健康生活TOP がん 最期まで自宅で暮らしたい。がん患者の在宅での看取り方法と心得とは

最期まで自宅で暮らしたい。がん患者の在宅での看取り方法と心得とは

がんという病名は、だれでも知っているでしょう。

外科的手術や、放射線・服薬などの治療方法が研究されていますが、いまだ、がんで亡くなる方はいなくなることはありません。厚生労働省の統計では、40歳台から80歳台までの死亡理由の第一位ともなっています。

がんは、心不全などの疾患と異なり、疾病の発見から亡くなるまでに多少の時間が残されている病気です。そして、認知症などとは違い、亡くなるその間際まで、自我が保たれ意思を伝えられる状態を保ちます。

残された時間を意義のあるものにするために、がんという疾患について、辿る経過や特徴を知っておきましょう。

がんについて、基本的なことを知っておこう

がんについて詳しく知っている方は、どれくらいいるでしょうか。

身内にがんにかかった方がいたとしても、「予備知識のないまま過ごしてしまい、今も理解がおいついていない」という場合もあるでしょう。実際、罹患してからは、加療や保険の手続きなどをおこなわなくてはならず、多忙を極めることになります。

右往左往しているあいだにも、がんは進行します。いざその時に後悔せずに済むように、まずは、がんについての基本的な知識を得ておきましょう。

がんにかかりやすい年代とは

国立がん研究センターがん対策情報センターによる統計では、すべてのがんで、男女とも60歳台から増加していくことがわかっています。

がん罹患率、年齢による男女別変化グラフ
(出典…国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター 最新がん統計 より)

高齢になっていくほど、がんにかかる確率は高くなっていきます。

がん細胞は、体をつくる細胞の遺伝子が傷つくことで発生します。通常であれば、免疫機能がはたらいて、がん化することはなく消滅します。ですが、高齢になるにつれて、体の免疫機能は低下していきます。


(出典…国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター がんになったら手にとるガイド より)

免疫機能が低下すると、異常な細胞ができたときに、それが増えないように抑える力が弱くなります。これが、高齢になるにつれてがんの罹患率が増加する原因と考えられています。

がんの罹患に性別や年齢による差はあるのか

2014年にがんで亡くなられた方の数は、368,103例におよびます。その内訳は、男性が218,397例、女性が149,706例となっており、男性の方が多いことがわかります。

下の表は、死亡原因となったがんができた部位についての統計結果です。これを見ると、死亡理由となったがんができた場所に男女差があることもわかります。

1位 2位 3位 4位 5位
男性 大腸 肝臓 膵臓
女性 大腸 膵臓 乳房
男女合計 大腸 膵臓 肝臓

(参考…人口動態統計によるがん死亡データ より)

この表では、男性の1位は肺がん、女性の1位は大腸がんとなっています。男女によって、がんができやすい場所は異なるのがわかりますね。

また、年齢によっても、がんができやすい部位に違いがあります。

男性では、40歳以上では、胃や大腸、肝臓などの消化器系のがんが多くを占めます。ですが、加齢によってその割合は変化を見せ、70歳代以上では肺がんと前立腺がんの割合が増えていきます。

女性では、40歳代では、乳房、子宮、卵巣などの女性特有の器官に発生したがんでの死亡が多くなっていますが、高齢になっていくにつれ、胃や大腸、肝臓などの消化器系と肺がんの割合が増加していきます。

これらのことから、がんには、性別や年齢による差があることがわかります。

がんの末期と診断されたあとの過ごし方

考えておきたいのが、積極的な治療をおこなわないと決めた場合や、残された余命が長くはないと宣告をされる状態となった場合です。がんによって亡くなることを、近くおこりうる現実のことと認識しなくてはいけません。

終末期(ターミナル)とは、どういう状態か

末期ガンとは、一般的に「ステージ4」と呼ばれる段階です。

  • がんが全身に転移している
  • 積極的な治療ができない

このような状態が該当します。

症状があらわれにくい場所にできたがんは気づきにくいものですが、転移した場合には、いろいろな症状があらわれやすくなります。ですから、「この段階になって、ようやくがんに気付く」という場合もあります。

骨に転移すれば、転移した箇所がもろくなり、ささいな衝撃でも骨折しやすくなります。肺に転移すれば、しつこい咳や呼吸のしにくさがあらわれます。そのほかにも、肝臓や脳、腹膜など、転移した場所に応じた症状があらわれます。

ですが、「この段階だから余命はどれくらい」と一概に言うことはできません。おなじ場所にできたがんでも、その進み具合には個人差があります。選択した治療方法や、その治療方法がどれくらい効くかなどによっても異なります。

積極的な治療はできなくても、転移したがんが部分切除しやすい場所にあるならそれを取ったり、抗がん剤や放射線治療でがんを広がりにくくしたりする治療を提示される場合もあります。

この段階で加療を受けることが良いことなのかどうかは、副作用の強さが大きく関わってくるでしょう。

副作用があっても、「残された時間を少しでも長くできるなら、治療を受ける」という方もいます。反対に、「残された時間を、副作用による苦痛なく過ごしたい」という方もいます。

