健康生活TOP 血行障害・血液のトラブル 【脂質異常症とは】原因を知って治療・改善のための食事を考える

【脂質異常症とは】原因を知って治療・改善のための食事を考える

健康診断などで脂質異常症と言う指摘を受ける人は少なくありません。いわゆる「コレステロール値が高い」と言う状態なのですが、昔の基準や病名のせいで、少し誤解して捉えられている部分もあります。

脂質異常症はその昔「高脂血症」と呼ばれていたものです。症状を適切に言い表していないことから脂質異常症に改められました。

脂質異常症の基準に総コレステロールは含まれない

脂質異常症とは

  • HDLコレステロール
  • LDLコレステロール
  • 中性脂肪

の3つの値が基準値から外れている病態です。

昔は総コレステロール値と言う数値も高脂血症の基準に入っていましたが、現在ではこの数値で脂質異常症を測ることはしません。

脂質異常症には3つの病態がある

脂質異常症には次の3つの病気が含まれています。

  • 高LDLコレステロール血症
  • 低HDLコレステロール血症
  • 高トリグリセライド血症

トリグリセライドとは、いわゆる中性脂肪のことです。LDLコレステロールとは「悪玉コレステロール」と呼ばれることもあるもので、これらが多すぎることが問題になります。

また、HDLコレステロールとは「善玉コレステロール」と呼ばれるもので、これが少ないことも問題になるのです。

HDLコレステロールが少なすぎることも問題なのに「高脂血症」ではおかしいだろうと言うことで、脂質異常症に改められたのです。

脂質異常症は動脈硬化を通じて病気の原因になる

脂質異常症で見られるこれらの病気では、いずれも動脈硬化が引き越される原因になります。最初のうちは血液検査の数値異常だけで、特に症状が現れないのが脂質異常症の怖いところで、体内では着々と動脈硬化が進んでいるのです。

動脈硬化が進むと、心臓や脳に致命的な病気が発生することもあります。心筋梗塞や脳卒中ですね。こうした怖い病気を引き起こさないためにも、普段から血中脂質をコントロールしておく必要があるのです。

血液中には、中性脂肪・コレステロール・リン脂質・遊離脂肪酸の4種類の脂質が存在していますが、この中で前の2つが動脈硬化に深くかかわるため、脂質異常症でもそれに注目しているのです。

中性脂肪はエネルギーの保管場所

中性脂肪と言うのは「太って脂肪がたまる」と言う時の脂肪の大半を占めています。いわゆる体脂肪の85%が中性脂肪だと考えられているのです。ではこの中性脂肪とは何でしょう。

脂肪は脂肪酸と言う酸がグリセリンと言うアルコールの一種と結びついて、酸としての性質がなくなることで出来上がります。このため遊離脂肪酸に対して「中性」脂肪と呼ばれているのです。

細胞膜の原料にもなるリン脂質も、脂肪酸とリン酸と言う2種類の酸がグリセリンと結びついて中性になっていますが、リン酸は脂肪酸ではないため、リン脂質は「複合脂質」と言うグループに分類されます。糖脂質についても同じです。

グリセリンは3価のアルコールですので、脂肪酸を3つまで結合させることができます。実際、中性脂肪のほとんどが3つの脂肪酸と結びついたトリグリセライドです。トリは3を意味する接頭辞です。

メカニズム的には複雑なものがいくつもあるのですが、単純に考える場合には「中性脂肪が多いと特に内臓肥満がもたらされて動脈硬化につながる」と覚えておいてもらえれば良いでしょう。

また、脂肪肝は中性脂肪による病気の中で最も警戒するべきものです。脂肪肝はお酒によって発生します。脂っこいものをおつまみに食べなくても、アルコールが脂肪を合成して肝臓に蓄積するのです。

実際に高トリグリセライド血症(血中中性脂肪が多すぎる状態)を指摘される多くの人が、お酒をよく飲む人なのです。

LDLコレステロールは身体各部へコレステロールを運ぶ

コレステロールと言う物質はステロイドアルコールと言う脂質の一種です。このコレステロールは、肝臓では消化液の一つである胆汁酸の原料になります。皮膚では紫外線の力で作り出される、ビタミンDの原料にもなります。

