健康生活TOP がん がんになるぞ!発がん性が高い食品がダメな真の理由【食品選び】

がんになるぞ!発がん性が高い食品がダメな真の理由【食品選び】

shutterstock_138061871

食に関しての安全性は以前からいろいろな意見がありましたが、とくに外国産、国産についての選択は多くの人が考えていることでしょう。

「外国製は管理体制がずさんで、何を使っていて、どういう工程で作られているかもわからない…。できるだけ国産のものを選んでいる。」

そんな声は多く聞こえてきます。
しかし国産だからと安心できない場合もあります。

今回はそんな食の安全について、とくに発がん性がある食品について考えてみましょう。

意外と多い身近な危険物

買い物に行き食材を選ぶ時には、国産と書いてあれば安心します。多少値段が高くても安心して口にできればそれに越したことはない、そんな意見はごもっともですよね。

では、国産なら何でもかんでも安全なのか?これについては、ファストフード店の異物混入事件などが相次いだ事もあって、国産でも安心できないと考える人も多くなっています。

安心して食事をするには、材料を自分で選び家で作るのが一番という事になりますが、これも100%安全とは言いきれない部分もあります。

こういう見方をするとキリがありませんが、厚生労働省が認めているから安心とも限らないのです。

例えば野菜や果物、肉や魚などある程度産地がわかっていて、オーガニックや無農薬栽培なら安心できますが、加工品の場合は国産であっても添加物を使用しています。

添加物というのは自然界には存在しない物ですし、化学的に合成した物を使っているので発がん性のある物質も含まれています。

ではなぜこういった危険な物を厚生労働省が認めているのか?

これについては、少量なら問題ないとしているからです。

微量なら問題ないとしても、動物実験ではラットが死亡していたり、発がん性物質を含む物を与え続けるとガンになるという実験結果も出ています。

あくまでも動物実験の結果ですが、これを知ってしまうとちょっと口にするのもためらってしまいますね。

もちろんそういった物を食べたからといって、即ガンになるわけではありませんが、添加物は体に蓄積される物もあるという事は知っておくべきでしょう。

例えば月に1回食べるか食べないか程度ならそれほど問題はありませんが、これが毎月、何年間も積み重なれば、その分体内に蓄積される量も増えていくので、何らかの影響を受ける可能性はあります。

発がん性の高い食品

「一時期ポテトチップスにも発がん性のある物が使用されている」と話題になりましたが、これはじゃがいもを高温で揚げた場合に危険度が高まるという事であって、ポテトチップスを食べたらガンになるという事ではありません。

しかし発がん性物質が含まれているのはポテトチップスだけではないので、添加物を使用している物は口にできないという事になってしまいます。

しかしここまで神経質になってしまうと、口にできる食材はほとんどなくなってしまいます…。

極端に神経質になる必要はありませんが、明らかに発がん性の高い食品は避けたほうがいいでしょう。

避けておきたい発がん性物質

  • 人工甘味料
  • 亜硝酸Na
  • 合成着色料(タール系の物)
  • 防カビ剤
  • 亜硝酸ナトリウム
  • アルミニウムを含む膨張剤

他にもありますが、この6つは特に発がん性が高いので、避けたほうがいいと言われています。

先ほども述べたとおり、食べたからといってガンになるとは限りませんが、体内に蓄積されるのでリスクは高くなると覚えておきましょう。

何を食べればいいの?

shutterstock_57292099
特に加工品を買う時には表示を細かくチェックしたいところですが、ハムやソーセージは添加物を使用している物がほとんどなので口にできなくなるという問題も出てきます。

無添加やこだわりの手作り品を選ぶ事もできますが、この場合価格が割高なので気軽には購入できません。

そこで、ハムやソーセージにひと手間加えることで安全に食べられるように工夫してあげましょう。。

できるだけ添加物を使用していない物を選ぶのもポイントですが、それが無理な場合は1度湯通しします。湯通しするだけでも添加物は減るので、そのまま調理するよりも安全性は高くなります。

抗酸化作用のあるものを一緒に食べよう

またハムやソーセージを食べる場合は、抗酸化作用の高い野菜を一緒に食べるようにします。トマト・キュウリ・ニンジンは抗酸化作用が高く、ハムやソーセージともよく合います。

サラダを添えてもいいですし、ここにレモンを絞ればさらに抗酸化作用が高まり、口当たりもさっぱりします。

ベリー系の果物も抗酸化作用が高いので朝食にプラスすれば、ハムやソーセージを食べてもガンのリスクは軽減出来ます。

「たまに食べる程度ならあまり気にしない!」という人も多いと思いますが、ちょっと待って、少し考えてください。

“発がん性物質は体に蓄積されてしまう”ことを今一度意識してください。食べる回数は少ない方がいいでしょう?食品選びも、少しだけでいいので今までよりも考えてみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る