健康生活TOP アスペルガー症候群 天職を発見!アスペルガー症候群の方に向いている仕事と選択のコツ

天職を発見!アスペルガー症候群の方に向いている仕事と選択のコツ

最近、友人達と話をしていると「空気読めよ!」とか「もう~空気読めてないなぁ」などの言葉を聞くことがあります。

内容的には「その場の雰囲気に合わない会話」や「デリカシーのない内容」に対して発している言葉で、あまり深い意味は無いように思います。

アスペルガー症候群を発症した人は、このようにちょっと空気を読むのが苦手だと言われており、それ以外にも人間関係などのコミュニケーションに支障が出ることが多いそうです。

社会とのコミュニケーション能力に支障が出るアスペルガー症候群の人達に向いている仕事について紹介します。

アスペルガー症候群の特徴を正しく理解すればぴったりの仕事がみえてくる

このようにアスペルガー症候群は社会性に問題がないどころか、執着性や記憶力では一般の人を凌駕しているようです。またそのような彼らでも生きていくためには、社会の一員として働いて生活を維持しなくてはいけません。

彼らの特技とそれを使った、向いている仕事とはどのようなものがあるのでしょうか?

特性を考えてどのような仕事が向いているのだろう

アスペルガー症候群ではその特性から「向いている仕事」と「向いていない仕事」があります。

向いている仕事を選ぶと天職のごとく、大きな成果を得ることができますが、不運にも向いてない仕事を選んでしまうと直ぐに辞めてしまうことも珍しくありません。

まずはアスペルガー症候群の人が、働きやすい環境とはどのようなものなのかを考えてみましょう。

【アスペルガー症候群の人が働きやすい環境】

  • 人間関係が簡単な仕事
  • 上下関係が厳しくない仕事
  • 不特定多数と接しない仕事
  • 集中して作業できる仕事
  • 規則正しい仕事(不規則でない)
  • 変化の少ない仕事
  • その他

アスペルガー症候群の人の記憶法には主に「視覚型」「数字型」「言語(非視覚)型」があります。視覚型は目で見た映像を記憶することに秀でており、数字型は数字に対して執着を持っています。

さらに言語型は言葉に対して強い執着を見せて、人の話した内容を全て記憶する能力があります。どれも凡人の私から見ると凄い能力ですよね。

それでは実際にアスペルガー症候群の人が働きやすく能力を発揮しやすい職業を、その能力と職場環境から考えてみましょう。

数字に強いコンピュータープログラマやシステムエンジニア

IT時代においての花型職業の一つと言えば、コンピュータープログラマではないでしょうか?この仕事は企業が仕事で使用する内部システムを開発したり、メーカーの依頼で製品に組み込まれるプログラムを作成したりする仕事です。

このような仕事で重要なのが数字の理解であり、特に作られたプログラムのバグ(不備)を見つけるには、細かい数字を分析しなくてはいけないでしょう。

またプログラムが正常に働くかは地道な試験が重要であり、一見して孤独な作業を行わなくてはいけません。しかし反対に他人と接するよりも、一人で没頭できる仕事でもあり、また数字に強いことは仕事面での利点になります。

「数字型」のアスペルガー症候群の人にはオススメの仕事だと思います。

【職業選択のポイント】

IT産業の中でもゲーム産業はこれからも成長を続けると予測されています。孤独な作業の多いゲームプログラマなどはこれからも花形技術者です。

気兼ねなく執着できる研究者、科学者、開発設計者

一般的に優れた科学者の中には多くのアスペルガー症候群の人が含まれていると言われており、研究職は彼らにとって天職とも言える職業になっています。

研究職はまず一つのことに没頭し集中することができる仕事です。また数字や記憶も重要な要素であり、アスペルガー症候群の「数字型」「視覚型」にはもってこいの職業ですよね。

執着すると時間も忘れてしまうアスペルガー症候群にとって、このように没頭できる職場は他にないかもしれません。

【職業選択のポイント】

アスペルガー症候群の人には知能指数が高い人が多く見られます。また数字の配列や数式にこだわることが多く、何時間も数字に没頭することも苦になりません。

人と接することの少ない研究関連の仕事は、天職と言って過言ではないと思います。

パターンが決まっている各種デザイナー

アスペルガー症候群の人はあまり変化を望みません。急激な変化は嫌悪感だけでなく、中にはパニックを発症させてしまうこともありうるのです。

そこでおすすめしたい職業が「広告デザイナー」「WEBデザイナー」です。よくスーパーのチラシが新聞に入っていますが、これらをデザインして印刷に回すのが広告デザイナーの仕事です。

