健康生活TOP 脳梗塞 【脳梗塞】一過性脳虚血とは?簡単な検査で早期発見を!

【脳梗塞】一過性脳虚血とは?簡単な検査で早期発見を!

診察を受ける高齢女性

ABCD2スコアをご存知ですか?

このスコアは脳梗塞につながる危険性を予測する指標として発表されているものです。今回は「脳梗塞」を取り上げ、このABCD2スコアの活用法をご紹介します。

脳梗塞は現在、我が国の死因の第4位である「脳血管障害(脳卒中)」の中で約60%を占める程多い疾患です。

ご存知の方も多いと思いますが、脳梗塞は幸い一命を取り留められたとしても、半身麻痺などの後遺症がかなりの確率で残ってしまうため、日常生活においてリハビリや介護が必要になる病気です。

ご自身はもちろんの事、介護者にも大変な負担のかかる重大な出来事です。将来のQOL(生活の質)を大きく損ねないためにも、普段から予防・再発防止を意識して生活することが重要なのです。

脳卒中、脳梗塞の違いは何?前触れ発作(TIA)を見逃さないで

本題に入る前に確認しておきましょう。皆さんの中には「脳卒中」と「脳梗塞」を混同してしまっている方もいらっしゃるでしょう。

脳の病気にまつわる名前は昔からいろいろあって、一体どの症状がどの病名で呼ばれているのかとわからなくなりますよね。

脳卒中、いわゆる脳血管障害とは、脳の血管が破れたり詰まったりして起こる病気の総称です。ちなみに「脳いっ血」とは脳出血のこと、「脳軟化症」とは脳梗塞の結果、脳の細胞が壊死してしまうことです。

今回取り上げる「脳梗塞」は脳軟化症と同じ事柄だと思ってください。

半身麻痺や言語障害など、明らかに脳の血管障害が発生したと判別する前に「前触れ発作」を起こしている場合があります。

前触れ発作(TIA)を放置すると脳梗塞を起こし非常に危険!

その症状が軽かったり、症状がほんの一時的、多くは15分前後の場合で、24時間以内には完全回復する発作を「一過性脳虚血発作(TIA)」と呼びます。

脳の病変が小さいこと、血管閉塞、つまり血管のつまりが短時間であることなどが原因とされています。

TIAは一度症状が起きても、一過性でそのうちに消えてしまうので見過ごされがちなのですが、原因となる血管の病変はそのまま残っていますので、本物のもっとひどい発作、治りにくい障害を起こす危険性がかなり高いと考えてください。

急いで専門医を受診してください。このチャンスを見逃すと重大なことになります。

一過性脳虚血発作を治療しないで放っておくと、3か月以内に15~20%の方が脳梗塞を発症し、そのうち半数は一過性脳虚血発作を起こしてから数日以内(特に48時間以内が危ない)に脳梗塞になることがわかりました。

一過性脳虚血発作の後に脳梗塞に発展するリスクは、その原因を持っているかいないかによっても、またその人の体質によっても様々です。

ただ、家族に脳梗塞の患者さんがいたとしても、脳梗塞そのものは遺伝しません。次にご紹介するABCD2スコアを見ていただければわかりますが、血圧や、生活習慣が発症に影響してきます。

TIAを評価するABCD2スコア

それでは、ABCD2スコアを見ていきましょう。ABCD2スコアは、一過性脳虚血発作後、その症状が脳梗塞に発展する危険性を早い段階のうちに予測する”ものさし”として開発され使われてきました。

TIAの診断に使用されるABCD2スコア

項目の合計点が高いほど、発作後に脳梗塞に発展するリスクが高いとされています。

合計点が3~4点以上の方、また、このスコアから見て取れるように血圧の高い方、糖尿病のある方は特に注意が必要です。

脳梗塞予防の秘けつ3つ

突然ですが、あなたはどういう年の取り方、どういう死に方をしたいですか?誰でも年は取りたくないし、ましてや死ぬ時のことなんて考えたくもないかもしれません。

いや、普段意識に上らないということもあるでしょう。ですが、時間は無情にも過ぎていくもの。誰でも年齢を重ね、体力は衰え、一歩一歩死に近づいていくのです。

できることならば、病気をせず、健康で、人の手を借りずにポックリと逝きたい。長生きして、楽しいことをいっぱい経験して・・・と思っている人が多いのではないでしょうか。

さて、今回取り上げている「脳梗塞」は、下手をするとそんな願望を打ち砕いてしまいかねない病気です。

以下に脳梗塞を防ぐポイントをまとめておきます。

1.危険因子を知る
定期的に健康診断を受けることにより、自分の持っている危険因子を発見し、受け入れることが大事です。
2.危険因子を減らす
危険因子をできるだけ減らすように努めましょう。生活習慣を見直すことは必須です。
3.発作に気づき、早期に発見する
もしも脳梗塞を疑わせる症状が出たら、それが軽くて一時的なものであっても必ず病院にかかりましょう。(TIAの項目を参考にしてください)

脳梗塞の具体的な危険因子とは?あなたを襲う死の四重奏!

