健康生活TOP 喘息 【食用油でコントロール】喘息の炎症を抑える油と悪化させる油

【食用油でコントロール】喘息の炎症を抑える油と悪化させる油

shutterstock_1463417842

喘息と言う病気については、ここで説明するより患っておられる方が一番よくご存知でしょうから、特に説明はしません。

私自身、小さいころに小児喘息で苦しみましたが、何年もお薬が手放せなかったのに、思春期を迎えるころ治ってしまいました。お医者様はよくあることだと仰っていましたが、詳しいことは遠い昔なのでよく覚えていません。

今回お話しするのは、喘息でお悩みの方々の症状が、食用油の成分によって軽減したり悪化したりすると言う情報です。

喘息を改善するビタミンEと悪化させるビタミンEがある!

ビタミンEと言えば抗酸化物質として、そしてアンチエイジングにも役立つビタミンとして良く知られていますね。現在ではビタミンEと言うと日本の食品表示基準ではα(アルファ)トコフェロールだけを指すようになっています。

21世紀に入って間もないころまでは、8種類のトコフェロール・トコトリエノールにそれぞれ活性比率の数値を掛けてαトコフェロールに換算した数値(当量)を割り出し、それをビタミンEの摂取基準値の計算に用いていました。

しかし現在では他の7種類は外されています。これはαトコフェロール以外のビタミンEは、全身に運ばれる前に肝臓で代謝されてしまう事が多いからだと言われています。

もちろん、今でもすべてがビタミンEの構成成分であることに変わりはありません。

そして、そのうちの1つが喘息を悪化させる要素を持っている事が判ったのです。まずは、少し詳しい内容を説明しますが、結論だけでいいやと言う人は「食用油の見直し~」の見出しまで飛ばして下さっても良いですよ。

ビタミンEの主役はαトコフェノールで脇役がγトコフェノール

以前から様々な研究でビタミンEの摂取量と肺機能について、矛盾する研究結果が数多く認められてきました。そこで、アメリカのノースウエスタン大学の研究グループは、詳細について研究を行ったのです。

その結果、同じビタミンEと言っても、αトコフェロールとγ(ガンマ)トコフェロールでは肺機能に対して逆の効果を持っていると言う結果が出てきました。

他の6種類については特に研究されたデータはありません。ただ、トコトリエノール4種類については、一般食品にはppm(100万分の1)レベルでしか含まれていないので、無視しても良いでしょう。

また、β(ベータ)トコフェロールとδ(デルタ)トコフェロールも、一部の植物性油脂にδが特異的に存在する程度なので無視できると言っていいのだと思います。

αは喘息を抑え、γは喘息を悪化させる事が判った

以前から動物実験において、ビタミンEを摂らせたマウスでは肺機能の向上するグループと低下するグループがあると言う矛盾した結果が見いだされていました。

この矛盾する関係を詳しく調べたところ、αトコフェロールは肺機能を向上させ、γトコフェロールは低下させると言う結論が得られていたのです。

それを「若年成人層における冠動脈疾患のリスク研究」に参加した人たちのデータを用いて調べたところ、人間においてもαトコフェロールを多く摂る人は肺機能が良く、γトコフェロールを多く摂る人は肺機能が落ちると言う事が判りました。

もともと人間の体内に存在するビタミンEの90%程度はαトコフェロールです。ですので、問題になるのはγトコフェロールが多くなりすぎていないかどうかと言うことだとも言えるでしょう。

その大学での研究の結果、血液中のγトコフェロール濃度が比較的高い値を示したグループでは、喘息症状が出てもおかしくないレベルにまで肺機能が落ちていた事が判ったのです。

この研究では特に症状の出ていない人を対象に研究していますが、もし喘息を持っている人がこのレベルにまで濃度が上がっていた場合、かなり症状が悪化してしまったであろう事が予測されています。

何を摂ればγトコフェロールを減らせるのか

答えは特定の植物性油脂と動物性脂肪です。逆に言えばγトコフェロールを多く含む植物油を避けるのが肺機能の低下を防ぐ良い手段であると言うことになります。

(抜粋)

米国国内の喘息患者数は、ラードやバターから大豆・キャノーラ・コーン油へと消費傾向が切り替わっていった時期に増加していました。

研究グループは、他の国の喘息患者数を見ると罹患者数が有意に低い国では、オリーブオイルとひまわり油が多く用いられる食事習慣を持っていると述べました。

米国でのγトコフェロールの平均血漿レベルは、ひまわり油やオリーブオイルを主に消費するヨーロッパや北欧諸国に比べて4倍以上であるとも指摘しています。

まとめとして、オリーブオイルとひまわり油を多く消費する国では、喘息罹患率が最も低く、大豆・キャノーラおよびコーン油を消費する国では、喘息罹患率が最も高くなっているとしています。

食用油の見直しで肺機能を改善しよう!

