健康生活TOP 体臭 加齢臭の根源を断つ!抗酸化作用のある食べ物と乳酸菌で対策できる

加齢臭の根源を断つ!抗酸化作用のある食べ物と乳酸菌で対策できる

年齢と共に逃れられない加齢臭。

男性特有のものだと思われがちですが、実は男性に限った話ではありません。女性ホルモンには体臭を抑える働きがあるので男性のほうが目立ちやすいのですが、女性もホルモンバランスの低下や閉経によって注意が必要になってきます。

自覚症状がないだけに自分では気づかないうちに他人を遠ざけてしまっているかもしれません。

年を重ねれば仕方のないこととは諦めずに、一度体臭についてその原因を元から追及し、改善・対策について考えてみませんか。

一般的な加齢臭とは「ノネナール」だけではない

1999年、某化粧品メーカーの研究チームにより中高年特有の体臭の原因物質として「ノネナール」が発見され、同時に「加齢臭」という名前が生まれました。

つまり加齢臭とはノネナールを指す言葉ということになりますが、一般的に加齢臭と認知されているような臭いの原因はノネナールだけではありません。

例えば、2008年、洗剤や医薬品などを取り扱う別の会社は、男性が自分の体臭を気にしだすのは30代半ばであることに着目し、その原因となる臭いの元を調べた結果、「ペラルゴン酸」という皮脂が酸化して分泌される物質を発見しました。

また、2013年には某男性用化粧品メーカーが30代から50代に強くなる「ミドル脂臭」という後頭部からうなじにかけて発生する臭いに焦点を置き、その原因物質は「ジアセチル」だと発表したのです。

ノネナールは男女共に40代から特に分泌が増加します。臭いの特徴としては青臭い、脂臭いと表現されることが多いです。

対して、「ペラルゴン酸」「ミドル脂臭」共に使い古した油のような臭いです。

このように1つではない様々な臭いが数多く入り混じった結果「オヤジ臭い」「加齢臭」と思われているのが実情ではないでしょうか。

つまり、1つの原因物質に固執して対策をしても他の原因物質によって体臭が発生し、それが「加齢臭」と認識されてしまうのです。よって、体臭という観点での対策を考える必要があります。

そして今回ここで紹介したいのは根本から臭いの原因となるものを減らす方法です。

つまり、香水で臭いの上乗せをしたり、発生してしまった臭いの物質を綺麗に洗い流す方法ではなく、臭いの原因物質となるものを「発生させない」方法です。

この根本の原因を解決するにはやはり生活習慣の見直しをする必要があります。

薬で即日解決といった方法ではないだけに楽には感じないかもしれませんが、一度目を通して読んで頂くことで1つでも意識して直せると良いのではないかと思います。

【加齢臭対策】抗酸化作用と腸内環境改善で臭いの元を断つ

まず一番身近で加齢臭と関係が深いのが食事です。

加齢臭の発生には「原因物質の酸化」が原因であることが言われています。これにより食事では「酸化させない物質」、つまり「抗酸化作用」のあるものを摂ることが必要です。

ビタミンE 抗酸化作用といえばビタミンE。別名「若返りのビタミン」とも言われています。ビタミンCと一緒に摂ることでより効果を期待できます。

ビタミンEはアーモンドやごまに多く含まれており、ビタミンCは果実や緑黄色野菜が代表的な食べ物です。

カテキン なんとビタミンEの50倍の抗酸化作用があるとさえ言われています。また、殺菌・抗菌作用があり、口臭対策にもいいと言われています。

カテキンを最も多く含むのは緑茶です。他にも紅茶やウーロン茶にも含まれていますが、カフェインの摂りすぎには注意したいものです。

β-カロテン 強力な抗酸化力を持っています。体の中でビタミンAに換わりビタミンAとして働くこともあります。

β-カロテンを含むのは主に緑黄色野菜ですが、特に注目したいのはバナナです。バナナはビタミンEや他の抗酸化作用のある栄養素をバランスよく含んでいるので、バナナは抗酸化作用の王様なんて言われることもあるようです。

これは抗酸化作用を持つ栄養素のごく一部です。食品で考える多くの食べ物に抗酸化作用があると言えます。

ここに挙げた食べ物は特に抗酸化作用が強いとされる物なので参考にして毎日少しずつ摂取できるといいと思います。決して一度に多く摂取するのが良いというわけではないことを知っておいてください。

また、「乳酸菌」によって腸内環境を整えるというのも体臭予防には大変効果があるとされています。

腸の中に毒素が溜まるとそれが血液に乗り、体臭や口臭の原因となることがあります。腸を綺麗に保つために欠かせない乳酸菌を摂ることで、あらかじめ「加齢臭」と思われてしまうような臭いの原因を防ぐことができるのです。

乳酸菌を摂取するには言わずと知れたヨーグルトがあります。近年、食べるタイプから飲むタイプまで乳酸菌を含む食品は増え続けているので、自分に合った形のものを選ぶのが良いかと思います。

