健康生活TOP 出産 計画分娩の疑問を解決!出産までの流れ、費用、デメリットについて

計画分娩の疑問を解決!出産までの流れ、費用、デメリットについて

出産とは、神秘的で感動する体験と言われていますね。実際、私自身も2人子供を出産していますが、神秘的であったように感じます。

とくに一番上の子を出産した時は「自然といきみたくなる」という状態を経験し、自分の動物である本能があることを実感出来たりしました。

また、出産は神秘的であるという理由に、出産はいつ始まるか分からないということも挙げられると思います。現在、妊娠されている方は、いつ赤ちゃんが産まれるのかドキドキして待っているのでは無いでしょうか?

一般的には、いつ始まるか分からないと言われている出産ですが「計画分娩」といって、赤ちゃんを出産する日を決めて分娩することも出来るのです。

陣痛からはじまって出産まで、一般的な分娩の流れ

一般的なお産は、初産では11時間から17時間程度かかると言われていて、陣痛から始まることが一般的です。生理痛のような痛みを感じることから始まり、そのうちに痛みの感覚が定期的に短くなっていきます。

病院によって異なりますが、大体、初めての出産の場合は5分間隔の痛みを感じるようになったら病院へ来るように言われています。

経産婦の場合は、痛みの感覚が10分になったら来院するように言われます。これは経産婦は一度出産しているため、出産への身体の準備が早く進むことが予想されるためです。

子宮口のひらきによって段階的に進む準備

痛みが10分から5分おきの時には、子宮口が3センチほど開いている状態です。

この子宮口は痛みの感覚が狭くなってくるのに比例して、大きく開いていきます。大体7センチほど開くと、分娩監視装置を付けて、子宮収縮と赤ちゃんの心音をチェックします。

そして、9センチほど開いてくる頃には痛みの感覚は2分から1分おきになり、破水が起こり自然といきみたくなってくるのです。しかし、この時はいきむのを我慢します。子宮口が全開になるのを待つのです。

子宮口が全開になったのを確認できたら、分娩台に上がります。そして強い陣痛があったら、それに合わせていきむことを繰り返し、赤ちゃんを出産します。この時、必要があれば会陰切開を行います。

無事出産出来たらそれで終わりではなく、まだ軽い陣痛が続きます。これは胎盤を出すためです。胎盤を出し、会陰切開をした場合は縫合されて、ここではじめて出産が終わるのです。「お疲れ様でした。」ですね。

陣痛からでなく破水やおしるしから始まる場合もある

この出産は陣痛から始まることが多いのですが、破水から始まる場合や、おしるしと言って、おりものに血が混じったようなものが出てくることから始まる場合もあります。

これら全ては、お腹の中の赤ちゃんが出産の準備が整ったら始まります。出産がいつ始まるかどう始まるかは、誰も分かりません。赤ちゃん次第なのです。

しかし、計画分娩といって出産するお母さんが日にちを設定し、出産することもできるのです。これが計画分娩です。

計画分娩にしたい!どんな人が計画分娩できるのか?

計画分娩には2種類あります。

  • 人工的に陣痛を起こし出産する方法
  • 帝王切開と言ってお腹を切り出産する方法

帝王切開も計画分娩

まず、計画分娩での帝王切開ですが、定期検診で自然分娩が難しいと判断された場合に行われます。逆子といって、通常頭から出産する赤ちゃんが、足から産まれそうな時に行われるというのは、比較的知られていることではないでしょうか?

また、多胎児といって双子や三つ子の場合も、母体の安全のため帝王切開になることが多いです。

他にも、前置胎盤といって赤ちゃんが産まれる産道を胎盤が塞いでしまっている場合や、児頭骨盤不適合といって赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤より非常に大きかったり、お母さんの骨盤が変形していて赤ちゃんが産まれにくそうな場合も帝王切開になります。

これらは、出産日を決めて帝王切開を行うため、分娩する日を決められる計画分娩の一つです。

赤ちゃんが産まれる日を決めたいから計画分娩にしたというより、母体の安全や赤ちゃんの健康を考えたうえでの計画分娩という感じでしょうか。

無痛分娩も計画分娩

麻酔を打って陣痛を和らげつつ出産することを無痛分娩と言います。

この無痛分娩は

  • 自然に陣痛がくるのを待ってから麻酔を施す病院
  • あらかじめ日にちを設定し、無痛分娩を行う病院

とがあります。

陣痛がくるのを待ってから行う無痛分娩では、陣痛はいつくるか分からないのですが、日にちを設定し行う無痛分娩では、分娩する日や前日に入院します。

そこから、分娩に合わせ子宮口を広げる処置を行ったり、陣痛促進剤という陣痛を起こす薬を点滴したりします。

無痛分娩するために、事前に入院するのか、陣痛が自然にくるのを待つのかは病院によって異なります。

あらかじめ出産日を決め入院して無痛分娩を行う場合は「計画無痛分娩」と言い、計画分娩に含まれるのです。

出産日を決めたい!という気持ちから計画分娩は可能?

