健康生活TOP 動脈硬化 長く歩けない脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違い【間欠跛行】

長く歩けない脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違い【間欠跛行】

shutterstock_170633652

少し歩いただけで足が痛くて歩けなくなる、でもしばらく休めば楽になってまた歩けるようになる・・・。

このような状態を繰り返してしまう症状を「間欠跛行」と言います。これは「腰部脊柱管狭窄症」や「閉塞性動脈硬化症」などの病気になると現れる症状です。

どちらの病気でも似たような症状が現れるのですが、その原因は全く違うものです。そのため、症状が起きている原因を見極めることがとても重要になってきます。これらの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

間欠跛行とは?その原因となる病気はひとつじゃない

間欠跛行とは、足が痛くて休み休みでないと歩けなくなってしまう症状です。

安静にしている時には何ともないのに、歩き始めてしばらくすると腰から足にかけてしびれたり痛くなったりしてきます。ふくらはぎに張りを感じることもあります。歩くことが辛くなってしばらく休むと、回復して楽になります。

そして再び歩き始めるのですが、またしばらくすると足がしびれたり痛くなってきて歩けなくなってしまいます。このような状態を繰り返してしまう症状を「間欠跛行」と言います。

症状が悪化するにつれて、続けて歩ける距離はだんだんと短くなっていってしまいます。

この症状の原因として考えられる病気には、以下のようなものがあります。

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • バージャー病

腰部脊柱管狭窄症によって起きる間欠跛行の場合には、神経が障害されたことが原因になっています。神経が圧迫されて足にしびれや痛みが出てしまい、長い距離を歩けなくなってしまうのです。

それに対して、閉塞性動脈硬化症やバージャー病では血管性の間欠跛行が起きています。血流が悪くなったことが原因で足にしびれや痛みが出てしまっています。

他にも脊髄機能が障害されて起きる脊髄性間欠跛行もあります。

間欠跛行がみられる脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の症状と特徴

では間欠跛行の症状を引き起こしてしまう病気について、詳しい事をみてみましょう。「休み休みでないと歩けない」という症状は同じでも、神経が圧迫されたことが原因となる場合もあれば、血流が悪くなったことが原因となる場合もあります。

それぞれの病気はどのようなものなのでしょうか。

腰部脊柱管狭窄症

背骨は「椎骨」という骨が積み重なってできていて、椎骨は「椎体」と「椎弓」という部分から成り立っています。椎骨が積み重なると椎体と椎弓の間には空間ができるのですが、この空間が上下に繋がってトンネル状の管のようになったものが「脊柱管」です。

脊柱管は神経の通り道になっています。この脊柱管が「狭窄(すぼまって狭くなること)」してしまうために神経が圧迫され、しびれや痛みが出てしまうのです。

SnapCrab_NoName_2015-10-26_14-46-4_No-00

歳をとるにつれて、背骨は少しずつ変形していきます。また椎骨と椎骨の間にあって、背骨への衝撃を吸収する役割をしていた「椎間板」も、変形していきます。

他にも仕事で重いものを持ち上げる、腰をかがめたまま作業をするなどといった生活をされている人は腰への負担が大きくなっています。その結果、背骨や椎間板は変形してしまっています。

このように加齢や仕事などの影響で腰への負担が大きくかかっていると、徐々に骨は変形してしまいます。そして腰の辺りの脊柱管が狭くなり、その中を通っている神経が圧迫されてしまうのです。これが「腰部脊柱管狭窄症」になります。

腰の辺りには足へ向かって伸びている神経があります。そのため腰部脊柱管狭窄症で腰の辺りの脊柱管が狭くなると、足へ伸びていく神経が障害されて足のしびれや痛みといった症状が出るのです。

腰部脊柱管狭窄症の最も代表的な症状が「間欠跛行」になります。歩いていると腰から足にかけてしびれや痛みが出てしまいます。ふくらはぎが張ってくることもあります。そしてもうこれ以上、歩けなくなってしまうのです。

しかしイスに座ったりしゃがんだりして前かがみの姿勢でしばらく休むと、しびれや痛みは次第に軽くなります。回復して、再び歩くことができるようになります。

このように腰部脊柱管狭窄症では、前かがみの姿勢をとるとしびれや痛みが楽になります。前かがみになって腰を丸くすると、狭くなってしまった脊柱管を広げることができ、神経の圧迫がゆるむのです。

逆に腰を反らせた姿勢では脊柱管がさらに狭くなってしまうために、神経への圧迫が強まってしびれや痛みがひどくなります。

そのために歩くのはキツくても自転車での移動なら大丈夫といった特徴もあります。自転車は前かがみになってこぐため、歩くよりも楽なのです。

腰部脊柱管狭窄症が進行すると、次第に足の感覚が鈍くなったり筋力が低下していきます。足首から先に思うように力が入らない、小さな段差でもつまずきやすくなる、スリッパが脱げやすいといった症状が現れるようになります。