また会社や製品のパンフレットや、中には製品の取扱説明書をデザインすることもあります。これらのデザインは一見して難しいように思えますが、実は一定のパターンで作られることが多く、新しい構成は滅多にありません。

その意味ではインターネットのホームページも同様で、色味や背景は違っても大抵は一定のパターンで作られることが多いのです。

理由は奇抜なデザインよりも一定の法則で作られた方が、安心感を得やすいことが理由で、奇抜なデザインはあくまでも商用デザインではなく「芸術作品」になってしまうからです。

アスペルガー症候群の「視覚型」では過去のデザインを記憶していることから、それに使用されたパターンを利用した作業が得意です。また作業は他人との連携作業ではないことから、没頭することも可能です。

また打ち合わせにかかる時間も少ないことから、人間関係も少なく済むでしょう。

【職業選択のポイント】

アスペルガー症候群のタイプには映像に執着するタイプがあり、自分の気に入った映像を多く記憶しています。

デザイナーの仕事は独自性も必要ですが、商業デザインの世界では過去の作品を参考にする手法が多く使われており、記憶の中に多くのイメージを持っていることは一つの才能とも言えます。

記憶した映像を活かした仕事はオススメできる仕事です。

将来独立できる医師、歯科医、獣医師

アスペルガー症候群の特徴に「人と接することが苦手」との特徴があります。その意味で将来的に独立できる仕事はオススメできる職種です。

ある知り合いの医師が「医者の中には結構アスペルガー症候群らしい人がいるよ!」と言っていたことがあります。彼に言わせると医者には変わり者が多く、特に外科医にはその特徴があるそうです。

どこまで本当か解りませんが、医師は独立して人間関係を最小限にすることが可能です。またアスペルガー症候群は知能指数も高いことが多いので、お似合いの仕事かもしれませんね。

【職業選択のポイント】

医師だけでなく「歯科医」や「獣医師」も同様です。特に獣医師は人ではなく動物相手なので、医師よりも向いているかもしれません。

記憶が物を言う弁護士は天職かも

弁護士になるためには、日本一難しいと言われる司法試験を突破しなくてはならず、そうそう簡単になれる職業ではありません。しかしある弁護士に話を聞くと「司法の世界は暗記だよ、、あんき」と言われたことがあります。

つまり司法試験とは考えるよりも暗記する問題が圧倒的に多く、特に法律や過去の判例について覚える必要があるそうです。

アスペルガー症候群の人は暗記が得意なことが多く、考えるよりも暗記する問題にその能力を発揮させます。

難しい司法試験でも1年で軽く勉強して合格した人もいれば、10年かかっても合格出来ない人がいます。もしかしたら前者はアスペルガー症候群の人かもしれませんね。

【職業選択のポイント】

勉強の主体が暗記である資格は、アスペルガー症候群の人の狙い目だと思います。独立した弁護士であれば人間関係も希薄で済むことが多いので挑戦してみるのもよいでしょう。

実は数学の世界だった建築士

近年、地震の影響もあるのか建築基準が厳しくなっています。法律的には大幅な変更は少ないのですが、運用としての確認検査が厳しくなったそうです。

家を立てるには「確認申請」と呼ばれる建築建物に関する許可を得る必要がありますが、この書類を作成するのが建築士です。

確認申請には家の設計図面や配置図など様々な書類を添付しますが、実はこのような作業は一定の法則や数式を用いて構成されているのです。

簡単に説明しますと「この程度の地震で耐えるためには…」などの強度は、数式で計算してはじき出されるもので、アスペルガー症候群の人にとって得意な作業になります。

また一般的な住宅設計は一定のパターンが決まっており、役所への申請書類も同様です。

【職業選択のポイント】

役所へ提出する申請書類は、書式が同じなので考える必要はありません。その意味では「行政書士」などの仕事もオススメできる仕事ですね。

これも天職かも?数字が一杯の税理士、会計士

ここまで見てみるとアスペルガー症候群の人が向いている仕事のパターンが解ってくると思います。そして私のオススメとも言える仕事が税理士や会計士などの仕事です。

毎年若干の変更はありますが、税金の計算には一定のパターンがあります。また数字に執着するアスペルガー症候群では、黙々と数字を計算する仕事はやりがいのある仕事になるでしょう。

