健康生活TOP 口臭 子供の口がクサい?子供に多い口臭の原因とそこに潜む病気

子供の口がクサい?子供に多い口臭の原因とそこに潜む病気

child mouth

可愛い子供でも、口からモワッと嫌なにおいがすることもありますよね。ニンニクの入った餃子などにおいの強い物を食べた後なら、これは仕方ありません。

しかし食事に関係なく口臭が始まり、しばらく続くようなら体に何か原因があるので、口臭対策をしてあげなければなりません。今回は子供の口臭に多い原因を説明していきます。

まずは我が子に「虫歯」がないかチェックしてみましょう

近年は、我が子の虫歯ケアに気を使う保護者がとても多くなり、昔に比べて虫歯のある子供の数もぐっと減りました。

ただし、我が子に口臭があったらまずは虫歯がないかチェックしてみてください。虫歯そのものが悪臭を放つこともあるからです。

さらに虫歯がひどくなり神経が侵されると、膿が出て強い悪臭を放つようになります。さすがにここまで子供の虫歯を放置してはいけないのですが…。

対処法

子供の口の中を確認し、見過ごしていた虫歯がないか調べてみてください。虫歯のある場合はすぐに小児歯科を受診させましょう。

【子供の歯を虫歯にさせたくない!】世界初、虫歯予防成分「BLIS M18」を歯磨き粉に採用。無添加、国内生産、いちご味でお子様も安心

ブリアン商品イメージ

大人だけでなく子供にも多い「歯肉炎」で口臭が起こることも

しかし虫歯がないのに口臭のする子供も多いのです。その場合は、次に歯肉炎がないか歯肉をチェックしてみましょう。

歯肉炎は歯の磨き残しで生じるプラーク(歯垢)が溜まり、歯肉に炎症を起こす病気です。

大人に多い病気と思われがちですが、子供には永久歯が生え始める時に起こる「萌出性歯肉炎」や、歯磨きが行き届いていないために起こる「不潔性歯肉炎」が多いのです。

歯肉炎の症状は歯肉の腫れや赤み、歯磨きをした時の出血などです。歯肉炎を放置するとプラークが歯石になって歯肉を刺激するようになり、炎症が重くなったり歯周病へ進んだりしてしまいます。

対処法

該当する症状があれば小児歯科を受診し、治療や歯磨き指導を受けましょう。子供の歯肉炎は歯の磨き残しで起こりやすいので、軽症のうちに正しい方法で丁寧にブラッシングをしていけば良くなっていきます。

「磨き残し」の食べ物カスが発酵してにおっている可能性も

また虫歯や歯肉炎・歯周炎を予防するために欠かせないのが歯磨きなのですが、子供の歯並びは食べ物が詰まりやすく、自分では上手に歯磨きができないので、どうしても歯の磨き残しが生じやすくなってしまいます。

歯の隙間に残った食べ物は発酵や腐敗が起こると悪臭を放つようになります。これは年齢に限らず、誰の口の中でも同じですね。

対処法

まだ上手に歯磨きできない子供の歯は、保護者が丁寧にブラッシングや仕上げ磨きをしてあげて清潔を保ちましょう。

また正しい歯磨きは意外と習得できていないことが多いので、歯科などで歯磨き指導を受けるのもおすすめです。

もちろん口の中が常に汚れてしまうおやつの「だらだら食い」もいけません。虫歯の原因にもなってしまいます。

歯磨きを大人が手伝ってあげる

  • 歯ブラシの毛先を歯の面にたいしてまっすぐにあてて磨く
  • あてる力は歯ブラシの毛先が曲がらない程度
  • 5~10mmの幅で小刻みに動かし、1~2本ずつ磨く
  • 奥歯のかみ合わせ、上前歯の裏側は念入りに磨く

こういった点に気を付けて歯を磨いてあげる、あるいは手伝ってあげましょう。また歯磨きが嫌い!というお子さんには以下のようにしてみてください。

  • 歯磨き粉や歯ブラシをかえてみる
  • 一緒に並んで歯磨きする
  • 歯磨きの最中に「上手だね」などの声をかけてあげる
  • 歯磨きが終わったら「今日も頑張ったね、えらいね」と声をあけてあげる

歯磨きの最中はかならず笑顔でいてあげてください。大人が怖い顔をしていると、歯磨きに悪いイメージがついてしまいます。

子供の口臭の原因で最も多いのが「口呼吸」

そして子供の歯や歯肉に異常がないのに口臭がする場合は、子供が口呼吸をしていないかチェックしてみましょう。実は子供の口臭の原因で最も多いのが口呼吸なのです。

口呼吸をすると口臭が起こるのは、口の中が乾燥し、殺菌作用のある唾液が減ってしまうから。口の中が乾燥すると雑菌が繁殖して悪臭が出やすくなってしまうのです。

口呼吸は、風邪や鼻詰まり、口蓋垂(のどちんこ)の両脇にある口蓋扁桃の肥大などで起こりますが、単に口で呼吸する癖がついている子供も増えてしまっています。口呼吸は口臭のほか、