どちらを選択しても、悪いことではありません。正解も間違いもありません。

本人や家族が楽になれ、より良い関係で過ごすことができ、残された時間を有意義に使える選択をすることが、もっとも大切です。

自宅での看取りを考える

常に状態を観察している必要があったり、24時間体制で医療処置を要する場合でなければ、がん患者といえど継続的な入院ができない場合もあります。その場合には、病院外での生活手段を考えなくてはいけません。

多くの方が、「大切な家族と、住み慣れた自宅で過ごしたい」と思われるでしょう。家族の協力と覚悟があり、医療体制との連携がとれるのであれば、自宅で看取りをおこなうことは決して難しいことではありません。

医師と相談し、情報を集める
がんの治療でかかっている病院と相談し、在宅で過ごすために必要な環境について確認をしましょう。特に、在宅でおこなうことが必要な処置について、詳しく聞くことが大切です。

処置の内容によっては、家族が自らの手でおこなわなくてはいけないものもあります。家族がどこまでおこなえるか、覚悟を決める意味でも、しっかりと情報をいただきましょう。

訪問診療をおこなう在宅医との連携をとる
がん患者を在宅で看取るには、訪問診療が不可欠です。医師に家へ訪問してもらい、病状の管理や薬の処方をおこなってもらいます。体調の変化や急な苦痛が現れた際に対応を依頼できるよう、対応可能時間についても確認しましょう。

依頼できる医療機関を自分で探せない場合には、病院の医療連携室や地域連携室などに、そのための相談員がいるはずです。そのほかにも、市役所には訪問診療をおこなっている医療機関の資料が備えてあります。

不安なく療養するためにも、また、自宅で看取りをおこなうためにも、もっとも大切な部分です。対応できる範囲についてしっかりと確認し、病院と訪問診療医の間での連携をとってもらいましょう。

介護保険の利用を考える
介護保険は高齢者のものと思われるかもしれませんが、医療保険に加入しており、特定の条件に該当すれば、40歳から介護保険を利用することができます。末期がんは、その特定の条件に該当するのです。

訪問看護による訪問や、福祉用具の貸与、訪問入浴など、利用できるサービスは多岐にわたります。末期ガンの場合、医療保険が優先で適用になるものもあるので、ケアマネージャーと相談しながら利用を進めましょう。

医療費控除など、費用的な助けとなる制度を知っておく
若年での発症の場合、多くは医療保険が3割負担となるでしょう。後期高齢者医療制度が利用できる1割負担の高齢者よりも、費用負担が大きくなります。

医療費の自己負担を軽くできる高額療養費制度や、多額な医療費を支払ったときに所得税が還付される医療費控除について、知っておきましょう。公的医療保険に加入しているのならば、傷病手当金の給付対象にもなるかもしれません。

こういった制度の利用は手間がかかりますが、申告制であるため、手続きをしないと利用ができないものです。在宅での看取りは自由な時間が取りにくくなりますから、あらかじめ、こういった制度があることだけは知っておきましょう。

自宅で看取りをする上でもっとも大切となるのは、もっとも身近で患者を看ることになる、家族の覚悟です。在宅で看るということは、病院と違って、常時医療職がそばにいるわけではありません。

不安もあるでしょうし、大切なひとが弱っていくのを見続けることにもなります。ですが、自宅という慣れた場所で、家族と常にともに過ごせるというのは、在宅での看取りだからこそできることです。

急に選択を迫られた場合には、覚悟を決めることもできず、家族間での意見をまとめることも難しくなりがちです。後悔しない選択肢を選ぶためには、あらかじめ知識を得ておき、漠然とでもビジョンを描いておくことが大切です。

ホスピスや施設入所を検討する

独り暮らしの場合は、在宅での看取りは困難となるでしょう。ある程度までは自立度が保たれるのが、がんという疾患の特徴ではありますが、苦痛のコントロールや受診管理など、ひとりでは難しいことが増えていきます。

また、苦痛と付き合い加療を続けながら、食事の支度や掃除、洗濯などの家事をおこなうことはとても困難です。ある程度までは自宅での生活ができたとしても、最期の最期までをひとりで過ごすことは難しいでしょう。

同居できる家族がいる場合も、家族が看取りをおこなう覚悟ができなかったり、精神的な問題で療養生活を支えることができなかったり、仕事などで本人の世話ができなかったりするならば、最期まで在宅生活をすることは難しくなります。

こういった場合は、ホスピスや施設などへの入所を検討しておいたほうが良いかもしれません。

ホスピスに入所する場合
ホスピスの入所については、病院と相談をしましょう。入所できる施設選びや、費用についての説明が受けられます。ホスピスならば、入所中に受けられる医療について心配をすることはないでしょう。

ただし、金銭面の負担額が大きかったり、入所までに待機期間が生じたりする問題があります。入所に際して、条件を設けているホスピスも多いです。入所を検討するのならば、自分が入所できるところについて調べておきましょう。