脳梗塞の予防は、リスク(危険因子)を知り、それらをできるだけ減らすことが重要です。

明らかに検査値が高いと言われた方は、医療機関で治療を受けてください。そのためにも定期的に健康診断を受けることを強くお勧めします。

特に次に挙げた

  1. 高血圧
  2. 糖尿病
  3. 脂質異常症

と、ここでは取り上げませんがメタボリックシンドロームは「死の四重奏」と呼ばれ、これらが重複している場合は特に動脈硬化になるリスクが上がり、心筋梗塞、脳卒中などによる「突然死」に至る原因です。該当する場合は注意が必要です。

高血圧

高血圧は、血管の壁が硬くなったり、血管の中に中性脂肪などが付着して狭くなった結果、血液が流れる時に圧力がかかってしまっている状態を指します。

動脈硬化した血管はもろく、傷つきやすくなります。この血管に心理的ストレスなどが加わるとさらに瞬間的に血圧は高くなることがあります。

動脈硬化は加齢の他に、喫煙、塩分やコレステロールの高い食品を日常的に摂取するなどの生活習慣から発生する病気です。

特に塩分の過剰摂取は塩分が直接血管を傷つけるだけでなく、塩分をとることによってナトリウムが細胞から水分を奪い血液を取り込むために血液量が増えてしまって結果として血管に圧力をかけることになります。

また、大量に入ったナトリウムを排泄する必要から腎臓のろ過機能を活発にするために、交感神経が活発になり、その結果血圧が高くなるということもあります。

高血圧を予防・治療するためにも、塩分の制限は必須です。

糖尿病

糖尿病の人は健康な人よりも脳梗塞の発症率が高いこともわかっています。糖尿病は何らかの原因によって、インスリンの血糖処理能力が低下した状態のことを言います。

インスリンは体の中に炭水化物が入ると分泌され、血液中の糖分の濃度を一定に保とうとする役割をしているのですが、食べ過ぎ、体の不調、生活習慣の乱れやストレスなどによってはインスリンの糖処理能力が間に合わない状態になってしまうのです。

すると、血液中に積み残された(処理しきれなかった)糖分が沢山残ってしまいます。その糖は脂肪細胞の方に脂肪として保管されるか、直接血管の壁を攻撃して血管自体を厚く硬くしてしまいます。

糖尿病は食事・運動療法でコントロールしますが、より重症であれば薬物治療が必要となります。

脂質異常症

2007年までは「高脂血症」と呼ばれていました。

脂質異常症(高脂血症)とは、血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)やトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎたり、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が少なくなる病気です。

脂質異常症をほうっておくと血管の動脈硬化が少しずつ進行します。やがて心筋梗塞や脳卒中などの進行な病気が引き起こされてしまいます。

悪玉、善玉と言う名前から悪玉コレステロールは不要かという印象がありますが、そうではなく、どちらも必要です。2つのバランスが大切なのです。

他にも注意したい危険因子!心房細動

65歳異常の高齢者の5~10%が心房細動を持っているといわれます。

血管が硬くなると心臓は前より強い力で血液を全身に送り出さなければならなくなります。そうすると血圧は上がり動脈硬化を進行させる事態になります。それに対し心臓はさらに頑張ろうとし・・悪循環ですね。

その悪循環の中で心臓の筋肉は少しずつ大きくなります。その結果、脈が乱れて不整脈が発生します。

不整脈にはいくつか種類がありますが、なかでもこの「心房細動」は、心房の中で血液の塊ができやすくなります。そうしてできた血栓(固まった血液)が血液の流れに乗って全身のどこかに流れ、途中で詰まってしまうと、そこにある臓器が正常に働かなくなってしまうのです。