  • 喉にウイルスや異物が侵入しやすくなる
  • 集中力や筋力が低下する
  • 顔の骨格がゆがむ(「アデノイド顔貌」という)

といった悪影響までもたらすので良くありません。

普段から口をポカーンとあけていることの多い子供は、口呼吸が中心になっていしまっている可能性があります。他にも口呼吸によって現れる可能性がある状態を見て、お子さんの呼吸をチェックしてみましょう。

口呼吸チェック

  • 無意識のうちに口が半開きになる
  • 口内炎ができやすい
  • 朝起きたときに喉が痛い
  • 歯並びが悪い
  • 食事のときに音を立てる
  • 早食い
  • 片方で噛む癖がある
  • 唇が乾燥している

こういった特徴がみられる場合、口呼吸で生活してしまっている可能性が大きいでしょう。意識して口を閉じ口呼吸から鼻呼吸に変えていくようにしていく必要があります。

対処法

おしゃぶりをくわえさせたり、シュガーレスのガムを噛み続けさせたりして、口を閉じた状態の呼吸を経験させていくと、鼻呼吸のコツがつかめ1か月くらいでかなり鼻呼吸ができるようになってきます。

口の筋肉を鍛えるために風船をふくらましたり口ジャンケンをしてもいいですね。

ヒトはもともと鼻でしか呼吸ができない生き物でした。「会話」という手段を得て声帯が発達したため、口でも呼吸ができるようになったのです。

生まれたてのヒトも同様で、赤ちゃんはつねに鼻で呼吸をしています。口で一生懸命母乳を飲めるのも、口では呼吸を行っていない証拠ですね。

このようにもともと呼吸をするのは鼻の役目だったのです。ですので、あえて口で呼吸を行っていたのでは不調が発生してしまうのもおかしいことではないでしょう。

鼻詰まりと口呼吸があるなら「副鼻腔炎」かも

副鼻腔炎は、鼻の奥にある副鼻腔に細菌が感染して膿が溜まる病気です。子供は副鼻腔に細菌が侵入しやすく、虫歯や風邪の鼻詰まりから副鼻腔炎を引き起こすことがあります。

副鼻腔炎になると頑固な鼻詰まりが起こるほか、膿や細菌から悪臭が起こり、口臭が出やすくなります。

対処法

鼻呼吸がしにくいために自然と口呼吸になることが多いので、子供に鼻詰まりによる口呼吸が続いている場合は耳鼻科を受診させてください。

鼻洗浄や鼻汁の吸引、薬の処方で鼻詰まりが和らぐと鼻呼吸ができるようになっていきます。

「内臓の不調」でも口からにおいがする

また内臓の調子が悪くても口臭が起こる場合があります。胃の調子が悪いと胃の内容物や胃液のにおいがしたり、便秘だと口から便のようなにおいが出ることもあります。

対処法

子供に口臭があり、歯科や耳鼻科で受診して異常がない場合には小児科を受診し、内臓の病気が隠れていないか診察してもらうと良いでしょう。

ちなみに便秘は意外と子供に多いのですが、便のようなにおいは大腸からにおいのもとが直接口へ上がっているわけではありません。大腸から吸収された悪臭のガスが血液に吸収されて肺へめぐり、呼気となって口から出ていくのです。

子供の便秘は家庭で改善しにくいことも多いので、小児科できちんと治療してあげることをおすすめします。

  • 虫歯 → 小児歯科
  • 歯周病 → 小児歯科
  • 食べ残し → しっかり歯磨き指導
  • 口呼吸 → 口呼吸をやめさせる
  • 副鼻腔炎 → 耳鼻科
  • 内臓の不調 → 歯科や耳鼻科で異常が見られなかったら小児科

といった対処法で口臭を改善しましょう。それにはまず口臭の原因を見極めることが大切ですね。

親はいじめも気になります…!子供のため早目に適切な対処を

bullying of children

においはデリケートな問題でもあり、子供に口臭があると「いじめの原因にならないか」と心配になる親御さんも多いでしょう。

口臭は自分で気づきにくく、周囲に指摘されて初めて気づくことも少なくありません。子供に口臭がある時は、早めに原因を見つけて対処し、口臭をなくしてあげましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る