健康生活TOP 出産 その症状は産後マタニティブルーかも…男女に起こる産後うつの治し方

その症状は産後マタニティブルーかも…男女に起こる産後うつの治し方

赤ちゃんを抱く夫婦

待望の赤ちゃんを産んで幸せなはずなのに、どうしてこんなに気分が落ち込むのだろう?そういえば、最近よく眠れないし、食欲もあまり無い。

赤ちゃんを産み、そういった症状が現れたお母さんは「産後うつ」かも知れません。そして、赤ちゃんが産まれてからこういった症状が現れたお父さん。もしかしたら「男性の産後うつ」かも知れません。

男女に起こる産後うつの症状、解決法をご紹介します。

産後うつで起こる症状は?男女ともに注意したい特徴

女性が母親になるということはとても大きな喜びです。赤ちゃんが来てからの新しい生活は毎日がハッピーなはずですよね。ところがなぜだかママは悲しくなったり不安になったり・・・心身が不調になる女性は多いのです。

これは産後の女性に起こる「マタニティブルー」という産後特有の生理現象です。これは産後の急激なホルモンの変化が影響しているとされます。

ですから「赤ちゃんが生まれたのにブルーになるなんて私は変だ」と自分を責める必要はありません。ただし場合によっては長引いてしまうこともあるので、症状に気付いたらケアをしたほうが良いでしょう。

産後うつとは、出産後に始まり、1か月から1年、2年単位で起こる病気です。

また産後うつは、以下のような症状が出産後に現れることが特徴です。

産後うつの症状

  • 理由も無いのに涙もろくなった
  • 苛立ちを感じやすくなった
  • 子育てに過剰な不安を抱いている
  • 日常生活で、興味や喜びが感じられなくなった
  • 眠れなくなった
  • 集中することが困難になった
  • 食欲がなくなった
  • 常に疲労を感じる
  • 大した理由でも無いのに、子供を大声で叱ってしまう

これらの症状は、一つだけ現れる場合もあれば、複数の時もあります。

笑ったり泣いたりと感情が変わりやすい、いわゆる情緒不安定な傾向がみられます。どうしようもなくイライラしてしまうということが多いみたいですね。

今までエンジョイしていたメイクやファッションに興味が持てない、気分転換が楽しめない、というような症状から、イライラの逃げ道を失ってしまうことも。

疲れているのによく眠れなくなってしまい、常に疲労を感じて家事を溜めがちになってしまうこともよくみられる傾向です。

そして自分を責めることが多くなり、「自分なんていない方がいいんだ」とさえ感じてしまう方もいるのです。

これらはホルモンの変化で起こる症状なので、重く考えすぎてはいけません。「しょうがないことなんだ」と理解し、早めに対処すればいいのです。

女性の産後うつの原因はホルモンバランスの激しい変化!対処法は?

出産後、女性はホルモンバランスが急激に変化します。今までお腹のなかで育てていた命を、外の世界で育てていけるように体がシフトチェンジするのです。

しかし、その変化は非常に急激であるため産後うつを引き起こす原因にもなるのです。

よく女性は、生理前にイライラしてしまう時期ってありますよね?それのスペシャル版と言えば、想像しやすいでしょうか?

また、女性は産後2時間おきの授乳やオムツ替えで、睡眠時間が極端に削られることが多いです。それに加え、慣れない赤ちゃんのお世話での緊張などストレスが非常に溜まりやすい状況になります。この生活サイクルの急激な変化も、産後うつになってしまう原因になります。

この産後うつですが、出産後の女性の役30%がなると言われています。その程度は、軽いものから重いものまで、様々です。

自身の経験ですが、2人目の出産後に病院での不手際があり、助産師さんの前で大泣きした経験があります。

今、冷静になって考えてみると「なんでそんな事で大泣きしたんだろう」と不思議なのですが、ホルモンバランスが崩れていたため不安定な気持ちになっていたと考えると納得します。