また、細胞膜や小胞体の原料にもなることから、細胞を維持して行く上でなくてはならないものです。脳にもたくさんのコレステロールが存在しています。

さらに大きな役目として、ホルモンの原料になるという部分があります。すべてのホルモンではありませんが、女性ホルモン・男性ホルモン・副腎皮質ホルモンと言う大切なホルモンは、すべてコレステロールを原料にしています。

コレステロールに側鎖切断酵素と言うものが働いて、プレグネノロンと言う物質になり、ここからそれぞれのホルモンに生合成されてゆくのです。

▼関連記事
コレステロールは本当に悪者?毎日食べて鬱や痴呆も防ぐ卵のパワー

コレステロールは大半が肝臓で合成され、一部は食べ物からも入ってきます。このコレステロールは脂質ですから水に溶けません。そこで、アポタンパク質に結びついた、リポタンパク質と言う物質になって全身に運ばれるのです。

このリポタンパク質は大きさと重さによって5つの主要グループに分類されます。

  • カイロミクロン
  • 超低密度リポタンパク質 – VLDL
  • 中間密度リポタンパク質 – IDL・レムナント
  • 低密度リポタンパク質 – LDL
  • 高密度リポタンパク質 – HDL

これは軽い方から並べたものです。低密度より中間密度のほうが軽いことに違和感もありますが、ここではとりあえず、こう言うものだと思っておいて下さい。以下、それぞれについて大まかに説明します。

カイロミクロンは栄養として吸収された脂肪が肝臓に送られるときによく見られる形です。そして、肝臓で合成されたコレステロールは、最初VLDLの形で中性脂肪とコレステロールをたっぷり持った状態で血液に放出されます。

そして、リポタンパク質リパーゼと言う酵素によって、VLDLに含まれる中性脂肪が分解されることでIDLになり、その状態を経由して速やかにLDLに代謝され、全身に運ばれるのです。

一方、一部のメタボリックシンドロームの患者では、このIDLの状態のままLDLに代謝されずに残ってしまうことがあり、それをレムナント(残党)と呼びます。このレムナントも強い動脈硬化作用を持っていますので注意が必要ですが、その話は関連記事で読んで下さい。

▼関連記事
超悪玉コレステロールは1つじゃない?酸化や不完全燃焼に注意

このように、LDLコレステロールは、コレステロールを身体の各部に運ぶ働きがあるので、これが多すぎると血管の中や身体各所にコレステロールが沈着してしまうため、悪玉コレステロールと呼ばれるのです。

▼関連記事
LDLコレステロール値が高いと指摘されたら!下げる方法と考え方

HDLコレステロールは回収屋さん

全身にコレステロールを運ぶのがLDLコレステロールなら、余った分を回収してくれるのがHDLコレステロールです。このため、これを善玉コレステロールと呼ぶことがあります。

回収されたコレステロールは再利用されますが、しっかり回収されれば、肝臓での生合成も抑えられるため、身体全体で見た場合バランスがとれるのです。

HDLコレステロールの原料となるαアポタンパク質は肝臓のほか、小腸からも分泌されます。これが血流にのって体組織から余ったコレステロールを回収して肝臓に戻るのです。

ですので、血液中のHDLコレステロール濃度が低いと、余ったコレステロールが回収できないため、動脈硬化につながるということなのです。

このように脂質異常症は3つの病気に分かれていますが、どれも動脈硬化につながる危険なものなのです。

脂質異常が発生する理由もそれぞれ異なっている

先に紹介した脂質異常症の3つの病態も、共通要因が存在してはいますが、それぞれ異なる理由によって起こっている部分が大きいのです。

共通要素は肥満と遺伝です。脂質異常症になりやすい体質は遺伝し、家族性高コレステロール血症と呼ばれます。一方、肥満は判りやすいですね。

高LDLコレステロール血症の原因は飽和脂肪酸?

