健康生活TOP 喘息 「浸かって、吸って、飲んで」ラジウム温泉は喘息治療に効果的!

「浸かって、吸って、飲んで」ラジウム温泉は喘息治療に効果的!

shutterstock_1386595612

私たちが住んでいる日本は火山列島であり温泉大国です。昔から温泉に慣れ親んできました。そして医学が発展してなかったため、温泉を病気の治療方法としても取り入れてきました。しかし、ひとくちに温泉といっても泉質はさまざまです。

症状に合わせた温泉を選ばなければ悪化することすらあります。温泉で治療効果が期待できる症状はたくさんありますが、今回はさまざまな症状に効く温泉を紹介しながら、中でも喘息にスポットをあてて、ラジウム温泉の効果を詳しくご案内します。

筆者自身も喘息なのですが、温泉治療による体験談も入れていき、わかりやすくご紹介していこうと思います!

温泉で病気の治療効果を上げるには泉質を確認して選ぶことが大切

温泉とは温度が25度以上あり、温泉法で定められている地中からの溶存物質のどれかを含んでいる泉質のことです。また25度以下の温度でも定められた溶存物質を含んでいれば「温泉」ということになります。

水蒸気、ガスなどの場合も、同じく、温泉源から噴出している温度が25度以上でも、それ以下でも溶存物質を含んでいれば温泉です。つまりこれらの条件をクリアしていれば温泉と名乗れるわけですから、その効果効能には大きな差が出てきます。

ただたんにリフレッシュするだけならば良いのですが、「特定の病気の症状を改善したい!」と思っている時は、できるだけ効果効能を高い温泉を選びたいものです。

このように症状に合わせて温泉が選びやすいように療養泉という、法的に医学的治療効果があると認められた溶存物質を含んでいる温泉があります。温泉地に行くと、浴室の入り口や、浴室内に「泉質と効果効能」が書かれた掲示板がたいていありますよね。

ですが、到着してから確認しても遅く、特定の病気の症状の回復が目的の場合は、できるだけ事前に温泉地の泉質と効果効能と注意事項を確認することが大切です。では、詳しくチェックしていきましょう。

さまざまな泉質の特徴と効果効能を把握して治療を効果的に

泉質はたくさんありますが、以下の9つの泉質に大別することができます。効果的に温泉に入るためにも頑張って覚えておきましょう。

1.二酸化炭素泉

炭酸ガスの気泡が肌にまとわりつく、まるで炭酸飲料水のような泉質。炭酸飲料水が高温になるとガスが抜けてしまうのと同様に、二酸化炭素も気化してしまうため、温度はぬるめ。病状によっては飲泉可。サイダーのような味わいがします。

気泡となった炭酸ガスは皮膚から浸透することで身体の末端の血管を拡張させるため、心臓が頑張らなくても血行が良くなる効果が期待できます。

効果効能

高血圧症、動脈硬化、冷え性によるさまざまな不調(更年期障害など)、筋肉痛、関節痛、神経痛、運動麻痺、切り傷、やけど。

飲泉した場合は胃液の分泌を促すため食欲増進の効果あり。

覚え方

「心臓の湯」

注意点

温度がぬるめなため、ついつい長湯しがちになります。しかし、二酸化炭素が肌から浸透していくということは長く入っていると一種の酸欠状態を起こすこともあるので長湯はせず、15分ぐらいまでにしておきましょう。

飲泉する場合は下痢をしている時はひかえましょう。

温泉地

吉川温泉・有馬温泉(兵庫県)、湯谷温泉(島根県)、新船小屋温泉(福岡県)、長湯温泉(大分県)など。

2.炭酸水素塩泉

重曹成分により皮膚の角質を柔らかくすることで皮脂を浮かび上がらせ、ツルツルになるため入浴後はサッパリ。また鎮静効果があるので炎症を抑えてくれる効果が期待できます。

効果効能

慢性皮膚疾患、じんましん、アレルギー疾患、筋肉痛、関節痛、神経痛、切り傷、やけど。

飲泉した場合は痛風、糖尿病、肝臓病、胆石、慢性消化器疾患などに効果あり。

吸入した場合は喘息(気管支炎疾患)

覚え方

「美人の湯」「美肌の湯」

注意点

重曹泉はアトピー性皮膚炎の人や乾燥肌の人には肌の皮脂を取られすぎてしまうため、しっかり保湿をするなど、入浴後のケアをきちんとしましょう。

筆者の個人的な感想

筆者もアトピー性皮膚炎でしたが、症状がひどい時は重曹泉は避けていました。「美肌の湯」という呼ばれ方から、ついついアトピーにも良さそうだと思いますが、症状がひどい時は無理に入ることはあまりおすすめできません。