この日に出産したいということで、計画分娩には出来るようです。しかし、病院によって考え方が異なるため、自然分娩を勧められる場合も少なく無いでしょう。

また、バースプランといって出産に関することを計画する際「出産日を決めたいので、計画分娩にしたい」と希望しなければ、計画分娩になることはありません。

出産は基本的に自然分娩とされているので、自ら希望しなければ自然分娩になります。

計画分娩の日にちは、一般的に赤ちゃんが十分にお腹の中で育ち、産まれても大丈夫な周期(正産期)に入ってからの日にちを設定します。正産期は妊娠37週から41週6日までを言います。出産予定日前後の数週間と考えると、分かりやすいでしょうか。

計画分娩には、後ほど計画分娩の流れで詳しく説明しますが、様々な器具や薬を使用するので、病院の都合で必ず希望した日になるとは限りません。分娩予定日を決定する前に、陣痛がくるとそのまま出産ということもあるので、その場合も希望日に分娩を合わせることは出来なくなります。

また、赤ちゃんの状態など考慮して日にちを設定するので、出産予定日の何ヶ月も前から日にちを決定することは出来ません。

陣痛や子宮口はどうなるの?計画分娩の流れ

計画分娩は、病院によって異なりますが、分娩予定日の前日か当日に入院します。

入院の後、子宮口の状態を見て必要であれば、バルーンという水風船のような器具を子宮口に入れます。バルーンを子宮口に入れる他、子宮口を柔らかくする薬を処方される場合もあります。

そして分娩当日、陣痛促進剤といって人工的に陣痛が起きるようにする薬を点滴で投与します。これには個人差があり陣痛がすぐに起こる人もいれば、なかなか起きない人もいるようです。

なかなか陣痛が起こらない人や、陣痛が弱い人には違う種類の薬を点滴したり、点滴の量を調整したりします。

陣痛が起こると、自然分娩と同じように出産は進んでいきます。

計画分娩のメリットは、やっぱり日にちを設定できること!

計画分娩のメリットは、やはり日にちを設定できることでしょう。

出産は、一人だけのことではありません。ご主人の仕事の都合もあるでしょうし、出産後サポートしてくれる身内の方の準備も日にちが決まっていれば、スムーズです。

そして、何より出産に臨むお母さんの気持ちの準備も落ち着いてできますね。

私自身の話ですが、私の2人目の出産は、破水から始まりました。しかも、幼稚園入園前の娘と買い物に行っている最中の破水です。

幸い、破水は大量では無かったのでお店を汚すことは無かったのですが、主人は仕事中で、すぐには迎えに来られない状況だったので困り果てました。

計画分娩では、このような状況に陥ることも無いでしょう。上の子が居る方は、誰に預けるのかなど事前に手配することができるので、分娩中の心配も無いですね。

計画分娩のデメリットは「過強陣痛」などのトラブル

計画分娩では、赤ちゃんからのサインである陣痛を待つことなく、人工的に陣痛を起こします。そのため、陣痛促進剤により子宮の収縮が強く起こってしまう「過強陣痛」というものがあります。

この強すぎる収縮により赤ちゃんを圧迫してしまい「胎児機能不全」という状態になってしまうこともあります。この状態になると、赤ちゃんは苦しくなってしまいます。

また、産道などの状態は出産に向かって整っていないのに、この過強陣痛により子宮の収縮が強く起こってしまうと、子宮破裂してしまう可能性や出血など起こることもあるようです。

これらを防ぐため、この過強陣痛であると判断された場合には、陣痛促進剤の投与が中止されたりします。

そして、赤ちゃんが危険だと判断されると、必要があれば帝王切開を行ったり、鉗子という大きなハサミのような器具を使って赤ちゃんを引っ張り出したりする処置が行われます。

計画分娩にかかる費用は?支給もあるので各所に問い合わせてみよう

出産には健康保険が適応されません。

一般的に出産には50万円から100万円の費用がかかります。50万円の幅があるのは、病院の入院施設であったり入院中のサービスなどが異なるためです。

計画分娩も出産に関わることであるので、費用は実費です。

  • 子宮口を広げるバルーン代
  • 陣痛促進剤代
  • 無痛分娩であれば麻酔代
  • 前日に入院する場合は入院費

これらが自然分娩にかかる費用にプラスされます。

これらの費用も病院により異なるため、3万円から20万円程度だと言われています。

しかし出産には「出産育児一時金」かもしくは「家族出産育児一時金」として、42万円支給されますし、帝王切開になった場合は健康保険の対象となるので、勤め先の窓口や役所に問い合わせてみましょう。

計画分娩について大事なこと

計画分娩について、年の大きい方は比較的反対することが多いのではないでしょうか?

陣痛促進剤は危険じゃないのか?赤ちゃんは自然に産まれてくる方が良いに決まっている!そんな風に言ってくる方も少なくないですね。

確かに、計画分娩にはデメリットはあります。

しかし、出産の日にちが決まっていることのメリットも大きいと私は思います。一番大切なことは、お母さんの希望を大事にして話し合うことでは無いでしょうか。

陣痛を耐え、育児をしていくのは、他でもないお母さんなのですから。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る