血液中のLDLコレステロールが140mg/dL以上になると、高LDLコレステロール血症と診断されます。この原因は飽和脂肪酸やコレステロールの摂り過ぎだとされています。ここで注意してほしいのは「摂り過ぎ」の部分です。

飽和脂肪酸が身体に悪いからと盲信して、飽和脂肪酸の摂取量が足りなくなると脳出血を起こします。逆に取り過ぎて、動脈硬化を起こすと脳梗塞を起こします。つまり適切な摂取量にしないと、どっちにしても脳卒中で倒れるリスクが高まるのです。

▼関連記事
コレステロールが低すぎると病気になる!?心配される重病について

飽和脂肪酸はたくさんの種類が食品中に含まれています。メジャーなのは炭素数が12から18の偶数であるラウリン酸・ミリスチン酸・パルミチン酸・ステアリン酸ですね。

このうち、ステアリン酸はLDLコレステロールをあまり増加させないことが判っています。ただし、これはステアリン酸が多いと融点が高くなり、固形で消化しにくい油脂になるからだと考えられています。

ですので、同じように飽和脂肪酸が多いココアバター・牛脂・ラードを比べた場合、最もステアリン酸と飽和脂肪酸を多く含むココアバターが、最もLDLコレステロールを増加させにくいのです。

逆に、最も飽和脂肪酸が少ないけれどステアリン酸も少ないラードは、この3つの中で最もLDLコレステロールを上昇させやすいことが実験から判っています。

動物性脂肪に多く含まれるパルミチン酸は、研究によってLDLコレステロールを増やすというものと、関係ないというものに評価が分かれています。残りの二つはココナッツ油などヤシ油に多く含まれますが、LDLコレステロールに対する評価は見当たりませんでした。、

さらにバターに多く含まれる短鎖脂肪酸の酪酸やカプロン酸、ココナッツ油に多く含まれるはカプリル酸やカプリン酸と言った中鎖脂肪酸は吸収されやすいですが、LDLコレステロールとの関係は充分明らかになっていません。

逆にステアリン酸より炭素数が多く、ピーナッツ油やショートニングに含まれるベヘン酸は、吸収されにくいものの、LDLコレステロールを上昇させる働きがあります。

このように一々脂肪酸について考えながら食事をするのは不可能ですので、「バランスよく食べる」「特定の食品をヒステリックに避けない」と言う2点を意識しておけばいいでしょう。ただし、後でお話しするトランス脂肪酸だけは毛嫌いしてOKです。

コレステロールは体内で合成される部分が大半で、食べ物からの量が多くなると合成量が自動的に減らされます。だから、食べ物からの量を減らしても意味がないことが判っています。

しかし、体内で合成されるより多くの量を食べてしまうと、合成量を減らしても間に合いません。どのくらいが食べ過ぎなのかと言うのは個人差がありますから一概には言えません。

一つの目安として、他の食事療法を行ってもLDLコレステロールの値が下がらないようであれば、食事由来のコレステロールを減らすようにしてみるのが良いでしょう。

▼関連記事
本当にコレステロールの制限は不要か?新見解に潜む真の意味
脂質異常症なら卵は食べちゃダメ?卵とコレステロールの嘘本当

低HDLコレステロール血症の原因は喫煙と肥満

血液中のHDLコレステロールが40mg/dL未満になると、低HDLコレステロール血症と診断されます。この原因には喫煙が大きく関わっています。

共立女子大学大学院・菊地恵観子氏などの研究グループによると、およそ18000人を4年間追跡したところ、たばこを止めた人は、体重が増えたり腹囲が大きくなったりしてもHDLコレステロールは増加したとしています。

一方、喫煙を始めたことによって体重が減ったとしても、それは一時的なものであり、腹囲すなわち内臓脂肪の量には変化がなかったとしています。

つまり、HDLコレステロールを増やして動脈硬化を防止するには、禁煙して、それを継続することがもっとも有効であることを、大規模研究によって示しているのです。

(参考…喫煙習慣の変化が4年間の体重・腹囲・HDLコレステロールに与える影響 より)

また、肥満も低HDLコレステロール血症をひき起こします。特に運動不足を原因とする肥満はHDLコレステロールの値を低くしてしまいますので、適度の運動は非常に重要です。

▼関連記事
中高年の女性がコレステロールと上手に付き合う方法とは?
血液検査は異常なし!でも善玉コレステロールが人より低いのは何故?

