健康生活TOP 口臭 口臭の原因はいったい何!?生理的なものから危険な病気まで

口臭の原因はいったい何!?生理的なものから危険な病気まで

口臭は自分も不快、他人はもっと不快にさせる…気にしている人は多いですよね。

でもその口臭ケアは、効果がありますか?あまり効果を感じられないと言う人は、もしかしたら口臭ケア方法を間違えているのかもしれません。

そもそもその口臭はなぜ発生しているのか、そこをしっかりと知らなければ正しい対処はできませんよね。

今回は口臭が起こる原因についてお話します。

いや~な口臭の原因は?口臭の種類は生理的なものから病気まで

口臭は特有の嫌な臭いがしますよね。口から発生する口臭と体の病気が原因で起こる口臭があり、口臭の9割は口から発生しています。

口から発する臭いの主な原因は、揮発性硫黄化合物(VSC)です。VSCは、食べ物のカスやはがれた口内の粘膜などをエサに細菌が増殖した時に発生しています。VSCは主に次の成分が入り混じっているため不快な臭いを放ちます。

  • メチルメルカプタン…キャベツや玉ねぎが腐ったような臭い
  • 硫化水素…腐った卵のような臭い
  • ジメチルサルファイド…生ごみのような臭い

これらの成分の量やバランスは、体質や口臭の原因によって人それぞれ異なります。

口臭には生理的なもの、食事が原因で起こるもの、病気が原因で起こるものがあります。

口臭の種類 主な原因
生理的な口臭
  • 起床した直後
  • 緊張している時
  • 空腹時
  • ホルモンバランスや加齢の影響
飲食で起こる口臭
  • にんにく・ニラなど匂いの強い食べ物
  • アルコール
  • タバコ
  • コーヒー
病気に伴う口臭
  • 虫歯・歯周炎など口腔内の病気
  • 蓄膿症
  • 胃炎
  • 腸内環境の悪化
  • 気管支や肺の病気
  • 肝臓の病気
  • 糖尿病
  • ドライマウス・シェーグレン症候群
  • など

食後の歯磨きを怠ったりブラッシング法が間違っていたりすれば、口の中が汚れたままになり口臭が発生しやすくなってしまいます。

ただし、きちんと歯磨きしているのに口臭が続く場合は、虫歯や歯周炎から悪臭が出ている可能性も考えられます。

放置して症状が進行すると、強烈な臭いが起こりやすくなるほか、歯を失う可能性も出てきてしまいます。やはり、歯や歯茎にトラブルがあればすぐ歯科で治療を受けるのが一番ですね。

また、それほど多くはないのですが口にトラブルがないのに息が臭う場合は、内臓などの病気も原因に考えられます。原因不明の口臭が続く場合は、体に気になる症状がないか観察し、病院に相談することをおすすめします。

▼関連記事
口が臭いのは病気かも!口臭が原因になる病気とその特徴、対処法

生理的な口臭は唾液不足で起こりやすい

生理的な口臭や飲食で起こる口臭は健康な人にも起こる一時的な口臭です。臭いのもとが消えると臭わなくなるので、コンプレックスになって人と会うのを避けてしまうほど深刻に悩む必要はありません。

生理的な口臭の原因は一時的に増えたVSCです。誰の口内にも細菌が300~700種類はすんでいて、その数は1,000~1兆個になるといわれます。細菌はエサを食べる時に悪臭のする物質を出し、細菌が増殖するほど口臭が強くなります。

起床後、緊張した時などに生理的な口臭が起こるのは、唾液の分泌が減って口の中が乾燥するためです。唾液には細菌の増殖を抑える役割があります。ドライマウスやシェーグレン症候群など唾液の分泌が減る病気にかかっている時も、口臭がきつくなりがちです。

特に細菌が増殖してVSCが増えやすいのは、歯のすき間に付着している歯垢や舌の表面にべったり付着する苔状の「舌苔」です。

口内で細菌の増殖を防ぐには、細菌のエサとなる食べ物のカスを残さないようにし、唾液の分泌を高めて口の乾燥を防ぐことが大切です。

次に挙げる口臭対策を習慣づけ、生理的な口臭をなるべく抑えていきたいですね。

  • 食後に歯磨きをする
  • だらだらと間食を続けない
  • こまめに水分補給をする
  • 食事はよく噛んで、唾液の分泌を促進させる
  • 規則正しい生活で自律神経やホルモンバランスを整える
  • 定期的に歯科で検診を受け、歯や歯茎の病気を予防する
  • 舌の表面はわざわざこすったり磨いたりしない(舌を傷つけ逆効果)

口臭には虫歯や歯周病など口腔のトラブルを防ぐ効果のほか、口内に侵入したウイルスを殺菌することで風邪やインフルエンザ、肺炎などの病気を予防する効果もあります。

併せて消臭効果のある飲み物や食べ物でサポートすれば、生理的な口臭を抑える効果がより高まります。

飲食で起こる口臭は肺からにおう?

飲食で起こる口臭は、肺や胃などから出る呼気が原因で起こります。

例えば、にんにくやニラなどネギの仲間は「アリシン」という匂い成分が口臭の原因になっています。

胃からはゲップでニンニクやニラの匂いが上がります。また、アリシンは小腸で分解され臭いの強い「アリルメチルサルファイド」として血液に吸収され肺の空気に混じるので、吐く息に臭いが溶け込んで口臭が起こるようになってしまいます。

スパイスを常用する人も、血液を通して汗や呼気に匂いが影響しやすいようですね。

また飲酒すると、アルコールが肝臓で分解されて生じる「アセトアルデヒド」が血液を通して肺から呼気に入り混じるので、吐く息から独特の酒臭さが漂うようになります。

タバコやコーヒーも口臭を強くする嗜好品として知られます。舌の表面にこびりつきやすく口内ではがれた粘膜と入り混じって、舌苔を作りやすいので、タバコやコーヒーの好きな人は口臭がきつくなりやすいのです。

飲食で起こる口臭は原因となる食べ物や飲み物をとらないようにすれば消えていきますが、にんにく臭や酒臭さは強烈なので周りの人に嫌がられてしまいます。

口と違って肺の空気を直接洗うことは難しいのですが、少しでも早く息の臭いを消したい場合には、消臭効果のある食べ物や飲み物の力が役立ちます。

▼関連記事
お口の臭いでドキッとした時にすぐ消臭!口臭を防ぐ飲み物・食べ物

このように、口臭の原因は様々です。それぞれの原因に合ったケアの方法を取り入れる事で、悩んでいた口臭とさよならできるかもしれません。

ただ「くさい、ケアしなくちゃ!」ではダメなのです。ひそむ病気もあるかもしれませんので、一度真剣に自身の口臭と相談してみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る