健康生活TOP 貧血 貧血改善効果も!人気のスーパーフルーツ・アサイーの優秀効能

貧血改善効果も!人気のスーパーフルーツ・アサイーの優秀効能

shutterstock_140980588

美容や健康に意識の高い女性の間で、最近人気になっている食品のひとつに「アサイー」があります。街中でも、アサイーを使ったスムージーやアサイーボウルといったメニューを見かけるようになりました。

美容に効果があると言われモデルさんやタレントさんにもファンが多いようですが、実際にどんな効果があるのかご存知ですか?

お肌のために良いというイメージは強いでしょうが、実はそれ以外にも貧血の予防といった効果もあるようなのです!
様々なパワーをもつアサイーの栄養について、詳しくみてみましょう。

スーパーフルーツ・アサイーとは?

ところでアサイーとはどんなフルーツなのでしょうか。「ハワイの朝食」といったことから火がついたため、ハワイで採れるフルーツだと思っている方もいるかもしれません。

しかし実際は、ブラジルのアマゾン川流域が原産のフルーツになります。ブラジルでのみ生産されていて、果実は劣化が早いため収穫後なるべく早く加工され世界中に輸出されていきます。

見た目はブルーベリーに似ていて、そのためベリーのような甘酸っぱい味を期待してしまいますが、甘み、酸味、香りはほとんどありません。「味がない」ため、かえっていろいろなフルーツや飲み物と混ぜやすくなっています。

ただブラジルではフルーツなどと混ぜて食べたりするのではなく、キャッサバ芋をフレーク状にしたファリーニというものと砂糖とを混ぜて、主食として食べることが多いそうです。ベリーの仲間ではなく、ヤシ科の植物です。

栄養価がとても高く、「スーパーフルーツ」「ミラクルフルーツ」などとも呼ばれています。アマゾンの先住民の間では、古くから食用とされてきました。

アサイーの栄養素とは?

美容に良いとして人気のアサイーですが、実際にはどのような効果が期待できるのでしょうか。
アサイーには以下のような栄養成分が含まれています。

  • アントシアニン
  • ビタミンB群やビタミンC
  • ミネラル
  • リノレン酸やオレイン酸
  • 食物繊維
  • アミノ酸

それぞれについて、詳しく見てみましょう。

ポリフェノールの一種であるアントシアニン

ポリフェノールと言えば、赤ワインやチョコレートに含まれるというので話題になったりもしました。抗酸化作用があり、活性酸素の害を防いでアンチエイジングの効果があるとされます。

一時期、ポリフェノールが豊富だからと赤ワインを飲む方が増えましたが、アサイーには赤ワイン以上のポリフェノールが含まれているとされます。

ビタミンB群やビタミンC

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなど、日頃不足しがちなビタミン類も多く含まれています。

ミネラル

ミネラルも現代の生活では不足しがちです。ミネラルは生き物が生きていく上でどうしても必要な微量の元素です。ほんの少しあれば十分なのですが、それがなくては正常な生命活動をすることができません。

アサイーに多く含まれるミネラルは鉄とカルシウムです。鉄がなくなると貧血になってしまいますし、カルシウムがなくては骨が弱くなってしまいます。

他にもマグネシウム、銅、亜鉛なども含まれます。マグネシウムはタンパク質の合成などに関係し、銅は鉄の吸収に関係して不足すると貧血になります。亜鉛が不足すると味覚を感じられなくなってしまいます。

リノレン酸やオレイン酸

リノレン酸やオレイン酸は不飽和脂肪酸と呼ばれるものです。オレイン酸はオリーブ油にも多く含まれます。どちらも悪玉コレステロールを減らしてくれる作用があり、それにより動脈硬化を予防します。

食物繊維

食物繊維が多く含まれることで便秘解消の効果が期待できます。便秘に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。溜まってしまった不要物をスッキリさせられれば気分も良いですし、肌荒れにも効果があるでしょう。

食物繊維の効果はそれだけではありません。糖質や脂質の吸収を遅らせて、血糖値の上昇も緩やかにさせます。血糖値の急激な上昇を繰り返すことで糖尿病になってしまいますが、食物繊維はそれを防ぐことで糖尿病を予防できるのです。

またコレステロール値を下げる働きもあり、動脈硬化などの予防にもなります。

アミノ酸

私たちの体を構成するタンパク質は、アミノ酸が結合して作られています。そのアミノ酸にはいろいろな種類があり、食品によってさまざまな組み合わせをしています。アサイーに含まれるアミノ酸は、この組み合わせが良いとされています。

食品の中で、一番アミノ酸のバランスが良いのは卵です。アサイーのアミノ酸バランスは、この卵に似ていると言われるのです。

アンチエイジングや美肌に効果がある!