一方、LDLコレステロールや中性脂肪は完全に正常値なのに、HDLコレステロール値だけが低いといった場合には、遺伝の可能性がありますので検査してもらって下さい。

また、HDLコレステロールが高すぎるといったケースもありますが、単にHDLコレステロールの産生が多いだけであれば、むしろ動脈硬化を防いでくれる要因なので心配ありません。一方で遺伝的に問題がある時は治療の対象になるでしょう。

もう一つ注目すべきは、低HDLコレステロール血症ではω-6不飽和脂肪酸の摂りすぎやトランス脂肪酸の摂取が良くないとされていることです。

ω-6不飽和脂肪酸についてはのちほど説明しますが、一部のものを除く植物油に多く含まれるものです。ですので、飽和脂肪酸を避けると同時に、リノール酸を多く含む油も減らさなくいてはいけません。

また、トランス脂肪酸も避けるべきものです。私たちとしてはマーガリンやファットスプレッド、ショートニングを避けるだけでOKです。

中性脂肪はお酒やカロリーで増加する

血液中の中性脂肪が150mg/dL以上になると、高トリグリセライド血症と診断されます。この原因になる要因は数多くあるのですが、特に注目すべきはお酒とカロリーです。

お酒を飲むとアルコールが身体に入ってきますので、これを分解する必要があります。代謝酵素が健全ならば、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)と言う補酵素が使われてアルコールは無害な酢酸に分解されます。

そして、その酢酸はエネルギー産生の場であるTCAサイクルの中で二酸化炭素と水に分解されると同時にエネルギーを取り出されるのです。

ところが、酢酸からエネルギーを取り出す際にもNAD+は消費されるので、NAD+が枯渇してしまっていると、酢酸を分解することもアルコールを分解することもできなくなります。

NAD+は使われたのち、NADHと言う電子伝達体に変化しています。そして、酢酸をNADHを使って処理すると、中性脂肪ができると同時にNADHはNAD+に戻るので、再びアルコールの分解ができるようになります。

つまり、アルコールを飲み続けると、アルコールはエネルギーに変わらず中性脂肪に変わって肝臓に蓄積されてゆくと言うことです。もちろん血液中にも多く含まれるようになって高トリグリセライド血症をひき起こします。

また、中性脂肪は摂り過ぎたカロリーの保管場所でもあります。ですので、単にカロリーの高い脂質を多く摂った時だけでなく、炭水化物を多く食べても中性脂肪は増えます。

いわゆる「飲み過ぎ・食べ過ぎ」が高トリグリセライド血症を引き起こすと考えて間違いありません。

▼関連記事
中性脂肪が低い人は要注意!注意しておきたい深刻な病気について

同じような原因で起こると考えられがちな脂質異常症ですが、微妙に異なる部分も多いのです。特にお酒は中性脂肪を介して動脈硬化を促進するんですよ。

脂質異常症の予防対策は食事療法が中心

脂質異常症は上の病態紹介でも書いたように、食事の内容に注意し、禁酒・禁煙、そして運動を行うことで改善できます。特に食事の注意点は、他の生活習慣病とも共通する要素が多いので注目したいところです。

もちろん肥満が大きな要因になるので、食べ過ぎを防ぐことが重要です。一方で、ストレスの多い社会の中で生きて行くために、ストレスの少ない食事療法と言うのも大切ですね。

食物繊維をしっかり摂ることで余計な糖質・脂質を抑える

食物繊維には水溶性と不溶性があるとか、果物の果糖は中性脂肪になりやすいとか、そうした議論は確かにありますが、脂質異常症の場合よほど重症でない限り、そうしたことは忘れてもいいと言えるでしょう。

大切なのは、野菜・海藻・果物をしっかり摂って、食物繊維の摂取量を増やすことです。ただし、昆布はヨウ素が多いので控えめにした方がいいのと、ひじきも比較的ヨウ素多目なので、主食にするほどは食べない方が良いでしょう。