女性の産後うつを改善するには

妊娠・出産という体の変化が大きな負担になる上に、ホルモンバランスの変化、育児の負担・・・と産後は女性にとってかなりハードな状況なのです。

母親は休まずに赤ちゃんのお世話をしなければならないので心身がクタクタになります。このことが産後の女性の大きなストレスとなり産後うつを引き起こす原因になってしまいます。

マタニティブルー・産後うつを改善するには、母親の心身の負担を軽減してあげることが第一になります。夫は妻の育児をなるべくサポートしてあげて妻の育児の負担を少しでも減らしてあげましょう。祖父母の協力も心強いです。

産後うつは、まじめ、完璧主義、責任感が強いといった性格の人に多いといわれます。母親は気持ちが辛い時には夫や母親、ママ友などに相談してひとりで悩みを抱え込まないようにしましょう。夫は妻の相談に耳を傾けて助けてあげるようにしましょう。

うつのせいで育児に自信がなくなってしまうと「育児放棄をしているのでは」「自分は母親失格だ」と自分を責めるようになり余計に症状が悪化してしまい危険です。うつは病気ですので放置しても良くなりません。早目の対処が必要です。

母親が辛い時は周囲が温かくサポートしてあげると共に、うつが疑われる場合には専門医や母子保健センターに相談してみることもおすすめします。

診察は

  • 精神科
  • 精神クリニック
  • 神経科
  • 神経クリニック
  • 精神神経科
  • 神経精神科
  • メンタルヘルス科
  • メンタルクリニック
  • 心療内科

といった名称の場所で診察してくれるでしょう。産婦人科や婦人科でも応対してくれるところもあるので、事前に確認の連絡をしておくと間違いなくて安心です。

似たような名前で「神経内科」や「脳神経外科」がありますが、これらは筋肉や神経をみる内科であったり、脳の外科的なことを行う病院なので注意しましょう。

厚生労働省のHPで、うつの診療を行っている病院を探すこともできます。ぜひ参考にしてみてください。

▼医療機関の探し方、選び方 – 厚生労働省
医療機関の探し方、選び方

男性の産後うつの原因は?原因不明な男性の産後うつ

女性の産後うつは、出産後のホルモンバランスの激変でした。では、男性の産後うつは何が原因なのでしょうか?

それは、未だにハッキリとは解明されていません。

しかし、男性も赤ちゃんの誕生後に、女性の産後うつと同様な症状が現れたりします。

アメリカにあるノース・ウェスタン大学の研究では、赤ちゃん誕生後の父親を調査した結果、約10パーセントの父親に産後うつの様な状態が現れたと報告しています。

また、国立成育医療研究センターの調査では日本における調査でも約2割の男性が、産後うつにつながる傾向を示していると報告されています。

男性の産後うつは、未だにハッキリと原因が解明されていないと書きました。しかし、赤ちゃんが産まれてから、生活や気持ちは激変するため、それらが、男性の産後うつの原因になっているのではないかと言われています。

子育てに対するプレッシャー

この男性の産後うつは、同居している父親に多く見られ、別居している父親には少ないようです。そのため、子育ての大変さを見ている男性が、子育てのプレッシャーを感じたり、子供が産まれたことに対する責任感などが、大きく関わっているのではないかと言われています。

生活や赤ちゃんのお世話で感じる孤独感

また、今までの夫婦中心の生活ではなく、赤ちゃん中心の生活に、どうしても出産後はなってしまいます。出産後の妻は、授乳やオムツ替えを24時間、休む暇なく行います。そのため、夫の食事など生活のお世話は二の次になってしまうことも少なくありません。

また、赤ちゃんのお世話は、どうしても妻が主体となることが多いので、夫としては、赤ちゃんが産まれたはいいが、何をして良いのか分からないような状態になってしまうこともあるでしょう。