アサイーの効果として、一番はじめに思い浮かべるのはこれではないでしょうか。

先ほども言ったように、アサイーにはポリフェノールがたくさん含まれています。その抗酸化作用によりアンチエイジングや美肌の効果が期待できるのです。

歳をとるとともに人は少しずつ老化していきますが、この大きな原因は活性酸素なのではないかと言われています。活性酸素の強力な酸化作用によって細胞は傷つき、老化していくのです。

動脈硬化が進んで血液がドロドロになったり糖尿病などの生活習慣病になってしまうのも、シミやシワが増えていろいろなお肌トラブルが出てくるのも、活性酸素が大きな原因のひとつとなっているようなのです。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、活性酸素を消去してくれます。それによって活性酸素によって受ける害を、なかったことにしてくれるのです。動脈硬化や糖尿病を予防し、シミやシワも防いできれいな肌にしてくれます。

(もちろんポリフェノールを摂っておけば動脈硬化や糖尿病などにならないというわけではありません。他にも原因はいろいろあります。)

サプリメントや健康食品に対して意識の高いアメリカでは、それらものが持つ抗酸化力が調べられ、ORAC値として示されています。フリーズドライのアサイーを調べたところ、このORAC値がかなり高いことがわかりました。

アサイーにはアンチエイジングに大事な抗酸化力が高いのです。このことからアメリカでは、アサイーはアンチエイジングフードであるとして評価が高くなってきています。

そして、アサイーの美肌パワーはポリフェノールの抗酸化作用だけではありません。食物繊維も多く、便秘解消して肌荒れを防いでくれます。

ビタミンB群やビタミンCもお肌のために効果を発揮してくれます。肌荒れを予防して美白の効果ももたらすのです。

リノレン酸やオレイン酸も大切です。これらはホルモンの乱れを整えて、ストレスに強い体を作っていってくれます。それによって肌荒れしにくくしてくれるのです。

このようにアサイーに含まれるいろいろな栄養素によって、アンチエイジングや美肌効果が生まれます。

さらに貧血改善の効果もある!

shutterstock_251408752
アサイーには鉄も多く含まれます。私たちの体の中で鉄はさまざまな働きをしています。赤血球の材料にもなりますし、全身の細胞に酸素を運ぶ役割もあります。そして不足すると貧血になってしまいます。

他にも鉄不足になると動悸や息切れしやすくなったり、すぐ疲れるようになってしまいます。なんとなく続いているだるさの原因が、実は鉄不足にあったりすることもあるのです。口内炎ができやすくなることもあります。

日常の生活の中で、鉄は不足しやすいミネラルです。特に女性は不足しやすく、女性の半数近くは鉄不足の状態だとされます。鉄をしっかり摂ることは常に考えておくとよいでしょう。

とは言っても、アサイーの鉄は吸収されやすい鉄ではありません。鉄には、動物性食品に含まれるヘム鉄と植物性食品に含まれる非ヘム鉄とがあります。ヘム鉄のほうが吸収はされやすいのですが、アサイーの鉄は非ヘム鉄になります。

アサイーよりもレバーなどの鉄のほうが、吸収はされやすいかもしれません。ただアサイーにはビタミンCなども含まれます。非へム鉄はビタミンCと一緒に摂ることで吸収率をアップさせられます。

他にもアサイーには、血液を作るために必要なビタミンである葉酸も含まれます。これらのことから、貧血を改善し予防していくためにもアサイーは効果的だと言えるでしょう。

以前Jリーグの選手が、貧血を改善させて疲れをとるためにアサイーを飲んだところ効果があったとのこと。このことが、アサイーが日本国内で知られるようになったきっかけのひとつにもなっているようです。

アサイーを摂ることで鉄が補給されて、貧血改善の効果があります。それだけなく、アサイーには疲労回復の効果も期待できます。

鉄が十分にあることで、赤血球は全身の細胞に酸素を運べるようになります。それによって細胞が酸素不足におちいったりすることがなくなり、息切れしにくく疲れにくくなるのです。

他にもアサイーにはカルシウム、ビタミン、鉄以外のミネラル、アミノ酸などが含まれています。それらの相乗効果もあり、疲れが回復しやすくなるのです。

他にもまだあるうれしい効果

カルシウムが多く含まれているため、骨粗鬆症の予防にも効果があるでしょう。気持ちを安定させてイライラを解消してくれる効果もあります。

食物繊維が多いため腹持ちがよくなり、やたらと食べ過ぎてしまったりということがなくなるかもしれません。

ただしこれら全ての効果は、実際にアサイーを使った研究によって証明されている効果ではありません。抗酸化作用が強いことなどは確かですが、それによってどんな効果が出るのかについてはまだ研究段階なのです。

数年前、アメリカで「アサイーによるダイエット効果は実証されていない」という発表がありました。ダイエットには効かないというのです。

食物繊維の働きにより便秘が解消されたり、腹持ちが良くなって食欲が抑えられたり、血糖値の急激な上昇が抑えられたり、コレステロールが減ったりで健康な体にはなっていけるのではないかと思います。

ただし、ただアサイーを食べていればダイエットができるというわけではないのです。他のこととのバランスも大切でしょう。

どう摂るのがいいのか?

shutterstock_140483767

美容や健康維持のためでしたら、ドリンクタイプのもので1日200mlくらい、パウダータイプのもので1日103gくらいを摂るようにするとよいでしょう。毎日続けて様子をみてみてください。

牛乳やヨーグルトに混ぜてもよいですし、冷凍ピューレでしたらいろいろな果物と一緒にミキサーにかけてスムージーにしてもよいでしょう。シリアルなどをのせればアサイーボウルになります。

原産地のブラジルでは昔から日常的に食べられてきたフルーツですから、食品として食べる分には安全だと言えるでしょう。副作用の報告は特にありません。

ただし食物繊維が多いため、食べ過ぎると下痢をしてしまったりすることはあるかもしれません。体によいからと、一度にたくさん食べ過ぎるのは止めて下さい。

適正範囲でうまく摂れば、きっとあなたのプラスになるに違いありません。一度お試しあれ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る