは再出血です。ですので、こうした頭痛が起こった後に、再出血の形で本格的なくも膜下出血が起こることがあるのです。このため、このタイプの頭痛を「警告頭痛」と呼ぶこともあります。

また、破裂寸前の脳動脈瘤が動眼神経を圧迫して、物が二重に見えたり、片方のまぶたが下がったりすると言う症状が起こる場合があります。

物が二重に見えた場合は、まず鏡を見てまぶたが下がっていないかを確認して下さい。もちろん下がっていなくても受診するべきですが、下がっていた場合はその足で病院に向かいましょう。

さらに、頭痛を併発していたら救急車を呼んでも良い状態です。こうした警告症状に敏感になっておくだけで、万が一くも膜下出血を起こしたとしても、既に病院に向かっている分治療が早く行えるでしょう。

治療が早く行えると言うことは、それだけ生命が助かる確率も、後遺症なく回復できる確率も上がると言うことです。

ですから、警告症状が現れた場合には、誰かにそのことを伝えて病院へ付き添ってもらって下さい。病院に向かう途中で倒れても、警告症状についての情報が、お医者さんに正確に伝わることが大切なのです。

同じ脳卒中のひとつである脳梗塞でも、一過性脳虚血発作と言う、すぐに回復する脳梗塞症状が警告症状として存在しています。こうした予兆があった場合は幸運だと思ってすぐに病院へ向かって下さい。

くも膜下出血の予防は「治ったからいいや」と思わないこと

このように、くも膜下出血と言うのは生命を危険に陥れる非常に厄介な病気です。しかし、よく注意しておけばある程度は予想できることもあるのです。

この中で重要なのは、警告症状が現れたて治まった時に「もう痛くないから大丈夫」と思い込もうとしないことです。経験した事のないような頭痛があったらすぐに受診することで生命が助かることもあるのです。

▼関連記事
くも膜下出血の前兆を見逃すな!働き盛りに多い突然死の原因と症状

くも膜とクモ膜は、特にどちらを使わないといけないと言うことはありません。学術用語なのでカタカナと考えることもあるようですが、本来は漢字だったのです。

ただ、蜘蛛膜(ちしゅまく・くもまく)の蜘蛛の字が戦後当用漢字から外され、その後常用漢字表にも掲載されていないことから仮名書きになっているだけなのです。

もちろんこの蜘蛛は、あの8本脚の虫のことです。クモ膜がクモの糸を織り上げたような透明の膜であることから命名されました。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る