これら、生活面や赤ちゃんのお世話で、孤独感を感じてしまうことも、産後うつになってしまう原因の一と考えられています。

社会の仕組み

育児休暇は女性特有の制度でしたが、現在では男性も積極的に取るように勧められています。しかし、育児は女性だけが行うものという考えがまだ多く、男性が育児休暇を取ることに難色を示す人も少なくありません。

育児休暇や育児短時間勤務を男性が取ると「あいつは、女房の尻に敷かれているから、休暇をとって手伝いをさせられている」「ただ、休みたいだけじゃないのか」など非難されることもあるでしょう。

そいうった職場での意識も、男性の産後うつを発症させるストレスになってしまうのです。

もしも夫が産後うつになってしまったら?重要なことは2つ

厚生労働省による統計結果では、自殺は、男性が女性の2倍の数だと出ています。そして、自殺には、うつ病などの気分障害の要因が強いとの結果も出ています。

男女の数の差については、はっきりとした原因は出ていませんが、女性は比較的多くのコミュニティーをもっていることが多いので、相談相手が多くいるのでは無いでしょうか。

また、産後うつに限って言えば、女性に対しては出産後の入院中には、産後うつに関するアンケートを行ったり、退院後は助産師さんの訪問があったりと、予防対策を行っています。しかし、男性にはそう言った対策は行われていないのが現状です。

夫がもし産後うつになってしまったら、重要なことは2つあります。

役割を与えてあげる

男性の産後うつの原因には、孤独感があると前述しました。そのため、この孤独感を無くしてあげることで、産後うつを予防したり改善したりします。

しかし、いきなりオムツ交換をやってもらうとか、毎回ミルクを作ってもらうなどであると難易度が高いので、比較的簡単で頻度が少ないことをやってもらうことがオススメです。

頻度が低く比較的簡単なのは、赤ちゃんの入浴です。最初は、ハラハラするかも知れませんが、男性は手が大きいので女性が行うより赤ちゃんを安定させやすいという利点もあります。

洗い残しや気になる所があったとしても、そこはぐっと我慢です。新人に教えるバイトリーダーのような感覚で優しく見守ってあげてください。

そして、赤ちゃんの入浴をしてくれた夫に対し「ありがとう」や「やっぱりパパがお風呂に入れると、赤ちゃんは気持ちよさそうだね」など言うと、夫の子育てに対する自信は上がっていくはずです。

また、頻度が少ないことでオススメなのは、赤ちゃんの爪切りです。

これは、自身の経験なのですが、赤ちゃんの爪切りは母親である私も、どの程度切っていいものかドキドキしました。そのため、夫に「このくらい切ってもいいかな?」「左手は、あなたが切ってみて」など相談したり、交代で切ったりしていました。

今考えると、こうやって子育てにおける初めての経験や不安を共有したことで、二人で子育てをしていると実感できたように思います。

しかし、これらの方法は、まだうつの状態が軽い場合や、男性の産後うつを予防する際に有効です。うつの状態が深刻な時には、こういった働きかけがストレスとなり逆効果になることもあるので注意しましょう。

専門の機関に相談する

女性の産後うつと同様に、男性の産後うつの状態が深刻な場合には、すぐに専門の機関に相談してください。

専門の機関では、うつかどうか診断し薬を処方してくれたりします。またカウンセリングを行ってくれる病院もあります。

恥ずかしいことだと思わずに、世の中にある制度を自分のために利用して回復を目指しましょう。連絡をとれば気付かれるかもしれませんが、意外にこういった専門科を訪れて利用している人は多くいるのです。

産後うつは、抱え込まないことが大事!

女性の産後うつも男性の産後うつも、悩みを抱え込まないことが大切です。

かと言って、肝心のパートナーは、出産後や慣れない育児で疲れ切っているかも知れません。そんな時は、ご両親であったり地域のサポートセンターなどで話を聞いてもらうだけでも、産後うつの予防や改善につながります。

赤ちゃんの成長は早く、あっという間に赤ちゃんから子供になっていきます。その成長を夫婦で楽しめたら良いですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る