温泉地

愛山渓温泉(北海道)、飯岡温泉(千葉県)、川湯温泉(和歌山県)、黒川温泉(熊本県)、天降川温泉(鹿児島県)など。

3.塩化物泉(食塩泉)

名前の通り、塩を含んだ温泉。海の近くにある温泉のほとんどは塩化物泉。温泉を掘る技術が進んだ今では単純温泉が多いが、以前はこの塩化物泉が一番多かった。塩分の効果により、とても良く温まり、湯冷めもしにくい。殺菌効果も期待できます。

効果効能

冷え性、筋肉痛、関節痛、神経痛、慢性皮膚疾患、切り傷、やけど。

飲泉した場合は貧血、慢性便秘症などに効果あり。

吸引した場合は喘息(気管支炎疾患)

覚え方

「熱の湯」「傷の湯」

注意点

身体が弱っている人は湯あたりすることがあるので注意しましょう。また高血圧や心臓病などで塩分制限のある人は飲泉してはいけません。また健康な人でも濃度の高い泉質の場合は飲泉を避けるか、薄めてください。

筆者の個人的な感想

アトピー性皮膚炎だった筆者が好きな泉質のひとつです。「海に入るとアトピーが良くなる」と聞いたことがありませんか?それは本当のことで塩分による殺菌効果により、入浴後はとてもサッパリ爽快になれます。

しかし、温泉地にもよりますが、濃度が高い泉質では入浴後しっかりとシャワーで流すようにしましょう。塩分が残っていると逆にアトピー性皮膚炎が悪化することがあります。

温泉地

定山渓温泉(北海道)、有馬温泉(兵庫県)、黄金崎不老ふ死温泉(青森県)、和倉温泉(石川県)、皆生温泉(鳥取県)など。

4.硫酸塩泉

「硫酸」という言葉のイメージは肌にとってはヒリヒリしたり、刺激が強そうですが、そんなことはなく誤解が最も多い泉質。硫酸塩泉は芒硝(ぼうしょう)泉、正苦味(しょうくみ)泉、石膏泉の3つに分かれます。

効果効能

芒硝泉・・・高血圧症、動脈硬化、痛風、切り傷。飲泉した場合は胆石、慢性便秘症。

正苦味泉・・高血圧症、動脈硬化、脳卒中。飲泉した場合は少し苦味がある。

石膏泉・・・高血圧症、動脈硬化、脳卒中、切り傷、やけど。

覚え方

「脳卒中の湯」「傷の湯」

注意点

飲泉する場合は飲み過ぎに注意しましょう。

筆者の個人的な感想

硫酸というと本当に肌にきつそうですが、筆者の個人的な感想ですが、肌が弱い私でも、優しい感じがして肌がしっとりとするのでとても好きな泉質のひとつです。

温泉地

天童温泉(山形県)、山城温泉(石川県)、鳥取温泉(鳥取県)、玉造温泉(島根県)、法師温泉(群馬県)

5.単純泉

成分は薄いが、逆に言えば誰にでも合う最もシンプルな温泉。日本では一番多い泉質であり、子供から高齢者まで安心して入ることができます。また成分が弱いため、長くゆっくりと浸かることができます。

効果効能

ストレス発散、疲労回復、血行促進、冷え性、筋肉痛、関節痛、神経痛。

飲泉した場合は慢性胃腸症、慢性便秘症などに効果あり。

覚え方

「家族の湯」

注意点

長湯できるからといって長時間入りすぎてはいけません。飲泉する場合も飲み過ぎに注意しましょう。

筆者の個人的な感想

単純泉はあまり深く考えずに入れるので、ただ単にリフレッシュしたい時には最高に適した温泉なので大好きです。また単純泉で成分は低めといっても溶存成分の種類やバランスはさまざまなので違いを調べてから入るのも楽しいものです。

温泉地

下呂温泉(岐阜県)、下田温泉(静岡県)、鹿野温泉(鳥取県)、道後温泉(愛媛県)など。単純泉は日本で一番多い泉質であり、各都道府県には必ずといっていいほどありますので、ぜひ調べて行ってみてください。