このように、ビタミンEとしてγトコフェロールを多く含む食用油を避けるのが、肺機能を落とさない重要なポイントであることが判りました。

そこで、上の引用にもあるのですが、何を避ければいいのか、何を摂ればいいのかを見てみましょう。

肺機能に良い影響がある油(αトコフェロールが多くγが少ないもの)

shutterstock_292759982のコピー

  • グレープシードオイル
  • オリーブオイル
  • ひまわり油
  • 紅花油

肺機能にあまり影響がない油(ビタミンE全体が少ないもの)

  • ラード
  • ヘット
  • バター
  • ごま油

肺機能に悪い影響がある油(γトコフェロールが多くαが少ないもの)

shutterstock_234234877のコピー

  • コーン油
  • 大豆油
  • キャノーラ油
  • アマニ油
  • マーガリン
もちろん、これは肺機能に絞った話ですので、これだけで食用油を選ぶべきだとは言いません。例えばグレープシードオイルや紅花油は、酸化耐性やリノール酸過剰の面では弱点の多いオイルです。

オリーブオイルは価格が弱点ですね。また、ひまわり油には

  • 高オレイン酸タイプ
  • 中オレイン酸タイプ
  • 高リノール酸タイプ

がありますので見極めが大事になります。

しかし、これまであまり注目されることのなかった「ビタミンEの内容」について、大きな研究成果が出たわけですので、これも頭の片隅に置いておいていただくのが良いでしょう。

ビタミンEと言えばナッツ!やはり種類によって差は大きい

私たちにとって身近なビタミンEを含む食べ物と言えば、やっぱりナッツ類ですよね。ナッツ類にもビタミンEの種類に差があるのでしょうか。

早速ですが、その違いを見てみましょう。

肺機能に良い影響があるナッツ(αトコフェロールが多くγが少ないもの)

shutterstock_217706155のコピー

  • アーモンド
  • ピーナッツ
  • ヘーゼルナッツ
  • ひまわりの種

肺機能にあまり影響がないナッツ(ビタミンE全体が少ないもの)

  • カシューナッツ
  • マカダミアナッツ
  • ポピーシード(けしの実)

肺機能に悪い影響があるナッツ(γトコフェロールが多くαが少ないもの)

Fotolia_57231569_Subscription_XXLのコピー

  • ピーカン(ペカン)ナッツ
  • ピスタチオナッツ
  • くるみ
  • アマニ
  • カボチャの種
  • ごま

このほか、松の実やブラジルナッツなどはどちらも同じくらい含まれています。ただ、全体量としてはやや少なめなので、影響も少ないと考えて良いでしょう。

それに、食用油に比べてナッツ類はそれほど多く摂っていることはないでしょう。気を付けた方が良いのは、好きであったり健康を意識して毎日摂っていたりする方ですね。

幸いなことは、日本人にとって最も身近なアーモンドとピーナッツがOKなことです。また、特にヘーゼルナッツとひまわりの種はγトコフェロールがゼロですので良いですね。

回数的に一番よく食べる「ごま」は、量としてそれほど多く摂るわけじゃないので心配する必要はないと思います。

ビタミンEサプリはαトコフェロールだけにしておくのが安全

1f848a431f7568f35d52a4eeb67f4c94_l

これまでビタミンE活性が最も高いαトコフェロールこそビタミンEであると言う考え方が一般化してきたため、それに対して差別化する目的でしょうか、他の7つのビタミンEに関するサプリなどがちらほら見受けられるようになってきました。

特に食べ物などから抽出しやすいγトコフェロールについて腎臓に対する効果、むくみ取りや高血圧性腎不全・うっ血性心不全などへの効果を謳ってサプリになっている例が見受けられます。

しかし、今回のこの研究結果では、健康な人の肺機能をぜんそく患者と同程度まで下げてしまう危険性が指摘されていますので、そうした不安が払拭されるまでγトコフェロールに手を出すのはお勧めできません。

一方、αからδまでのトコトリエノールのサプリと言うものも存在します。

そして、αトコトリエノールの抗酸化作用が、動物実験レベルではある特定の物質に対してではあるものの、αトコフェロールの40~60倍と言うデータが示されています。

ただ、人間に対するコホート研究や臨床研究が行われたわけではないので、どの程度の効果があるのかはわかりません。特に害は見つかっていませんが、もともと食品中にはあまり含まれませんので高価です。

ですから、お値段なりの効果を期待されてトコトリエノールのサプリをお求めになるのであれば、人間でのデータが充分集まってからにされたほうが、財布の健康には良いような気がします。

βとδトコフェロールについては、それだけに特化したものは見当たりませんでした。

このような状況ですので、充分な情報が集まるまでは、ビタミンEサプリについてはαトコフェロールに限定したものをご利用になるのが良いと思われます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る