健康生活TOP 自閉症 自閉症の原因とは?症状悪化を防ぎ楽しく食事できるコツ5つ

自閉症の原因とは?症状悪化を防ぎ楽しく食事できるコツ5つ

family

自閉症を持った方は軽度の症状のものを含めると約100人に1人と言われています。この数字をみると身近に感じられませんか?

その原因には様々な議論が現在でもされていて、研究が続けられています。果たしてどういったものが原因となり得るのでしょうか。

※2016/2/2 内容を修正、加筆しました。

自閉症とは?その原因を探る

自閉症は

  • 注意欠如(ADHD)
  • 多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)
  • チック障害

などの発達障害の中の「広汎性発達障害(PDD)」に分類されるものです。広汎性発達障害には自閉症以外にアスペルガー症候群などがあります。

現在では自閉症、アスペルガー症候群、そのほかの広汎性発達障害はまとめて「自閉症スペクトラム障害」と呼ばれるようになっています。

基本生後30ヶ月までに発症する先天的な脳機能障害で、軽度の症状の方を含めると日本では約100人に1人が自閉症と診断されています。

自閉症は「1. 対人関係の障害」「2. コミュニケーションの障害」「3. パターン化した興味や活動」の3つの特徴をもつ障害で、生後まもなくから明らかになります。最近では症状が軽い人たちまで含めて、自閉症スペクトラム障害という呼び方もされています。

自閉症は4~5:1の割合で男性に多く、女性は比較的軽度の発症と言われています。この原因は2つの説が唱えられており、

  • 女性の脳は男性の脳よりも社交的なつくりになっていることが多く、そのため症状が抑えられている
  • 女性の遺伝子に存在するX染色体の弱い部分をもう一方が補っている

ということが考えられています。

男性の持つ染色体はXYの組み合わせ、女性はXXの組み合わせであるため、X染色体の一方が脆弱であっても補助しているというのです。

このように自閉症と遺伝子は深く関係しており、以前は遺伝による発症がもっとも大きな原因と考えられていました。

自閉症は遺伝するのか?

1人目の子供が自閉症である場合、2人目の子供も自閉症である確率は2倍と言われています。しかし、100%遺伝してしまうということではありません。

関係 確率
身内に自閉症の人がいない 0.2%
きょうだいのうち1人が自閉症の場合他の子供が自閉症である 2~10%
二卵性双生児の1人が自閉症の場合もう1人が自閉症である 10%
一卵性双生児の1人が自閉症の場合もう1人が自閉症である 80~90%

一卵性双生児の発症でもその障害の程度は異なることがあるようです。

遺伝が必ずしも原因になるとは立証されていないとはいえ、こういった確率の高さから遺伝による発症も否定はできないでしょう。

米国のジョンズ・ホプキンス大学医学部をはじめとしたチームによる研究では、脳に存在する神経細胞や免疫細胞であるミクログリアの遺伝子を調べたところ、自閉症と正常の脳ではその活動や個数に差があったとのことなのです。

自閉症を発症している脳ではミクログリアが活発であり、これに関連したさまざまな遺伝子に働きかけていると、その後に神経細胞で働くべき遺伝子の数が減少してしまうのです。つまりミクログリアの異常な動きが自閉症の脳に関係がありそうだ、という結果でした。

他にも、米国エール大学の研究グループの大頭症、自閉症の発症についての研究では、FOXG1という遺伝子の分裂速度が正常な脳にくらべて10倍速く、この増加を抑える処置を施したところ同様の抑制性ニューロンが作られすぎることが抑えられた、という結果がでています。

こういった研究がすすむことで、自閉症と遺伝との関係がしっかり解明されることを願います。

お母さんの環境的要因

国立保健医療科学院の「自閉症の環境要因」では、自閉症の原因となり得るものは以下であると研究結果を発表しています。

  • 妊娠初期の喫煙
  • 水銀
  • 有機リン酸系農薬
  • ビタミン等の栄養素
  • 親の高齢妊娠週数
  • 出産時の状況(帝王切開等)
  • 夏の妊娠
  • 生殖補助医療による妊娠

国立保健医療科学院「自閉症の環境要因」(pdf)より

また2014年5月、The Journal of the American Medical Associationに掲載されたマウントサイナイ医科大学の自閉症研究センターによる大規模な調査で、自閉症の原因について遺伝要因と環境要因が等しく重要であることが記されています。

この場合の環境要因とは「上項であげたお母さんの環境的要因」を意味しています。

この調査はスウェーデンで1982年~2006年に200万人以上から採取されたデータであり、自閉症の要因は遺伝によるものなのか、環境によるものなのかを解明することをテーマとした研究では最大規模のものでした。