6.硫黄泉

硫黄泉はにおいがきつく、人によって好き嫌いが分かれる温泉。源泉は無色透明だが、空気に触れてしまうと酸化してしまうため、ほとんどの温泉地ではお湯が黄色くなっています。噴出すガスにより末端の血管を拡張させる働きがあります。

効果効能

糖尿病、動脈硬化、慢性皮膚疾患、リウマチ、筋肉痛、関節痛、神経痛。

飲泉した場合は糖尿病、慢性便秘症などに効果あり。

覚え方

「生活習慣病の湯」

注意点

硫黄ガスは刺激が強いため、高齢者や子供、虚弱体質の人には向きません。また健康な人であっても入浴は10分以内にしておきましょう。下痢の時は飲泉してはいけません。

また喘息の人にとっては注意が必要です。硫黄ガスはたとえ温泉に浸からなくても温泉地に到着して硫黄の煙やにおいを嗅いだだけで発作を起こすことがあります。喘息および呼吸器系が弱い人には向かないため注意が必要です。

万座温泉(新潟県)、銀山温泉(山形県)、上田温泉(長野県)、高湯温泉(福島県)

7.酸性泉

その名の通り酸性度のある温泉。刺激が強いが、抗菌作用に優れています。

効果効能

水虫、にきび、慢性皮膚疾患、筋肉痛、関節痛、慢性婦人病。

覚え方

「殺菌の湯」

注意点

刺激が強い泉質のため、高齢者や子供、虚弱体質の人には向きません。水虫などの慢性皮膚疾患には効果がありますが、肌が乾燥肌で弱い人は控えておいたほうがよいでしょう。入浴後はしっかりとシャワーで流すことも忘れてはいけません。

飲泉には向かないので絶対に飲んではいけません。知らずに飲んでしまった場合、胃ただれを起こす恐れもあるので注意しましょう。

温泉地

草津温泉(群馬県)、雲仙温泉(長崎県)、中ノ沢温泉(福島県)

8.鉄泉

その名の通り、鉄を含む泉質。鉄は空気中に触れると錆びてしまうため、お湯の色は黄色く濁っているのが普通です。鉄を含んでいるため、血を作り出す効果があり、また鉄による伝導率の効果で身体の芯からポカポカと温まります。

効果効能

貧血、更年期障害、月経障害、腎臓病、慢性皮膚疾患、切り傷、やけど。

飲泉した場合には貧血、慢性消化器病などに効果あり。

覚え方

「婦人の湯」「子宝の湯」

注意点

浸かるだけでも貧血には効果的ですが、飲泉によっても体内にとりこめます。しかし飲み過ぎには注意しましょう。飲泉は基本的にあまり向いていないようです。

温泉地

有馬温泉(兵庫県)、鉄輪温泉(大分県)、長良川温泉(岐阜県)など。

このように泉質によって効果効能は違うため、自分の症状に合った泉質を選ぶことが重要です。さまざまな泉質の効果効能を調べていくと、基本的に総合していえるのは「薬効が高いお湯ほど長湯は適さない」ということです。

症状を泉質に合わせるだけでなく、正しい入り方を守らなければ症状が悪化してしまうことを覚えておいてください。

ところで今までご紹介してきた泉質は9つのうち、まだ8つですよね。それでは喘息に最も効果効能がある放射能泉(ラジウム温泉)について詳しくみてきましょう!

人間が本来もっている自然治癒力をパワーアップさせる放射能泉

shutterstock_2698190512

放射能というと人体には危険なイメージがあるかと思います。しかし、筆者は全国でも濃度が高い放射能泉(ラジウム温泉)である三朝温泉(鳥取県)のすぐ側に住んでいますが、三朝地区の人たちは高齢であっても元気でおられることを知っています。

そんな筆者自身の経験も加えつつ、ラジウム温泉とその効果効能、とくに喘息にスポットをあててご紹介していきましょう!