有料老人ホームに入所する場合
看取りをおこなっている有料老人ホームもあります。独り暮らしの高齢者にがんが見つかり、自宅での見取りもおこなえないならば、有料老人ホームへの入所も選択肢に入るかもしれません。

この場合は、医療についての対応をしっかりと確認しましょう。施設によっては、もともと入所していた方を看取ることはしても、看取り目的での新規の入所は受け入れていないところもあります。

常駐の看護師がいない施設もあれば、24時間看護師や医師の体制が整っているところもあるので、対応についてしっかり確認をすることが大切です。

知っておきたい、選択をせまられるがんの治療方法

がんが発見された場合、多くの方は、その時点からおこなえる治療方法について選択を迫られるでしょう。がんを早期発見することの重要性は、健康診断や保健所からの広報など、いろいろな場面で告知されていますね。

がんができた場所や、がんの性質にもよりますが、発見が早期であればあるほど、生存率は高くなります。

がんの治療方法については、がんの大きさや、ほかの臓器への転移の有無、症状などを踏まえて検討をおこないます。どういった治療が適応となるかをしっかりと医師から伺い、自分が納得できる治療方法を選択しましょう。

ここで、代表的な治療方法について紹介します。予備知識として得ておくと、いざという時に慌てることなく熟考できるはずです。

がんの治療方法:薬物療法

抗がん剤やホルモン剤、免疫力を高める薬などを使っておこなう化学療法のことです。飲み薬と、点滴、注射があり、がんの増殖を抑制したり、転移や再発を防いだりするなど、広い範囲での作用を期待しておこなわれます。

一種類の薬のみでおこなう場合もあれば、複数の種類を組み合わせておこなわれる場合もあります。また、抗がん剤のみで治療をおこなうこともあれば、手術や放射線などほかの治療方法と組み合わせておこなわれる場合もあります。

鎮痛剤や吐き気止めなど、苦痛や吐き気などの症状を和らげるための薬も、薬物療法のひとつです。

がんの治療方法:放射線治療

放射線をあてることで、がん細胞が増えないようにしたり、がん細胞を消滅させたりする治療方法です。がんの種類によって、放射線の効きやすさは大きく変わってきます。抗がん剤や手術などと併用されることもあります。

がんの治療方法:造血幹細胞移植

造血幹細胞とは、赤血球や白血球、血小板などを作る元となっている、骨髄に存在する細胞です。造血幹細胞移植は、この細胞を健康な人からもらい、移植する治療方法です。

移植する前に、抗がん剤や放射線などで、悪くなっている細胞を徹底的に排除します。そのため、造血幹細胞移植がおこなえるがんも限定され、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など、血液のがんが造血幹細胞移植の適応になります。

がんの治療方法:免疫療法

がんの治療に、患者本人の免疫力をもちいる治療方法です。本人の免疫細胞を薬剤によって活性化させながら培養し、培養した免疫細胞を、点滴などで本人の体に戻します。

この免疫細胞によって、がん細胞を排除しようとする機能を高めたり、免疫機能を抑制させないようにしたりするのです。状態によっては、ほかの治療方法と組み合わせることもあります。

治療の最大の長所は、もともと患者さん自身の体内にある免疫細胞を治療に使うので、適応の幅が広く、副作用が少ない点です。

がんの治療方法:代替療法

食事やサプリメント、健康食品など、民間療法によるものです。鍼灸マッサージや運動療法などもこれにあたり、いまだ研究段階にある分野でもあります。

効果があると認められているものもあれば、効果は不明だが患者が望むのなら容認しても良い程度とされているものもあります。気をつけなくてはいけないのは、かえって治療効果を阻害させてしまうものもあるということです。

特にサプリメントには、抗がん剤の作用を邪魔してしまう成分のものもあります。「薬ではないから」と自己判断せず、医師や薬剤師に相談しながら用いましょう。

どの場合にも、気になるのは効果と副作用です。「一度それを選択したら変更はできない」とは考えず、効果と副作用を観察しながら治療を進めていきましょう。

気になることがあったのなら、不安を溜め込まず、医師に相談していくことが大切です。

後悔しない見取りのために

患者本人の選択を重要視する傾向がある昨今では、がんの告知が意外なほどあっさりとされてしまう場合があります。「検査の診断結果を聞きに行ったら、診察室でその場で告げられた」というケースもあります。

医師や病院の方針にもよるかもしれませんが、もしも本人への告知を望まない場合は、検査を受ける段階で、家族から医師へあらかじめ伝えておきましょう。

ただし、本人へ告知をおこなわないことで生じるデメリットもあります。病状について説明を要するような加療はおこなえませんし、本人が自分の人生について選択できないままになります。事実を伝えられないことが、家族の負担にもなるでしょう。

がんは、決して珍しい疾患ではありません。

がんの発見から逝去まで、残された時間が長くはない場合も多々あります。がんを発見されてから情報を集めたのでは、不安な気持ちを抱えて迷うだけで、貴重な時間の大部分を過ごしてしまうことになりかねません。

後悔のない日々を過ごすためには、がんというものをあらかじめ知っておくことと、そうなったときに選択できる手段を知っておくことです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る