遺伝的要因が80~90%であると考えられていたため、この調査結果には論文執筆者も驚いていたとか…

現在では遺伝の確立は低く、それよりもこういったお母さんの妊娠中の環境に原因があることが多いのではないかと考えられています。とくに喫煙により胎内に活性酸素が大量に発生し、それが原因であるとの考えも強いようです。

後天的な自閉症の発症はあり得る?環境が与える影響

共有環境(家庭)、非共有環境(家庭以外の社会)のかかわり方が、後天的に自閉症を生むのだという考えも昔はありました。

しかしこれは科学的には証明されておらず、妊娠中のお母さんの行動が要因であることが大きいという見解が主流のようです。

孤独が症状を悪化させてしまう問題

自閉症はコミュニケーションが苦手である症状がでますので、対人関係を上手く築けないという場合があるようです。

周囲の理解が得られないとどんどん孤独を感じてしまい、自閉症の症状が悪化してしまうと言われています。

近年問題となった”孤食(こしょく)”では、共有環境、非共有環境どちらにしてもこの傾向が適応され、一人で食事をすることが多くなってしまうことが非常に問題であるとされています。

特に偏った栄養摂取、孤食(個食)、食生活の乱れによる肥満・痩身などに加え、発達障害を持つと食品や調理法、食事の環境などへのこだわりが強く出てしまうことによる偏食、アレルギー、咀嚼や嚥下の困難などといった食の問題もあります。

こういったことから

  • 食事の世話が大変
  • 関わりたくない
  • 偏食はわがままだ

といった印象を周囲に与えてしまい、孤食の傾向を強めてしまうのです。

子供にとっての食事環境の意味

夕食時などに家族そろって食事をする機会が少ない子供は、精神が不安定になり情緒が乱れることが分かっています。家族での会話をする場がなくなるとコミュニケーション能力や社会性が育たなくなり、孤食の子供ほど孤立してしまう傾向があるのです。

また、たとえ家族がそろって食事をするとしても、お父さんは新聞を読み、家族はテレビを見ながらという食事の摂り方も、コミュニケーションが不足するという点においては同じことでしょう。

最近ではスマホやメールをしながら食事をする子供が増えているともいいます。何かをしながら食事をする“ながら食い”も決して良い習慣とはいえません。

食事の場は、単に栄養を摂るというだけでなく、食事のマナーや礼儀を身につける場でもあります。「いただきます」「ごちそうさま」など食事の挨拶や、箸の持ち方や上げ下げまで、社会生活を営む上での基本的な要素を身につける場でもあるでしょう。

「ごちそうさま」は漢字で「御馳走様」と書くのですが、昔は多くの人が海や山を走り回って食材を調達してくれたことを表しています。お米もそうですね。お百姓さんが八十八日、手間や苦労をかけて作ったことから作られた漢字です。

そして「いただきます」の意味は、食事として出された動物などの命をいただく、ということを意味しています。他の命をいただいて人間は生きているのだと理解することは、思いやりの心や感謝する気持ちを育てることにつながります。

こうして自分一人では生きられないことを理解させることもできるでしょう。

食卓は子供の健康を管理する場であるとともに、子供の社会性をはぐくむ教育の場でもあるのです。

和食が世界文化遺産に登録が決まりましたが、和食の定義については、江戸時代にさかのぼり一汁三菜と言われることが基本です。

さて突然ですが、ご飯とみそ汁はどちらを左にするでしょうか?焼き魚の頭は右でしょうか左でしょうか?

答えは、ご飯は左側、魚の頭は左に向けます。逆にすると仏様へのお供えになってしまい縁起が悪いのです。

食事によってこういった礼節を学び、家族そろって食卓を囲み、その日あったことなどを話しながら食事をする。この当たり前のことが子供の心や体の健康にとっては欠かせないことなのです。

自閉症の子供とより楽しく食事をする方法5つ

まずは偏食を克服させてあげたいですよね。自閉症を持っていると私たちには何も気にならないことが異常に気になってしまい、好き嫌いが激しく出てしまうことが多くあります。こういった問題を解決するにはどうしてあげればいいでしょうか?

1.においが気になるなら…

自閉症の子供が嫌うもので多くあるのは、嗅覚が鋭い感覚過敏によりにおいが気になってしまうということです。

  • まな板からのにおいうつり
  • 外で購入したものの乾燥材や添加物のにおい
  • 調理中の立ち上る調味料のかおり
  • 使う箸からするにおい

がくさく食べられないというものです。

  • 家庭で使用する洗剤や漂白剤には香りのついていないものを選ぶ
  • 購入する店を選び、できるだけ添加物のないものを購入する
  • 調理中は換気扇をまわし、食卓に呼ぶタイミングを考える
  • 箸はしっかり洗って乾かす。割り箸は好まれることが多いようですよ。

