健康生活TOP 体臭 体臭は食生活で改善!体臭ケアにお勧めの食べ物と簡単レシピ

体臭は食生活で改善!体臭ケアにお勧めの食べ物と簡単レシピ

shutterstock_2760150382

夏場になると気になってくるのが体臭です。自分では気づいてないケースが多く、知らず知らずのうちに他人に嫌な思いをさせているかもしれません。

今回は食生活の改善で体臭を改善する方法を紹介していきます。

若い人も女性も注目!体臭の原因の種類とそれぞれの対処法

体臭=中高年の男性というイメージが強いかもしれません。ですが体臭には個人差があるので若い方でも安心はできないのです。まず最初に体臭の種類について簡単に説明していきます。

皮脂腺による体臭

皮脂腺とは皮脂を分泌する器官のことを言います。この皮脂腺は全身にあり、分泌された皮脂は皮膚や毛を潤す働きがあります。分泌させた皮脂が酸化することによりキツい臭いを発生させます。

皮脂腺による体臭に特に気をつけてほしいのは30~40代の男性です。この世代は皮脂の分泌が盛んで、特に頭皮や顔のTゾーンのベタつきが気になる方が多いと思います。もちろん個人差はありますが10~20代の頃よりは気を使う必要があります。

対策法としては入浴が一番です。皮脂汚れをしっかりと落とす専用の石鹸などを利用してみるのも良いでしょう。またストレスが皮脂の分泌を活発にする恐れがあるので、ストレスに対するケアを行うことも有効です。

エクリン腺による体臭

エクリン腺とはほぼ全身にある汗腺で、その数は200万個から300万個と言われています。 この後に解説するアポクリン腺とは異なり赤ちゃんの頃から備わっている汗腺です。

エクリン腺から分泌される汗は99パーセントが水なので透明でサラッとしています。汗をかいた直後はほぼ無臭ですが、雑菌や皮脂に触れることで臭いを放つことがあります。

汗をかいたら小まめに拭くことが重要です。運動をした後はすぐにタオルで汗をふき取り衣服を着替えましょう。

アポクリン腺による体臭

アポクリン腺とは体の特定の部分だけにある汗腺です。 生まれた時から機能しているエクリン腺とは異なり、思春期を迎えた頃から活動が活発になります。アポクリン線がある主な場所は以下の通りです。

  • 脇の下
  • 耳の穴
  • 乳首
  • 肛門周辺

アポクリン腺から分泌される汗には脂肪やアンモニア、尿素などが多く含まれています。 エクリン腺から分泌される汗とは正反対で、乳白色でやや粘りがあるのが特徴です。

こちらの汗もかいた直後は無臭ですが、しばらく放置することで汗の成分が常在菌により分解されキツイ臭いを放つようになります。アポクリン腺が多く存在する人をいわゆるワキガ体質と言います。

対策法としてはとにかく清潔を保つことです。入浴や着替えを小まめに行うことで雑菌が繁殖するのを防ぎましょう。通気性の良い下着や服を選ぶというような工夫も有効です。

体の中に問題があるケース

汗や皮脂が原因ではなく、体内に体臭の原因があるケースも多くあります。歯周病などの歯の病気、また胃腸の不調などによって不快な臭いを発生させているケースがあるのでその場合は注意が必要です。

さらには思わぬ病気のサインとなっている可能性もあります。甘酸っぱい臭いが特徴の糖尿病、魚が腐敗したような臭いを放つ魚臭症(トリメチルアミン尿症)などがあります。汗対策をしても体臭が改善しない場合は病院への受診をお勧めします。

食事と体臭は大いに関係しています!体臭を悪化させてしまう食生活とは

shutterstock_798433662

体臭と深く関わってくるのが毎日の食事です。体臭を悪化させてしまう可能性がある食生活とはどんなものなのでしょうか。

脂分の多い食事

脂分の多い食事を摂り過ぎると体臭が悪化する恐れがあります。これは多く摂り過ぎた脂分を分解できず体内で酸化してしまう為です。また皮脂腺を刺激して分泌される皮脂が増えてしまう恐れもあります。