野菜は不溶性を中心に、食物繊維が多く期待できますから良い供給源です。一方、充分に熟した果物のペクチンや、海藻のぬるぬる成分であるアルギン酸塩は水溶性食物繊維として好ましい効果が期待できるでしょう。

ペクチンには不溶性タイプもありますが、熟していれば水溶性が多くなっています。海藻のアルギン酸は本来不溶性ですが、カリウムやナトリウムと結びつくと水溶性になります。海藻のぬめりはアルギン酸カリウムによるものです。

アルギン酸カリウムは消化管の中でカリウムが切り離され、今度はナトリウムと結びついて、アルギン酸ナトリウムの形で排泄されますから、高血圧の予防改善にも役立ちます。

さらに、ナトリウムではなくカルシウムと結びつくと、今度は不溶性のアルギン酸カルシウムとなって、十二指腸で分泌される胆汁酸を抱え込み、そのまま便として出てゆきます。そうなると本来再吸収されるはずの胆汁酸が不足します。

胆汁酸の不足が起こると、肝臓ではコレステロールを原料に胆汁酸を新たに補充しますから、コレステロール値が下がります。このように、食物繊維をしっかり摂ることで、脂質異常症、特に高LDLコレステロール血症と高トリグリセライド血症の予防と改善が期待できるのです。

また、食物繊維を多く含むものを食べると、満腹感も得られやすいので、食べた量に対する不満も出にくいでしょう。

脂肪酸バランスの良い食事が役に立つ

先にもお話しした通り、飽和脂肪酸が多すぎる食生活は脂質異常症を発症・悪化させます。幸いなことに、近ごろは、あまり飽和脂肪酸が多い食品は、敬遠される傾向にあるようですね。

良いバランスと呼ばれているのは、ω-3不飽和脂肪酸:ω-6不飽和脂肪酸:飽和脂肪酸:ω-9不飽和脂肪酸の比率が1:2:3:4になるような組み合わせです。

しかし、実際にはリノール酸に代表されるω-6不飽和脂肪酸が半分以上を占めているというデータもあります。リノール酸は必ず摂らなくてはいけない必須脂肪酸ですが、摂り過ぎると炎症などをひき起こす原因になるとされています。

少し前にブームになったエゴマやアマニに含まれる、α-リノレン酸は必須脂肪酸でω-3不飽和脂肪酸です。α-リノレン酸はEPAやDHAと言った高度不飽和脂肪酸に代謝されて利用されます。

そのため、EPAやDHAで摂った方が効率がいいとされています。青魚にたくさん含まれていますね。さらに、必須脂肪酸ではありませんが、ω-9不飽和脂肪酸のオレイン酸は、脂質異常症によい影響を与えるとされています。

とは言え、食べ物に脂肪酸組成が書いてあるわけではないので、これだけでは困りますね。そこで食べ物の選び方です。

市販の揚げ物やお惣菜を利用するときは、重さで3倍量以上の野菜を一緒に摂りましょう。この野菜の不溶性食物繊維で質の悪い油の影響を少しでも減らせるでしょう。もちろん野菜は加工食品を避けた方が良いです。

男性の一人暮らしなどで、面倒だなと思ったらもやしがお勧めです。鍋にもやしを入れて水を張り、そのまま火にかけて、沸騰したら1分以内(好みの固さで)にざるにあけ、水を切ったら好きな味付けで食べて下さい。私は酢醤油にごま油が好きです。

食材を選ぶ時は、一か月のうちお肉と魚の回数が同じ程度になるようにすると簡単です。もちろん野菜はたっぷりと。そして、炒め油・揚げ油・掛け油などにはオリーブオイル・椿油・高オレイン酸タイプの食用油を使います。

▼関連記事
コレステロール改善には高価なオリーブオイルの効能が高い?
コレステロールが気になる人の偏らない肉の食事&レシピ

そして、最近注目されている「トランス脂肪酸フリーで植物性のマーガリン・ファットスプレッド」と言うものも避けた方が良いです。これはトランス脂肪酸が発生する不飽和脂肪酸の飽和化(水素添加・水添)を行わず、もともと飽和脂肪酸の多い植物油で作られているからです。