他にも排尿や排便がうまくコントロールできなくなったり、肛門や会陰部にしびれや灼熱感が出てしまったりします。腰の辺りで起きた脊柱管が狭窄するという問題のために、肛門にまで異常が出るなんてにわかには信じがたいかもしれません。

しかし腰での脊柱管狭窄が、膀胱や直腸の機能や感覚に関わる神経にまで影響するのです。そのために膀胱や直腸、肛門にまで異常が出てしまいます。これらの症状が現れた場合には、すぐに手術をしないと治らなくなってしまいます。

腰部脊柱管狭窄症は、圧迫される神経の違いによって3タイプに分けることができます。

  • 馬尾型
  • 神経根型
  • 混合型

「馬尾」とは脊柱管の腰辺りから先の部分にある神経の束です。ここが圧迫されるとたくさんの神経が影響を受けてしまい、様々な症状が広い範囲に出てしまいます。両足にしびれや痛み、麻痺が起き、排尿や排便の異常も起きてしますます。

馬尾の神経は1本ずつ分かれると、脊柱管から出てお尻から足へと伸びていきます。この外に出て行く1本1本の神経の根元部分を「神経根」と言います。神経根が圧迫された場合には、片足にのみしびれや痛みが起きることがほとんどです。

「混合型」は馬尾と神経根の両方が圧迫されたタイプです。両方の症状が出てしまいます。

閉塞性動脈硬化症

SnapCrab_NoName_2015-10-26_16-7-58_No-00

動脈硬化によって足の動脈が狭くなったり詰まってしまい、血流が悪くなってしまう病気です。主に50歳以上の男性に起こりやすいとされています。

初期には足の冷感やしびれがありますが、進行するにつれて間欠跛行の症状が出てきます。歩き始めると特にふくらはぎ辺りにだるさや疲れが出て、場合によってはこむら返りが起きることもあります。そしてそれ以上歩けなくなってしまいます。

「歩く」という動作をすると、筋肉では通常よりもたくさんの血流が必要になります。しかし動脈硬化になっていると、血管が詰まっているために必要な血流量を供給できなくなってしまいます。

すると筋肉は酸素や栄養素を十分に受け取れなくなり、また歩くという動作によって生まれた老廃物はそのまま筋肉に溜まっていってしまいます。これが痛みを引き起こす原因だと考えられています。

悪化するにつれて、安静にしているときにも痛みが出るようになります。そして血行が悪いために足先にできたちょっとした傷の治りも悪くなり、場合によっては壊死して足を切断しなくてはいけないということも起こってしまいます。

とは言っても、切断しなくてはいけないような状況にまで陥ってしまうのは1%程度とされます。それよりも閉塞性動脈硬化症の診断をきっかけにして、全身の血管で起きている動脈硬化に気付くことが重要です。

閉塞性動脈硬化症がある場合、足の血管だけでなく全身の血管で動脈硬化が起きている可能性があります。実際に閉塞性動脈硬化症患者の3割で冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞など)、2割で脳血管障害(脳梗塞など)の合併が認められました。

間欠跛行の原因が閉塞性動脈硬化症にあることがわかった際には、全身の血管で動脈硬化が起きている可能性を考えて、それらを早期に発見し治療していくことが大切なのです。

糖尿病、高血圧、脂質異常症があると動脈硬化は進行しやすくなるため、これらの病気の治療をきちんとしていくことも必要です。また喫煙は動脈硬化に対して非常に悪影響があるため、禁煙することも大切です。

寒いと足の血管は収縮して血流が悪くなるため、靴下などを履いて温めるように心がけましょう。ちょっとした傷でも壊死のきっかけになってしまうため、深爪や靴擦れにも注意が必要です。

バージャー病

1206046

英語読みではバージャー病、ドイツ語読みではビュルガー病、そして日本語では閉塞性血栓血管炎とも呼ばれます。

国内患者は1万人ほどとされ、そのうちの95%は男性患者と圧倒的に男性に多い病気です。20~40歳代で多く発病します。

この病気についてはまだわかっていないことも多く、原因も不明です。ただ患者のほとんどが喫煙者で、喫煙が深く関係していることは確実です。最近になって、歯周病菌とも何らかの関係があることがわかってきています。

初期には手足に違和感やしびれ、冷感があるのですが、進行すると間欠跛行の症状が現れます。また静脈が炎症を起こして、赤く腫れたりかゆくなったりといった症状が出る事もあります。

さらに悪化してしまうと手足の先の血管が詰まって壊死してしまい、切断しなくてはいけなくなることもあります。国から医療費の公費負担が受けられる、難病に指定されています。