微量の放射線が有益に働く「ホルミシス効果」

ラジウム温泉などが大昔から親しまれてきた歴史に反して、長年、「放射線はどんなに微量であっても危険である」というのが定説でした。

その定説に真っ向から対立する論文「微量の放射線はむしろ健康に良い」ということを発表したのがアメリカのラッキー博士でした。ラッキー博士が放射線の研究をNASAから「宇宙飛行士と放射線の人体に対する影響ついて」の依頼を受け、開始しました。

なぜならば宇宙では地上の100倍以上の放射線を浴びることになるからです。ラッキー博士は10年以上にわたり研究を重ねた結果、ホルミシス効果を1982年に世界に向けて発表しました。

ホルミシス効果

特定の物質が高濃度、もしくは大量の場合は人体に有害であるが、低濃度、もしくは微量であれば逆に人体にとって良い働きを生み出す効果

このラッキー博士の発表は、ラジウム温泉などの効用を裏付けるものとなりましたが、当時はまだまだ「放射線はどんなに微量であっても有害である」という定説から抜け出すことができず、ラッキー博士の論文は埋もれてしまう結果となります。

しかし、このラッキー博士が発表したホルミシス効果に再び脚光を当てるきっかけとなったのが日本の服部博士と研究チームでした。さらなる研究と実験により、今では微量な放射線は人体に良いというホルミシス効果が確証されるようになってきました。

では、具体的にどうして微量の放射線を浴びると人体にとって良いのでしょうか?

私たちはいつも自然から放射線を浴び続けている

まず、誤解していただきたくないのが私たちはいつも日常生活の中で放射線を浴び続けているということです。空から、地面から、植物から、また浴びるだけでなく、それらの植物を食べることでも、つねに放射線を内側からも浴び続けています。

確かに放射線は高濃度に浴びた場合は人体に悪影響を及ぼします。シーベルト(放射線を浴びた時の人体の影響度を示す)の数値でみると、放射線を瞬間的に浴びた人体の致死率は、2シーベルトで5%、4シーベルトで50%、7シーベルトでは100%です。

しかし、世界的な平均値では、ひとりが1年間に2.4ミリシーベルト、日本の平均値では、1.48ミリシーベルトの放射線を浴びています。もちろん致死量に達するほど高濃度なわけではありませんが、微量な放射線を浴びていても健康に害がないことがわかります。

微量の放射線は人体の治癒力にスイッチを入れる

微量の放射線にはさまざまな体調不良や、また老化を早めてしまう原因となる活性酸素を抑えるという効果があります。

活性酸素は、生命を維持するためになくてはならないものですが、同時にさまざまな病気を引き起こし、老化を促進する原因にもなります。低線量の放射線には、ビタミンCやビタミンEの摂取による抗酸化作用とはケタ違いの働きがあります。

放射線は細胞の大部分を占める水分を電離させて一時的に大量の活性酸素を発生させ、体内の抗酸化の仕組みにスイッチを入れて活性酸素を打ち消してしまうのです。
引用…一般社団法人 ホルミシス臨床研究会

簡単にいえば、微量の放射線は身体の細胞にとって適度な刺激となり、それまで働きが鈍くなっていた抗酸化作用に働きかけることにより自然治癒力がパワーアップするということです。

「浸かって、吸って、飲んで」の効果を最大限に活かすことができる!

shutterstock_2773630432

活性酸素を抑制するということは、免疫力がアップするということです。ですから、ラジウム温泉が身体のあらゆる病気の治療に、その他、多くの不調に効果的であるため「万病の湯」と昔から呼ばれてきました。

効果効能

喘息(気管支炎)、肺気腫、リウマチ、筋肉痛、関節痛、神経痛、高血圧症、糖尿病、痛風、慢性消化器病、冷え性、慢性皮膚疾患など。

このようにラジウム温泉は病気の治療効果として幅広く、そして高い薬効力もある療養泉としてはもっとも優れた泉質であるといえます。とくに、喘息の治療には浸かるだけでなく、吸って、飲んで、身体に吸収することにより、さらに効果が高まります。

気化したラドンが血液に乗り身体中をめぐる

ラジウム温泉地に行くと、よく「ラドン」という言葉も目にします。ではラジウムとラドンとは何がどう違うのでしょうか?

まず、ラジウムやラドンの元になるウランという元素が地球上にはたくさん存在しています。このウランはとても不安定な元素であり、14回の変化を繰り返して、最終的には安定した鉛となります。

この14回の変化の過程で、5回目がラジウム、そして次の6回目がラドンとなります。このラドンは物質ではなく気体です。気体であるため、吸うことにより肺に入り、そして血液に入り、全身をめぐり、細胞にホルミシス効果を与えることができるのです。

また飲泉によっても吸引と同じ効果が期待できます。

体内に蓄積していかないので心配がない

ラドンは体内に入っても30分ほどで、呼吸や、尿などによって体外に排出されてしまいます。2011年以来、原発事故による放射能問題がクローズアップされていますが、ラジウム温泉は体内に蓄積することがない放射能泉ですので安心してください。