近年では顧客との情報のやり取りもオンライン化しており、顔を合わせる必要も少なくなっています。

税理士、会計士などはアスペルガー症候群の天職かもしれません。

【職業選択のポイント】

オンライン化が進むことで顧客とのやり取りが電話やメールで済むことが多くなっています。人に会わず自宅で開業できる仕事はオススメできる仕事です。

まだまだあるぞ!アスペルガー症候群で向いている仕事

色々と職業を紹介しましたが、まだまだアスペルガー症候群の人に向いている仕事はあります。その一例を以下に紹介します。

  • 写真家
  • ビデオグラファー
  • 自動車整備士
  • 翻訳者
  • 機械の保守点検
  • 工場のオペレーター
  • 音楽家
  • 電気技師
  • 作家
  • 司書
  • その他

これらの仕事は人間関係が薄く、作業に没頭できるものが多く含まれています。誰もが好きな仕事に就ける時代ではありませんが、十分に意識した就職活動を行うことが大切です。

知能に問題のないアスペルガー症候群では職種の幅は広いようです。中でも独立できる仕事がオススメです。

アスペルガー症候群の特徴と性格

アスペルガー症候群は「自分でもなかなか気が付かない障害」と言われており、大人になるまで一切気が付かなかった人も大勢います。中には自分の障害を一生知らずに亡くなった人も少なくないと思います。

アスペルガー症候群の特徴と性格について考えてみましょう。

どこのクラスにもいた!こんな子供

例えば小学校の頃に授業中にいきなり大声で私語を話す同級生がいませんでしたか?また朝礼で並んでいる時に、いきなり踊りだしたり、座ってしまったりしていたことはありませんか?

アスペルガー症候群を発症していると、社会性が乏しくなるために集団行動を取ることが苦手になります。

  • 場に合わない言動や行動
  • 急に感情的になる(怒る、泣く)
  • パニックを起こす
  • 呼ばれても見向きもしない
  • 場の雰囲気が理解できていない
  • その他

子供であっても朝礼で並んでいる時は、クラスメートに合わせて行儀よく整列するものですが、アスペルガー症候群を発症しているとそのような行動が理解できません。

従って自分一人でやりたい行動を行ってしまう傾向が見られるのです。

アスペルガー症候群の特徴を探る

アスペルガー症候群は脳の障害であり、発達障害の一つと考えられています。しかし病気として症状を明確化するのが難しく、それが性格なのか症状なのかを判断するには精神科医師の経験によるものが大きくなってしまいます。

アスペルガー症候群の特徴を以下に紹介します。

  • コミュニケーション能力の障害
  • 集団に合わせて行動する能力の障害(空気が読めない)
  • 相手を気遣う能力の障害
  • その他

これらは一見してその人の性格と見られることが多い内容です。しかし中には性格ではなく、生まれ持った脳の障害によりこれらの感情に支障が出ている人がいるのです。

このような人に「もっと努力しろよ」とか「ガサツだなあぁ」と言っても、本人には何を言われているのか理解することはできません。脳の障害で理解できないのですから仕方がないことだったのですね。

アスペルガー症候群の人は知能に問題がないことが多い

発達障害と聞くと何らかの知能障害があると思ってしまいますが、アスペルガー症候群には基本的に知能障害はありません。

知能を数値で計るものとして「知能指数(IQ)」がありますが、その基準となる平均は100で表します。だいたい95%の人が70~130の中に含まれると言われており、130を超えると天才の域に入るのかもしれません。

反対に70を下回ると脳に何らかの障害があると考えられるのですが、アスペルガー症候群ではそのように知能指数が70を下回ることは基本的にないのです。

つまりアスペルガー症候群は知能には影響を与え辛い発達障害であり、知能低下をもたらせない脳機能障害なのです。

また反対にアスペルガー症候群の中には、飛び抜けて知能指数が高い人も含まれています。

これは自分が興味のあることに執着する特性があることで、その領域における脳の発達が促進されるからで、歴史上の天才の中にもアスペルガー症候群を発症している人がいたと想像できます。