腰部脊柱管狭窄症や閉塞性動脈硬化症と同じように間欠跛行の症状は現れますが、発症する年齢の違いなどから他の病気とは比較的簡単に見極めることができます。

違いは分かりにくいが原因が違う!見極めは姿勢と検査で

shutterstock_1556256082

では間欠跛行という似たような症状が出てしまうそれぞれの病気の、違いはどこにあるのでしょうか。3つの病気のうちでバージャー病は違いが比較的わかりやすいため、腰部脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違いに注目したいと思います。

なぜこの2つの病気の違いはわかりにくいのでしょうか。それはどちらも

  • 特徴的な症状が似ている
  • 発症しやすい年齢が同じである

という理由があります。両方の病気を合併してしまっている場合もあります。ただ、間欠跛行が起きてしまっている原因は全然違います。

  • 腰部脊柱管狭窄症 … 神経に障害が起こることが原因
  • 閉塞性動脈硬化症 … 血流が悪くなってしまっていることが原因

その原因を見極めたうえで、治療を行っていかなくてはいけません。

見極めに有効なのは姿勢で変化する症状

腰部脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の大きな違いは、姿勢によって症状に違いが出るかどうかです。

腰部脊柱管狭窄症では、姿勢によって脊柱管の広さが変化するため症状も違ってきます。前かがみになったりしゃがんだ姿勢をすると脊柱管が広がり、神経への圧迫が弱まるために足のしびれや痛みは軽減します。

逆に背中を後ろに反らせた姿勢では脊柱管がさらに狭くなってしまい、しびれや痛みがひどくなります。そして歩くのは大変ですが、自転車をこぐのは問題ありません。

SnapCrab_NoName_2015-10-26_16-11-41_No-00

閉塞性動脈硬化症では足の症状と姿勢はあまり関係ありません。足が痛くて歩けなくなった場合、立ったまま休んでも症状は回復します。

そして姿勢を前かがみにしても症状は軽減しませんが、背中を反らせたからと言って痛みが出るということもありません。立っているだけなら何の異常もなく、歩き始めて初めて痛みが出てきてしまいます。また自転車をこいだときにも痛みは出ます。

足関節上腕血圧比(ABPIまたはABI)で疑うべき病気をチェックしよう

SnapCrab_NoName_2015-10-26_16-25-55_No-00

足関節の収縮期血圧(最高血圧)を上腕の収縮期血圧で割った値を「足関節上腕血圧比(ABPIまたはABI)」と言います。これは間欠跛行の原因が腰部脊柱管狭窄症なのか、それとも閉塞性動脈硬化症にあるのかを知るためにとても大切な検査です。

健康な人の場合には、足首の血圧は上腕の血圧よりも高くなります。しかし閉塞性動脈硬化症になると血管が塞がった部分より先の拍動は弱くなるために、足首の血圧の方が低くなってしまうのです。

この値が0.9以下の場合には閉塞性動脈硬化症が疑われます。この値が低くなるほど、足に動脈硬化が起きている可能性が高くなってきます。0.9以上の場合には腰部脊柱管狭窄症を疑います。

こうして間欠跛行の原因として疑われる病気がわかってきたら、それぞれの専門となる診療科でさらに検査をして、その結果から診断をします。まれに両方の病気を合併していることもあるので、注意が必要です。

  • 腰部脊柱管狭窄症 … 整形外科
  • 閉塞性動脈硬化症 … 循環器科

が専門になります。

歳のせいだから…はだめ!悪化させないために治療を始める勇気を

shutterstock_840336492

高齢者の場合、足が痛くて休み休みでないとなかなか歩けなくなってしまっても「歳のせいだから仕方ない」と本人も周りも思ってしまうのではないでしょうか。休めば症状も楽になるため、すぐには病院を受診せずに様子をみるということもあるかもしれません。

しかし治療を始めないままでは、症状はどんどん進行していってしまいます。

腰部脊柱管狭窄症が進行してしまうと、腰、足の痛みやしびれだけでなく、

  • 足の感覚がなくなる
  • 筋力が低下する
  • 排尿や排便がコントロールできなくなる

といったことが起きてしまいます。そして悪化すると、手術をしても完全に元の状態まで回復するのは難しくなってしまいます。

閉塞性動脈硬化症では足以外の動脈でも動脈硬化が起きているかもしれません。気付かないうちに血管は少しずつ詰まっていってしまっているかもしれないのです。そしてある時突然、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞になってしまう可能性だってあります。

糖尿病、高血圧、脂質異常症などがある人は動脈硬化も起こしやすくなっているので注意してください。特に喫煙は動脈硬化に対して強く影響するので気をつけましょう。

このところ歩くと足が痛くなってしまい、休みながらでないとなかなか歩けなくなったというようなことがあれば、すぐに医療機関を受診するようにしてみてください。進行させてしまう前に、きちんと治療を始めるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る