ラジウム温泉を喘息の治療に活かす効果的な入り方

喘息の治療のためにせっかくラジウム温泉に行くのならば、入浴ポイントをおさえて少しでも効果を得ましょう。

  • ラドンは空気中に広がるので湯けむりを吸う
  • 呼吸は口よりも鼻から、深くゆっくりと吸う
  • 吸引の効果をより高めるため、露天よりも窓を閉め切った内湯に入る

ラジウム温泉の注意点

ラジウム温泉は無色透明で、無味無臭のため、ついつい薬効の高さを忘れてしまいがちになりますが、長湯すると湯あたりを起こしやすい泉質です。ラドンの吸引を長く行うには、全身浴よりも半身浴にして湯あたりしないように注意しましょう。

筆者の個人的な感想

筆者はじつは喘息の発作の治療としてラジウム温泉に通うだけでなく、ラジウム温泉を利用して治療を行う病院にも入院していました。

入院中はラジウム温泉と喘息の治療についてセミナーを受けたり、担当医師の指導のもと、ラジウム温泉プールに毎日入って、呼吸をしながら歩く治療方法を行いました。そのかいがあって今では、予防用のステロイド吸入からも卒業することができました。

病院には全国から多くの喘息患者さんが温泉治療を受けるために長期入院されていました。もしも「本格的に喘息の症状を治療したい!」と思っている人にはこのようなラジウム温泉を治療として取り入れている医療施設に行くのが効果的です。

ひとくちに喘息といっても症状のレベルには差があります。またラジウム温泉での喘息の治療は泉質の良さはもちろん環境の良さも大切です。それは喘息はもちろん、ストレスも病気の症状に絡んでいるからです。

温泉を効果的に入るために知っておきたい共通ポイント

shutterstock_120639658

では、全ての温泉を効果的に入るための全ての泉質に共通しているポイントをしっかりとおさえておきましょう。

  1. 入浴前に水分補給をしましょう。入浴後に補給する人がいますが、それでは入浴中に発汗で血液がドロドロになります。
  2. いきなりドボン!と入ることはせずに、温泉に入る前の準備運動として、掛け湯をしましょう。まず足から心臓に遠い所からお湯をかけます。
  3. 湯船にはゆっくりと足から浸かっていきましょう。半身浴で身体をならすことで湯の熱さや水圧による負担が軽くなります。
  4. 長湯をしすぎないようにしましょう。高温では10分程度、ぬるめの場合でも30分以内が理想的です。
  5. 上がり湯は温泉の効果が薄れるので控えましょう。ただし泉質によっては上がり湯が必要な時もあります。
  6. 入浴後に水分補給をしましょう。ただし、冷たい飲み物はせっかく温めた毛細血管が縮むため、心臓によくありません。常温の飲み物にしておきます。
  7. しばらくはゆっくりと休憩しましょう。入浴中は軽い運動をしたのと同じです。また変動した血圧が安定するまでは休憩が必要です。

全ての温泉で控えておいた方がよいこと

では、全ての温泉で、控えておいた方がよい注意点も覚えておきましょう。

  • 飲酒後は入浴しないこと
  • スポーツをした直後は入浴しないこと
  • 食後すぐに入浴しないこと
  • 長時間入り過ぎないこと

たとえ成分が薄めである単純温泉でも甘くみてはいけません。温泉は自宅のお風呂のお湯とは違います。これらのことをしっかりと守らなければ、たとえ健康な人であっても思わぬ事故につながってしまうことがあるということを心得ておきましょう。

温泉の効果は薬よりハッキリしないからこそ逆に効果が期待できる

温泉による病気の治療は医学が発展していない昔からの先人の知恵でした。私たちは確かに今、医学の発展した中で暮らしていますが、実際はどうでしょうか?病気があふれ、日本中の病院はいつも人で溢れているのが現状ですよね。

それはつまり薬では病気を治療する根本的な解決になっていないということです。とくに喘息などのアレルギー疾患は、身体が本来もっている免疫力が落ちてしまっているのが原因であり、いくらアレルゲンを排除しても完治することはできません。

温泉は薬のようにハッキリとした効果はでませんが、それは逆に身体自身が本来の力を取り戻す可能性があるということなのです。中でもやはりおススメなのが免疫力を取り戻してくれるラジウム温泉です。

喘息は大人になってから患ってしまった場合、非常に完治することが難しい病気ですが、改善方法として温泉、できればラジウム温泉を加えてみてはどうでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る