控えたほうが良い食品には以下のものがあります。極端に控える必要はありませんが食べすぎには注意しましょう。特にスナック菓子には見た目以上の脂分が含まれていることが多いので注意が必要です。

  • 揚げ物
  • 乳製品
  • スナック菓子
  • ナッツ類

肉類の食べすぎ

肉類の食べすぎに注意しましょう。肉類は体内で分解吸収される際にアンモニアが発生します。通常であればこのアンモニアは尿として体外に排出されますが、肝臓や腎臓の機能が低下していると汗の中に分泌されてしまいます。

また肉類を消化する際にはたくさんのエネルギーを要します。この時に汗をきやすくなる為、それが体臭の原因になるという要素もあります。このような理由から肉類の食べすぎは体臭の原因になると言われているのです。

アリシンが含まれる食材

にんにくや葱などアリシンが含まれる食品の摂り過ぎには注意しましょう。アリシンは口臭だけでなく体臭の原因にもなります。これはアリシンが体内で分解される時に独特の臭いを放つためです。

このアリシンは血液に乗って全身を巡ります。そして汗となって体外に分泌されることで体臭として感じるようになります。にんにくや葱などは免疫力を高めてくれる優秀な食品ですが、食べすぎには注意が必要ということです。

体臭が気になるあなたは体臭を改善する食べ物とその簡単レシピを試してみよう!

shutterstock_973073602

体臭を改善してくれる効果が期待できる食べ物を紹介していきます。簡単なレシピ、食べ合わせの提案もあるので参考にしてみてください。

食物繊維が豊富な食品

食物繊維が豊富な食品は、消化吸収をスムーズに行ってくれる効果が期待できます。また腸内環境を整え便通を良くしてくれます。食べ物の酸化を防ぎ、素早く体外へ排出してくれる最高のアシスト食品なのです。

前項で肉類が体臭を悪化させることを説明してきましたが、どうしても肉類を食べたいという方には食物繊維が多い食品を合わせて食べることをお勧めします。 食物繊維が豊富な食品には以下のものがあります。

  • 野菜
  • 海藻類
  • きのこ
肉類を食べる時には必ずたっぷりの野菜を添えましょう。トンカツやしょうが焼きの脇にはキャベツの千切りがお勧めです。きのこやワカメ入りの味噌汁をプラスするだけでも多くの食物繊維が摂取できます。

クエン酸が含まれる食品

梅干やレモンなどクエン酸が多く含まれる食品には体臭を和らげてくれる効果があります。これはクエン酸の働きにより汗の中にアンモニアが分泌されにくくなる為です。クエン酸を多く含む食品には以下のものがあります。

  • レモン
  • グレープフルーツ
  • 梅干
  • お酢
肉料理にレモンをかけていただく方法が手軽です。また豚肉の間に梅肉を挟んで焼いたりと、肉類と組み合わせてみるのがお勧めです。面倒な場合は市販されているお酢のドリンクなどでも構いません。

発酵食品

発酵食品は腸内環境を改善してくれます。腸内環境が改善させれば自然と体臭も軽減していきます。毎朝ヨーグルトや納豆などの発酵食品を取り入れるようにしましょう。代表的な発酵食品には以下のものがあります。

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • 味噌
  • 漬物
お勧めはヨーグルトとフルーツの組み合わせです。発酵食品であるヨーグルトと食物繊維が豊富なフルーツを同時に食べることでより効果が期待できます。

緑茶

飲み物でしたら緑茶がお勧めです。緑茶に含まれるカテキンには殺菌効果や酸化を防ぐ抗酸化作用があります。緑茶を毎日の食後やお茶の時間に飲むだけで無理なく体臭対策を行うことができるのです。

緑茶は口臭の予防・改善にも効果が期待できます。口臭が気になる時は出がらしでうがいをする方法もお勧めです。

体臭と食べ物の関係について紹介してきました。体臭にお悩みの方はまず食生活を見直してみましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る