こういった対策で様子を見てみましょう。手を付けない場合は「どれがくさかったかな?ごめんね」と声をかけてあげ、においの原因やその種類を判断しましょう。

2.盛り付けなどの見た目が気に入らないなら

  • 盛り付けが違う
  • 大きさや形が違う
  • 初めて見る料理なので怖い

といったことも自閉症の子供は気になってしまいます。

例えばハンバーグやコロッケなどの形が自在になるものや、食材の切り方の差に敏感に気付いて嫌ってしまいます。前に食べた時と同様にするように心がけましょう。

盛り付け、食器の色や形なども同様ですので、写真に撮っておくとしっかり記録されていいですね。

3.調味料など苦手なものが気になるなら

自閉症の子供はベタついたものが苦手である傾向があります。ソースやタレなどがかかっているだけで料理すべてがダメ、となってしまうこともあるので、こういった調味料には気を付けましょう。

当たり前のことのようですが、苦手なものが料理に入っていると食べられないことが多いです。取り除けば食べられるということもなく、炒めたり煮込んだりと同時に調理したものは基本的にダメ!となる事が多いようです…。

食べられない食品は単体で食べられるように、焼いてダメなら煮てみる揚げてみる、すりつぶしてわかりにくくする、といった調理方法の工夫をしましょう。

4.マイナスな言葉はかけないように

  • どうして食べないの?
  • 大きくなれないよ
  • もういらないんだね

のようなマイナスな声はかけないようにしてあげましょう。逆に

  • 何が嫌だった?
  • どれが、どうして食べられないの?

といった理由を聞いてあげるような声はどんどんかけてあげてください。自分を理解しようとしてくれている、ということを伝えてくださいね。

5.テレビは消して食事に集中してもらおう

食事環境にたくさんの音があるといけません。テレビは消して静かな環境をつくってあげましょう。

しかしおしゃべりは良い影響を与えますので、どんどん話をしてあげましょう。今日あったことや嬉しかったこと、どんどん食べてくれるものに注目させて「これおいしい?よかった」と喜びを見せてあげましょう。

自閉症の治療法「食事」と「薬」

自閉症の治療は生活をする環境をかえてあげたり、接し方を適切にしたりということになります。この記事では病院で受ける指示や処方される薬についてお話したいと思います。

食事療法

  • グルテン…小麦製品に含まれることが多い
  • カゼイン…乳製品に含まれることの多い

を食事から取り除く療法です。グルテンフリー、カゼインフリーというとよく耳にする感じがしますね。これにより異常行動が減少するという調査結果があります。これらは子供、大人ともに発達障害の場合アレルゲンとなることが多いものです。

またどちらの成分も脳の行動をつかさどる部分に作用してしまう性質があり、ヘロインやモルヒネのように眠気や不注意を起こしたり起こしたり、攻撃的であったり自傷行為などの問題行動を起こしたりさせてしまうのです。

これらを避けるため、とうもろこしや大豆食品をできるだけ取り除く食事を取り入れます。

薬物療法

あくまで対処療法であり完治を目指すためのものではありませんが、以下のような治療薬を処方されることがあります。

オキシトシン
脳で合成されるホルモンのひとつです。愛情や信頼といった感情に関係のあるホルモンとして有名ですね。実際に改善が見られたという例は少ないですが、研究は進んでいますので今後に期待したいですね。
リスパダール
うつ症状などの精神病に対しての治療薬としては有名なものです。不安感や神経の興奮を抑える働きがあり、攻撃的な行動が抑えられます。

しかし、副作用もあることからこの薬は医師と相談が必要です。人によっては

  • 疲労感
  • 唾液の分泌量が増える
  • 食欲が異常に増える
  • 強い眠気
  • めまい

といった症状が現れます。重度だと意識の混濁や歩行困難の例もありますので、しっかり医師に確認をとることが必要です。

リタリン
自閉症に多くみられる多動の症状を抑えます。抗うつ剤でありあくまで症状を緩和させるためのものです。依存性は少なく比較的安全なものですが、用法用量を守らないと強い痩身作用がでてしまう場合があるので注意しましょう。
SSRI
無意味な行動を繰り返してしまう行為を抑えます。うつ病や強迫性障害に処方される薬です。子供より成人以降の自閉症患者により効果があるようです。
ストラテラ(アトモキセチン)
新薬として注目されている薬です。もともと抗うつ剤として使用されてきたものでしたが、それよりも発達障害に効果があると判明してきました。

多動、衝動性の問題行動を抑えることができ、効果も長く続くことから日本での使用は主流化してくるでしょう。ただ、食欲が減退してしまう副作用は少なからずあるようです。

このように副作用の例もみられますし、子供に薬を飲ませるのは…というお気持ちはとてもよくわかります。しっかりと医師と相談の上で適切に投与すれば症状が緩和する可能性があるので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る