健康生活TOP 盲腸 お腹の左側が痛い症状がある時は胃腸薬を飲む前に盲腸を疑え!

お腹の左側が痛い症状がある時は胃腸薬を飲む前に盲腸を疑え!

5172
お腹が痛いとき、もしいつもの痛み方と違うと感じたり、なにか違和感がある場合、それは盲腸かもしれません。

盲腸はお腹の右側が痛むと言いますが、これは必ずしもではないのです。左側が痛いときも盲腸を疑ってください。

では、いったいどういう症状がでたら盲腸を疑えばいいのか。また、盲腸から起こる恐怖の合併症、そして盲腸の正しい対処法をご紹介しましょう。

「盲腸」といえば急性虫垂炎!4つの兆候を見逃すな

盲腸というのは十二指腸や直腸といったように臓器を指す言葉であり、正式な病名ではありません。一般的に盲腸が痛むことを急性虫垂炎と呼びます。急性腹症の原因としては最も症例が多いと言われています。

虫垂炎はへそのあたりの痛みから始まり、悪心、嘔吐などの症状が初期にみられます。通常はその後数時間後に右下腹部痛に移行することが多いですが、中には左下腹部の痛みに感じることもあります。

血液検査をすると白血球とCRP(C反応性タンパク)という数値の上昇が見られます。ただ、自宅では血液検査をすることはできませんので、ここでは自宅でも見ることができる虫垂炎の4兆候を紹介します。

ブルンベルグ兆候

盲腸は自分から見て、へその右下に存在しています。虫垂炎であればその部分を圧迫してみると痛いはずです。ブルンベルグ兆候とは、圧迫しているときよりも、手を離すときに痛みが強くなるものです。

腹膜が刺激されることによる反跳痛といい、手を離す際に腹筋の振動が腹膜に伝わるためにこのような痛みが起こると言われています。

ロブシング兆候

仰向けで寝ているとき、盲腸の反対側かつ下側(下行結腸の位置)を圧迫すると痛みが強くなることをロブシング兆候といいます。大腸のガスが移動して盲腸を押す圧力が強くなるために起こると考えられています。

ローゼンシュタイン兆候

仰向けで盲腸の箇所を圧迫されるときよりも、右側を上にして寝ているときに同じ個所を圧迫されたときの方が痛みを増す兆候をローゼンシュタイン兆候といいます。盲腸が重力で下に引っ張られることが原因で起こると考えられています。

腸腰筋兆候

右側を上にして寝て、右ひざを曲げたり伸ばしたりという動きをした時、また背中側に伸ばした時に、右下腹部の痛みが強くなることを腸腰筋兆候といいます。虫垂の炎症が腸腰筋にまで至っていると見られます。

急性虫垂炎の原因と命を脅かす合併症の数々

6182
急性虫垂炎は食中毒などとは違った理由で起こります。虫垂自体は盲腸の奥にあり、垂れ下がるように存在しています。食べ物は回腸へ移動してしまうので消化機能上不要なものに思いますが、リンパ組織に富んでいて免疫機能を担っています。

炎症が起こるのは、食べ物の残差や糞石がたまる、リンパ組織が腫れる、腫瘍ができるといった理由によって虫垂がふさがってしまうことで引き起こされます。ここに細菌が感染することで炎症が起こってしまうのです。

放っておくと大変!急性虫垂炎が引き起こす合併症

腹痛そのものもさることながら、合併症も問題です。引き起こしやすい合併症には次のようなものがあります。

  • 横隔膜下膿瘍
  • 汎発性腹膜炎
  • 多発性腹腔内膿瘍
  • 盲腸周囲膿瘍
  • ダグラス窩膿瘍

盲腸、虫垂で起きていた炎症がその周囲にまで広がっていき、膿瘍を引き起こします。また、腹膜炎の多くは虫垂炎が原因で発症すると言われています。腹膜炎は迅速な診断が求められる病気で、命に関わります。

腹膜炎が重症化すると敗血性ショック、全身性炎症反応症候群(SIRS)、播種性血管内凝固(DIC)、多臓器不全(MOF)を引き起こし、最悪の場合命を落とす危険性が高まります。ただの腹痛だと侮ってはいけません。

多くの場合は手術適用で心配なし!

虫垂炎と診断された場合は、手術により虫垂を切除することで治療することができます。近年では腹腔鏡を使用した負担の少ない手術も可能になってきています。虫垂の切除といっても、心配はいりません。

虫垂炎を防げ!重症化する前にできること

それでは日々からできる虫垂炎の予防、対応を紹介します。手遅れになる前に!ちゃんと実践してみてくださいね。

「もしかして」の家族のサポートが重要

shutterstock_166337636
青年期の人に多い病気ですが、乳幼児や高齢者にも見られます。ですが、乳幼児は痛む箇所を的確に示すことができませんし、高齢者は症状がはっきりしないことが多く、どこが痛いか分からないこともあり、重症化するケースがあります。

特に高齢者の場合は家族がサポートするようにしましょう。同じ食事をした後に高齢者だけが腹痛を訴えるなら食中毒の可能性は低いので、常備薬を使う前に、先に紹介した家庭でもできる虫垂炎のチェックをしてみましょう。

抵抗力の弱っている高齢者は、炎症の時間が延びると他の箇所へも炎症が広がる危険性が高くなります。腹痛を訴えている時は「もしかしたら虫垂炎かも」と疑うだけでも、本当にそうだった時の対応が早くなるので、注意してみてください。

虫垂炎予防の鍵は健康な腸作り

shutterstock_161565866
虫垂に食べ物が詰まってしまってしまうのを防ぐには、腸の活動を活発にしておく必要があります。元気で正常な腸内環境を整えていると腸の蠕動運動が活発になり、盲腸や虫垂へ食べ物が落ちていくということがなくなります。

腸を健康にするには、腸内細菌を元気にする必要があります。そのためには、腸内細菌のエサとなる食物繊維を多く摂ること、善玉腸内細菌が嫌う油の多いものを控えるといった方法があります。

他にも、腹筋を鍛える、適度な運動をするといったことで刺激してやると、腸は活発に動きます。

またヨーグルトを食べることで、少ない日数ですが善玉菌を定着させ、腸内環境を改善させることができます。

腸は第二の脳と呼ばれる程神経が張り巡らされた「考える臓器」です。腸を健康にすることで様々な病気が改善するという研究結果が年々増えています。

虫垂炎を防ぐだけでなく、身体全体を健康にするために腸は大切にしたいものです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る