そうしたものを使うぐらいなら、バターのほうが短い脂肪酸が多くて体につきにくい分ましだと言えるでしょう。

これで概ね脂肪酸バランスは悪くない状態にできます。もしこれで脂質異常症が改善しないようであれば、全体のカロリーを見直してみて下さい。

▼関連記事
コレステロール値の極端な高い低いは危険!基準値にする極意と食事法
コレステロールを抑えるレシピ!食事で脂質異常症、心筋、脳梗塞予防

脂肪酸バランスの良い食事は美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまうことが弱点なんですよね。

脂質異常症の治療には内服薬も役に立つ

最近では、コレステロール値を気にしないでも良いという考え方も出てきて、アメリカでは「バターを食べよう運動」と言う、いささか極論じみたムーブメントも起こっているようです。

しかし、これはこれまでの極端な「コレステロール悪者論」に対する批判から起こっている要素が多分にあって、やはり多すぎるコレステロールはあまり健康に良いとは言えません。

脂質異常症に薬物治療は必要か

脂質異常症に対して、薬物治療は必要ないのではないかと言う議論が持ち上がったのは2010年ごろだったでしょうか。いまだに結論は出ていませんが、どうやらこれまでが、安易にお薬を使い過ぎていたようだという反省もあるようです。

大手製薬会社のファイザーも、生活習慣を見直して脂質異常症の改善を図り、それでも脂質異常症が改善されなければお薬を使うべきだとしています。

脂質異常症に使われるお薬は種類も使い方もさまざまなので、お医者さんの指示をしっかり理解して服用するようにして下さい。

実際には、高LDLコレステロール血症にはスタチン系のお薬がよく使われます。一般名に○○スタチンと言う名前がついています。先行医薬品としては第一三共のメバチロンやアステラス製薬のリピトールが有名ですね。

▼関連記事
コレステロール降下薬リピトールは夕食後、朝食後、同様の効果あり!
LDLコレステロール値のみ基準以上の人は薬物治療がいらないかも?

一方、高トリグリセライド血症にはフィブラート系のお薬がメジャーです。一般名に○○フィブラートと言う名前がついています。先行医薬品としてはキッセイのベザトールSRなどがあります。

低HDLコレステロール血症にも、フィブラート系のお薬が使われることもありますが、お薬では改善しにくい病気でもあります。

いずれのお薬にも横紋筋融解症と言う、比較的重い副作用が知られていますので、脂質異常症のお薬を飲んでいて尿が赤褐色になったり、筋肉痛や力が入らない感じが現れたら、すぐに主治医の先生に連絡してください。

▼関連記事
飲み合わせの悪い薬が無いと知られていたリバロに変化がありました

日常の食品にも脂質異常症改善が期待できることもある

いわゆる健康食品ではなくて、普通に日常食べているものの中にも、脂質異常症を改善できる可能性が示されているものがあります。

そうしたものの多くは、食物繊維であったり脂肪酸バランスの良さであったりと言う、これまでに説明してきたことに一致するものが少なくありません。一方で、今後有効成分が抽出されるのではないかと言う期待が持たれるものもあります。

▼関連記事
酒粕の栄養でコレステロールが下がる!驚きの日本伝統食の効果効能
適量のくるみで悪玉コレステロール抑制!くるみを飽きずに食べるには
厄介なコレステロールを下げるにはアブラナ科の野菜に頼るべし
高脂血症が危険な季節。コレステロール対策にはやっぱりキノコですよ

そうしたものも、無理のない範囲で食生活に組み込んで改善の可能性を探ってみるもの悪くありませんね。でも、くれぐれも「我慢してそれを食べる」と言うことはやめましょう。

コレステロールとお薬の論争は長く続いています。なかなか結論が出ないのは、研究データが多すぎるからと言う皮肉な原因もあるようですね。

脂質異常症は遺伝性でない限り生活習慣で治せる

脂質異常症は遺伝性であることが少なくありません。ですので、そのように診断されたら、最初からお薬が処方されるでしょう。家族性と診断されてお薬が処方されたら、お薬を使ってしっかりコントロールしてください。

そうでない場合は生活習慣病としての要素が強いので、食生活の改善を中心に禁酒・禁煙と運動習慣で治すようにして下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る