例えば心臓の場合は心筋梗塞に、脳であれば脳梗塞にという具合です。

心臓から流れてくる血栓による脳梗塞は「心原性脳塞栓症」と言われ、重い後遺症を残す傾向があり、脳梗塞の中でも一番怖いと言われているほどです。

心房細動はあまり自覚症状がないため、気付かれないまま症状が進行してしまう危険性があるので注意が必要です。

脳卒中の既往のある方や、高血圧、心不全などを合併している人では脳卒中発生率が特に高いことから、抗凝固薬の服用が勧められています。

病院の薬物療法で再発防止!脳梗塞の治療法とは

お薬のことに触れましたので、脳梗塞で使われる主な薬についてご紹介します。

脳梗塞は、再発を繰り返すたびに症状が重くなり、寝たきりに近づいていきます。したがって再発を防ぐ必要があり、「血栓」を防ぐために先ほど引用した血液凝固薬(ワーファリンなど)や、抗血小板薬(アスピリンなど)が処方されます。

血液凝固薬は、作用が安定するまで時間がかかること、効きすぎると出血しやすくなるなどの特徴があるため、時間を計測したり量をコントロールするなどしながら注意して服用します。

抗血小板凝固薬は、血液が固まりやすくなる働きを抑え、動脈で血栓ができるのを防ぎます。血栓溶解療法(t-PA治療)と呼ばれます。アスピリンは代表的な抗血小板薬ですが、解熱鎮痛剤としても使われています。

このように、脳梗塞には二種類の薬物療法が適用されますが、これは起こってからの事です。最初の症状が出る前にできるだけの事をして予防する必要があります。

危険因子を減らして脳梗塞を防げ!日常生活で意識してほしい事

これまでご紹介してきた病気の因子を少しでも取り除くため、日常生活で意識して実践していただきたいことがあります。

食や運動といったごく当たり前のように感じる事柄ですが、その小さな積み重ねがあなたの健康を大きく左右することになるかもしれません。

食生活

糖尿病など他の生活習慣病の治療には肥満解消は必要とされます。

おすすめは、伝統的な日本食の構成要素とも言える、「マゴワヤサシイ」つまり以下に挙げるような食事です。

  • 豆類
  • ゴマなどのナッツ類
  • ワカメなどの海草類
  • 野菜
  • 魚類
  • キノコ類
  • いも類

魚類、特にさんま、イワシなどの青魚はエイコサペンタエン酸を豊富に含み、動脈硬化抑制効果があります。野菜、海藻類は食物繊維を多く含み、コレステロールのバランスを整えます。

野菜・いも類に豊富に含まれているカリウムは降圧作用や脂質代謝改善作用があります。

昔から引き継がれてきた「日本食」は日本人の体質にもともと合っていることが多いはずです。ただ塩分(塩、味噌)の使いすぎには注意しましょう。

食事を含め、健康に良い生活習慣を長く継続するためには「厳しい」ダイエットは相応しくありません。「少しずつ改善」することから始めてはいかがでしょうか。

運動

運動不足は、

  • 肥満
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高脂血症

などの原因、あるいは悪化の原因となります。ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れ血管をひらいて血圧を下げ、血液の流れを良くしましょう。

  • 喫煙
  • 飲み過ぎ
  • 過労・ストレス
  • 睡眠不足

も避けるべきです。

脱水も血液の流れを悪くする要因になります。夏の多汗、嘔吐・下痢、発熱時には水分摂取を心掛けましょう。特に高齢者はもともと身体の水分が少ないため、こうした要因で簡単に脱水症状となりますから注意が必要です。

健康寿命を伸ばそう

日本人の平均寿命は今や世界でもダントツ首位を誇ります。平均寿命とは「生まれたばかりの子どもが何もなければここまで生きのびるだろう」という推測年月の事です。

現実にもテレビなどのメディアで100歳を超えるお年寄りが元気で生活していらっしゃる様子を見かけます。

しかし100歳以上のお年寄りのうちそうして元気でいられるのはそのうちのごくわずかな人であって、多くは認知症や、この記事で取り上げた脳梗塞など、体力の衰えによって介護が必要とされているのです。

厚生労働省は現在「健康日本21」というプロジェクトで「健康寿命」を伸ばすことを勧めています。

健康寿命とは、介護状態になった期間を平均寿命から差し引いたものです。ここで取り上げた「脳梗塞」、そして互いに影響しあい悪化を早める生活習慣病などの危険因子を取り除くことはその課題を解くカギです。

リスクがあり将来に不安のある方、健康に心配な方はもちろん、病気とは無縁のはずと思っている方もこの機会にご自分の体の声に耳をすましましょう。脳ドッグを受けてみるのもいいかもしれません。

TIAなど前兆が現れてしまった方、身に覚えのある方も自己判断はせずに医療機関にかかってください。冷静になって、ABCD2スコアを参考にしてください。

あなたの人生は誰のものにも変えられないのですから。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る