性格と病気の判別はとても難しいことです。世の中には自分がアスペルガー症候群と気が付いていない人も多くいると推測されています。

アスペルガー症候群には隠された能力がある

アスペルガー症候群は脳機能の障害がもたらす病気ですが、知能は一般人と同じで低下などの症状は見られません。しかも前述した通り反対に知能が高いことも珍しくないのです。

彼ら特有の能力について紹介しましょう。

興味のあることへの執着が強い

社会性が乏しいアスペルガー症候群ですが、反対に自分が興味のあるものに対しては強い執着を見せることがあります。

野球が好きな人であれば「プロ野球の優勝チームと監督」を昭和初期から覚えていたり、電車の駅を全て暗記していたりと一般人では難しいことが当たり前のようにできています。

知人の子供は「歴代の仮面ラーダー」を全て暗記して、順番通りに話してくれたことがあります。

このように興味のある物への強い執着心は、あぶない面もありますが、上手に利用することで自分の生活を有益にすることも不可能ではありません。

優れた記憶力こそがアスペルガー症候群の能力か

興味に執着する特性を持つアスペルガー症候群は、執着性と共に「優れた記憶力」を持っていることがあります。先ほど説明した歴代の仮面ライダーを全て覚えている子供も、記憶力が同年代の子どもと比較して高いと言えるでしょう。

中にはJRの全ての駅を暗記していたり、一定の数式を完璧に覚えていたりする数学者もいます。

しかしアスペルガー症候群の人の記憶機能は一般の我々とは少し違いがあるようで、我々は名前と共にその物体のイメージも記憶するのに対して、彼らは言葉や数字だけを記憶することが多いと言われています。

また反対に記憶する対象だけでなく、それに付随した情報までも一緒に記憶することもあり、例えば「田中さん」を覚えるところを、「田中さんの奥さんや子供」まで同時に覚えてしまうのです。

そして田中さんの名前を思い出す際には、「田中さんですね。奥さんは○○さんで子供は△△くんですよね」と全ての情報を話してしまうのです。

優れた研究者の中にはこのような記憶能力を持った人が含まれていることから、その中の一定数はもしかしたらアスペルガー症候群かもしれませんね。

昔のアメリカ映画でアスペルガー症候群の弟を連れて、兄の主人公がポーカーゲームで大勝をするストーリーがありましたが、それは数字を記憶する弟の能力で相手のカードを見破っていたことによるものです。

その意味では優れたギャンブラーの中にもアスペルガー症候群は隠れていると思います。あっでもアメリカのカジノでは、カードの数字を暗記するのは反則みたいですよ。ご注意を…(関係ないか!)

時々すごい記憶力を持った人がいますよね。そのような人は脳の使い方が我々とは違うのかもしれません。

アスペルガー症候群の仕事選びで大切なこと

アスペルガー症候群の人に向いている仕事は解りました。しかし実際に仕事を見つけるためには、どのようなことに注意しなくてはいけないのでしょうか?

自分がアスペルガー症候群だと気付いたら資格を狙え

アスペルガー症候群は自覚症状もなく、知能的にも異常が見られないため、大人になっても気が付かないことがあります。

しかし近年では幼稚園、小学校の先生の中にも、アスペルガー症候群の理解が進んでおり、早期に指摘されることも珍しくありません。

もし自分や家族の中でアスペルガー症候群を指摘されたら、将来の就職にあたってどのようなことに注意しなくてはいけないのでしょうか?

私の意見としては「まず資格を取得する」ことを、強く進めたいと思います。資格の中でも「弁護士」「司法書士」「行政書士」など法律系や、「建築士」「公認会計士」「税理士」など数字系などの資格は独立して仕事を行うことが可能です。

また「医師」「獣医師」「柔道整復師」などの医療系もオススメです。

若い時に資格を取得すると、会社に就職してからトラブルで退職しても、独立開業することもできるので、収入に困ることは少なくなります。

アスペルガー症候群と診断されたなら、資格取得を一番に考えてみてはいかがでしょうか?