【加齢臭対策】代謝をよくしてさらさらの汗をかく

人の体には2種類の汗腺があります。汗腺とは皮膚に分布する汗が出る小さな穴です。特に臭いに関してよく心配されるのは脇や陰部に分布している「アポクリン腺」という汗腺です。

本来、汗はほぼ水なので蒸発しやすくそんなに臭いません。しかし、この「アポクリン腺」から出る汗には糖質やアンモニアなど多くの物質を含んだ汗が出て、雑菌が繁殖しやすいため臭いの原因となります。

これは生理的な現象なので「アポクリン腺」からの汗を止めることはできませんが、なるべく清潔に保つこと、脇や陰部に汗を吸い込みやすい素材の衣服を身につけることで臭いを抑えることができます。

特に下着はこまめに買い替えると良いでしょう。

また、「アポクリン腺」に限らずもう一つの汗腺も働きが悪化することで、汗に雑菌が混ざりやすくなり臭いを発するようになります。

例えば夏でも常にクーラーの効いた部屋で過ごすと冷えの原因にもなりますが、汗をかかない生活が続くことで血流が悪くなり、汗腺の働きが悪化します。

適度な運動をすることで血流を良くして汗腺の働きを良好に保つことが大切です。毎日でなくてもいいので、週に1回は体を動かし血流を良くする意識を高めましょう。

また、こまめな水分補給を摂ることも重要です。水分を取らないと汗の濃度が濃くなり、臭いがキツくなってしまいます。

さらさらの汗をかいても放置してはダメ

例えさらさらの汗を維持できたとしても、汗をかいた時に拭かずに放置しては体臭予防にはなりません。

汗をかいた時にはこまめに拭くようにしましょう。汗をかいたまま放置してしまうと汗が酸化することにより臭い発生します。その時、擦って拭くと言うよりは、タオルやハンカチに汗を吸い込ませるようにすることで肌を傷つけずに拭くことがポイントです。

普段の食事について汗の観点からみると、動物性たんぱく質を多く摂取するような生活をしていると汗の臭いがキツくなります。

これは、体温調節のために汗をかく汗腺とは違う「皮脂腺」と言う皮膚の保湿を管理している組織が活発に動きすぎることに由来します。

野菜中心の食生活を心がけて皮脂腺の働きを適度に保ちましょう。

ストレスやタバコも体臭を臭わせてしまう原因に!

現代ではおおかれ少なかれストレスを抱えている方はいるのではないでしょうか。

また喫煙が健康に悪いとはわかっていても、どうしてもやめられない、ずるずる禁煙できずに何十年…という方もいますよね。

ストレスや喫煙も、体臭の原因になってしまうと知ったらどうでしょうか?

ストレスにより腸内環境を悪化させ、体臭の原因になる

ストレスが体臭の原因になるという話は聞いたことないですか?

これは直接的な要因ではなく、ストレスが溜まることにより起こる体調不良によって体臭の原因物質が分泌されてしまうことを危惧しているのです。

特に気かけたいのは腸の健康です。上記でも挙げたように、腸内環境の悪化により毒素が血液を渡り体臭や口臭の原因を引き起こします。

人間の体で一番ストレスの影響を受けやすいのは腸であることから、腸の健康のためにもストレス解消を心がけたいものです。

喫煙が加齢臭の原因となっている

タバコには有害なものが沢山含まれています。その中でも特に「一酸化炭素」は中性脂肪を酸化させてしまうので、体臭の原因となります。

喫煙は体に悪いことは色々な観点から証明されており、それでも辞められない人が多いのも事実です。

体臭対策をキッカケに少しずつでも辞められるといいですね。

病気のサインかもしれない!体臭と病気の関係

さて、ここまで加齢臭についての対策について色々と話してきましたが、実は体臭の原因は加齢だけではない可能性があります。というのも、病気によって体臭がキツくなる例もあるからなのです。

例えば糖尿病の人からは甘酸っぱい体臭がするのは有名ですね。これはケトン体という物質が汗と共に排出されることが原因です。

このように、体の異常が体臭として現れることがあります。

体臭が発生する主な病気は以下の通りです。

  • ひどい便秘
  • 糖尿病
  • 腎臓機能の低下
  • 肝臓機能の低下
  • 胃炎
  • 十二指腸潰瘍

体臭が気になると共に、体調の異変も伴う場合は一度病院へ行くことをお勧めします。

気負いすぎず少しの意識からはじめてみましょう

年齢が40代、50代と重ねていくと体臭が気になり心配になるかと思います。

しかし、あまり気にしすぎて気持ちが沈んでしまうのは逆効果。毎日少しずつ意識して食事や運動の面から改善できると良いと思います。

明るい気持ちを保つことを最優先に、「体臭」という悩みが解決できるといいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る