アスペルガー症候群と診断されたら独立系の資格取得を目指すのもよいでしょう。中には高収入を狙える仕事も多いのでオススメです。

向いていない仕事には就職してはいけない

ここまではアスペルガー症候群の人に向いている仕事を紹介してきましたが、反対にこのような仕事に就くと「苦労する」「後悔する」「馴染めない」仕事について紹介しましょう。

グループやチーム単位で行う仕事は馴染めない

仕事の中には単独で行う作業以外にグループやチームで仕事を行うものも数多くあります。

例えば会社の営業職は、毎日のスケジュールが決められており、それにそって「営業活動」「上司への報告」「報告書作成」「次の予定立案」などを行います。

営業職は複数のグループで行うことが多く、目標に対する達成度も求められる仕事です。また上下関係や人間関係が濃く、「飲み会」や「接待」なども負担になるでしょう。

アスペルガー症候群の人は一つのことに執着する性質があるので、このように目まぐるしく変化する環境に適合することは難しいことです。また他人の心を把握するのが苦手なので、上司が怒っていても理解できないこともあります。

そのような環境で無理して働いても、「変わり者」「付き合いの悪い奴」などとレッテルを貼られてしまい、結局は退職する羽目になるかもしれません。

また、流れ作業の工場勤務も同様です。他人とリズムを合わせて作業するのが苦手なので、一人だけ遅れたり早まったりしてしまいます。

グループ単位やチームで行う仕事は避けた方が懸命と言えるでしょう。

スケジュールが不規則な仕事はNG

アスペルガー症候群では「急激な変化」を好まない性質があります。

私の知人が主催しているカルチャースクールに、20歳くらいのアスペルガー症候群の青年が通っていました。彼の両親がなるべくグループ活動できるように通わせていたのですが、彼には様々なルールがあったのです。

ある日そのカルチャースクールに臨時講師が来て、セミナーを急遽開くことになりました。それが昼前の11時半くらいだったそうです。

セミナーが始まって始めは問題無かった彼ですが、12時を過ぎたところで彼は急に震えて怒りだしたのです。そう彼には12時に昼食を食べるルールがあり、それを破る行為が我慢ならなかったのです。

一悶着あって落ち着いたのですが、知人からは「びっくりした、大変だったよ!」と後日話しを聞きました。

このようにアスペルガー症候群の人は決められたスケジュール通りに仕事をこなすことが得意です。急な予定変更が日常的な仕事環境では、ついていけずに最悪では紹介したようにパニックを引き起こしてしまいます。

不規則な仕事は避けたほうがよさそうですね。

人と接するサービス業は避けた方が得策かも

人と接するのが得意な人には「サービス業」は天職でしょう。ブティックの店員やデパートの販売員はもとより、美容師やキャビンアテンダントなどもサービス業ですね。

華やかなサービス業ですが、アスペルガー症候群の人はそもそも人間関係を構築するのは苦手なので、人と接するサービス業には向いていません。

しかし「客は一瞬しか会わないので人間関係など関係ないのでは?」と疑問を覚える人もいるでしょう。しかしそうではなく、サービス業で一番怖いのは「クレーム」の存在なのです。

サービス業を経験した人であればクレームの一度や二度は受けたことがあると思います。中には「クレームなんて日課みたいなものよ!」なんて強者もいますが、「サービス業=クレーム対応」が現代日本の姿と考えてよいでしょう。

アスペルガー症候群では相手の感情を理解するのが苦手なので、顧客のクレームが言葉では理解できても感情までは理解することができません。

「この程度の話で、何で怒っているのだろう?」など考えてしまい、最終的には興味を失い自分の世界に入ってしまいます。

大きなトラブルを引き起こす前にサービス業は止めた方が得策かもしれませんね。

アスペルガー症候群の人がクレーム対応をしたら、かえって客を怒らせてしまうかもしれません。相手の気持ちが理解し難いので仕方がないことなのですね。

仕事選びは一生ものだから真剣に考えたいよね

アスペルガー症候群は会話や知能には問題はなく、一見して正常にしか見ることはできません。正常に見える状態で他人と違う行動を行うことで、「変人」「輪を乱す」などと揶揄されて辛い思いをしてしまうのです。

またそのような経験が、「うつ病」や「パニック障害」などの重い精神疾患を発症させる危険性も否定できないのです。

確かにアスペルガー症候群はその特徴から、苦手な分野の仕事があります。しかし反対に集中して行う作業では、一般の人よりも大きな成果を上げることが可能でしょう。

世界の偉人の中には少なからずアスペルガー症候群の人が含まれていると言われています。自分の特徴をよく考えて真剣に職業選びを行うようにして下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る